selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





執事はそれに気づかない/青色イリコ 【AQUA】


〔2013/3/12〕


★★★☆☆

アクランド家の有能な執事・ケネス。容姿端麗・頭脳明晰の
カンペキな彼だけど、ちょっとばかり問題が・・・。じつは、
ケネスはと〜ってもニブいのだ!坊ちゃま・ジェレミーの好
き好きアピールにも気づかず、「ガールフレンドはいないの
ですか?」なんて聞いてくるので、強気のジェレミーも焦れ
焦れてしまい・・・?
執事×坊ちゃまの主従ラブほか、ガチャポン命なオタク男子
&モテメンの凸凹ストーリーなど、イリコworldがたっぷり
詰まったハッピーコミックスv

4つの話を収録で表題作は全3話。
8年間アクランド家の執事を務めてきた有能なケネスのこと
を好きな20歳のジェレミー坊ちゃまが、何かとアクション
を起こしていくものの気付いてくれなくて・・・という話。
一応、雇い主の息子と執事ということで若干の葛藤はあるよ
うですが、特に困難などもなく、ほのぼの〜とした話でした。
ジェレミーが素直で単純で可愛らしかったですv

『おはようからおやすみまで』は、付き合って3年経ったこ
とで、相方・手代木の態度の変わってきておざなりにされて
いることに不満を募らせている千嶋・・・というカップルの話。
「愛してる」という言葉だけでテンションが上がる千嶋が
可愛かったです。ずっとあるあるな感じで胸が痛かったんで
すが(つか、このメガネ、雑!w)、最後には全て許してし
まえるような温かさがあって良かったです。

『ワンコイン・ラブストーリー』は、女の子にモテる親友・
木名瀬のことを好きな岩佐が、毎日の楽しみにしているガチ
ャポンで当たりが出ないことが、自分の恋と重なって・・・と
いう大学生の話。木名瀬もちゃんと岩佐を気になってるんだ
よね〜という。

『さいはてから、愛』は、妻子持ちの男と付き合っている雄
介の部屋に、宇宙人がやってきて・・・という話。これはもう
話どうこうより、宇宙人が美形なのにアホで可愛いというキ
ャラを楽しむものでしょうね。面白かったです。

まぁあんまり深くはないですがw、サラッと楽しめて満足。
キャラ的にはジェレミー坊ちゃまが単純で可愛くて好きでし
たが、話としては一番BLBLしている、倦怠期カップルの話
が意外に好きでした。
 

↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ










ほろり恋する、とくらごし商店街/青色イリコ 【BBC】


〔2012/1/10〕

★★★☆☆

ケーキ屋の次男坊・侑の胸には、客として現れた都丸の
笑顔vが刺さっている。強豪剣道部の副部長というイメ
ージからほど遠くポヤっと可愛い都丸が、幸せそうにケ
ーキを食べるから・・・。 侑の兄であるパティシエの潤と
侑の親友・暁人、数十年前の喫茶店マスターと青年など、
5編の恋を収録。

あらすじの話は『スイートケーキ オブ サマー』。
実家がケーキ屋であまりいい思いをしたことがない高校
生の侑は、お客さんとしてやってきた甘い物大好きな剣
道部の副部長・都丸の笑顔にうっかり惚れてしまう。部
活帰りに寄ってくれていたものの、県大会の予選で負け
一足先に部活を引退したらしく、都丸が姿を見せなくな
ってしまったことから、焦った侑は都丸に店の売れ残り
のケーキを持ってきて食べさせるようになるが・・・。

というわけで、甘いものに胸焼けする感じと、恋して胸
がいっぱいな感じが合わさって・・・みたいな、思春期男子
の繊細な気持ちが描かれている話でした。やや雰囲気BL
寄りですが、この塩梅は自分的にちょうど良かったです。
最初の小学校時代の場面で、店の名前が「シャトー」で
友達が「何でシャトーなのにお前佐藤じゃないんだよー」
と言っているのがツボですw

『スイートケーキ オブ サマー』は、侑の9歳年上の兄
でパティシエの潤と、侑の幼馴染で子供の頃から潤を知
っている暁人というスピンオフ。2年前、潤への想いが
恋だと気付き避けていたのに、クリスマスシーズンで店
の手伝いをさせられることになり・・・と暁人のグルグル
とした気持ちの話でした。兄のざっくりした性格が面白
くて、そのおかげでシリアスになりすぎてないところが
良かったです。続きの色っぽい場面があっても良かった
かな。

『とけない雪』は、酒屋の息子・ヒロが、父親の葬式で、
幼馴染で10年前に関係を持ったがそれきり会うことのな
かった金沢に再会。今でも金沢のことを好きなヒロは・・・。
じっとりめの静かな話だったので、どうなるのか・・・と心
配でしたが、ちゃんとハッピーエンドで良かった。
「お前寝ながら鼻ピーピーいってたぞ」というセリフが、
何度読んでも笑ってしまいます。ここにその言葉を持って
くるセンスが好きですw

『この世界の主人公は僕じゃなかった』は、理想とは違い
冴えない毎日に鬱々としているリーマン・水野が、高校で
友人になり今は同棲している恋人・福一の、小説家として
の才能を目の当たりにするたびに、自己嫌悪に陥るけれど・・・
という話。前半はうじうじ、後半でパ〜ッと開けていく感
じが、何か愛しくて好きでした。陰で誰かの力になってた
ことに気付けて良かったね〜という。

『ミルククラウンにさよなら』は、戦時中の喫茶店のマス
ターと常連客・広江の儚い恋を、猫の菊目線で描いた話。
最後は思わずウルウルとしてしまいました。最初に駆け足
で店に来た彼をもう一度見たら余計に。無事に戻ってくる
といいな〜。青色さんは、オバカっぽいのも面白いですが、
こういうしっとりが実はいい感じなんですよね。

というわけで、全5作品が収録されていましたが、どれも
それぞれ味があって面白かったです。
しかし何で「とくらごし商店街」なんだろう。いつまで経
っても心の中で「とこぐらし」「とこぐらし」と読んでし
まうのは私だけでしょうか?w

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







恋のあな −貴族は突然やってくる−/青色イリコ 【AQUA】


〔2011/6/10〕


★★★☆☆

華族という身分に加え容姿端麗な仁科は、裏山散策が趣味
の変わり者。ある日、仁科は裏山で不思議な『穴』を発見
する。退屈なパーティーを抜け出し穴の中で時間を潰して
いると、突然大きな地震が起こり、なんと大正時代から現
代・東京へタイムスリップしてしまった・・・!戸惑い不安を
抱える仁科だったが、自分を介抱してくれた現代人・安藤
と暮らすうちに、初めて恋を知り・・・。

傾きかけている華族・仁科家の次男・隆和は、屋敷の裏山
で植物観察をするのが趣味の自由人。まだ恋をしたことの
ない隆和だったが、家のため、金持ちの家の娘との縁談を
受ける覚悟をしながらも、どこかでここから逃げ出したい
という思いを抱いていた。そんな時、裏山に見つけた小さ
な亀裂にはまって心を落ち着かせていた隆和は、地震の揺
れと共に現代の東京へタイムスリップしてしまい・・・。

と、現代でそんな隆和を助けたのは、ロクデナシの彼氏と
別れたばかりのリーマン・祐一。大正時代からやってきた
なんて聞いても普通なら信じられないと思うんですが、隆
和が自分好みのイケメンということに目がくらんじゃって
る祐一の天然っぷりが愉快。隆和の方も一気にハイテクな
世界に来たということで、さぞかし順応するのは大変だろ
う・・・と思ったら、元来の好奇心旺盛な部分を発揮して、
やたらすごいスピードで馴染んでいくという、このちょっ
とダブル天然っぽい空気が、妙に可愛くて楽しかったです。

もう一人、隆和の古くからの友人・馬渕も、隆和を探して
いるうちに同じ方法で現代にやってきてしまっていて、偶
然にも祐一の元彼・松岡に拾われたという状況。こちらも
後日くっつくことになりますが、松岡で大丈夫なのか?と
いう不安がw まぁでももっと腹黒い人なのかと思ったら、
ただのアホな人だったみたいですから、馬渕なら上手に尻
に引いてくれそうな感じはしますよね。

戻れる方法があるかもしれないと話し合う隆和と馬渕だっ
たけど、生まれたときから人生が決められていることに不
満を覚えていた馬渕は、現代を気に入り迷わず残る選択を。
家のことを思う隆和は戻ることを考えつつも、祐一のこと
が気になっていて。
一方祐一も、いつか居なくなる人なんだから深入りしない
ようにと自分に言い聞かせ・・・と、普段の和みムードがとっ
ても良い二人なだけに、はっきりと口に出せないでいるそ
れぞれの想いがなかなか切なかったですね。実はちょっと
ウルッときてしまいました。

タイムスリップものとして読むと、色々ツッコミどころも
あるかもしれませんがw、私はこのユルさが非常に気に入
りました。素直に応援したくなる微笑ましい二人は、描き
下ろしまでほっこり。全57巻という何気ない一言が、命尽
きるまで一緒に野山を散策していたんだろうことを想像さ
せてくれ、益々ウルッとね。
初っ端から老執事・高倉さんの、いかにもな執事っぷりに
も笑わせてもらったし、色々と散りばめられたコネタも楽
しかったです。前作の『王子様は憂鬱』も楽しく読ませて
もらいましたし、どうもこの方の作風、結構好みなのかも
しれないですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







王子様は憂鬱/青色イリコ 【BBC】


〔2009/3/10〕

★★★☆☆

「ようこそわが王国へ」王子様喫茶フラボワンヌのNo.1
・アロンド王子は、お客様をキャーキャー言わせるハンサム
BOYの浅木である。でも実生活では片想いの相手福本の家に
週6日入り浸り、ご飯と身の回りの世話をさせるアホ男子で・・・!?

王子様ねぇ・・・とあんま乗り気じゃなかったんですが、エセ
王子、かつ日本人+現代設定で一安心。テンポが良くメリハリ
あって、非常に楽しかったです。

ナンバーワン王子なのに、あつかましく週6日も入り浸って
いるのに、好きな気持ちを上手く伝えることができない、不
器用なアホのコと、その相手福本もしっかり不器用メガネ。
いいぞーアホ×アホカプ。

2話目は、教育係オギールの甥っ子で、生意気なダイアンこと
唯見と、ソフトな美人ウィリスこと漆崎。漆崎ファンのフィリ
ップがいい感じにギャンギャンしてて、楽しい。実はこの終わり
方が、もっと引っ張って〜と思っていたので、続編の5話の
甘々に大満足。

3話目は、オギールと、病弱(設定、と言いながらホントに病弱)
ランスロット。うっわ〜ここも超バカップルになりそうだぁ。
ってか、全部か。3組ともいい味出してますねぇ。

短編『キミとゴハン。』『五百木くんと楠さん』も面白かったです。
全体的に、ちっこい文字でのセリフ補足でお茶目さがアップし
てて、非常に好きなノリでした。

そしてー。忘れちゃいけない、コレ。



むふふふ〜



↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール