selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





秘め夜伽/山田ぼたん 【B's-Lovey】


〔2009/6/15〕

★★★☆☆

楼の主人と、水揚げもまだ済まぬ純真無垢な色子。手取り
足取り教えるうちに、芽生えてしまう禁断の想い。
華族の誇りを失わない、冷たい心と美貌の男娼。彼を身請
けしたのは、元使用人の成り上がり。
生きて帰れぬ戦地に赴く将校と、生きることに絶望した男娼。
互いが生きる理由になった後の、退路を絶たれた恋の行方は。
高級遊郭「蓉香楼」に咲く、色とりどりの恋の華をご照覧あれ。

全4話、全てが遊郭モノとなってます。
1話目 『愚者の楽園』 は、あらすじでは「手取り〜」となって
ますが、そういう感じではないですね。頭が弱いけれど、利発
そうな目が気に入り、紫馬を子供の頃拾った楼の主人が、男
娼に育てあげるつもりで様子を見ていた(他の人に触らせなか
った)が手放せなくなって、思わず抱いてしまった・・・みたいな
感じ。健気受。

2話目 『花魁抄』 は、この本の中で一番ライトな感じ。店の
宣伝のために花魁の衣装を纏うミキモトと、その美しい花魁
が男だと知らずに彼に恋してしまった、大店の三男坊(十代)。
花魁攻〜。

3話目 『ラストダンスは私に』 は、華族の地位を失い男娼と
なった香伊里が、自分の家の元使用人で、今は男爵へと成
り上がった八雲に身請けされ・・・ という話。香伊里愛しさに
血反吐を吐くほど働き、地位を手に入れ、屋敷も買い戻した
けれど、気位が高い香伊里の心は・・・ みたいな感じで、下
克上なところが面白かったです。

4話目 『空の果て』 は、足が悪く戦地へ行けなかったため、
軍人たちを慰める男娼になった春琴と、春琴に会うため通う
将校・加賀見。意固地な春琴がやっと心を開き始めたときに、
加賀見が陥落寸前の戦地へ行くことになり・・・ という悲しげな
話だったけど、最後はちゃんと思っていた通りのハッピーエン
ドになってたのが、すごく良かった。

そういうわけで、そこまで珍しい話はなかったけれど、雰囲気
に味があり、しっかりとした構成で、非常に読みやすかったです。
たまにウルッときちゃったしぃ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村






| 1/1PAGES |




イトラコナゾール