selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ライアテア/岡田屋鉄蔵 【花丸】


〔2013/1/31〕


★★★☆☆

少年時代、南の島で出会った現地の男・マニの美しい姿が
忘れられずにいる新進カメラマン・ゾム。そして念願の再
会を果たすのだが何故か彼はゾムに心を開こうとしない。
やがてゾムの熱い想いはマニに禁断の過去への扉を開けさ
せることになる・・・!?

原因不明の病で左目の視力を失ったカメラマンのゾムは、
復帰にあたり、ある人物の写真を撮りたいと思っていた。
それは20年前、南の島で出会った神秘的な現地の青年・
マニ。彼以上に撮りたいと思う被写体に出会えていないゾ
ムは現在のマニの居所を調べるが、島を出て父親の居るフ
ランスに渡ったところまでは判ったが、その先の行方は判
らなかった。だが偶然にも、ゾムの眼の治療に携わってい
る主治医の関係から、マニが神経生物学の研究所で働いて
いることが判明。早速訪ねマニを口説き始めるゾムだった
が、自分は島を捨てたのだと、マニは取り合ってくれず・・・。

未開拓な島から都会のフランスに来たことで、珍しがられ
差別され、島の出身者だということを表わす見事な刺青も
隠して生きてきたマニと、会いたいと思っていた人に、神
の思し召しかグイグイと引き寄せられるように近付いてい
くゾム。今の自分をあの場所で撮りたいと言うゾムに、熱
心に口説かれマニは・・・というような話。

表紙の圧倒的な存在感(ちょっと恐いですよねw)と、独
自の世界観を描き出す岡田屋さんなので、多分あんまり得
意じゃない方向だろう・・・なんて思っていたんですが、何
ですかね、もう! 心を揺さぶられるというんでしょうか。
気付いたらはらはらと涙が出てきてしまうような、何とも
言えない秘めた熱さのある作品でした。すごかった。

特に中盤の、昔ゾムの撮ったマニの写真の素敵さに感動さ
せられたかと思ったら、マニの島へ対する愛情にしびれ、
そして再びマニを撮ることができたことに静かに涙するゾ
ムに泣かされ・・・と、もう何か圧巻でしたね。
恋愛ではなく魂単位の惹かれ合いというところをしっかり
感じることのできる、話も視覚的にも美しい作品でした。
タトゥー+褌姿にこんなに惚れ惚れする日が来ようとはw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







千 −螺旋の錠−/岡田屋鉄蔵 【花丸】


〔2012/4/27〕

★★★★☆

「輪廻の枠からはずれ転生することもなくこの世で生きた全て
の証一切の記憶が消し去られる・・・それが魂を喰われるという事
それでも叶えたい望みなら・・・」己を無に帰しても愛を貫こうと
する男たちの鬼哭を背に、妖しき座頭・千載と流浪の剣豪・草
薙の新たな旅は!?

2010年発売の『千−長夜の契−』の続編。
私欲のためでなく、愛する人のために生きてきた証や魂を投げ
出してまで願いを叶えたい男達の、その願いを叶える代わりに、
彼らの魂を喰らって生きている不老不死の座頭・千載と、共に
旅をする剣豪の浪人・草薙が、千載に依頼してきた彼らの生き
様を見届けるという作品。全3本を収録。

もう全部泣けました〜。色んな思いがこみ上げてきて、読み終
えて暫く経つというのに涙が止まらんw
純愛ですよね。時代もあり理不尽でままならなくて、切なくて
とっても苦しいんだけど最後にはフッと救い上げられ、そこに
彼らの望んだせめてもの幸福がある・・・という、自らの命を捧
げてまでも貫きたい想いが描かれていて、もうとにかく堪らな
かったです。

時代劇ということもあり、それぞれの冒頭部分が一度読みでは
結構わからない部分もあったりするんですが、それでも何故か
読んでいるうちに泣けてきて、その後再読してみると、これが
見事にススッと入ってきて、その構成力に思わず鳥肌。そうい
う人がいるところも計算してこの冒頭なんではないかと。特に
3話目の海賊の話は、最初かなりちんぷんかんぷんで、一瞬く
じけそうになりましたがw、再読したら何これ、こういうこと
だったの!と、改めて上手さにしびれ、何でもないシーンまで
愛しく思え、号泣しっぱなしだった次第です。もう、色々と上
手すぎv

第1話は、力士・北龍と絵師・浪江。美しい顔で真摯な相撲を
取る北龍に惚れ、試合を欠かさず見に行き、北龍の錦絵を描い
ていた浪江が、それを北龍本人に喜ばれつるむようになり、や
がて恋仲へ。しかし北龍の活躍を妬む兄弟子達と北龍を独り占
めしたいパトロン・山代屋の手により、大事な御前試合の前に
大怪我をさせられてしまった北龍。だが北龍は、人生を掛けて
土俵に上がり・・・。
もう、仕打ちの理不尽さに、そして何でこんな好き合ってる二
人が引き離されんといかんのだと涙が。しかし悲恋なんだけど
希望が見える感じで感動の涙でもあり。シンプルだけど深い愛
の話でした。出だしの、千を拒む大きな右手が最初はナゾでし
たが、理由が判ったら、北龍が一生懸命、浪さんの願いを叶え
てくれるな!と叫んでいるように見えてしまって切なくてしょ
うがなかったです。

第2話は、盗賊の芳之助と弟・吉祥。それまでは窃盗集団・土
蜘蛛として普通に盗みだけをやってきた兄弟だったが、あるこ
とから兄・芳之助は、自分が子供の頃に受けた仕打ちによる恨
みを再燃させ、子供を虐待する大人を次々殺生していくように。
それを見ていられなくなった吉祥は、千と契約を・・・。
というわけで、吉祥が自分の魂で兄をこの世の地獄から救って
転生させたという話。もう、兄の境遇にも、弟の気持ちにも、
そんな辛い思いをしてきた兄が弟に見せる優しい顔にも、何も
かんもが泣けました。

第3話。15年前、自分の失態により愛する兄・佐布浪と兄の率
いる海賊集団・海馬党の仲間全員を死亡させてしまった弟・佐
紀螺が、千と契約を交わし、彼らが水軍へ報復できるように全
員の転生を早めてもらい・・・。
やぁもう、号泣です。兄は何で佐紀螺を手放したんだよ〜と思
っていたら、あの告白。お互いのことを想い合うが故に結ばれ
なかった二人でしたが、魂は通じ合っていたんだなという。
15年、一人心身共に苦しんできたであろうあの姿になった佐紀
螺がまた切ない。これは本当、一度読みでは掴み取れなかった
部分を再読で拾っていく度に、こういうことだったのかという
のが判っていき、めちゃめちゃしびれました。前の2本も文句
ナシに面白かったですが、これの構成力は抜群でしたよね。

表現がヘタなので、この感覚を上手く伝えられないのが残念な
自分ですが、まぁとにかく、BLとかそういうのをすっ飛ばして、
大きな愛の物語という感じで相当胸にきました。
悲恋に対する悲しみと、そこまでの深い愛情なんだ・・・という感
動と、そうまでしないと成就できなかった時代の哀しさと、そ
して素直に、優しい気持ちを持った彼らに対する思いと、何か色
んな複雑な涙だったように思います。魂篭ってるな〜。深いな〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







テルペノイド/岡田屋鉄蔵 【BBC】


〔2011/5/10〕

★★★★☆

高橋は隣家に住むガテンのシゲに片思い中。好きにな
ったきっかけは甥っ子のハル。育児放棄されたトラウ
マから口がきけない状態だったが、そんな彼を救った
のが温かなシゲの存在だった。『俺の兄貴にもなって
欲しい・・・』告ることも出来ず思いは募るばかり。と
ころがセフレと車内でキスしているところをなんとシ
ゲに見られてしまい!?

少しずつリンクした話でまとまった1冊。とってもゲ
イゲイしい匂いがするんですが、それが逆にリアルで
好きでした。子供ネタに弱いので、知らぬ間に結構ウ
ルウルさせられてたりして、やっぱ上手いな〜v

『テルペノイド』
亡き弟の息子で、母親から育児放棄されていたハルを
2年前に引き取り、男手一つで育てている建築家でゲ
イの高橋。来たばかりのハルは、感情を表に出さなく
なってしまっていたが、そんなハルを徐々に笑顔にし
てくれたのは隣に住む植木屋の八木さんで、今では
ハルもすっかり懐いている。仕事とハルのことで頭が
いっぱいだった高橋は、ある日ふと、八木さんが自分
のドストライクの男だと気付く。以来ノンケの八木を
密かに思い続ける高橋だったが、一緒に事務所をやっ
ている腐れ縁のセフレ・オカケンと車内でキスしてい
るところを、偶然八木に見られてしまい・・・

というわけで、好き過ぎて手を出せないくらい八木さ
んのことを好きなのに、とんだ失態を犯してしまった
と。そんで落ち込むとーちゃんを心配したハルが、八
木さんに文句を言いに行ったら、意外にも八木さんも
ゲイで・・・という話でした。
八木さんの登場シーンが、いきなりガチムチな上半身
というとこでまず笑ってしまいましたw でもそこから
どんな話になるんだろうと思ったら、ハルにシリアス
な過去があったりして、思った以上にグッとくる話に
なってましたよね。セフレもいて気楽にゲイ生活を送
っているかと見せかけて、八木さんに対して妙に純情
だったり、何かすごく人間くさくて、こういうリアリ
ティが岡田屋さんのいいところだな〜と。
何の感情も出せなかったハルが笑うようになり、そし
てとーちゃんを泣かせた(と思ってる)八木さんに
これでもかと感情をぶつけるようになった姿に、思わ
ずウルウルときちゃいました。ハル坊、えぇ子や〜v

『アルティメイト』
恋人同士になった二人。子育ても恋も仕事も順調と浮
かれる高橋だったけど、親密になった二人に気付いた
ハルが、自分だけが除け者にされているように感じて
しまったようで・・・。必死にハルを抱きしめる高橋に
ウルウルですよ。ラストの八木さんもいいな〜。

『トリアージ』
一旦恋人関係を解消して半年経った二人。ある日シ
ゲ(八木)のところに、若くてシゲ好みであろう新入
りがやってきて週末までべったりなことが気になって
仕方ない高橋だったが・・・。
シゲの坊主頭に萌える高橋、ウケましたw
ちょっぴり痛々しいぶつけ方だったけど、情熱的な
シゲも良かったです〜。

『Sweet Tranny』
シゲと付き合う前の話ですね。セフレであるオカケン
に女装させられ、あれこれヤラれ放題の高橋という、
大変強烈なエヅラでしたw エロエロだな、おいw

『Apoc.』は、意外にも暗い生い立ちがあった高橋が、
高校時代のオカケン目線で語られている8Pの話。
なるほど彼がユキ(高橋)の幸せをアシストしたこと
に納得。

『クローストロフォビア』は、オカケンの双子の弟・
陽一が、土砂崩れで車ごと、後輩の汐崎と閉じ込めら
れてしまうという話。
『デプリベーション』はそんな二人の後日談。オカケ
ンと違って弟は天然さんのようで、年下にメロメロに
されておりますw 岡本兄弟はどちらも妻帯者なんです
ね。私はそこは気にならなかったですが、地雷の人も
いるかな?

そんなわけで作画が独特なので、若干苦手な人もいる
のかなと思いますが、私的には全然大丈夫。決してこ
の人イケメン!とまでは思いませんがw、子供が宇宙
人っぽかったりしますがw、そんなことより話の面白
さ、豊かな感情表現に動かされる部分が多いです。
時代劇や外国の話も素晴らしいのは勿論ですが、こう
いう普通の設定にも独特の熱さがあって、これまた違
う面が見られて得しちゃったなとv 身近で起こってい
るゲイライフを覗き見たような、妙にリアルな感触が
残っております。
またぜひ、こういう現代モノも描いてくださいねv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







千 −長夜の契−/岡田屋鉄蔵 【花丸】


〔2010/9/17〕


★★★☆☆

人の願いを叶える代償にその者の魂を喰らう謎の座頭
・千載。彼と旅を共にする剣豪の浪人・草薙主悦。美
形の若侍、神の如く舞う女形、天狗の一族・・・・・・愛を
貫く者たちの必死の祈りを受け二人は起つ!!

自分の欲のためじゃなくて、相手の幸せのために生き
てきた証や魂を投げ出すことを望む男達の、その魂を
喰って願いを叶える千載と、共に旅をする浪人・草薙
のオムニバス。
時代劇+ファンタジーなので、少々難しい部分もあっ
たんですが、それぞれの想いが純粋で一途で、何故だ
か無性に泣けてしょうがなかったです。特に天狗の話
は素晴らしすぎです。

本当に良い漫画を描かれますよね。最初は時代劇苦手
かも・・・と思っても、そんなこと完全に忘れてしまう
くらい、話に惹き込まれてしまいます。
自分の好みとしては、過去3冊の中では『千夜一夜
しとねのひめごと』が1番なんですが、BLに新たな風
を起こす自由っぷりと、それに見合った実力は、本当
に尊敬します。面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







千夜一夜 ―しとねのひめごと/岡田屋鉄蔵 【BBC】

 
〔2009/8/10〕

★★★★☆

偶然見てしまった激しいSEX・・・ 穏やかな笑顔で人気の
バーテンダー・葵の気が向いた時だけ、彼を抱くことを許さ
れた翔太。濃厚な愛撫で激しく誘うくせに、自分がキモチ
よくなろうとはしないのはなぜなのか。謎の多い葵に翻弄
され続けるが・・・。カラダだけでなく、ココロの奥まで結ば
れる愛をあんたにあげたい。

元ボクサーの腕を見込まれ、バーで用心棒という名の雑
用係ををしている翔太(24)は、表向きは物腰柔らかいけ
れど、実は凶暴なバーテンの葵(30後半)にうっかり惚れ
てしまった。ある日葵が売り専ボーイ達とヤっているところ
に遭遇してしまった翔太は、ひょんなことから葵と関係を
持ち、その後も何度となく喰われ続けるが、葵はゲイが
嫌いだと翔太を好きになろうとはしない。それでもいつか
と淡い期待を抱く翔太だったが、葵の闇に気づいてしまい・・・


というわけで、割とノーテンキな元ボクサーと、過去に傷を
持ったワケアリ受のバーテンダーという話。
前作 『タンゴの男』 は異国ムードたっぷりで、今回は和風
かぁと思って開いたらアラビアンだったので、最初ほえっ?
と思いましたが、まんまとこのムードにはまってしまい、と
ころどころで涙。本編の重苦しさから一転した描き下ろし
『Acid』『おはよう、おやすみ』でのラブラブっぷりにニマニ
マさせられ、そして『assala:m alaikum』で最終難関
へ突入させるというテクにヤラれ、最後はもろ号泣です。
しかも、親父さんのとのやりとり、「幸せだよ」と微笑む二人
、ラストの老けた二人と、三段階に泣けちゃいましたよ。
上手すぎだろう、これ!


男との激しいセックスを好むのに、ホモは嫌いだという葵。
ある日玄関に飾ってある鬼灯の話をしてから、夜中に目を
覚ました無意識の葵に、首を絞められるようになった翔太。
その時に口にする「真人」という名前は・・・

という、葵の中にある過去の呪縛を、これでもかと真正面
から切り崩していく翔太の真っ向勝負、ガチな愛情がすごく
良かったです。普段、葵に押されまくりなだけに、ギャップ
がね。そこらへんは、格闘技で鍛えた精神力なんかも役立
っているのでしょうかね。よくぞ逃げなかった。

それにしても悲しすぎる過去エピソード。彼氏が死んだとい
うことより、そのことで興味本位で面白おかしく騒ぎ立てた
マスコミや一般人に人生を翻弄されてしまったこと。オーナ
ーに拾われた聡の「つかれた」は、たまらなく心臓が痛かっ
たです。またこの、真人と一緒にいるときの聡が、本当に
素直そうで、心底愛される幸せを感じていたんだろうなという
表情をしているのが泣かせますよね〜。


絵に個性がありすぎるので、かなり肉感的なエロスと、ワケ
ありな受と、和の仄暗さで、一体どんな展開をするんだこれ
は?と思ったのは、本当に最初の1話だけで、2話からは完
璧に物語に引き込まれてしまい、むしろこの絵のエグさがあ
ってこそだったと言えるかもしれないです。

最初はあんなに頑なだった葵が、『Acid』でバカっぽくなって
るのも面白かったですが、『おはよう、おやすみ』でのびっくり
するくらい甘えんぼさんになってるのがいいな〜と。
そして翔太の言葉を素直に聞いて電話をかけるという、色んな
憑き物が落ちて、元々はそういう人であったであろう、穏やか
な表情と性格に戻っていく、そういう甘い時間が流れた具合が
漂ってるのがたまんないです。ええ話や〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村




    






タンゴの男/岡田屋鉄蔵 【メロメロ】


〔2008/10/30〕

★★★★☆

タンゴの男と呼ばれながら、本当の情熱を知らぬまま
に踊り続けてきたダンサー・アンジー。ラテン人の母
を持ちながら、祖父に引き取られ、今は日本人として
暮らすヒロ。アンジーは出逢いのひと目から沸き立つ
ような欲望をヒロに感じる。男にはまるで興味のない
ヒロだったが、懐かしい故郷を感じさせるアンジーの
包容力に、戸惑いながらも、いつしか心と体を開いて
ゆく・・・・・・。

面白かったです!
たぶん言葉足らずというか、国語力がないので、説明
するとなるとスカスカになっちゃいそうなんで、あんま
書きたくないです。すんません。どのへんが良かった
かというと雰囲気全部。特にキャラは、妖艶なんだけど
時々キュートなところを見せるアンジー、実は結構乙女
なヒロは勿論のこと、アンジーのダンスのパートナーで
ある、ベネがまた一段と魅力的で。
最初、表紙の二人がゴツいし、「タンゴねぇ・・・」とか
思ってたんだけど、完全にひっくり返りましたね。

特にヒロが出会ったばかりのアンジーに想いを吐き出す
ところの、アンジーの包容力と、でっかいクセして儚げ
なヒロの描写がすごい好きでした。
すんげーガチムチでエロいんだけど、なのに、ゲイがどう
こうというより、人間愛的なものが伝わってくる、とても
巧い作品だと思います。別の作品も読んでみたい。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール