selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





抱擁実験/小笠原宇紀 【HertZ】


〔2013/10/28〕


★★★☆☆

大学生の高橋未弥は人と関わりを避けて生きてきた。ある日、
未弥は狩野令と名乗る男にパーティーに誘われる。令は大学の
地下坑道で怪しげなパーティーをしていると噂されている男だ
った。そんな折、未弥は警察官である父に頼まれ、地下坑道の
噂を調べることになる。だが秘密を探るうち、未弥は令にHな
ことをされてしまい・・・。

治らない病気を抱えている子供の頃から病弱な大学生・未弥が、
なぜか誰にも話していない病気のことなど、自分のことを知り
尽くしている男・令に出会い、正体不明の令に不安を覚えなが
らも、彼の実験に身を任せるようになって・・・という話。
ネタバレになりますが、令は子供の頃に会ったっきりの未弥の
従兄弟でその頃から未弥のことが好きで、あまり時間が残され
ていない未弥の病気を治すために海外で医師になって研究を続
けてきて、再会した未弥に迷う隙を与えることなくサクサクッ
と治療を進めていくというような感じでした。

小笠原さんと言えば、外人さんが出てくるファンタジックな作
品の印象なので、今回もあまり得意じゃないかもなと若干身構
えながら読み始めたんですが、現代の話だし、シリアスなのか
と思ったらちょいちょいフッと笑える部分もあったりして、中
々楽しかったです。

まぁ、ストーリー的には、結構ツッコミどころは多いですよねw
結局違法だし、サクッと治っちゃったし。
でも何か、令がミヤをすごく好きで、大事に可愛がっているこ
とに大変萌えました。それなら不安がらせないように最初から
全部ぶっちゃけとけばいいやん、という話ですがw そうしち
ゃうとこのハラハラ感がなくなって、ぬる〜い話になっちゃう
んでしょうからこれで良かったんでしょうね。私はまんまと、
それで?それで?と惹きつけられて、一気読みしてしまった人
でした。

子供の頃の二人がすごく可愛くて良かったですね。ミヤがウー
パールーパーみたいw できれば何故令がここまでミヤに時間と
お金と努力をかけて尽くすことにしたのか、その辺の理由づけ
が濃厚だともっと面白かったような。
あとはまぁ、医療関係のことは大変都合良く描かれているので、
そういう細かい部分も重視される方は、特に後半、何だこれ・・・
という感じがするかもしれないですね。あまり重視しない自分
でも思ったくらいですしw

今までの作品が好きという方には、実はあまり評判がよろしく
ないようなんですが、重すぎずそこそこシリアスでセクシーさ
もあって、私にはちょうど良いノリでした。楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ


コメント:抱擁実験/小笠原宇紀 【HertZ】






Nightmare Fortress〜魔神の城塞〜/小笠原宇紀 【SBBC】


〔2006/8/10〕

★★☆☆☆

平和なリゾート地、ベルナー公国の王室警護隊に所属
するフリッツは、幼い頃の記憶がない。そして保護者
であり、上司でもある隊長・吉祥・・・彼の姿を見る度に、
フリッツは毎夜高ぶる熱を抑えられないでいた。ある
日、突如として現れた異形の者達に公国の王子は陵辱
され、人々は犯されながらも快楽を貪り耽り、城内は
淫猥な舞踏会へと一変する・・・・・・!

某所で大人気なんだけど、設定を見たところ、多分自
分はついていけないかな・・・と不安を覚えつつ読んで
みたんですが・・・やっぱり全然意味がわからなかったw

淫魔的な者に占拠されたベルナー公国と、拉致された
ガブリエル殿下を救うため、一人が囮で犯されてるう
ちに、隊長が銃でしとめる・・・みたいなことの繰り返し?
ほんと、良く判らない上に、キャラもいっぱい出てくる
んで、ちんぷんかんぷんなんですが、美麗な絵とエロの
描き方が素晴らしいことだけは良くわかりますw

ただ、この話が特殊だから理解できないんだろうな・・・
と思ってましたが、最後に収録されている、本編とは
無関係のノーファンタジーな短編『金魚様の新学期』
も、ちっとも意味がわからなかったのでw この方の
ノリが自分に合わないのかも。
本編はまだ続くようですが、私はここで降参。得意な方
にお任せします。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
にほんブログ村 BL漫画







熱情のヴィルトゥオーソ/小笠原宇紀 【B's-Lovey】


〔2008/6/30(旧:2004/12/22)〕

★★★☆☆

過去に傷を持つ篠塚鍵三は、貴族のロレンツォ・カルラッチ
にお抱えピアニストとして雇われた。ピアノの技巧について
衝突した鍵三はカルラッチに「犯してやる」と脅しをかける。
しかし逆に「身体を繋げたら言うことを聞くのか」と返され
た鍵三は・・・?
ヨーロッパの古城で夜ごと繰り広げられる、二人だけの淫靡
なコンチェルト。

心交社から発刊 『熱情のヴィルトゥオーソ』の新装版です。
あらすじより、実際のストーリーの方が断然面白いですね。
自分的には全然印象が違いました。

8年前のリサイタルでとうとうブチ切れて、ピアニスト
生活をやめたケンゾウが、古城の主・カルラッチの依頼
で、夜にその城でピアノを弾く仕事を始める。店で弾い
ているところを見てスカウトしたと言われたが、実は彼
は学生時代、留学したてで不安だったケンゾウに、個人
的に練習をつけてくれていた男だった。

今はステージマネージャーとして働くカルラッチは、
本番前のマエストロ達を落ち着かせるため、自分の身体
をも提供していた。カルラッチを独り占めしたいケンゾウ
に、大ホールでやれるようになれば専属になってくれると
いうカルラッチ。ケンゾウはカルラッチを自分だけのもの
にするため、再びピアニストへの道を・・・

身体を提供し、ドラッグに頼らないとピアノが弾けない
カルラッチの儚い感じと、凛としているんだけど実は
泣き虫なケンゾウの可愛らしさのバランスが良く、絵も
綺麗で色気があっていい感じです。自分的にはもう少し
キュンとなるようなエピソードがあったり、ケンゾウの
可愛らしさが前面に出てると、もっと好きだったかな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール