selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





御伽/琥狗ハヤテ 【Canna】


〔2014/5/26〕


★★★☆☆

妖狐のうどん屋と遭遇した豆腐売りの男。うどんの美味しさ
を褒めると、店主は隠していた尻尾が飛び出るほど喜んで・・・
「きつねのうどん」。他に天狗や龍など、あやかしと人との
交わりを描く四編。

全5作品を収録。
和風ファンタジーBL。すっかり琥狗さんのお家芸という感じ
ですね。いつ お館様と菊三が出てくるんだろうとw
ほのぼのしたり切なくなったりと、どれも面白かったです。

『碧き風の詩』は山を守る天狗・しらかぜと、陶芸師・伊吹
の話。切ないですが幸福感も残る感じがさすが。ぶっちゃけ、
天狗は姿を消す必要はあるのかな〜?とも思いましたが(笑)、
いいんです、これで。

『海底まで』は、海を守っている不知火と、漁が行われる時
間だけ不知火の妨害を食い止める役目を任された青年・ナギ
という二人。この状態から芽生えていくという形に持ってい
けるのがすごいですよね。神話みたい。

『きつねのうどん』は、豆腐売りの男が行商帰りの山道で、
きつねうどんを販売している狐と出会って・・・という話。
狐が可愛い〜vほのぼの。きつねうどん食べたい〜。

『燕丸』は、九十九の神が宿るという妖刀・燕丸を、権力欲
しさに奪いに来るものから護り逃げ続ける落ち武者・宗行と
いう話。バッドエンドだけどハッピーエンドでもあり、何か
グッとこみ上げるものがありました。

『龍の秘薬』は、病の床にある帝の命で、万病の薬である龍
の血を貰いに龍神の元を訪れた士という話。
何故とっても素朴なモブ顔(笑)・・・と思ったら、なるほど
無欲の象徴なんですね。まさかのオチにもほのぼのです。

ファンタジーというと、設定の説明なんかがしっかりされて
ないと中々スッと入ってこないものですが、このページ数で
ちゃんと内容が理解できるようになっていて、尚且つ感情に
も訴えてくるってすごいですよね。BLとか関係なく、普通に
絵本とか描いてもレベルの高いものを生み出しちゃうんでし
ょう。面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







もののふっ!(2巻)/琥狗ハヤテ 【LYNX】


〔2013/12/24〕


★★★☆☆

時は戦国。合戦後の荒野で、孤独な物の怪が生まれた。悲しみ
と怨念に満ちたそれは、通りかかった精悍な武将・十條寺を呪
い殺そうとするが、彼の徳の高さに心打たれ、ネコミミ武将・
菊三に姿を変える。お館さまへの忠義を果たすべく、忠臣たち
と共に日々奮闘する菊三。そんな中、十條寺領を狙う隣国・堀
田に動きが・・・。超キュートな4コマもたっぷり収録v

2年4ヶ月ぶりのシリーズ2冊目。
今回も健気でおりこうさんな菊三の可愛さにヤラれた〜v 皆に
大事なお菓子を分けてあげる優しさや、お館様を心から大切に
思う気持ちが微笑ましくてほっこり。そして、菊三にメロメロ
な周りの大人の皆さんも可愛いったらなかったですw

しかしただほのぼのしているだけでなく、合間の普通の話の部
分はシリアスで切なかったりするんですよね。椿の終わりを悲
しんだり、九鬼の目玉を大事に拾う菊三には、思わずウルウル
してしまいました。人型の美人な菊三や、普通の猫の姿の菊三
が見られたのも嬉しかったです。

今後は戦国時代らしく戦いの話にもなっていくようなので、も
う既にちょっと、胃がキリキリドキドキしていますが。この時
代を精一杯生きている彼らの行く末をしっかり見届けたいと思
います。願わくば和平が訪れて、菊三が隣国・堀田の面々にも
愛でられる日がくればいいな〜と思います。
あ、そういえばBL成分はほとんど無いですがw、問題なしですね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







剣と霧/琥狗ハヤテ 【BBC】


〔2012/7/10〕

★★★☆☆

「俺が恋をするとしたら・・・その時は命がけだ」
罪人を喰らう暗殺者のジエンは獲物を追う中で、美しい遊女と
出会う。暗殺のため利用しようと近づくが、彼女の正体は同じ
暗殺者で“男”のウーだった。口説いてキスまでしてしまった商
売敵の2人だったけど・・・!?暗殺者×暗殺者 宿命を背負う狼
達は、奪うように求め合う・・・。

依頼を受けて悪人を暗殺する南の狼・ジエンと北の狼・ウーと
いう商売敵の二人が、ひょんなことから関係を持ってしまった
ことで情がわいてきてしまい・・・という、中華な時代劇といった
感じの話でした。

うん。相変わらず読みやすいですね〜。こういうファンタジー
チックな話は得意じゃないので、毎回、ん・・・と思いながら読み
始めてしまうんですが、テンポがすごく良いので、気付けば乗
せられている感じで。たまにフッと可愛い部分があったり、や
たら色っぽいエロシーンもあったりと、さすがの面白さでした。
特に最後にウーがツンデレ全開になったのが堪んなかったですねv
でもキャラとして好きなのは、がさつなオッサン・ジエンの方
なんですがw

まぁ、アクションがしっかりあって、どちらかというとシリア
ス寄りなので、すごく好みというわけでは無かったですが(先
月の『死生獄門』の表題作以外の短編が好み)、楽しく読めた
ので満足。まだ続くようなので、次回はもう少しアホっぽさが
増すと嬉しいなと個人的には思いますw 
相変わらず、本編とは打って変わってのちみっこ絵も可愛いら
しいv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







死生獄門/琥狗ハヤテ 【GUSH】


〔2012/6/8〕

★★★☆☆

死者の魂を冥府へと迎え入れる扉・・・その名は『死生獄門』。
門の表と裏には、番人がひとりずつ。黒の牛頭(ごず)と白の
馬頭(めず)。相見えることができるのは、門が開くごくわず
かな時間のみ。・・・闇に染まりゆく牛頭に触れたい。・・・白く美
しい馬頭を汚したくない。互いに想い合いながらも、決して触
れることは許されないふたり。近くて・・・・・・何よりも遠い。そ
の想いの行きつく先は・・・。

わぁ〜いv あのオヤジもあのオヤジも素敵で、ニヤニヤしな
がら読んでしまいました〜v
琥狗さん初ガッシュ。来月もBBCから出るんですよね〜。

表題作は2話。死者の魂を迎え入れる門の表を護る馬頭と裏を
護る牛頭という、元は一対で産まれた、互いに想い合う二人と
いう話。ファンタジックでロマンチックな感じで、さすがの貫
禄。但し、雰囲気を味わう作品なので、自分的にドストライク
では無く、この感じばかり続くとちょっと・・・と思っていたの
で、これ以降の作品の、お茶目モードへのスイッチは理想的で
した。


『ウィズ・プリンス』3話は、それぞれ「R45」「不器用な恋」
「勃たない!?」特集に掲載の話で、王の三男・ハルに剣を教
える教育係に任命されたコンラッドという、主従ラブ。

1話目では、コンラッドが、子供の頃から慕ってきた美しく成
長した王子に積極的に迫られて・・・と思ったらw  素直に読んで
いたので、思わずアハハと声を出して笑ってしまいました。

2話目は、特訓を始めたコンラッドが、王子に太腿を触られ股
間を触られ、もう止まらない・・・またかw というか、1話目の
ラストがアホだったので、もうコンラッドがアホのていで読み
出したもので、やたらニヤニヤしてしまいました。判ってても
面白かったです。

3話目は、初めて戦場へ出たものの色々とショックを受けてし
まった心優しい王子を、コンラッドがお慰めするという話。
王子、可愛い〜v香草をコンラッドの手から直接嗅ぐ姿に萌え、
抱きついて泣きじゃくる姿に萌え、触られて見せる反応もいち
いち可愛く、そりゃオジサンも夢中になっちゃうよね、というv

『フェーン』は、日本の山脈・ジャバルと、ユーラシア大陸か
ら駆け抜けてくる風・リーフという、山と風の擬人化。
こちらもまた、おおらかなオジサンとツンデレな若者という、
非常に萌えなカップルでした。 これは素晴らしい擬人化v

『夜の星の恩返し』(2話)は、drapに収録の作品。
本当は地味なヘタレなのにナンバーワンホストのジュンヤ(本
名:実)が、仕事終わりの明け方に道でぐったりしていたとこ
ろ心配して声を掛けてくれたのは、男気溢れる庭師の蔵小路。
その日の夕方にお礼に訪れたジュンヤは、ちょっと入用がある
という蔵小路のお願いで、自分の働く店で1日一緒に働いても
らうことになるが・・・。

オヤジのフェロモ〜ンにいちいちときめくジュンヤが楽し過ぎ
て、ずっと笑いっぱなしでした。また何より、このオッサンが
すごくイイんですよね〜v 飾り気が無くて、強面なのに笑顔が
可愛くて、エロスも滲み出てて。いつまでも見ていたい二人で
した。

というわけで、琥狗さんの描くオッサンと若者の組み合わせ
最高!ビバオッサン!!!という1冊でしたw
ナチュラルにイチャっとしてる姿に、ニヤけが止まりません〜v


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







Stranger/琥狗ハヤテ 【Canna】


〔2011/10/26〕

★★★☆☆

小さな町で保安官をしているフランは、荷の護送をした
帰り道、馬に死なれてしまう。水もなしに荒野を歩いて
帰る。それは命の危機に瀕したあまりにも無謀なことだ
った。三日目、意識を失いかけた彼は言葉も容姿も異な
るネイティブのトトに助けられる。友好関係にない二人
だったが、トトはフランを町まで導いてくれた。例も言
えずに別れてしまい、フランはトトのことが気にかかる
が・・・。

かつて悪党一味のボスをしていたフランは、今は小さな
街を守る保安官。ある日荷物を送り届けた帰り馬が死ん
でしまい荒野の真ん中に取り残されてしまう。彷徨い続
け意識を失いかけたところを助けてくれたのは、言葉も
違い、本来なら友好的な関係には無いネイティブのトト
で・・・。

かつて悪事の限りを尽くしたが今は贖罪に生きるフラン
と、一人で荒野に生きるトトという、互いに孤独な二人
が出会って言葉は通じあえなくても惹かれていくんだけ
ど、フランの街にかつての仲間がやってきたことから・・・
という西部劇な話でした。

西部劇というBLとしてはかなり異色な設定ですが、琥狗
さんの絵柄に合っていて迫力と色気があって何か素敵で
した。特に言葉が通じない二人なので、ただ本能のまま
に身体を合わせあってる感じには萌えっと。

琥狗さんは一風変わった設定が多くて、本来なら自分の
趣味では無いはずなのに、読んでると不思議と入り込め
るしっかりとした世界観があるんですよね。しかも趣味
に走っていても一人よがりになってなくてわかりやすい
ので、毎回思わず新しい扉が開かれる感じで。
一般的なBLに比べるとラブは少なくて、どこか友情の話
寄りな部分もありますが、二人の感情は充分に伝わって
くるものがあって良かったと思います。
そして何より、おまけの描き下ろしで、お得意のほのぼ
のちみっこ漫画が見られたのがまた楽しかったv 本編の
シリアスからのこれというのが、いいセンスですw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







もののふっ!(1巻)/琥狗ハヤテ 【LYNX】


〔2011/8/24〕

★★★☆☆

時は戦国。合戦後の亡骸が転がる荒野で生まれた孤独
な物の怪は、通りかかった精悍な武将にわけもなく魅
かれて後を追った。だが悲しみと怨念に満ちていた物
の怪は、その夜、呪い殺そうと武将の元に姿を現すが、
すべてを包み込む武将の徳の高さに心を撃たれ、彼と
共に生きたいと願い・・・!?
超キュート4コマ漫画も収録v

表紙にはこんな可愛らしい生き物がいるもののケモミ
ミ好きではないし、あまり得意でない戦国時代だし、
パラパラと開いたら4コマ漫画だったし、自分、大丈
夫かな・・・ と思っていたんですが・・・ なんのなんの〜。
超絶キュートな菊三ちゃんの姿に、お館様及び家臣の
皆さんと同じく、めろんめろんでありますv
しかもただ可愛くて笑わせてくれるだけじゃなく、合
間に盛り込まれている普通の漫画部分には、感動で思
わず泣かされてしまったりと心洗われる素敵な内容で
した。ただ4コマが続くよりも印象がしっかり残る、
良く考えられた構成になっていたと思います。
ほのぼので終わるのかなと思ったら、最後にはちゃん
とオトナの恋愛wもあって楽しませてくれたし、これ
は続きも楽しみ!

こんなちみっこが全身で親方様大好きな姿が健気で可
愛く、親方様が常に菊三に目を細めっぱなしな姿が微
笑ましく、家臣・九鬼はお母さん状態で可愛いし、一
見強面の七尾もあっという間に菊三の虜になっててま
た可愛いし、八木は九鬼に夢中だし・・・
何かもう、あらゆるところに愛があってほっこりでき
て、とにかく癒されましたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







あやしの君の恋模様/琥狗ハヤテ 【BBC】


〔2011/3/10〕


★★★☆☆

孤独な狼族・ロウランに仕えることになった妖狐族
のシュロ。冷たく突き放すロウランに、シュロは持
ち前の健気さでお世話し、時には自分の体も差し出
して・・・!? 耳をふるふる尻尾をぱたぱたv オオ
カミ×キツネの押しかけ女房生活v 描き下ろしは
シュロの親狐・阿宇良×吽可の子づくり子育て奮闘記v
けも耳と擬人化読みきりたっぷりでお届けv

2008年に発売された『あやしの君の恋煩い』の続編
ですが、多分前のを読んでなくても問題無いかと思い
ます。今回は何と、あのラブラブ幼馴染妖狐カップル
の阿宇良と吽可の間に子供が生まれちゃってた!とい
う、これまた楽しい話でした。

『あやしの君の恋模様』(全2話)は、阿宇良と吽可
の息子・シュロが、自ら申し出て、たった一匹だけ残
ってしまった狼族のロウランのお世話係に。厳しい態
度でつれないロウランを必死にお世話するシュロを、
やがてロウランも認めてくれて・・・という、孤独な狼と
健気な狐の話でした。

人外は、本来はあんまり得意じゃないジャンルなんで
すが、これは、シュロを溺愛する父親・阿宇良の親バ
カっぷりや、吽可の尻にひかれてる具合、きっと二人
の父親の愛を存分に受けて育ったんだろうというのが
分かるシュロの天然っぷりに、意外に可愛い顔も見せ
たりするロウランのツンデレっぷりなど、思わずフフ
フと笑ってしまうようなキュートな描写がたっぷりに
なっていて、非常に微笑ましく読める、ハートウォー
ムなファンタジーでした〜v

っつか、シュロ、可愛かったな〜v
1話の食べられちゃう覚悟で胸をはだけるとこもウケ
たけど、2話でお尻ぷり〜んな寝姿もw

『あやしの君の恋夫婦』は、そんなシュロが誕生した
時の話。阿宇良が妖狐族の頭首に就任したことで、
「魂練成の術」という男同士でも尻尾から子供ができ
ちゃうという術が使えることになって、二人で子作り。
吽可そっくりのキュートなお子様・シュロが誕生した
んだけど、何故か阿宇良は怖がられてしまい、一人ハ
ブ状態・・・という話。二人のバカップルぶりとシュロ
のキュートさに、ニヤニヤが止まりませんでしたw
何じゃ〜このちみっこシュロの可愛さは〜v

『情熱のカーラアシュワ』は、ストレスいっぱいのリ
ーマン・一馬が買った栄養ドリンクから、栄養ドリン
クの精・トルテガが出てきちゃうという陽気なファン
タジー。トルテガがマッチョでアラビアンな風貌なの
も面白いですし、リーマンのヘタレて泣きつく姿も可
愛いし、イイっすw ちょっと良い話なオチになってる
のも良かったし、非常に面白かった。

『ミリオンダラー・フレーバー』は、今度は卒論に煮
詰まってる大学生・ヒロが開けた紅茶から、紅茶の精
・フランが出てくるという、こちらも癒しドリンクの
話。紅茶だけにちょっぴり貴族風情w 湿気を嫌う紅
茶はいつも脱酸素剤を抱えているんですが、それを濡
らすと発熱しちゃう→じゃあ離せば?→乾燥はもっと
ダメ→「アンタはこんな濡れてんのにか?」ですってキャーw
こっちも負けずに面白かった〜v

全部面白かったですね。いや、センス良いな〜。
イイ人外がいっぱいw もっと読みたい!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







あやしの君の恋煩い/琥狗ハヤテ 【BBC】


〔2008/3/10〕

★★★☆☆

とある稲荷神社を守るのは、身分の低いが真面目な赤狐
・吽可(うんか)と、血統はいいけど素行不良な白狐・
阿宇良(あうら)。素直になれない吽可と、いつでも直
球勝負な阿宇良の恋やいかに!?

先日読んだ『情人』が良い感じだったので、もしやこの
方ので、まだ読んでない作品があるのでは?と思ったら
ありました。恐らく当時の自分は人外を微妙に避けてる
ところがあったので、見ぬふりしちゃったんでしょうね。
そんで読んでみたら・・・やっぱ面白い。もう大丈夫です、
インプットされました。「琥狗ハヤテ作品は面白い」!w

表題作は、全4話と番外編。
人型に化けることができる、とある神社の守り神、阿宇良
と吽可。2匹は幼馴染でラブラブなんだけど、血筋の良い
白狐・阿宇良に、位の低い赤狐・吽可は、素直になれなく
て・・・ という、思った以上にすごく可愛らしい話でした。
子供時代のエピソードの入れ方もとても効果的で、微笑ま
しい気持ちになりますね。卑屈になりがちな吽可を、いつ
だって大好きな阿宇良にキュン。愛があってよろしい。

『露と消ゆ』は、雷神・クギラと恋におちた人間・与四朗。
与四朗の為を思って現世に帰したものの、逆にクギラに会
いたくて苦しんでいる与四朗。そんな与四朗を見て、抑え
きれず会いにきてしまったクギラ・・・という切ない感じにウ
ルウルッとしてしまいました。おとぎ話チックで素敵でした。

『チーピング!』 足を骨折してしまい、仕事を休むことに
なってしまった、モデルの陸。そんな陸のため、特別に家
にご飯を作りに来てくれるのは、いきつけの弁当屋の忍(おし)
さん。本当は前から忍さんのことを気になっていて、来て
くれることにも感謝しているのに、上手く気持ちが伝えられ
なくて・・・ や〜ん、このもどかしさがいいですね、モデル
と弁当屋さんっていうのもお似合い。つか、ワイルドな弁当
屋カッコイイw

『ゆびきり』は、警察官・カオルの前に現れたのは、ヤクザ
になった幼馴染のミッキーで・・・ と、幼い頃、正義感の強い
ミッキーと、一緒に警察官になろうと約束したのに、ミッキ
ーは実はヤクザの息子で、跡を継いでいて。でも何か、やっ
ぱり惹かれちゃうんだよなという、可愛い大人の話でした。
ラブくてよろしいw

というわけで、人外が得意のようですが、現代モノもすごく
キュートで、ちょっとアホっぽいところが微笑ましく、色気
もしっかりあって、どちらの作品も好きでした。どの話にし
てもちょっと、ラブいぜ!とニヤリとしてしまう感じがあり
ますね。クールな絵柄なのに甘めなのがイイ。面白かった。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







情人(イロ)/琥狗ハヤテ 【BBC】


〔2010/10/9〕


★★★☆☆

はした金でヤクザの栗原を刺す仕事を請け負い、逆に
栗原の“情人”にされてしまったアオイ。ふらりと現れ
ては芯までむさぼりつくされる、たったそれだけの関係
なのに、アオイはいつしか心まで栗原に奪われていく。
ところが身体の一番奥で触れ合い続けるうち、時折、栗
原が優しさを見せ始めるようになって・・・?

金に困ってヤクザの栗原を刺す仕事を請けた、ただのフ
リーターの青年・アオイが、返り討ちにあい、逆に栗原
に金で飼われる生活をするように。愛などない、ただの
栗原の玩具でしかなかったはずなのに・・・という、ヤクザ
と青年の表題作は全4話。

話としては特に珍しいものはありませんでしたが、色気
のある雰囲気と、無愛想で俺様なくせにアオイを愛しく
思っていることが時々チラッと感じられる栗原の表情に
萌えっときました。安全な場所に返すために手放してや
ったのに結局戻ってきちゃったオバカちゃんなオチも
すごくキュンとさせられたし、中々良かったんじゃない
でしょうか。

『スノーマン』は、施設で育って一人で生きてきたヒカ
ルが、雪国から出稼ぎでやってきている社員寮で同室の
仮谷さんの暖かさに触れ、別の感情を抱くようになるけ
れど、仮谷さんは春には娘の元へ帰ってしまう人で・・・
という寂しい若者とヤモメオッサンの話で、仮谷さんの
方言に激萌え、ヒカルの健気さに萌えで、何だかすごく
好きな二人でした。
Hの最中も方言で優しく言葉責なのが、妙にエロスであ
りました〜w 「・・・不思議だ 君は男っ子(おのっこ)
なのにドキドキする」という台詞にこっちがドキドキで
したよ〜w
ああ、ほのぼのいいねぇ。きっと一緒に田舎に帰って、
幸せに暮らすんだわね。

『またいつかここで』は、山の小さな守り神・ネノカミ
様と、毎日おにぎりを持って安全祈願にやってくる狩人
・クマノ。力が無くて人からは姿が見えないはずなのに、
クマノにだけは見えちゃってたことに慌てるネノカミが
可愛い。ソバカスを見られるのが嫌だったなんてw
しかし最後は何故だか泣けて泣けて。早く元の姿にして、
二人を会わせてやってくれ〜・・・と泣きつつ、ここで終わ
らせた作戦はお見事だなと関心しちゃったのでした。で
も続きの幸せになった二人もやっぱり見たい。

そういうわけで、どの話もちょっと奥ゆかしさのある愛
が、何だかすごく心地良かったです。
表題作も良かったですが、個人的には短編2本の上手い
話運びにまんまとトキめかされましたね。特にやっぱり、
甘々が好物な私としては『スノーマン』が一番ツボでした。
こんな感じのばっかで1冊だったら、とろけてしまうかも
しれないw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







魔王の甘い契約/琥狗ハヤテ 【BBC】


〔2009/1/10〕

★★★☆☆

パティシエ修行中の亮(リョウ)は、貴重なレシピが
いっぱいな開かずの資料庫に入ることを許される。
だがそこで待ち受けていたのは、自ら魔王と名乗るちょう
胡散臭い男!しっぽと角が生えたその男・クロムは、亮の
ケーキと引き換えにワケの解らない契約を迫るわ、キスし
てくるわで・・・!?

人外です。自分でも、もういいかげん偏見持ったまま入る
のやめようよ〜と思いながら、何かどうしてもテンション
高くは入れないというファンタジーモノですが、結局読んで
みると全然大丈夫という。この設定好きー!という状態には
絶対ならないけど、読み終えるといつも、食わず嫌いでゴメ
ンね〜とは思ってしまう。

そして今回のこれですが・・・ ネタばらしで泣けちゃいました。
ノーテンキな魔王かと思いきや、まさかの第3話。クロムに
やさしくできなかった自分が悔しくて泣いてるリョウが愛し
くてウルッとね。いやいや、結構良かったですよ。

あとは、バーのオーナーとバイト君の『スクリュード』と、
イケメンラーメン屋さんとリーマンの『おいしいひと』は
現代モノでしたが、どちらも味があって面白かったです。
表題作でも思ってたけど、『スクリュード』の方が特に、
直野儚羅さんっぽい絵ですね。ってか、言われなかったら
そう思っちゃうかも。

最後の表題作の番外編では、ちっこいドラゴンがキュートで
面白かったり、この手のファンタジー方面が得意の方のよう
ですので、今度見かけたら表紙やタイトルではじかず、ちゃ
んと読もうと思いました。楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール