selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ルキン・フォー・マイ ファンタジスタ/藤生 【ASUKA】


〔2009/3/1〕

★★★★☆

幼なじみなのに、キミとベロチュウがしたい・・・。

灰田克彦(通称・エドワーズ)と霧島晃(通称・ダニエル)は
わけあって同居している幼なじみ。奔放で恋ばかりしている
恋愛中毒のエドワーズは、面倒見の良いダニエルを振り回し
ながら真実の愛を探し求め、遊び人の先輩に恋してみたり、
生真面目な先生に恋してみたりする毎日。
でも、そんなエドワーズの真実の恋は、意外にも身近なとこ
ろにあって・・・!?

何となく洋風ファンタジーノリなんだとばかり思っていて、
全然期待してなかったら、めちゃめちゃ面白かった。
出てくるコ達の風貌は洋風なんだけど、アイテムが全て昭和。
悪い意味で昭和、じゃなくて、ちゃぶ台、石鹸、ガス風呂etc.・・・
な徹底した昭和アイテムが、レトロでポップでキッチュ(笑)
な二人の世界にマッチしていて、理屈じゃなく楽しかったです。

恋に恋するお年頃で、すぐに一目惚れしちゃうエドワーズと、
そんなエドワーズを大好きが故に、彼のヘンな性格から惚れっ
ぽさまでを寛大(ヘタレ?)な目で見守るしかないダニエル
(そもそもあだ名がカタカナw)という不安定な年頃で、幼な
じみという近すぎる存在の二人が、本当に必要な存在だという
ことに気付いていく・・・と書いちゃうと、ふっつーの話みたいで
アレですが、まぁこれがハマる人にはハマるだろう、不思議な
作風になってますので、斬新さに度肝を抜かれたといったとこです。

言葉遣いのねっとりとした感じ?(きみは〜なのだよねみたいな)
あえてイマドキっぽくない(じゃねーよ、とか)とこがいい感じ
に効いていて、全体の雰囲気を良くしてくれてます。
そして忘れちゃいけない、ダニエルを好きな義江先輩の存在感。
完全に自ら当て馬に徹しているんだけど、クルクルよく動く
二人の横にどっしりと存在していて、でも儚げな雰囲気もあって、
非常に魅力的な人。彼の行く末も気になるし、途中でエドワーズ
が恋したタマキン先生とマッツーのカプも、刺激的でめちゃめち
ゃ萌えちったよ。

まぁ何か、ごちゃごちゃ書いちゃって、自分でも何を言いたい
のか良くわかってないんですけど、読めば解る(笑)
じっくり隅々まで楽しみたいと思わされた、すごくいい作品で
した。贅沢言うと、後ろに行くにつれ、最初にときめいたレトロ
アイテム&キラキラ〜な世界が若干疎かになってしまっているか
なというのが、やや残念。でもラストに肝油って〜(笑)
とにかく、半ズボン+ハイソックスがたまらなく可愛い、バラ
ンスのいい絵柄にも萌えたし、素直に楽しかった!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール