selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





失恋ショコラティエ(1巻)/水城せとな 【フラワーα】


〔2009/1/9〕

★★★☆☆

製菓学校に通う爽太は一つ上のサエコと交際中。
4年前の一目惚れから想い続け、去年のクリスマス
直前にようやくキス。大のチョコレート好きな彼女
のため、チョコ作りの腕を磨く日々。彼女からタバ
コの匂いがしても、バレンタインのデートを断られ
ても、全くくじけず挑み続ける爽太だったが・・・!?

非BLです。去年窮鼠シリーズが話題になったので
なんとな〜く手にとってみましたが、テンポが良く
て、なかなか面白かったです。BLでは無いけど、
恋するオバカさんな、そして少しずつ黒くなってい
く男子を堪能できます。(現在2巻まで出てます)

付き合ってると思っていた1コ上のサエコさんに
フラれ、チョコレートマニアな彼女を振り向かせる
ためだけにフランスへチョコレートの勉強に行った
爽太が、腕を磨いて帰国したら・・・という話。

元々サエコさんは、そんなに大した美人でもなく
ごく普通の女子なんだけど、その調子の良さで、学
校のイケメンを次々乗り換えるような、お軽い女。
なんだけど、爽太にとっては天使らしく、一度そう
思っちゃったら、もうとことん天使としか思えず、
爽太の理想が一人歩きな状態。で、彼女に二股かけ
られてたどころか、付き合ってるという認識さえ持
ってもらっていなかった始末。その失恋をきっかけ
に海外にチョコ修行に出た爽太が、運良く有名店で
修行でき、日本に戻ってきてからはマスコミなんか
にも登場したため、サエコの見る目も変わり、今度
こそはと思うけど・・・っていう感じですかね。

爽太はホント、ヘタレっていうか、アホというかw
誰が見ても、タチの悪い女にしか見えないサエコを
ひたすら追っかける。でも段々と現実が見えてきて、
終盤妄想の中で、結構すごい文句を言っちゃったり
と、思わずニヤニヤとしてしまうような悪い男へ
の変貌の片鱗が見えるという。このあたりの微妙な
エグさは、やっぱ上手いですよね〜。

今後、爽太が黒爽太になっちゃうのか、それともヘ
タレ健在なのか非常に気になるので、見かけたら読
んでみるつもりです。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







窮鼠はチーズの夢を見る・俎上の鯉は二度跳ねる/水城せとな 【フラワー】

 
〔2009/5/8〕 

★★★★☆

◆大学の後輩・今ヶ瀬との再会・・・。
それは恭一の妻が彼に浮気調査を依頼したのがきっかけだっ
た。浮気の事実を隠す代わりに、今ヶ瀬に男同士の関係を迫
られ・・・!?

◆妻と離婚した恭一。だが今ヶ瀬との男同士の微妙な関係は、
今も続いていた。今ヶ瀬に抱かれることに慣らされてゆく日々。
ところが恭一に思いを寄せる会社の部下・たまきの存在が、
二人の関係を大きく揺るがし始め・・・!?

『窮鼠〜』の方は06年にジュディから発行された物の新装版で、
『俎上〜』は続編の新刊で、どちらもフラワーコミックスとい
う少女マンガレーベルからの発行です。ので、本来ならスルー
してるとこですが、某ちるち○で脅威のレビュー数を叩き出し
ているコレって、そんなに凄いのか!?ということで、かなり
入手困難でしたが、何とかゲット。水城さんのは『放課後保健
室』を読んでましたが、そのダークなイメージしかなかったも
ので、若干不安を覚えつつ・・・ と思ったら、案外明るさもあり、
描写も細かく面白かったです。

ただ、そこまで皆さんがベタ褒めするほどの萌えは感じられず。
確かに台詞はさすがに巧妙だし、一切無駄のない進行で、好き
なシーンも度々あるんだけど、普段自分がBL漫画に求めている
萌えとはちょっと違っていたようで、大満足!とはいかなかった
かなと。

簡単に言えば、ゲイに迫られまくって流されて絆されて、でも
それが本物の愛になっていくノンケと、ノンケなんかを想い続け
ても無駄だと思いつつもどうしようもなく惹かれてしまい、何度
も逃げ出したりしながらもやっぱり他にはいけないゲイという、
それぞれの葛藤と、試行錯誤しながら不器用に転がっていく関係
なんだけど、それを取り巻く人間関係などの描写は本当に上手い
です。女子がさりげにエグいのが面白かったです。

流され侍をダメなヤツっ!って思えるといいのかもしれないけど、
自分もこんな感じだからか、酷いと思えず、むしろ今ヶ瀬の執着
を怖いと思ってしまい同情できない部分もあったりして。でも
それが、『俎上〜』になったらなんか印象が変わって、今ヶ瀬の
ダメさが好きだった。あれ?私も絆された?

何度も希望と絶望を繰り返していく流れや、モノローグ多用で
気持ち丸出しな心理描写が、漫画としてすごく面白かったので、
惹き込まれるものはありました。でもここまで自分らで難しく
しちゃってるのも、何か疲れますね〜(笑)愛ってもっと単純
なモノでもいいんじゃない?っていうね。や〜ね、本当に面白
かったし★4なんだけど。何か大変ですよ、BL漫画がこんな
人達ばっかじゃ(笑)超体力消耗。
まぁ一応誤解のないように、何度も言いますが、面白かったん
ですよ。すごく素敵な漫画なんです。でも自分的萌えとはやや
ズレていたのかなと。
意外とシリアスな場面より、間間にある描き下ろしのお茶目な
テイストが気に入ってたりして。ちょっとバカなくらいが好き
なのね、きっと。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。











| 1/1PAGES |




イトラコナゾール