selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





心の距離の方程式/くるりんるみこ 【K-Book】


〔2013/3/21〕


★★★☆☆

小園達弘・・・・・・ヘタレです。コンビニでバイトを始めたも
のの、お客さんが怖くてたまりません。ですが、それ以上
に、バイト仲間の吉峰柚希くんがとっても怖いです。彼の
キツイ一言で、何度心が逝ったことか・・・。でも、その一言
が、実は優しい言葉だったと気づいた時に・・・触りたくなっ
て、キスしたくなって・・・・・・。って、なにやってんだー!!
オレ!!ヘタレな(攻)達弘と、強気な(受)柚希の、凸
凹恋の物語v他、友達とHしちゃって悩む悩む、ドキドキ
青春Storyも収録。

表題シリーズは全6話。高2の時コンビニのバイトで知り
合い、大学生活が始まる頃に付き合い出した達弘と柚希と
いう同い年カップルで、口下手で解り難いツンデレ・柚希
に戸惑いながらも頑張るヘタレ・達弘という二人でした。
特にこう、ツボるとかいう部分は無かったんですが、解り
合いたいと(主に達弘が)頑張る姿が微笑ましく、問題な
く楽しく読めました。こういうつれない受が好みという方
はもう少し楽しめるかもしれないですね。

『トモダチ』(全2話)は、中学からの友達でやんちゃな
笙に、大学2年になっても未だに振り回されっぱなしの兵
馬が、ある日酔っ払って笙とHをしてしまったことからテ
ンパっちゃって・・・という話。
表題シリーズも面白かったですが、私はこちらの方が好き
だったかも。笙ちゃんムカつく〜!でも好き!な、迷惑被
ってる兵馬が、気の毒可愛かったです。

個人的には、絵の感じでしょうか、微妙に古い感じがして
しまってそこはストライクではないんですが、いずれも単
純明快で勢いもあって読みやすかったので満足ですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







もっと君の味を知りたい/くるりんるみこ 【K-BOOK】


〔2011/4/21〕

★★★☆☆

「アンタ Hしてる?」二年ぶりに偶然再会した同級生
・日吉の言葉が悔しくて、誘われるままにセックスを
する久須美。気持ち良くて何度も繰り返される行為に
溺れ、成績が下がった久須美は、日吉との関係を断ち
切ろうとするが・・・。「体」と「心」の間で揺れ動く、
日吉と久須美の青春Love Story。他、男子寮の胸きゅ
んv恋物語や、コーヒー擬人化作品なども収録。

表題作は全4話。
中学卒業以来2年会っていなかった、あまり接点の無
かったクールな日吉に再会した優等生タイプの久須美
が、挑発に乗って日吉と身体の関係になってしまい・・・。
というわけで、タイプの違う二人が最初は身体先行だ
ったけど・・・という話。良くある設定だけにもう少し
何か欲しかったかなと。どうしても攻側の愛情が見て
取れなくて、こいつならまたフラッと違う男に行きそ
う・・・みたいな雰囲気で。まぁでも若者の、不器用で
グダグダしてる感じは良かったと思います。

『君とこの場所で』(他2話)は、寮生活をしている
九条と、家の居心地が悪くて、週に1,2回、九条の
部屋にこっそり泊まらせてもらっている園部の話。
寝てる九条に思わずHなことをしてしまった園部が部
屋に来なくなり・・・。
一緒に過ごすうちにお互い気になるようになってしま
ってたという、何か必死な二人が可愛い話でした。
表題作といい、受がちょっと天然っぽくて味がありま
すね。真面目そうなくせにエロいというのは良いことだw

あとは、コーヒーとミルクの擬人化は、ミルクのセク
ハラっぽい動きが面白かったです。
全体的に、やや物足りない感じもありますが、頑張っ
て恋してる感じが微笑ましくて、意外に悪くなかった
です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







キミとボクの温度差/くるりんるみこ 【BBC】


〔2007/9/10〕

★★★☆☆

二年前から仲良しの、菅野に誘われた加倉井。
友人として好きだけど、恋人として好きなのかはよく
わからない加倉井は思わず拒んでしまう。
ある日、菅野の家を訪れた加倉井は、熱に浮かされた
色っぽい菅野の姿を見て・・・


というわけで、ラブなのかはわからないけど、勝手に
反応してしまう身体に従い、欲求のまま繋がる二人。
しかし、次第に心が通じ合うことを欲してしまうん
ですね。若さの衝動ってのはすごく良くわかるけど、
色気の足りなさは否めない。

そしてようやく通じ合った2人だったけど、ヤってる
ところを加倉井の母親に見つかってしまい、離される
ことに。それを解決すべく、幼い知恵を使って頑張る
姿は好感持てるし、それによって2人の愛が深まった
感じは良かったです。

あ、そうだ。受攻、逆だと思いましたよ。いや別に
問題ないですけど。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール