selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





キャッスルマンゴー(2巻・完結)/小椋ムク 【マーブル】


〔2012/9/30〕

★★★☆☆

花火大会で女の子と一緒の万を見かけて以来、十亀は万と距
離を置くようになる。突然そっけなくなった十亀に不安を募
らせる万だったが、そんな折、母が病に倒れてしまう。家計
に悩みこっそりとラブホテルの営業をするが、素行の悪い客
のせいで大切なホテルが焼けてしまい・・・!?
互いを思う気持ちが大きいほどにすれ違ってしまう不器用な
二人の物語、感動の完結!

やっと続きが出てくれましたね〜。
亡くなった父親が作り母が受け継いだラブホテル「キャッス
ルマンゴー」を大事にしていきたいと思っている高校生の
万が、撮影で訪れたAV監督の十亀が中学生の弟・悟に手を
出しそうな気配を感じ、それを阻止するために自分が十亀の
恋人になったフリをしていたが、いつのまにか惹かれ・・・と
いうのが前回の話。

今回は、万が女の子達と一緒に花火大会に行っていたところ
を見かけた十亀が、まだ子供でノンケの万を、こっちの世界
に引きずり込むこともないだろうと、万につれない態度を取
ることで離れる方向に持っていこうとするけれど、会っても
らえない万は心を痛めるように。そんな折、母親が急病で倒
れてしまい頼る人もおらず、生活やお金のことで悩んでいた
万は、強引に入ってきたヤクザな客に部屋を貸してしまった
ことから、その客のせいでメリーゴーランドの部屋で火事を
出してしまう。色々と行き詰ってしまった万は、AV男優の
バイトで稼ぐ決意をするが・・・というような感じ。

十亀がちゃんと向き合ってあげないんもんだから万がグルグ
ルしてしまい、何かえらく可哀想でしょうがない話でした。
悟のことや部屋の修理のことなど、しれっと手を貸してくれ
るのはいいんだけど、その前に言葉でフォローしたれよ!と
いう、とにかく万が気の毒で胃の痛くなるような内容でしたね。

でも何か、ドラマがあって面白かった!
レポート用紙にくるんでポストに入れられていたお守りにキ
ュン、「10年経っても同じこと言ってたら考えてやるよ」と
突き放した十亀に、1年半後の大学生になった万が、「僕の
気持ちは変わってないです あと8年6ヶ月も変わらないと思
います」と言いにきた姿にキュンと。「面倒くさい」という
この上ない酷い言葉を吐かれ続けていたにも関わらず、想い
が変わらなかった万が、真面目で可愛くてしょうがなかった
です。

結局のところ、十亀の色々と壮絶らしい過去話は、今回のコ
ミックス化の中ではほとんど読めなかったので、多分小説を
読んでる方は十亀に感情移入も出来て、もっと数倍この作品
を楽しめているんだろうなと思いますが(帯うしろのあらす
じを読んだだけでもちょっとグッときます)、万サイドの話
としては充分楽しめたと思います。
あとはやはりショタびいきとしては、悟の可愛さがたまらん
かったですねv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







キャッスルマンゴー(1巻)/小椋ムク 【マーブル】


〔2011/4/20〕


★★★★☆

自宅がラブホテルの万(よろず)は、ある日AV撮影の
為にやって来た十亀(とがめ)と出会う。初日から男優
と間違えられたりズボンを下ろされたり、とにかく印象
は最悪!しかもゲイだと公言する十亀が弟の悟と仲良く
なっていくのが気になってしょうがない。心配した万は
十亀を弟に近付かせない為にある行動をとるのだが・・・。
ラブホテルを舞台に、2人の物語が今動き出す・・・!

原作付だということを完全に忘れて、何かこの、ラブホ
テルだとかAVだとか、超貧乏丸出しな車とかアパートの
醸し出す不思議な味が、いつもの小椋作品と違う感じが
して新鮮でいいわ〜と思って読んでましたw

亡くなった父親の作ったラブホテル「キャッスルマンゴ
ー」を心から愛する優等生の万が、AVの監督で粗暴な
十亀を最初は弟・悟に手を出しそうな怪しいゲイだと
思っていたけれど、悟への接近を阻止する狙いで恋人に
なったフリをしているうちに、十亀の持つ温かさに触れ、
惹かれていってしまう・・・という話。

いや〜。細かいシチュエーションがいちいち面白かった
ですね。何と楽しめる漫画を描ける人なのかと。
最初は変なオッサンだと思っていた十亀が意外に常識人
で、手を出す機会なんて何度でもあるのに思い留まって
いて・・・と、この寸止め感がムズムズキュンキュンしちゃ
いますw

学校では特待生で委員長でクールな優等生の万が、実は
子供の頃から結構抱えているものがあったり、どこか抜
けているところもあったりなのが、またすごいイイ。だ
からこそ、自分を受け止めてくれる十亀に傾いていくと
ころにすごく納得できるんですよね。

まだ、十亀の過去の話などが明かされていないし、世間
ではイタイ系だと言われている木原さんの原作なので、
何やら嫌なことが起こってしまいそうな気もするんです
が、小椋さんの持つ作風で、優しい物語にまとまってく
れればいいな〜と思います。

従来の小椋作品のふわふわほわほわな部分も残しつつ、
今までとはちょっぴり違う俗っぽさがあり、でも大人の
可愛さも見られて・・・と、確実に新たな小椋さんの魅力が
出てきた作品になっていると思います。私は小説を読ま
ないので、はっきり木原作品がこうだと知りませんが、
見事に良い方向に原作との化学反応が起こっているので
は無いかな〜と思いますね。それくらい意外な良さがあ
りました。
続きはCabへの掲載ペースから言って随分先になりそう
ですが、楽しみに待ちたいと思います。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







みづいろとぴんく、それからだいだい。/小椋ムク 【ショコラ】


〔2010/6/30〕


★★★☆☆

『みづいろとぴんく、それからだいだい。』
寡黙な部活の後輩・百成(ももなり)とつきあいはじめ
た瑞木は、とうとう百成の家に行くことに。期待と不安、
ふたりきりの家の中、はじめて愛を確かめ合おうとする
けれど・・・。
『せんせい、あのネ』
男しか好きになれない保育士の立花は、過去の失敗から
恋に臆病になっていた。顔は怖いが子供が大好きな北川
に惹かれていく自分の気持ちに気が付きつつも、決して
誰にも知られまいと心に決めるのだが・・・。

久々の新刊(去年は1冊も出てないんだね〜)がショコ
ラというのが意外だな〜と思ったら、色んなとこで描い
た短編5本とシリーズ3話を集めた1冊でした。持ち味
のほわほわキュンキュンがいっぱいで、癒されました〜。

表題作『みづいろとぴんく、それからだいだい。』は、
バスケ部の無口な後輩・百成と、先輩・瑞木が初めて
致す・・・というだけの話なんですが、二人のいっぱいい
っぱい感が、微笑ましいのぉ〜ニヤニヤ って感じですね。

『泣いた白い鬼』は、近所のおんぼろアパートに飼い猫
が入り込んだので探しに入ったら、そこの住人・ちひろ
にウリのお客と勘違いされて、乗っかられてしまった高
校生・大洋。大洋の、ユルいぽやや〜んキャラが妙に可
愛かったです。帰ったらご飯の用意して待ってた大洋が
「あなたいつもどうしてる?」って聞いたのとか、ちひ
ろの小説で泣いちゃうとか、ちょっとズレてるからこそ、
二人は出会えたんでしょうね〜。ご本人が「通らないか
もしれないと思ったプロット」というだけあって、他と
はちょっと違う空気ですよね。で?鬼って!?

『眠れる君のまつげが揺れた』は、家が隣同士の幼馴染、
暁生とみつる。とにかく良く寝る暁生を起こすのがみつ
るの役目。実は一度、眠る暁生にキスしたことがあるみ
つるは・・・ ん?もう少し、暁生が眠ることに意味がある
かと思ったけど。ま、ピュアなのが可愛かったからいっか。

『きらきらのせかい』は、子供の頃、病気の療養でやっ
てきた近所の佐和と、仲良くしていた次春が5年ぶりに
再会。家から出ようとしない佐和を連れ出そうとする次春
だったけど・・・ 本当は次春が来てくれて嬉しいのに、素
直になれなかった佐和、という話。佐和が窓から飛んだの
には「うわ〜(不思議ちゃんめ!)」と思いながらもちょ
っとウルッときてしまいました。

『木曜日の憂鬱』は、毎週木曜日に一人のリーマンとお金
で関係を持っているコ。実はお互いに好きだったのに、言
葉足らずで・・・って感じかな?ずっとリーマンの顔がボカし
てあったのに、腕の中に飛び込んだ瞬間から顔が明かされ
るというのがすごく良かったです。しっとり系。

『せんせい、あのネ』(前後編)『せんせい、それでネ』
は、過去のノンケとの恋愛の失敗から恋をすることに臆病
になってしまった立花が、顔が怖いけれど子供が好きで優
しい北上に惹かれていくんだけど・・・という、保育士同士
の話。子供からお礼の絵をもらって喜んでたり、怖い顔な
のに優しさたっぷりな北上が良かったです。

そんなわけで、全部面白かったですが、やや雰囲気重視な
部分が多く、短編ということもあり、思ったよりサラッと
していてキュン度は低めだったかな〜という感じです。
でもこのほわほわ感はイイですよね〜。
今のところ、まだ自分の中では1冊目の『ふるえる夜のひ
みつごと』が勝ってるかな〜。久しぶりに読み返してみよ
っかなぁ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







センチメンタルガーデンラバー/小椋ムク 【マーブル】


〔2008/12/19〕

★★★☆☆

大好きな人と一緒にいたい・・・ただそれだけ

野良猫のフジは名前をつけてくれた優しい人間の比呂が
大好き。ずっとそばにいたいけれど比呂のところには時
々くる恋人らしき男がいた。最近その男が比呂に乱暴す
るようになったのをフジは知っている・・・。
でも猫だから何もできない・・・ 比呂を守るカラダが欲しい。
神様、比呂を包みこめる大きな手をください・・・!

猫が人間になっちゃうというファンタジーな話。
9月に出た『ふるえる夜のひみつごと』がかなり
良かったので、今回も期待してたわけですが、来ちゃった、
苦手のファンタジー。
ま、確かにこの可愛らしい絵にはピッタリの世界観では
ありますが、どうしても馴染めなかったのね。ほんわか
してるとこは好きだけど、しょせん猫だしって思っちゃって。

あとは古本屋さんとヤンキーのラブ『こころから』、
ブラコン越えて恐らくラブの『右のてのひら左のてのひら』、
メガネの彼に振られたばかりなのにまたメガネに告白されて
しまうというリーマン同士の『そうして好きになってゆく』、
ちょーっと解りにくかった社長と秘書のラブ『いつもわらっ
ていてほしい』という4作収録。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







ふるえる夜のひみつごと/小椋ムク 【HertZ】


〔2008/9/25〕

★★★★☆

大好きな人のぬくもりに包まれて・・・

高校に入学し、寮に入った古屋は、小柄で気の強い
氷見と同室になる。なかなか心を許そうとしてくれ
ない氷見が気にかかる古屋。
そんなある日、古屋は氷見の秘密を知ってしまうの
だが・・・

誰かの絵に似てる。けどもう、誰だか思い出せない
くらい、最近多い絵。なんだけど、一つ違ったのは、
小さいデフォルメの絵が超可愛く描かれていること。
それに加え表情も豊かだし、構図も多彩なので、何
とも言えぬ優しさが出てきていて、キャラ達の可愛
い性格にマッチしていて、読んでてとっても清々し
い気持ちになってくるんですよね。ワタぼこりまでも(笑)

『ラ・ラ・バイバイ』の布団代わりになってる先輩
とか超名場面。萌えますよ。と思ったら裏表紙にな
ってた。プフッ。チャイム鳴ってるのを聞かなくて
いいように耳塞いでやってるシーンもいいし、不良
と優等生の組み合わせって萌えるなぁ。

傘のカレも良かったし、勿論表題作の終始優しい感じ
だった二人も良かったし(暗闇キスにドッキリ)、
先生×生徒の希望の持てる終りも愛があって良かった
し、何か好きなとこだらけだった。無理矢理エロに
持ってってないとこも好感度大。もっと読んでみたい!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール