selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





恋と服従のエトセトラ(上)/宝井さき 【LYNX】


〔2013/7/24〕


★★★☆☆

魔族が集う聖グロリア学院。この学院に通う人間と魔女のハー
フ・森咲日夏は外見は男でありながら半陰陽の性質を持ち、一
族から「男の結婚相手」を見つけるよう命じられていた。「男
相手に足を開くなんて冗談じゃねえ!」と反発する日々が続く
なか、日夏の前にアカデミー帰りの超エリート・吉嶺一尉が現
れる。傲慢な態度で接してくる一尉に苛立ちを覚えた日夏はあ
る能力を使い一尉を翻弄しようとするが逆に身体を操られ、一
尉の前で淫らな姿を晒してしまい!?

桐嶋キッカさん原作の「グロリア学院」シリーズのコミカライ
ズということです。

特殊能力を持つ魔族の子息が通う聖グロリア学院で、少々特殊
な、人間と魔女のハーフで半陰陽の日夏が、学院の能力別階級
で最上級のキングの称号を持つエリート・一尉にちょっかいを
かけられるけど、日夏の、体液を通して魔力に感染させ自分の
命令を聞かせるという能力が、一尉には効かなくて・・・。
という感じで、ライバル同士のようなところから、今後恋に発
展するのかな?という話でした。

苦手なファンタジーだったので読み始めの概要を見たときには
若干不安がありましたが、解りやすくまとめられていて全く問
題なく読めました。複数のキャラが出てくるけど混乱するよう
な部分も無かったし、ネタばらし引っ張り過ぎという鬱陶しさ
もなく、サクッと答えを明かしながら進んでくれるのでノンス
トレスでした。
までも普通に面白かったんですが、何か一気に全部読んでし
まいたかったなという感じも。
あとは個人的に、半陰陽という設定がNG寄りなので、そこは
少し気になったところ。日夏が、可愛いけど威勢が良いキャラ
なので、それでだいぶ相殺されたかなという感じではあります。
どうやらこの調子だと続きは1年後くらいになりそうですね〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ふたりの秘密/宝井さき 【BBC】


〔2013/3/9〕


★★★☆☆

ビジュアル系イケメン、歩の唯一の悩みは“アレ”が包●
だってこと。自分以上にモテるのが気に食わない同級生の
大沢も、実は“仲間”なのではと(勝手に)認定した歩は、
必死で後をつけ回すことに・・・!?「大沢の股間が見たい」
歩の勢いは止まらないv
バーを舞台に、4組のカップルの恋が繰り広げられる「コ
ドモにはまだ早い」も読み応えたっぷりで収録!!

子供の頃から何でも完璧のイケメン・ 歩のただ一つの欠
点は、包●。そのせいで、未だに女の子と付き合ったこと
はない。そんな歩はある日、自分以上のモテ男で、女を
とっかえひっかえしているため快く思っていなかったク
ラスメイトの大沢がこそこそしていたため、きっと包●
仲間に違いない!と、確認するために後をつけ回すように。
中々上手く拝見できずにいた歩だったが、とうとう修学
旅行で二人きりになり・・・。

うんまぁ、予想通りでしたねw 高校生らしく、そんなく
だらないことで一人でドタバタしている歩が面白かった
です。が、個人的には肝心の包●があんまり重要視されて
いないというか、え?大沢の反応はそれだけ!?というw
あとビジュアル系だというのも特に関係なくなっていた
り、包●や巨●などインパクトのある設定の割にはいまい
ち生かしきれていなかったような。正直この設定でコメ
ディ主体の人が描いたら、もっと爆笑連発!みたいなこ
とになりそうなんだけどな〜などと思ってしまいました。
まぁでも、普通に面白かったんですけどねv

『コドモにはまだ早い』は、バー繋がりの4カップルオ
ムニバス。
1話目は、ルームメイトとして知り合った、民族衣装好
きの龍司と恋人になった隼人だったけど・・・という、セン
スの合わない二人の話。
これは中々強烈な服装ですよw 普通、センスが悪い的な
キャラだと、ジャージとかセンスのないTシャツだとか、
ケミカルなジーンズにチェックのシャツインみたいなオ
タクスタイルだったりすると思うんですが、何か似合っ
てるからタチが悪いw 読みながら、ん、顔はイイ・・・で
も、こんなん絶対一緒に歩けんわ!と何度思ったことか。
何たるハートの強さw 最後が予想通り過ぎて笑えました。

2話目は、バーのマスターと、4年間ずっとマスターの
ことを想いながらバイトをしている大学生の蒼太という
一途な年下男の話。自分的には、マスターの気持ちの変
化が判りにくかったかな。もう少し前後のある話だと良
かったのになと思いました。

3話目は、自称雑誌記者だという子供っぽい忠岑に付き
まとわれているうちに絆されちゃう青年実業家・ハジメ
という話。これも何か、忠岑のアホっ子キャラは面白か
ったりしたんですが、色々と唐突で説明が足りないなと
いうのと、やはり資産家だとか社長だとかの設定を応用
しきれていない感じが。

4話目は、その3話目でハジメが探していると言ってい
た伶(マスターの甥)と友人・雄也の話で、時系列的に
はこちらが先。トラウマ持ちの受という、割とシリアス
な設定でしたが、ほんわかできるオチで良かったです。

全部、設定やキャラ、画面的には一切文句なしだったん
ですが、やはりオムニバスになっているからか、なまじ
設定がしっかり付けられているせいか、どれも説明不足
な感じがしてしまい、1カップルを3話くらいでしっか
り読めるような感じだともっと楽しめたのかなと思って
しまいました。何かもしかして、この形式は宝井さんに
は合っていないのかもと。普段はもう少し深みがある感
じなので、ちょっとサラサラ流れ過ぎていて勿体無かっ
たな・・・と。好きなタイプの作家さんだけに、あえての厳
しめ意見です。次回も期待してますv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







桃色症候群/宝井さき 【ショコラ】


〔2011/12/30〕

★★★☆☆

親の再婚で、クラスメイトの彪雅(ひゅうが)と兄弟に
なった皓(ひかり)。無口で柔道一筋な彪雅とはこれま
であまり接点はなかったが、一つ屋根の下で暮らすよう
になって、彪雅が思いのほか皓を見てくれていたことを
知る。そして、意外とスキンシップに弱いことも。以来、
皓はわざと彪雅にじゃれついたりするようになるが・・・。
天然小悪魔な皓に振り回され、桃色の妄想に悩まされま
くる彪雅のモンモンたる日々を描いた表題作の他、宝井
さきの魅力がギュッと詰まったラブリーな一冊v

宝井さん初のLYNX以外の本で短編集ということで、'08
年からの作品全7本が収録されています。
あらすじの話が『お兄ちゃんは同級生』と『桃色症候群』
の2話。親の再婚で1ヶ月前からクラスメイトの彪雅と
兄弟になった皓。ある日ひょんなことから触れ合う機会
があったら、今までクールだと思っていた彪雅が真っ赤
になったことが可愛くて、以来皓はじゃれつくように・・・
という話。実は1年前から彪雅は皓のことが好きだった
ようで、一緒に暮らせて嬉しいけれど悶々と・・・という、
若者ならではの微笑ましい話でした。何かちょっと、受
の表情や性格が狙いすぎのような気もしますがw、楽し
かったのでいいかな。

『イジワルの勧め』は、子供の頃好きな子をいじめて嫌
われたことから、今やすっかり八方美人になってしまっ
たリーマンの叶。しかし先日の飲み会で自分がゲイだと
いうことをカミングアウトした同僚の菊地だけはどうも
苦手で・・・という話。説明しようとしたら、結構脈略の
ない話でしたねw 結局いじめたい体質が裏目に出て、あ
る意味いじめられるようになってしまったリーマンとい
う、愉快な話ではありました。

『vs向かいの洋菓子屋』は、小さな和菓子屋の跡取り息
子で高校生の朝日が、フランスで修行をして帰ってきた
向かいの洋菓子屋のイケメン年上幼馴染の准一に、素直
になれなくて・・・という話。ツンツンな受が可愛かった
です。

『凶悪粗暴で可愛い人』は、引っ越したアパートで隣の
部屋に挨拶に行ったら、そこには7年ぶりに会う高校時
代の先輩・先輩が住んでいて・・・と、高校卒業と同時に自
分の前から消えてしまった先輩に再会してという話。
先輩が掴みにくかったですが、襲い受な要素もあるツン
ツンが最後にちょっとデレる感じは可愛かったです。

『Cleanness 図書館』は、4年会っていなかった幼馴
染・一秀が、家の前の図書館で働いていることを知った
瑛太が、足繁く通うようになるが・・・というお互いに誤
解していた二人が晴れてラブラブになるという話。そん
なことで?wという感じですが、まぁ面白かったです。

『臆病な温もり』は、素行が悪い生徒・亮の話相手に
なるうちに、懐かれ関係を持ってしまった教師・水野。
やがて卒業した亮は、水野の家で同棲するようになっ
たが、1年経った今、亮の態度が素っ気無くなってきて、
随分年上の水野は不安になるばかりで・・・という年の差
ラブ。攻がもうちょっとどうにかしてれば良さそうな
ものですがw

全体的に、すぐ忘れてしまいそうなライトめの話で、少
々脈略が・・・と思うところもあるので、自分としてはやや
物足りない感じでした。可愛いことは可愛いので、ほんわ
〜とできるという点では満足かな。軽く楽しめる感じです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







不遜な華を愛すれば/宝井さき 【LYNX】


〔2011/10/24〕

★★★☆☆

由緒ある呉服屋の長男で放蕩息子の和馬は、母の死を
きっかけに父の妾の子・孝太郎を本宅に迎え入れ溺愛
していた。しかし自分の想いを告げるも拒絶され逃げ
られてしまう。そこに優秀で生真面目な次男・伊吹が
現われて突然、和馬は襲われる!彼の強い執着心に和
馬は・・・!? 表題作ほか、切ない主従愛「ロンリーバ
トラー」収録。

2つの作品が収録されていて、表題作は全2話。
デキる弟・伊吹にコンプレックスを持っていて、我侭
放題にやっている九條家の長男・和馬は、その血筋の
せいもあり、素直で明るい妾腹の弟・孝太郎を溺愛し
ていた。しかし孝太郎に迫り拒絶されたところを伊吹
に見られ・・・。

最初、あらすじを読まずに読んでいたので、和馬と孝
太郎の話かと思ってました。近親者しか愛せない血と
いうシリアスな設定に関してさほど展開が無いのと、
最後はあっさり落ち着いちゃうので、少々消化不良な
感じはありますが、兄に執着する弟・・・という下克上的
な話としては充分面白かったです。まぁ兄は、全然可
愛気ないですがw

そしてもうひとつの作品『ロンリーバトラー』が全3話。
金持ちの息子・ルークに拾われ、ルークの執事となるべ
く頑張り、一番の友人としても過ごしてきたジェレミー。
しかし6年前のある出来事がきっかけで、ルークに顔を
見せることを禁じられたジェレミーは、長期留学に行っ
たルークのことを想いながら、屋敷で執事という名の雑
用係をしていた。そんなある日、6年ぶりにルークが帰
国することになり、陰から見守るジェレミーだったけど・・・。

表題作も良かったですが、私はこちらの方が好きでした。
こういう健気っ子に弱いw
ジェレミーはかつて家族から虐待されていたりして、言
葉もあまり上手に発することができないという、ちょっ
と足らない系の子なんですね。でもそれ故にとてもピュ
アで健気で、必死なのが可哀想ですごく胸を打ちます。
お互い大好きな存在だったのに大人の陰謀で引き離され、
しかしその想いは変わらなかった・・・という、ちょっとク
サいけれども良くまとまっていて好きな話だな〜と。
ジェレミーがややバカっぽい、オーバーリアクションな
のが小動物のようで堪らなく可愛かったです。これは可
愛がりたくなるよな〜っていうw

今回は意外とシリアス寄りでしたが、描き下ろしのよう
な笑える話も描けるんですよね。やっぱりこうやって見
ると、表題のドシリアスよりも、お茶目な感じの方が魅
力が出ているように思います。
もっと読みたい作家さんなんですが、LYNXさんからしか
出てないのでペースが遅いんですよね〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







セカンドライフ/宝井さき 【LYNX】


〔2010/8/24〕

★★★☆☆

有名財閥企業に勤める広瀬輝は、美貌の社長令息・
重春智也の妻とも知らず、手を出して彼に目撃され
てしまう。当然、重春の怒りを買った広瀬だが、な
んと彼の元で小間使いとして働くことを条件にクビ
を免れたのだった。同居生活は一筋縄ではいかない
ものの、重春のかわいい一面と、会社で彼を取り巻
くしがらみを知った広瀬は・・・!?

全5話+描き下ろしの、丸ごと一冊この二人の話。
バーで出会った美女に誘われベッドに入ったものの、
そこに亭主が帰宅。何とその人は、自分の働く会社
の専務で、社長の息子・重春だった。親の反対を押
し切り上京し、今の会社に入った広瀬は、簡単に解
雇されるわけにはいかず、必死で重春に頼み込む。
すると重春は、自宅で小間使いとして働くというチ
ャンスを与えてくれる。我侭な重春の相手は一筋縄
ではいかなかったが、やがて広瀬は、重春が義兄弟
達の嫌がらせを受けていることを知り、放っておけ
なくなって・・・

というわけで、結構シリアス寄りな話ですが、そこま
でピリピリした感じではなく、程好く読みやすかった
です。

しかし、女が重春の妻だったとか、二人が子供の頃知
り合いだったとか、重春が妾の子、義兄弟によるイジ
メ、ピンチを救出のちエッチ、社長にチクったらあっ
さり解決などなど、かなりご都合主義な展開だな〜と
いう部分が多々あり、そこが気になるところですが・・・
あとは秘書の人も、何だか良くわからない位置ながら、
かなり出張ってる感じというか、妙にイケてる風なの
に、あんま関係無かったのも気になりましたが。
まぁその辺りをあえて突っ込まず、エンターテイメン
トとして楽しんじゃえるんならば、まとまってるし、
テンポも良いし、絵は綺麗だし色気もあるしで、結構
楽しめると思います。

まだ3冊目なんですね。過去2冊も平均的に面白かっ
たし、もっと色んな顔を見せてくれそうな作家さんだ
けに、どんどん出してもらいたいところです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ロナルドの野望/宝井さき 【LYNX】

 
〔2009/8/24〕

★★★☆☆

某国陸軍一等兵のロナルドは、絶世の美貌の持ち主
であり、軍一厳しいアシュフォード大尉の下、厳しい訓
練に明け暮れていた。ある日、大尉の執務室へ荷物を
届けに行ったロナルドは、写真の中で微笑む大尉に見
惚れ、大尉の不在をいいことに自慰をしてしまう。しかし
ロナルドは大尉に目撃され、仕置きを受けることになり
・・・!?  

表紙を見て、シリアスな軍モノかと思ってあんまり乗り
気じゃなかったんですが、ドSな大尉と、何かと妄想しが
ちなオバカなロナルドという、コメディ色強めの、楽しい
話でした。

1話目の 『ロナルドの厳しい毎日』 があらすじの話。
ロナルドは軍に入って一年の一等兵。国の家族のため
にと、クールな顔のアシュフォード大尉の厳しい訓練に
耐える毎日。いつかその澄ました顔を歪ませてやるぜ、
なんて野望に燃えているのだが・・・
オバカなロナルドが、大尉の家族写真で、大尉を組み敷
くところを妄想し、オイタをしているところをうっかり見つか
ってしまって、さぁどうしてくれよう・・・という流れ。アホだw

2話目 『ロナルドの野望』 は、厳しい訓練の後に、更に
厳しい自主練をしているロナルド。何故なら前回のおし
おきで、縛られ鞭打たれ、イっちまったからw 今度は
自分が大尉を組み敷くぜとばかりに、鍛錬に余念がな
いロナルドだったけど・・・ 大尉が全然ウワテですw

3話目 『ロナルドの救出大作戦』 は、ブレア大佐の大
事な花瓶を壊してしまったロナルド。幸いお咎めなしと
いうことでホッとするロナルドだったが、代わりに上司で
あるアシュフォード大尉が大佐に呼び出されているらしい。
しかも大佐が実は男色家だと聞き、大尉のあられもない
姿を妄想したロナルドは、大尉を救出に・・・ これは読め
たけど、ウケたw

4話目 『ロナルドの困惑』 。さてあれから三ヶ月。相変わ
らず、大尉を組み敷くことに執念を燃やすロナルド。しか
し、結局縛られるのは自分。そんな時、大尉に誘われ、
アシュフォード家を訪れることになるが・・・ ウケる〜母ち
ゃんw 大尉のドSは遺伝で、しかも両親のSMを見て
それが当たり前だと思っていた大尉というw

5話目 『ロナルドの決意』 散々頑張ってきたロナルドだっ
たけど、やっぱり大尉のことを強引に欲しいんじゃない、
ペットみたいな扱いじゃなくて、対等な関係になって好き
になってもらいたい。そう思い、援軍に参加する。大きな
成績は残せなかったが・・・ おぅ、とうとう本懐達成!おめ
でとうロナルド〜。    ・・・が、がっつりドS受w

『アシュフォードの試練』 は、その後の二人。24年間、
付き合ってきた男の誰もが、自分の打つ鞭を喜んで受け
ていたため、それが一般的だと思っていたアシュフォード。
母親に「飴も必要」だと言われ・・・ そうそう変われないって
いうw

全体的にバカバカしくて楽しかったです。もう少しシリアス
に心の交流があっても良かったかなと思いますが、テンポ
良く読めたので満足。
基本的にロナルドはアホのコなんで可愛いですが、援軍
から帰ってきた時の真っ黒な姿に、精悍になっちゃって・・・
と今後は逞しいロナルド登場?かと思ったら、大尉を見て
涙ぐんで、目をゴシゴシってしたら、そこだけ白くなって、
え!汚れ!?っていう、やっぱりヘタレな感じが、何か好き
でしたね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村


  Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)





渇望の眼差し/宝井さき 【LYNX】


〔2009/2/24〕

★★★☆☆

苦しくて 切なくて 愛おしい・・・

高校生の玲央は、母親とその恋人の無口で強面なおじさん
の三人で、幸せな暮らしをしていた。しかし二ヵ月前、友
達と寄り道をして帰った晩、玲央は突如意識が混濁し、気
がつくとおじさんに抱かれていた。その日以来、おじさん
に身体を求められ、苦悩する玲央は、親友の健太に相談す
るのだったが・・・。

正直、かなり強引な展開(笑) なんだけど面白かった!
表題作以外のも面白かったので、★4にしようと思ったけ
ど、今後もっといいのを読ませてくれそうな感じなので
とりあえず、3にしときます。

表題作前後編は、同居して10年のおじさんに2ヶ月前から
抱かれ続けている高校生という、シリアスな話になってま
して、色々とクサいんですけど、絵のお陰もあってか、何
かまた読んでおこうと思ってしまいましたね。あれですね、
前後編の後にその後の二人の暮らしを描いた『渇望の口づけ』
という、本編とは打って変わったラブイチャな話が入って
まして、これがさっきのショックを和らげてくれるような
可愛い話になっているので、シリアス1、ラブイチャ2で
やってくれたら、話のアラも目立たず、丁度よさげな感じ
だったんじゃないかなぁと。

気になることが数箇所ありまして。おじさんが自分があの時
の人だとバラさなかった理由や、優しくせずに強引にし続け
た理由、最初のカラオケで健太がクスリを飲ませた理由、隣
に帰っていった玲央の声が薄っすら聞こえて「くそっ」だっ
た健太の思惑など、伏線のような仕掛けがしてあるんだけど、
読み終えてみると少々強引な部分が多すぎるようで、それが
原因であまり気持ちの良いストーリーじゃなかったんですよ
ね。面白かったけど、もう少しマイルドさが欲しかったかな。

そしてそんな表題作シリーズとまた違う感じで楽しめたのが
『プリティーアフター』。小さくて可愛い女の子のような陸
は、全寮制男子校で3年の先輩とラブラブのお付き合いして
いたが、先輩が両親の都合で海外に行ってしまい、しばしお
別れに。そして2年後、大学に通っている陸の元に、先輩が
帰国するとの連絡が。しかし陸は困っていた。それはあんな
に可愛らしく先輩の愛してくれたあの頃の姿と違い、あまり
にも成長しすぎていたからー!

や〜。ヘタれな受がおバカで可愛くて、こっちの作風も結構
好きです。や、シリアスよりこの手の方がイケてるような気が
しますね。メガネくんのデフォルメ絵もキュートだし、「NO
〜〜〜ホモ!」みたいな感じや、草むらで小さくなってる(し
かも先輩がそこに「かわいそうに・・・」ってツっこんでる)と
こなど、ちょくちょくツボりました。バカップルスキーな私と
しては、是非こっち路線でまた読ませていただきたいなと。
イマドキの上手な絵で、若干個性は欠ける気もしますが、好き
な路線なので、また次出たら読みたいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。









| 1/1PAGES |




イトラコナゾール