selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





リリパット/松崎司 【Qpa】

 
2014/8/16〕

★★★☆☆

身長155cmの向坂志郎はその低身長が幼い頃からのコンプ
レックス。やたらと懐いてくる新任教諭の黒木晴人は2m越
えの巨人。向坂にとっては天敵そのもの!高いところから
見下ろされる不快さ、そして恐怖・・・。とにかく側には寄っ
てほしくない存在。なのにどうしてオレ達はHしてるんだ!?

表題作は4話。
デカい新任教師・黒木に恐怖を抱いていた大きな物嫌いの
向坂が、やたら懐いてくる黒木に近づかれたくないがために
自分はゲイだと脅しの嘘をついたら、実は黒木はゲイで、余
計に燃え上がらせちゃったという話。

うん〜何でしょう。人間性とか抜きで、黒木嫌な奴!と思っ
ちゃってる向坂が苦手なら、ぐいぐい押すばっかりの黒木に
も愛が感じられなくて、どうも苦手な二人でした。そして松
崎さんってこんなにエロくなかったかな?というエロ成分の
少なさも気になったところ。

『4割男子の憂鬱』は、バイト先の女の子と付き合えそうだ
ったのに、26歳でDTはキモくて無理と振られてしまった
桜田が、自分の部屋の前で酔っぱらって座り込んでいた、
1つ下の階の住人のおっさん・山口と致してみることになり
・・・という話。うん、それだけですね。おやじ受を楽しむと
いう。

『ぼくの叔父さん』 は、喫茶店を経営している独身の叔父・
ジロが実はゲイだと知ってしまった大学生・雅雪が・・・という
話。血縁関係ではあるけれど陽気なエロなのでサラッと楽し
めました。

表題作がいつもと違う感じだったので、後ろの短編2本を読
んだら、何だか妙にホッとしたというw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







メテオライト/松崎司 【Qpa】


〔2013/5/18〕


★★★☆☆

オレはしがない清掃員、恩田都。ゲイである。日々の楽しみ
は今をトキメク芸能人、香嶋慧を鑑賞すること。そんなある
日、グウゼン香嶋慧本人に会っちゃった!?
他、金貸し×借金リーマンの濃密乳首プレイも収録!!

可愛いおっさんがいっぱいで楽しかったですv
肉体派の時も勿論面白かったですが、雑誌の傾向か、ある程
度のゲイゲイしさはそのままに、少〜し肌色が少ない感じで、
話の方に重点が置かれている感じで、一般受けしそうな読み
やすさでしたね。

表題作は全3話。
39歳の冴えないゲイのオジサン・都が、かねてから大ファン
の芸能人で25歳の慧にコンビニで出会って声を掛けられたこ
とから、まさかのお付き合いに・・・と、隕石に当たるよりもす
ごい確立の幸運を噛みしめつつも、いやいや俺なんかが・・・と
いう謙虚なおっさんを、若者がこれでもか!と愛しちゃう話。
自信のないおっさんを楽しそうにイジる慧が本当に嬉しそうで、
ニヤニヤしてしまいました。何でボトル洗浄ブラシプレイな
んだろうと思ったら、あとがきにプッとw そこまで細かい指
定ってw

『飲み屋とワイシャツとオレ』は全2話。
サラリーマン萌えの飲み屋のマスター・亮太(29)が、常連
客でまさに理想とするリーマンの芹澤(36)に日々萌え萌え
していたら、どうやら芹澤さんも・・・という話。
前半でも結構亮太のフェチっぷりが出てましたが(腕時計に
手の甲の血管のコンボ。解りますw)、後半は更に芹澤さん
の体臭にがっつく変態っぷりw 欲望に素直で可愛いな。こん
なんでも可愛くてしょうがなくなっているオジサンも可愛か
ったですv

『毒蛇と乳首』は、会社の金でFXに投資して700万円の損を
してしまい、ヤバいところから金を借りることになってしまっ
た課長の成海。しかし金を貸してくれるという社長でヤクザの
黒次に融資の条件として、乳首調教されることになってしまい
・・・という残念なオッサンの話w エンドレスな感じでウケます。

そういうわけで、全部面白かったです。雑誌では、他の作家さ
んとの並びに多少違和感はあるかもしれないですがw、是非と
も今後も他社でもQpaさんでも描き続けていただきたいです。
そっか〜松崎さんももうアラフィフなんですね〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







わがままな男/松崎司 【AQUA肉体派】


〔2012/10/12〕

★★★☆☆

下着メーカー・デザイン部所属の植田優志は、女性下着に
囲まれすぎてデザインの生命線である“エロ”を見失っていた。
そんな時、資材部の小池亘の着替えシーンに遭遇し、そのみ
ごとな大胸筋に性的衝動を取り戻す! ・・・『ファウンデーシ
ョン』を含む表題シリーズ3作ほか、人気のビスポークシリ
ーズも収録!

わぁもう!昼間に1時間もかけて書いたこの作品の記事が飛
んでる〜。jugemぅぅぅ〜(怒)(jugemユーザーで、右
の「商品レビュー」を利用されている方。作品を選択して本
文も書き、下書き保存にし、後ほど「記事の選択」からアッ
プしようとすると本文が真っ白になるかもしれませんので、
ご注意下さい。私だけかもですが。
※追記:その後 jugem
に問い合わせてみたところ、やはりエラーを起こしていたよ
うで、翌午前中には復旧した旨、連絡がきました。
)ムカつ
いててもしょうがないので書きますけど、全然思い出せる自
信が無い・・・。



『肉体派』と『肉体派ガチ!』に収録の6作品で、『ファウ
ンデーション』があらすじの話。
女性下着のデザイナーである優志は、2年前に大ヒット商品
を生み出したこともある実力の持ち主だが、感覚が麻痺して
しまったのか、アイデアに行き詰っていた。そんな時、同じ
会社の資材部・亘の着替えシーンを見てしまった優志は、そ
の見事な大胸筋の弾力に惹かれ、発作的に抱きついてしまう。
それでイマジネーションを受けた優志は亘にお願いし、昼休
み毎に触らせてもらうことにするが・・・という、ちょっと変
な若者が、オッサンの筋肉をいじくって、頭スッキリ、股間
もスッキリ!という、愉快な話でした。文句を言いながらも
相手をしてあげるオジサンが可愛いですね。

『わがままな男』はその続編で、何で自分が女役なんだよと
文句を言いつつも、どんどん開発されていくオッサン、勿論
気持ちもね、という話。快楽に弱いのが可愛い。

『三人成虎』も同カップルで、亘の元妻で事業部の神原部長
やその弟・大紀が出てきて、やんやとした話で面白かったで
す。医学的に説明しつつのHという一風変わった趣向に、恥
ずかしがりつつ可愛く悶えちゃう、安定のオヤジ受でした。

『LUCKY PUN2CH×2』は、小さなアクションチームのベテ
ランスーツアクターで社長の俵と、新入りのオバカな翔とい
う話。若者にグイグイ来られて抗えない社長という、こちら
も安定の可愛く快楽に弱いオヤジw この雑誌が出た時、「戦
うおっさん」という特集だったのでインパクトあるな〜と思
っていたら、松崎さんの提案だったんですね。

『同窓会』は、高校時代に野球部だった二人が、30年ぶりに
同窓会で再会し・・・という、オヤジ×オヤジの話。ムチムチの
お尻が印象的な「雄尻特集」(こちらも松崎さん提案)での
作品でした。この暑苦しい感じがイイですね。いやらしいw
もっと見たいw

『ビスポーク サヴィル・ロウ』は、おなじみのビスポークシ
リーズ。大久保さんがまたもヤラれておりますが、襲われて
るのに微妙に感じてるのがいやらしくてグーですw

びっくりしたのは、「肉体派」でもここまでがっつりボカシ
を入れるようになったんだなということ。ちょっと前の松崎
作品からは想像できなくらい、目を細めても全く見える気が
しないw、ガチモザイクです。しかし、肉体そのものや表情、
シチュエーションなどからしっかり色気は伝わってくるので、
そんなことでエロスが減ったと感じることは無く、さすが相
変わらずの安定感でした。あとは、話と話の間に入る、いつ
ものコマいじりも面白かったです。特にマグロ解体とアゲポヨw

残念ながら女性にあまり需要がないのか、こういったテイス
トのものが読めるのが今のところ肉体派しかないのですが、
雑誌は休刊になっても、コミックスで何とか出し続けていた
だきたいですね。できれば他の出版社にも頑張ってもらって、
雄くさいレーベルができると嬉しいなとか思うんですけどね。
たまにガッツンガッツンしたのを読むと、脳がリセットされ
るのか、また新たな気持ちで通常BLを楽しめる感じがあった
りするのでv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







サンドリヨン/松崎司 【AQUA肉体派】


〔2010/05/12〕

★★★☆☆

靴フェチで足フェチの刀矢は老舗靴店の跡取り息子。
ある日、雪駄ばきの理想の足と出逢い「言い値を払うから
足の指を舐めさせてくれないか」といきなり懇願し、ボコ
られる。やっと見つけた理想の足の持ち主は、なんと就職
難にあえぐオヤジ・俊太朗。靴をはいて見せてくれるだけ
でもいいという刀矢の申し出に、しぶしぶ承諾するが・・・

表題作が2話と、おなじみのビスポークシリーズを含む短
編5話の 計7本収録。

表題作は、靴フェチで足フェチでゲイの刀矢が、街で出会
ったオッサンの理想的な足に一目惚れして、お金を払うか
らその足でエロいことをさせてくれと懇願。最初は戸惑っ
ていたオッサンだったけど、求職中でお金が無いというこ
ともありやってみることに。それがどんどんエスカレート
していって・・・という、ヘンタイが止まらない感じが愉快
な話。

2話目『金の斧/Golden axe』は、それから半年。相変
わらずオッサンの足を満喫する刀矢だったけど、オッサン
もちょっといい加減こんな生活はやめにゃいかんなと、就
職活動を開始。でも・・・ という、結果ラブラブな話。
フフッ。ノンケだったはずなのに、すっかり淫乱ネコちゃ
んですw

『クローゼット・ルーム』(全2話)は、洋服の素材の擬
人化。綿素材の服が好きなオッサンの前に、綿が若者の姿
で現れ、いいようにされるオッサン。2話目ではオッサン
がうっかり買ってきてしまった化学繊維の服(クイック
ドライ的なw)のせいで、新たに化繊だという若者が現れ
てしまい3P。 え〜オッサンなら普通、スーツとか持って
んじゃないの〜?と思っていたら、オチで出てきましたね。

『トレジャー・アイランド』は、無人島に流れ着いた、ク
リスチャンの士官と、士官の船を沈没させた海賊の一人。
生活能力のない士官が、生きるために海賊の慰み者になる
という、ちょっぴりシリアスな話。あんまり好みじゃない
かな。

『ビスポークver.5.0transit』は、大久保がロシアの空港
で拘束されて陵辱される、っていう、大久保さんの淫乱ネ
コちゃんっぷりが、自らの口で語られるのが、エロくて笑
っちゃいました。
『ビスポーク サウナ乱闘編』は、斉藤と大久保がサウナで
エロエロ、『ビスポークメイド』は久々にテーラーのオヤ
ジに弄ばれる大久保。尿道はギリOKですw

今回は、足フェチの話が、足のラインじゃなくて、指とか
甲とか幅とか、足先の方に萌えるっていうのが斬新で、や
たらとヘンタイくさくて面白かったと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
にほんブログ村 BL漫画







夜来香/松崎司 【AQUA】


〔2009/12/12〕

★★☆☆☆

松崎司がBLジャンルで発表したコミックス未収録作品
が遂に単行本化!!1950年代、“魔都”と化した横浜を
舞台に繰り広げられる表題『夜来香(イエライシャン)』、
学園ラブストーリー『CALL ME〜あぶない放課後〜』の
長編2シリーズを完全収録!!

あらすじとか何も見ずに読み始めたので、「え!?これ
本当に松崎さん!?」と、ちょっと読んだ時点で、表紙を
二度見してしまいましたw

'94年にビブロス掲載の表題作は、何て言うジャンルだろ
う。中華風SFバイオレンスアクション?w
何か全然、何をしてるのか、良く判りませんでした。ハハハ

『CALL ME』は'95年に花丸掲載の、小説が原作の作品。
こちらは学園モノということで、多少読みやすかったで
すが、やっぱり結局何が言いたいのか良く判らないw

今とは違う絵だけど、そんなに古さは感じないものの、
ご本人曰く、まさに現代のBLが生まれるちょっと前の、
「BL黎明期」を漂わせる、ちと難しい2作品となっており、
その辺に免疫がない自分には、中々に辛うございました。
いつものガチムチオヤジ受を期待して買っちゃうと、ビッ
クリしますね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








surf trip BOYS?/松崎司 【AQUA肉体派】

 
〔2009/7/10〕

★★★☆☆

プロサーファーを目指す大学生の篠山大輔。サーフィン旅行
の為にバイトを始めるが、初日からバイト先の上司・岡崎に、
いきなり説教をされてしまう。最初は「ウゼぇオッサン・・・」と反
発する大輔だが、岡崎もサーファーだと知り、傷跡がエロくて
結構いい体を目の当たりにし、その意外性に加速度的に惹か
れていく・・・。

松崎さんと「surf〜」っていうタイトルに、すごい違和感だった
んですけど(笑)、中身はいつもと同じく、ガッチムチオヤジだ
らけで、ある意味一安心?

表題作は、貧乏サーファーの篠山君が、仲間の紹介で、女の
人ばかりのコールセンターのバイトを始め、そこで唯一の男性
で上司のオッサン・岡崎の口うるさい感じに最初は反発気味だ
ったんだけど、岡崎さんも実はサーファーで、いい体だというこ
とを知って、ものにしたくなる・・・という、一見固そうなオッサンが
実はサーファーっていうギャップに惹かれる若者の暴走が楽し
い話となっています。

『Typhoon』 は、サーフィン旅行で訪れた南の島が気に入り、
不法滞在状態2年で、観光ガイドをしながら、女性の夜のお相
手もしてお小遣い稼ぎという、気ままな生活を送る伸国が、そ
んな売春状態をネットで知った母親の送り込んだリーサルウェ
ポン(笑)で・・・という、お仕置きの話。その最終兵器というのは、
昔から、何かと伸国が騙されてばかりの、双子の叔父(ホモ)。
素人女性相手に売春するより、ホモになった方がいいってこと
らしいですw

『山怪異譚』 は、恩師の息子・光國×釣りライター・範太郎の
エロで、ベースがホラー。
『イージーライダー』 は、若い社長×ダメ平社員のオッサン。
オッサンが社長にセクハラされて・・・と思ったら実は過去バナ
があって、下克上になってたのが面白かったです。
『ぼくのクマちゃん』 は、料理番組のクマ先生と、着ぐるみの
中のコが、二人きりの打ち上げで・・・という、1年間一緒に仕事
しながら、クマ先生への想いを溜め込んでいた若者が、最後に
お外で大暴走な青姦話。
『エストレージャ』 は、若いプロレスラーと保守的なベテランオッ
サンレスラー。襲い受〜。
あとは『IMITATION GOLD』など『ビスポーク』シリーズで
おなじみの、大久保と斉藤のショート(同人誌から)が2本。
ま、今回もオッサンがいっぱいっス。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)






beast tamer/松崎司 【光彩】


〔2004/5/10〕

★★★☆☆

元格闘家・鰐淵は現在俳優。大の犬嫌いにも関わらず、今度
の映画は何と犬との共演。満足に演技できない鰐淵は、この
ままでは鋼板,違約金なんてことにもなりかねない。そこで
共演する犬のトレーナーである男の提案により、二人と一匹
だけの別荘での合宿が始まる。しかしその調教方法は・・・

ん〜肉。
表題作とあと4編入ってまして、肉肉しいんだけど、何か
話が面白いし、気が優しくて力持ち的な、意外と可愛らしい
人が多いんで、ついつい読みたくなって、結果、結構読んで
ますよね。毎話ごとにあるあとがきと、作中のコマを使って
行われるサービスマンガも楽しいです。

そっかぁ〜。オヤジ受じゃなくて、キューバ受かぁ〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







IMITATION GOLD/松崎司 【AQUA肉体派】


〔2007/6/12〕

★★★☆☆

島秀会幹部・大久保。“経済ヤクザ”と呼ばれ、数億
単位の金を動かす彼は、キレ者の顔とはうらはらに
淫らな身体を持っていた・・・

『ビスポーク』シリーズ4話と読み切り2話。
さっき新刊の方の 『experience』 を先に読んじゃった
ので、ついでにもう一冊の未読のも続けて読んでみました。
朝から牛丼特盛〜みたいな。

大久保があまりにモテモテ+斉藤とのラブ度が何故か
高まったことで、何か意味もなく半笑いなんですけど、
自分。いやいや〜どんだけ男を呼び寄せるんだよ、こ
の無自覚受フェロモン男は。楽しいよ。
パラレルの刑事モノも、あまりにそのまんまハマりすぎ
てて、面白かったっすね〜。

あとは珍しく若者同士のなんて入ってるし、大久保の
子供時代も見れ、究極のハゲオヤジ受なんつぅギリなもの
まであって、なかなか濃い一冊でした。
何より、思いがけずやってきた大久保にときめいちゃっ
てる斉藤が面白すぎる。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







experience/松崎司 【AQUA肉体派】


〔2008/12/12〕

★★★☆☆

子供の頃から狙われやすい性質だった俺。突然、見知らぬ
男に触られる恐怖感と同時に覚えた、言いようのない高揚
感は、思春期を迎えて性に目覚めると興奮に変わっていった。
だが、痴漢行為に身を任せるのが好きだと自覚した時には、
皮肉なことに俺は手を出しにくい大きな図体に成長していた・・・

あらすじは、痴漢行為での快感を得たいのに、デカい強面
に成長してしまい、誰も相手にしてもらえないエレベーター
ボーイが、仕事中に久々に触られた相手は総会屋で・・・と
いう、痴漢特集に収録の『午後3時のエレベーター』。
その続編『experience』は、引き続き総会屋と関係を持つ
ことになってしまったエレベーターボーイが、実は10年前
に友人に犯されていたという、強姦特集に収録の話。

最初の『日曜日はストレンジャー』は、数年ぶりに戦隊ショー
に復帰した男が、同業者の男と同棲しているけど、彼に憧れ
を持っていた青年に迫られて・・・という話。

『Papa Don't Preach』は息子の勤め先に父親が誤って就職
してしまい、しかもその父親がゲイだと知ることになった上
に、部下が父親狙いで、さぁ大変、という話。

『measure』はおなじみ 『ビスポーク』シリーズの仕立て屋
・田中×生意気な格闘家。

『時の過ぎゆくままに』は学生(20)×教授(40)。教授の元
に、元彼(同級生につきオヤジ)が訪ねてきて・・・

そんなわけで、毎回お題有りの 『肉体派』 に掲載の話なの
で、テーマがはっきりしていて読みやすいですよね。
エロいはずなのに、圧倒的に情けない系の男が多く、男性
作家さんのせいか、その辺が上手く表現されているので、
皆いじらしく、キュートに思えてきちゃいます。

・・・って言いましたけど、多分、だいぶエロに対する感覚が
マヒしている方だと自覚していますので、肉々しさとか、毛
とかモラルとか、そういうの気になるお嬢さんは読まなくて
も宜しいのでは。見やすい絵、解りやすい話で、私ゃ楽しい
ですけどね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







ビスポーク/松崎司 【光彩】


〔2003/4/25〕

★★★☆☆

オヤジです。『IMITATION GOLD』『Heavy-Duty』
おなじみの『ビスポーク』シリーズの1回目、でいいのかな。
鬼畜な仕立て屋・田中さんとの出会いがね。その後、『文身
慕情恋寝刃』で、ナニにヘビを彫らされてます。イタタタ。
『文身〜は、彫師の青年と休職中の警官。ムカデの刺青は
気持ち悪いっす。
『Service』はホテルマンとヤクザ。『サン・トワ・マミー』
は保育園の園長と変なアルバイトくん。最後の一コマがウケる。

思ってた以上にライトだったので、あんまオヤジだ〜って
感じもなかったです。と思ったけど、自分が慣れただけかも
しれないので、オヤジがダメな方は読まなくても良いのでは。
自分は別にオヤジスキーでもないけど、もーちょっと生々
しくてもいいのにな〜くらいの感じ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール