selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





たどりついたらいつも青空/遠藤りさを 【花音】


〔2005/7/29〕


★★★☆☆

「あったかいフトンで寝よう」。そう言って冷えた
カラダを抱きしめた朝、ミュージシャンのトモロー
は、雨の町に置き去りにされた少年・正矢の父親に
なろうと決めた。それから10数年、逞しい狼に成長
した正矢の欲望に気付きもせず、親バカパワー全開
で息子自慢をするトモローだったが・・・・・・。

全6作品収録。
絵柄が独特なので、読む前は微妙に躊躇しがちな作
家さんなんですが、読んでみると意外に骨太で、で
も繊細さも可愛らしさもあってほのぼの〜とさせて
くれて、色々と上手さに驚かされるんですよね。何
だかすごく得した気分。

表題作は、3歳の時両親に置き去りにされた正矢
を、隣の部屋の駆け出しミュージシャン・トモロー
が引き取り、以来父子として仲良く生活してきたけ
れど、高校生になった正矢のトモローへの想いは
・・・という話。
親として本当に正矢が大好きな親バカ・トモローに
対し、本当の親子でないと気付いているけれど、自
分を律するためにも気付かないフリをしている正矢
の健気さが切なく、でも二人の関係が微笑ましくて、
恋愛として上手くいってもらいたい反面、この関係
も無くして欲しくないと思ってしまう、不思議な親
子でした。二人の愛あるやり取りに非常に癒されま
した。いい話。

『サヨナラをおしえて』は、高校の卒業式の日、ず
っと好きで想いを告げられなかった親友・修二を監
禁し、誰だか判らないように目隠しをし、強姦して
しまったマサル。その後上京し、二度と会わないつ
もりのマサルだったが・・・ 辛くて逃げたのに、忘れ
られないというだけの話なんですが、なるほどそう
くるかという強姦返しが絶品でした。随分離れてい
たのかと思ったら、たった1ヶ月だったのねw

『花とミツバチ』は、デザイナーのアキラと、親に
カミングアウトして勘当されたハジメ。ずっと自分
だけのものにしていたハジメに急に姿を消され、改
めて存在の大きさを知り、大事なことを伝えるため
にハジメの行方を追うという、俺様なくせにヘタレ
な男の話。中2から一緒ということで、幼馴染的な
要素や、何もかもハジメに教えたのは自分・・・という
部分が見られたのが良かったです。

『潔癖ノ星ノ王子サマ』は、母親の教育により潔癖
症になってしまったユキヒトが、塑造科の学生・森
田に出会い、強引にモデルを頼まれたことから一緒に
過ごすようになり、少しずつ心を開き惹かれていく
という話。一人ぼっちのユキヒトが、その風貌から
星の王子様に例えてあるのが、すごく雰囲気があって
良かったです。可愛い。 イイ、このバカップルw

『ハルちゃんはイジワル』は、バーのマスター・ハル
と、14歳年下の甥っ子・トモ。12歳でハルへの想い
を自覚した、もう直ぐハタチのトモ。だけどいつまで
も子供扱いで・・・ 気付いてないのかと思ったら、実
はハルさんも我慢してたという、これまたバカップル
誕生の微笑ましい話でした。むふふ、オジサン大変だw

『たゆたうような』は、同居人に姿を消されて途方に
くれていたひなたが、近くの下宿の管理人さんに拾わ
れ、一見厳しいながらも大事にしてくれる管理人さん
を、やがて好きになってしまうという話。何気ない日
常の話なんですが、細かなやり取りがステキです。何
か癒される。

こうやって見ると、今からバカップルになるんだろう
な〜っていう、そういう甘い余韻を残す作品が多かっ
たですね。どれも細かく書き込みがしてあって情報が
たっぷりなので、余すとこなく気持ちが把握できます。
うん、いい作品集。もっと出してくれればいいのに。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







とじた窓を彼があけた/遠藤りさを 【ピアス】


〔2003/10/31〕

★★★☆☆

何も感じない、何も考えない、死んだように生きる
男の前に、ある日突然現れた青年、もう一度誰かを
愛する・・・そんな予感が凍った心を溶かしていく

全7作品収録。
表題作は、愛する妻を亡くし、引きこもりになって
6年の吉和の元に、急に亡くなった家政婦の代わり
に、孫のアサキがやってきて、閉ざされた心を開いて
いくという話。実はアサキは子供の頃に吉和と奥さん
の情事を目撃して、それが現在の性癖に・・・みたいな
ところと、アサキによって吉和の枯れた欲望が再び・・・
といういやらしさもあって面白かったです。

『なにもなかったことじゃない』は、真面目なリーマ
ンが、毎朝のコーヒーショップで見かける夜の商売の
艶やかな男に囚われいやらしく開発されていくという話。

『BODY』は、色んな御主人様に捨てられてきた犬が、
今の御主人様に出会って満たされていたはずなのに、
ボディピアスのピアッサーに囚われてしまうという話。
アイタタ。どうしてもピアスが苦手;

『dear』は、幼なじみの高校生同士。アイスクリーム
がキーワード。この本の中では一番オーソドックスかな。

『彼のスカートの下』は、一緒に住んでいる、大学生の
友人同士。ある日片方が女装を始めて・・・という女装攻。

『甘い嘘』は、宝石商に扮した詐欺師と、その詐欺師が
潜伏するために訪れた山奥の寂れた叔父のホテルに住ん
でいる子の情事。

『Over Sweets』は、母親が亡くなり、12年前に離婚
した父親が現れ、その人の家に世話になることになった
高校生・慎也だったけど、そこにはサトルという高校生
が下宿していて、父親に虐待されていて・・・という話。


全体的に、痛かったり絶望感があったり、暗く物悲しい
話が多めなんだけど、ちゃんと最後に希望が見えるように
なっていたので、読後感は割と良いです。見事に「普通」
では無い話を描かれるので、たまにスパイス的に読むのに
いいと思います。萌えは無いけど、淫靡な描写は堪能でき
ますよね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








あおのこと/遠藤りさを 【ダイヤモンド】


〔2007/12/18〕

★★★☆☆

「あお」と呼ばれる少年が居た。

・・・世間的には、ちょっと無愛想ながらも成績優秀、眉目
端麗な今どきの若者。しかし彼は、常に内部に混沌を抱え
ていた。それを(したり顔で)喪失感や虚無主義と呼ぶの
が正しいかは判らない。
ただ、彼は、居場所を探して、漂泊し続けるかのようにも
見えた・・・。

面白いです。ただ、感想書くったって、何書けばいいんだ?
と、相当悩んだけど、結局何も出てこない。
虚無なアオ少年が、ユイチという堕落した青年フリーター
と出会い、そこにユイチの生き別れの双子の片割れフジヲ
が現れて・・・ という感じ。

元々何もないアオ少年にとって、ユイチが世界の全てだけ
ど、なんとも言えない突き放され感もあって、どうにも
切なく、でも温かい。最後に新たなオジサンが出てきて、
物語は更に続くようなぼんやりとした終わりだけど、何か
この終わりがこの本全てを物語っているような。
ただひたすら、居場所を探すために漂っているアオ少年。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





この世界の片隅に愛がある/由川リサヲ 【AQUA】


〔2008/5/12〕

★★★☆☆

人気マンガ家マキセマキノは、高校時代からの親友コンビ。
じつは牧瀬は真木野に秘かな恋心を抱いているのだ。
思わず真木野をモデルにカッコイイ男キャラを主人公に描
いてみたり。でも真木野は女性マンガ家や編集者にモテモ
テで、そんなことに気付く気配は少しもない。
はたして牧瀬の想いは届くのか・・・!?

絵にクセがあるし、コマ割がチマチマしているので、割と
避けられがちなタイプだと思うんですけど、読むとこれ
が結構面白いんですよ。

真木野×牧瀬は、牧瀬の方が自信なさげなタイプなんだけど、
真木野の愛が濃くて楽しいし、もうひとつのカプ、漫画家・
斉木×学生・咲也の方も、おっさんがメロメロになった姿が
めちゃ萌えです。このおっさん、ダメな感じがすげーイイ。

他の短編も面白い。こうやって読んでみると、チマチマな
ことで、しっかり心理描写がされているので、内容が濃いん
だよなぁと、昨日読んでスカスカだなと思った人の三倍は
描きこんでいらっしゃるのではないでしょうか。あんま上手
い絵じゃないけど、内容で充分満足です。可愛いオトナを
堪能できます。あ、そしてしっかりエロいです。






その時僕らに何が起こったか/遠藤りさを 【ジュネ】


〔2007/12/26〕

★★★☆☆

短編7本。
あらすじが書かれてないので自分でまとめようかとも
思いましたが、めんどいので。

ちょっとオバカな話から始まったので、へぇ〜って気軽
に読んでましたが、どうして結構、オトナの哀愁を感じ
させる切ない話もありぃの、かなりバラエティに富んで
いて、そのどれも土台がしっかりしているので、非常に
印象に残ったわけです。全体的に仄暗く人間クサイかな。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール