selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





輝夜 カグヤ/野守美奈 【GB】


〔2011/1/24〕

★★★☆☆

人嫌いだった祖母の訃報が届き、遺産をめぐるゲーム
に巻き込まれた槙村匡。彼女が唯一傍に置いたらしい
美貌の青年・輝夜が、その鍵を握るという。気乗りし
ない匡だったが、憎まれ口ばかりたたく輝夜がふと見
せる寂しげな瞳に、幼い日の記憶を揺り起こされ・・・?
人造生命体〈輝夜〉たちのやさしい絆の連作集・・・単行
本未収録、描き下ろしもあわせ完全文庫化。

2002〜2003年にラキアコミックスというところから
出されたものに、未収録の作品も追加した文庫新装版
です。

オーナーの意思のままに動く、見た目や体内構造など
は人間と同じ、人造生命体a-ライフ〈輝夜〉。輝夜に
とってオーナーは絶対で、オーナーがいなくなれば死
んでしまい、所有権の譲渡もオーナーの意思でしか行
えない・・・という感じで色んなところに色んな輝夜が居
て、それぞれのオーナーや、自分を想ってくれる人と
の色んな愛の話がオムニバス形式で描かれています。

全部面白かったですが、単純な話が好きな自分として
は、兄貴と大きくなりたくない輝夜の『カクテル』、
病弱な坊ちゃんと輝夜の『つれていってね』(唯一ウ
ルウルした)、あとは輝夜に自由でいて欲しいと望む
志偉の『掌の中の月』も二人の関係が好きでした。

まぁ、昔BLな雰囲気はありますが、だからと言って受
け入れられないようなとんでもなさも無く、自分的萌
えとはちょっと違うんですが、ファンタジーし過ぎて
無く、話もしっかりと安定しているので安心して読め
る感じでした。アンドロイドとか好きな人はもっと楽
しめるんだろうな〜と思いました。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







それを静寂が伝える/野守美奈 【BBC】


〔2011/1/8〕

★★★☆☆

学園寮で暮らすルームメイト、江長と貝藤。それぞれ
遊ぶ友人も違えば趣味も違う二人だったが、ある出来
事をきっかけに互いに人には言えないことが増えてゆ
く・・・。無口でつかみどころのない江長が、こんなに激
しく自分を求めてくることに、ときめく貝藤だが・・・。
言葉にはしないキスの温度が学園寮の一室を甘い空間
に変える・・・?

寮で同室の江長と貝藤。10年間ピアノを続けてきた貝
藤の指を見せてもらっているうちに、徐々にその指に、
そして貝藤自身に欲情を覚え始めた江長。そして貝藤も・・・

というわけで、二人の関係が周りにバレたり、誰かに
邪魔されたりというような、特にドカンというエピソ
ードは無く、ただ二人が静かにジワジワと侵食し合って
いく感じが、良い意味でちょっと昔のBLな空気で、イケ
ナイ感じがして良かったです。でも正直、ちょっと物足
りないかなとは思ってしまったんですが・・・
できればHは引っ張って、ずっと手ばっかりいじってて
欲しかったかもw 食堂で握ってる図とか良かったしw
まぁたまにはこういう昔ながらのものも悪くないですね。

短編『うつむく君が』は、新入社員の面接を担当した先
輩社員・尾島と、尾島の質問に煽られ、自分が同性愛者
だと告白してしまった香芝。しかしノンケだったはずの
尾島は、香芝が可愛く思えてきて・・・という話。
実は内に秘めていた受・・・というのにズキュンとやられて
しまい、個人的には表題作よりこちらの話の方が好みで
した。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







夜はあどけなく/野守美奈 【ルチルGB】


〔2010/10/22〕

★★★☆☆

大学生の植村永と中学生の大野隆明・・・家庭教師と生徒と
して、ふたりは出逢う。初めこそ隆明のことをおとなしい
少年だと思う永だが、その危うげな瞳に胸のざわめきを覚
えるようになっていった。とある出来事をきっかけに、独
り抱え込んでいた秘密を永に打ち明ける隆明。やがて、縋
りつく必死さで永を掻き抱いて・・・・・・?

2002年にビブロスから発売された『夜はあどけなく』と、
2003年の『凍える君をあたためる』に未収録の同人誌作
品を追加した新装文庫版のようです。
私は『凍える君をあたためる』は既読ですので、今回はそ
の前の話も読めたということですね。

しかしその前半、かなりイタタでした・・・
大学生の永と、中2の隆明が、家庭教師と生徒として出会
い、隆明が母親との性的関係を告白。その苦しみを打ち明
けられ、ただ一人自分を見てくれる人間・永に、隆明は依
存していく・・・という感じ。高校生になって母親と離れたこ
ともあり、割とまともになったので良かったんですが、中
学時代は不安定過ぎて、見てて胃がキリキリしそうな感じ
の痛々しさでした。

でもそれだけに、二人が色んなことを乗り越えて、唯一無
二の存在になっていく。そういう感動はしっかりもらいま
した。何より、永が頑張ったよな〜。お気楽な恋愛ならい
くらでも転がっているだろうに、敢えてこの子と一緒に成
長することにした彼は、良い人過ぎて時にイラッとするこ
ともあったけれど、やっぱ褒めてあげたいですね。
最初は不格好だった二人の形が、永が見守った隆明の成長
と共に、良い形になったよねと、最後はほっこりできる話
になっていました。古いBLらしいイタさも、また一興。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







臆病な指先/野守美奈 【BBC】


〔2000/8〕

★★★☆☆

いつもは自信にあふれた君。でも今、俺を抱きしめ
る君の指先が震えている・・・。勉強、スポーツ、容
姿、全てが上クラスの榛(はしばみ)は、ある日街
で同じ学校の芦野に出くわす。頼りない芦野に、イ
ライラする榛。しかし・・・!?

全3作品を収録。
表題作は、毎週金曜日の夜、出かけていく兄・功の
幽霊を見る高校生の弟・俊雄が、兄とバイト先が一緒
で仲良くしていた、自分と同級生の芦野が、兄に関係
があることに気付くけれど・・・ という話。
死んだ人に弱い自分は、兄が芦野に会うシーンがかな
り泣けてしまいました。こんな人の良い、素朴な兄が
死んじゃうなんて・・・と。
ちょっと昔っぽいテイストですが、繊細な心の機微が
丁寧に描かれてあって、良かったです。

『ピュア』は、リーマン・鷹塔と倒れた祖父の代わり
に露天で甘栗を売る高校生・諒一郎。ピュアな諒一郎
に合わせて大事にゆっくり恋をしていた鷹塔だったけ
ど・・・という話。勝手に幻想を抱いていた鷹塔さんが、
実は男との経験ありの諒一郎にビックリ。大人気なく
嫉妬しちゃうという感じかな。読んでる方としては、
むしろギャップに萌えますねw

『水に棲む』は、14歳も年下の司と結婚した母親・菜
穂見が亡くなり、司と二人で暮らすことになった息子
・直巳。ちょっと頼りない父親・司を、直巳がすごく
大事にしてる感じと、二人が寄り添ってる繊細な感じ
が良かったです。同人誌収録の古い作品のようなので、
若干表現が古いですが、あんまり気にせず話に入って
いけました。

どの作品も描写が丁寧なので、読み応えがありますね。
レトロだけど面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







凍える君をあたためる/野守美奈 【BBC】


〔2003/3/10〕

★★★☆☆

互いだけがいれば、生きていける・・・そう思っている彼らも、
二人の世界を守るためにこそ、強くならなければいけない。
そして大学生の永(はるか)は就職を控え、隆明は高校生に
なった・・・。

 '02年に発売された『夜はあどけなく』の続編ということで、
当時中学生と家庭教師の大学生だった二人の2年後。
前作未読ですが、間にあらすじも入っていますので、特に問
題無く読めました。でも知ってた方がやっぱり入り込めたで
しょうね。テーマが重めなだけに。
前作では、隆明が母親に肉体関係を強要されていて、今回は
永が、大学の先輩に強姦され・・・と中々に昔チックですが、
永の性格の影響か、全体的にしっとりと落ち着きのある話だ
し、暗いけど話が抽象的じゃないので、そこまで古っ!とい
う感じはしませんでした。新作は描かれないのでしょうかね。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








ベッドの上の天国/野守美奈 【BBC】


〔2006/1/10〕

★★★☆☆

「でかい図体して、添い寝がないと眠れない?」
波多の迷惑なお願いを断り切れず、保科は彼と毎晩同じ
ベッドに・・・ でもそれがどんなに苦しいかなんて、波多
には気付いちゃいなくて・・・。同じゲーム会社に勤める
波多と保科、同居2ヶ月目の危機!!

ゲーム会社営業の保科は、ひと月半前から制作の波多と
同居を始めた。一緒に暮らし始め、直ぐに波多への気持
ちが恋だと気付いた保科は、その想いを隠し通そうと
思っていたが、人肌がないと眠れないと、毎晩のように
保科のベッドに波多が潜りこんできて・・・

表題作3話と短編4話。
かなり日常な話でドラマチックでも何でもないんだけど、
ノンケ×ノンケ(多分)という、そういうふっつ〜の人達
が自然に惹かれていくという話は、初々しくていいわな。
波多のヘタレで飾り気のない感じと、照れくささのあまり
ついプリプリしちゃう保科という、お似合いな二人に、も
っと先を読みたいと思ってしまいました。

『君のやさしい手』はホームレスと高校生・・・って、え!?
って感じですけど、何かツンな高校生が良かったな。
『完全無欠の恋人』はデキる上司と部下。上司の男らしさ
がいい感じ。

『遠い空の国』は高校生同士のカプ。関係を母親達に気付
かれ初め、そのわずらわしさから逃げるため、二人で家出
をするんだけど、貧乏で精神的にもまいってしまって、そ
んな子どもだけの生活は2ヶ月も持たないで・・・という、ち
ょっと切ない話。ラストは予測範囲だったけど、やっぱ感動
しちゃった。

『家族になろうよ』小6の娘持ちヤモメリーマン・名倉と、
隣のゲイ・須藤。天然ぽややんなオヤジが可愛い。

絵はややレトロだけど、話の構成がしっかりしていて、
非常に読みやすかったです。で他のも読んでみたいとか
思ったんですけど、最近のものはないようで残念。
初っ端から、雰囲気がやまかみ梨由さんっぽいなぁ・・・と
思っていたら、一緒にお仕事されてるようですね。
そんな二人の連名新刊が、12/27にニチブンさんから
出る模様。→ 『はじまりを聴かせて』


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール