selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





この世界でたった二人/桃山なおこ 【CITRON】


〔2011/7/1〕

★★★☆☆

炭鉱のある田舎町に着いた根津は、駅前でチンピラに
絡まれ殴り合いの大喧嘩になる。お座敷で酒を楽しん
でいたヤクザの次男坊・城戸は窓から覗き、根津の喧
嘩の腕を見初め、止めに入り呼びつけ、「俺の用心棒
にならないか?」と誘う。ヤクザと係わり合いたくな
い根津だったが有無を言わさず押され、城戸に付くこ
とに。日々、傍で過ごすうちに、城戸の組内に不穏な
空気が流れているのを知る。城戸が囲っている謎の男
・譲も現れ・・・。根津、城戸、譲・・・そして組の行方。
運命を共にするのは誰なのか。

チンピラに絡まれて喧嘩しているところを、組を継ぐ
ことに興味の無いヤクザの次男坊・城戸にスカウトさ
れ運転手兼用心棒になった根津。そんな城戸と根津と、
城戸に囲われている青年・譲が、城戸の兄の謀略から
逃れたり立ち向かったりしているうちにそれぞれの想
いが交錯していくという、ちょっと変わったベクトル
のBLでした。

とにかく何か、筑豊弁でいかにも任侠な雰囲気で、渋
い味があって良かったですね。それぞれが口に出さな
い奥ゆかしさがカッコ良かったです。
誰と誰がという一対一じゃなく、誰もが他の二人のど
ちらも大事に想っているというのが伝わってきて、も
どかしさに切なくなる感じでした。普通なら、後から
参加した根津はそんなに長い期間一緒に居るわけでも
ないのであんまり思い入れも生まれなさそうなところ
なんですが、やはり城戸への忠誠心をしっかり見せら
れたことは大きかったですね。見事に3人のバランス
が取れていたのがすごく良かったです。

とにかく3人とも幸せになって欲しい一心だったんで
すが・・・。この終わり方にカッコイイやんと思いながら
も、ぎゅっと胸を絞られるようなどうしようもないモ
ヤモヤが。でもそれと同時にじんわり涙が出てくるよ
うな不思議な感動もあって、何とも言えない余韻が残
りました。で、手紙の主はどっちなんでしょう・・・。
3人とも生きて会えてたらいいな。

表面的なラブではなかったので、あまりBLを読んだと
いう感覚でもなかったはずなのに、後味は確かにBL。
映画を観たような、なかなか印象深い作品でした。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







恋の中/桃山なおこ 【CITRON】


〔2010/4/10〕

★★★☆☆

真冬の浜辺で何度か見かけた男は喪服姿だった。思いつめ
た顔で海を見つめる男に思わず声をかけたある日。その男
がぽつぽつと過去を語りだした横顔に、なぜか惹かれてい
くのであった・・・。

全6作品収録。
シンプルな絵がかなり地味な印象で、正直あんまりクるタ
イプでは無かったんですが、今回はコメディタッチなもの
もあって、なかなか好きなラインナップでした。

『恋の中』は、喪服で海を見つめる男に、声をかけたサー
ファーが、彼の過去の恋の話を聞くという話。互いに好き
同士だったまま終わった恋が、地味だけどじんわりと伝わ
ってきて哀しいんだけど、話したことでやっと次に進める
という未来もあることを感じさせてくれる話になってて、
良かったですね。

『スタート/スタート』は、幼馴染のマコトに、彼氏を紹介
された哲が、そのことで気持ちを自覚するという話。結果
的にくっつかない二人ですが、こういう関係って良いな〜
っていう、ほのぼの感が好きでした。マコ可愛いw

『すきなひと』は、ノンケの同僚・本多のことが好きだった
公平が、本多を諦めるために付き合い始めた、恋人の幸也。
いつの間にか、幸也が大事な存在になっていたということに、
ゆっくりと気付いていくという話で、最後にしっかりとその
答えが見てとれるダッシュが非常に印象的で好きでした。

『サマータイムロスタイム』は、サッカー部の友人・英太に
売り言葉に買い言葉で告白してしまったアラタ。しかしその
後も英太の態度は変わらず、無かったことにしたいのだろう
と思っていたけれど・・・ 目新しさはないけれど、爽やかで
何か良かったですね。

『愛情イーター』は、高校生の勇と、勇くん大好きな弁当屋
さん。何だろう、この勇のキャラが、めっちゃツボりました。
ちっちゃくてガキなのに、男らしく見せたいという強がりぶ
りがたまらなくキュートでした。アホの子好きなのでw
描き下ろしの『愛情フラッパー』のエロシーンは、全裸で靴
下だけの後姿で、ズボン脱ぎかけなのが、意外とエロいなと。
「あと五分」のオチも愉快でした。こういうラブコメ、もっ
と読んでみたいかも。

『君と見た風景、君と見る風景』 高校時代から10年つるんで
いる、隆虎と次晴。実はずっと好きだったと、次晴に告られて
しまった隆虎。簡単には答えがでないけど、どこかに行く時、
一緒に行きたいのはやっぱり次晴なんだ・・・という、まだまだ
発展が期待できそうな恋の話でした。

そんなわけで、まぁ本当に地味で簡素(笑)なんですが、前に
比べると絵もストーリーも良い感じにアクが抜けてて、読みや
すくなったように感じました。『スタート〜』のマコトや、
『愛情イーター』の勇など、可愛い系の子の描写が、意外とハ
マったせいもあるでしょうね。ということで、こういうコメデ
ィタッチなものも描けるんだな〜という新たな発見もあり、全
体的に一般受けするだろうなという良作揃いでした。個人的に
はもう少しポップな画面が好きなので、やや物足りなくはある
んですが。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








恋を胸に/桃山なおこ 【マーブル】


〔2006/2〕

★★★☆☆

「好きです」・・・会社の後輩から突然の告白。生まれて32年、
男から好きだと言われたのは初めてだ。相手はダンナにした
い男と騒がれそうな年下好青年。しかしそれ以来、意識し過
ぎて妄想の日々・・・。どうなる?30代独身男の揺れるハート。

全7編。太めの線の変わった絵柄に、セリフ少なめの淡々と
した雰囲気。だから当たり前の動きすぎると、本当に当たり前
にしか見えない・・・ということで、感情移入が難しいですね。
『コンプリート・ワールド』の世界観は結構好き。
あとはおまけのリーマン二人と、汗拭く気満々の子らのエピソ
ードも結構面白いと思ったので、こういう感情が解りやすいも
のばかりだったらいいのかも。表題作は特に、仕事の話が理解
しにくいこともあって、すんなり入ってこなかったかな。
自分的には結構ギリで★3。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







その気持ちに名前をつける/桃山なおこ 【マーブル】


〔2008/10/15〕

★★★☆☆

俺のこと好きって言えよ

天然デリカシー無しの梶と無愛想な宇佐美は犬猿の仲。
ある時、普段憎まれ口ばかり言う表情からは想像もつ
かない宇佐美の優しい視線に気付く。その先にいたの
は共通の友人。そんな目を見てしまうと宇佐美のこと
を嫌いにはなれなかった高校時代。
そしてその友人の結婚式で8年ぶりの再会をする。
平気な顔で参列する宇佐美の心を探る梶だったが・・・。

表題作前後編、他5編。
地味だなぁ。
版画みたいな絵で、シンプルな顔立ちなので、淡々と
ている印象。話は面白いですけど、ありがちなものが
多かったような気がします。
古書店主人の密かな企み具合(本棚の前でクルッと回
ったのはウケた)と、表題作のその後の話でのメガネ
の受具合は、なかなか好きです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。






| 1/1PAGES |




イトラコナゾール