selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





透明少年(1,2巻)/小田切ほたる 【Chara】

 
〔2005/4/25、2006/8/25〕

★★★☆☆

〔1巻〕
全国からエリートが集う、私立の名門男子校・王崋学館
生徒会は、個性的なメンバーが勢揃い。中でも全校生徒
の憧れは、生徒会長の貴藤侑士。クールな美貌と裏腹に、
意外とアツイ行動派。そのアンバランスな魅力が、無自
覚に人を惹きつけていく・・・。

〔2巻〕
味方も多いけど、目立つ分だけ敵もいる・・・。絶大な人気
と美貌を誇るカリスマ生徒会長にスキャンダル勃発!!
報道部の片倉に敵視され、侑士はリコールを画策されて
しまったのだ。そのうえ、有能で冷静な副会長・篁を公私
共に独占する侑士は、熱烈な篁ファンの嫉妬の的!!
「副会長に頼りすぎだ」と非難されてしまい!?

以下続刊です。えーっと、ん〜、これはBLなのか?
最初は会長が書記局長・凪を可愛がっていて、お守りの
ジンクスまで達成して、この二人のラブなんだ〜とか思い
ながら読んでいたのに、2巻になったら凪くん全然関係な
くなってきて、会長と副会長がいい感じ。

で周りの人たちにもちらほらそれっぽいとこを漂わせて
おきながら、後でそれに触れることはなく。結局これって、
一体どのカップリングなんだ!?というかむしろカップル
にするつもりはないのかな?と思わずにはおれないんです
よね。ポイントが絞れてないので、すごく読みにくい。

ただのイケメン男子が生徒会頑張っちゃうよ、な青春モノ
って感じです。ちょろちょろ伏線、新キャラばらまきすぎ
で、回収は大丈夫なんでしょうかねぇ。一応どういう風に
なっていくのかというのは気にはなるので、3巻も出たら
読んでみようとは思ってますけど、そこでラブが薄ければ
もういっかな、というカンジです。原作付を上手く描けて
る印象が強いだけに、なんか拍子抜け。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

 
 





タイムラグ/小田切ほたる 【Chara】


〔2000/3〕

★★★☆☆

何回フラれても君が好き・・・。陸上部のホープ・士郎
への恋を諦められないサトル。でも、昔は 優しかった
幼なじみは、サトルになぜか冷たい。 そのくせサトル
の親友・聖一のことは意味深に見つめていたりして・・・。
もしや士郎は聖一が好き!? 落ち込むサトルに、なん
と聖一が「俺とつき合おう」と意外な告白をしてきて!?

高1の春に士郎に告白しフラれたサトルは、翌年の春も
告白したが、見事玉砕。そして高3の今も、士郎への
想いを諦めることはできないでいた。昔は仲の良い
幼馴染だったのに、今は口も聞いてもらえず、写真部員
として、陸上部の士郎を撮ることだけが楽しみ。
そんなとき、士郎の視線が同じ写真部でサトルの親友・
聖一へと向いていることに気付いてしまう。もしかして、
士郎は聖一のことが好きなのか、と思い込んでしまうサトル。
しかし士郎の冷たい態度には、思いもよらぬ理由があって・・・


ん〜。キュンキュンしました。青春。
ちょっとした・・・んにゃ、かなり重大なすれ違いにより、
サトルは士郎の本当の想いに、士郎はサトルの想いが悪
ふざけではないということに気付かず。そこにサトルを
好きな聖一も加わっての、三角関係。しかしこの聖一が
またイケメンのモテ男で、普通ならフラッと行ってしまい
そうなとこですが、サトルの積年の想いは強かった!

お隣同士ですごく近くに居るのに、すごく遠い関係。
もっとちゃんと話す機会とかあれば、全然スムーズに進
むのに!という二人のもどかしさがたまらず、うまく
いかない度にズキンとさせられたけど、それだけに通じ
たときめきもハンパなかったです。
盛り上げ方が巧い。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





その指だけが知っている/小田切ほたる 【Chara】


〔2002/11〕

★★★☆☆

容姿端麗、頭脳明晰、背が高くて人望も厚い。 そんな
学園イチの優等生と、指輪の取り違えをきっかけに急接
近した渉。なんと渉愛用の 指輪が、彼・架月裕壱とお揃
いだったのだ!!  みんなは羨ましがるけれど、誰にで
も優しいとウワサの架月は、渉にはなぜか超イジワル。
口は悪いし、会うたびいつも冷たくて・・・!?

2回くらい読んで放置してて、昨日また読んだんですけど、
面白いな。先を知ってるはずなのに、彼らの表情を追って
いくと、細やかに感情が読み取れて、楽しさが増す。とい
うことで、是非最低2回は読んで欲しい作品ですね。

大嫌いだったはずなのに、どんどん気になるばかりの渉の
気持ちと、どうやって近づいたらいいのか解らないうちに
不遜な態度をとっちゃう架月という、不器用同士のもどか
しいやりとりが、初恋って感じでたまんないです。

指輪がきっかけで恋におち、指輪取り違えがきっかけで
急接近し、指輪をする理由の思い違いですれ違い、最後は
指輪を交換と、キレイにまとまっていて、読後感が非常に
いいです。間が上手い。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール