selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ラブリー・シック/大峰ショウコ 【AQUA】

    
〔2004/1/12、2004/10/12、2006/2/10、2007/2/10、2008/12/12〕

★★★☆☆

「恋人はね 相手を束縛する権利があるんだよ、尚之」

5年前に交通事故で両親をなくした尚之にとって、外科医・
鷲見(すみ)繚一は主治医であり保護者であり、そして恋人
でもある。尚之を大切にしながらも、自分なしでは生きられ
ないように育ててきた鷲見。必死に鷲見を愛しながら、独立
心も芽生えていく尚之。ふたりの恋にエデンはあるのか・・・?

全5巻まで出てますが、まだ完結してません。というか、当分
続きそうですね。
まず1巻では、鷲見先生と元患者・尚之の「恋人」としての現
在が描かれていまして、注目は鷲見先生の尋常じゃない執着ぶ
りですね。「君に必要とされないと気が狂ってしまうんだよ・・・」
なんつうことをサラリと言ってしまう先生の、クサさがたまら
なく乙女心をくすぐります。

2巻ではそんな二人の出会いの場面。当時中1の尚之が、両親
の離婚騒動の巻き添えで交通事故に遭ってしまい、両親と右足
の自由を失ってしまう。そんな心を閉ざしている尚之態に接す
るうちに、研修医の鷲見が次第に惹かれていき・・・と。
正直、普通に考えて10コ以上上の大人が、中学生を・・・ってのに
若干違和感があったんですけど、でも「恋人」というものに変
わるまでその後2年あったし、ゆっくり育てたんだなぁという
ことが解ってからは、そんなに気にならなくなりましたね。
むしろそんな時から全てを委ねたという、これ以上ない信頼感に、
今は逆に満足って感じ。本心は「自分無しでは生きていけない
ように育てた」のかもしれないけど、尚之の気持ちもちゃんと
尊重されてるし。尚之を引き取るまでの色々が見れた巻。更に
どんどん強くなっていく鷲見の独占欲に、萌えです。

3巻は出逢って5年経過。尚之は高3になり、恋人としての自
覚も出てきたところ。まぁしかし、この巻は新キャラや色々と
黒い事情なんかも出てきて、衝撃のラストになっていて、息を
飲む展開って感じでしょうかね。ラブラブだけではない重めの巻。

4巻は前回の続き、そして自分が引き取られることになった
事情をはっきりと尚之が知るところ。ちょっと前の尚之だった
らどうだったか解らないけど、繚一さんを信頼し、周りのこと
をしっかり見れるようになってきた尚之の成長ぶりが伺え、いい
関係になってきたな〜と思えますね。ちょっと忍犬騒動で大変
でしたけど(笑)わがまま言ってくれなくなってきた尚之に
ちょっと(かなり)寂しそうな繚一がイイ。ラストもグッときた。

5巻は年が明けて入試間近の尚之。先生としての繚一さんのすご
さというものを目の当たりにして、尚之がどういう道に進むのか
すごく気になるところ。正直、このままベタベタの関係でいいや
ん〜と思うのですが、そこは尚之も男子。何とか一人でもできる
とこを見せて認めさせたいっつういじらしさが・・・しかし危なっか
しいのでヒヤヒヤしますよ。今先生が忍くんにやっていることが、
将来尚之の足を治すきっかけになるのでしょうかね。自分のせい
で繚一さんが理不尽な目にあっていることもずっと見てきてるだ
けに、自立したい尚之と、どうしても手放したくない繚一の攻防
はまだ続きそうで、目が離せません。

っつうわけで、一番の見所は、繚一さんの献身的な愛。敏くて
ちょっとズルくても、周りからどうこう言われようとも揺るがな
い彼の愛は、尚之を安心させるけど、時に不安にもさせる。
そんな二人の複雑な関係が上手く描かれていて、先が気になって
仕方ありません。ちょうど恋も人生も分岐点に差し掛かりつつ・・・
なとこでしょうかね。

1,2巻当たりのラブラブは勿論キュンとするんですけど、
かなり好きなシーンは4巻の、尚之が一人で帰っているところに
手術を終えフラフラになりながらの繚一が追いついて、その姿を
遠くから、球磨と電話をしながら見ていた律子さんが気付いたと
ころ。「意味わかんなくていいから」あの二人の味方をしてあげ
てね、と言った律子さんが最高でしたねぇ。

そんなわけで、何しろ長いし、3巡読んだ割にはあまり感想らし
い感想になってない、自分のアホさが残念ですが。1巻ではそう
でもなかったんだけど、2巻で真相がわかってから段々面白くな
ってきて、更に読めば読むほどそれぞれの想いに近づいていける
ような感覚があるので、多分暫くしたら、また読み返したくなる
んじゃないかなと思います。早く続きを読みたいです・・・が、この
ペースだと、次は1年後だろうな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。









| 1/1PAGES |




イトラコナゾール