selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





最後にキスして/ミズノ内木 【ASUKA】


〔2013/4/27〕


★★★☆☆

大学生の佐田と夜須はいわゆるセフレ。二人の関係の始まり
はほんの偶然だったけれど、佐田は本気だった。でも、夜須
は学内でも有名な遊び人で、自分が本気だと悟った瞬間に逃
げるに違いない。そう思い佐田は本心を隠していたが、ある
日いつものように抱かれている最中、とうとう辛さの余り涙
をこぼしてしまい・・・!?
ひたむきな片想いを描く表題作のほか、通勤電車や慰安旅行
などで繰り広げられる、男たちの欲望と純情を紡ぐ珠玉の短
編集。描きおろしも収録!

全7作品収録の短編集。自分的に、最近はそんなに読み辛さ
はなくなってきたなと思っていたミズノさんですが、今回は
後ろにいくほどに少し掴み辛くなっていったので、おかしい
な〜と思っていたら、今初出を見て納得。少し前の他所で発
表された作品も収録されていました。そして見事に、一番近
作の『湯けむり〜』と『店長と〜』が好きだったというw

表題作は、好きになった同級生・夜須が遊び人だったため、
恋人にはなってもらえなくてもそういう関係でいいから相手
にしてもらいたいと誘った佐田だったけど・・・という話。
結構酷い感じでしたが、ちゃんとまとまって良かったですね。
短編じゃなくて、もう少し攻側の気持ちまで見てみたかった
かも。

『湯けむり事情』は、内緒でお付き合いしているものの、
仕事が忙しく時間が取れない久幸と、地元商店街の親睦旅行
とは言え、一緒に行けることになった亮が、何とか二人きり
になろうと頑張るという年下攻の話。うん、ラブラブで良か
ったです。

『店長といっしょ』は、前店長が急に辞めてしまったため、
臨時でバーの店長を務めている男が、一回り年下のオバカな
バイト・遊佐に翻弄されるという話。すごい変な子ちゃんで
したがw、何か放っておけない感じで可愛かったです。

『あと何回言えばいい』は、高校時代、若さ故にHをする関
係だった親友・武部と8年ぶりくらいに再会した皆川。最近
EDだったはずなのに・・・と、いい加減な関係だった二人が再
会して仕切りなおしという話。ドタバタしていて面白かった
です。

『暦のうえでは』は、去年の卒業生に月東に好意を抱いてい
ると気付いた教師・名賀が、半年ぶりに姿を見せた月東と・・・
という話。月東がオバカなのが良かったです。

『GAME ANIMAL』は、電車の中で見かけたいい体のリーマ
ン・大原に接触し関係をおねだりする、淫乱大学生の槇野・・・
という話。これは一番、ここで終わり?という感じでした。

『5年+10日』は、ずっと好きだったのに、ある日突然姿を
消してしまった幼馴染の哲ちゃんに、5年ぶりに再会した雄
平が、また置いていかれそうになるけれど・・・という話。
これが、設定とかが解り難くて少し読み難かったです。

やはり短編ということもあり、もう少し前後も知りたいなと
思う作品が多かったような気がします。までも、サクッと
楽しめたので、特に問題なしでした。

(2013/05/19)


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







レンアイ実習/ミズノ内木 【BLink】


〔2013/2/25〕


★★★☆☆

離島にある全寮制の中高一貫男子校でスタートした相見
の教育実習。彼はある理由から「必ず教師になる」と心
に決めているが先生や生徒からのアプローチが激しく実
習は難航の予感!?特にやんちゃな生徒・神名の言動に
は翻弄されっぱなしで・・・。

表題作は前後編の2話。
これは説明し難いですね。全寮制男子校で教育実習をし
ている可愛い系の相見が、先生や生徒からモテモテ・・・
という話でした。
誰とくっつくとかいう感じでなく(一応一番優位なのは
表紙で頬を染めてる生徒・神名ですが)、次から次へと
参加してくる人が登場して、でもそれがツルツル〜っと
上手いこと繋がっていてゴチャついていないところが面
白いという。キャラを楽しみながらユルく読める学園物
という感じでした。

『八月の花は』は、柊と大馳という幼馴染の二人。
全寮制高校に入ってから毎週末毎に花を持って帰って
きてくれる大馳と、体が弱くて家で過ごしている柊とい
う感じでしょうか。何かちょっと設定が掴めなかったん
で違ってたらすみませんw 表題作とは違って、しっとり
感がある感じでした。

『ずっとずっと続く』(前後編)は、表題作の相見の友
人で同じく教育実習が終了した佐保の話。普段から大学
の研究員・鵜野の視線を感じていた佐保が、鵜野を軽い
気持ちで落としにかかるうちに、可愛さにハマっていく
というような話。

ミズノさんは、全体的に説明が難しいですね。独特のリ
ズム感があるので、ここがズバッとハマる人はお好きだ
と思うんですが、私はこの変則感があんまり得意じゃな
くて。でも今回は、萌えというのとはちょっと違うなが
らも楽しく読めたので満足です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







いけないことかな/ミズノ内木 【Daria】


〔2012/9/21〕

★★★☆☆

眼鏡で地味な大学生の雪浦には深刻な悩みがあった。それは
オナニーがア●ニーなこと!!誰にも相談できず悩んでいた
ある日、雪浦はひとりエッチをしているところを親友の初芝
に見られ、目の前でイッてしまう!絶対絶交される・・・・・・と、
ショックで泣きそうになる雪浦だったが、何故か初芝も興奮
してしまったようで!? その他、お話がリンクした全3作
品を収録!

3カップルの話でそれぞれ前後編の2話ずつ。微妙に設定が
繋がっています。正直これまで、少しクセがあるので読み辛
いところもあるなと感じていた作家さんでしたが、今回はど
れも読みやすく展開も面白くて、文句なしに楽しかったですv

『願い事をひとつ』は、仕事では厳しい青柳補佐が、実は弟
大好きのブラコンで、その悩みを聞いているうちに自分だけ
に情けない姿を見せてくれる補佐のことを、段々好きになっ
てしまった部下の瀬領は・・・という話。
補佐が受でしょうねと思ったら、部下が受けると言い出し、
でも結局ちゃんとできてないんですが・・・やっぱり結局、補
佐が受のような気がしますw

『見かけより純情です』は、大学デビューを目指し精一杯お
しゃれしているつもりが、どう見てもチンピラで目付きも悪
いため、未だ友達もできない内気な咲玖也が、かねてから憧
れていたリア充男子・進士と偶然話せたことから、思い切っ
て憧れの気持ちを伝えたら、気にかけてもらえるようになっ
て・・・という、見た目はアレだけどピュアで可愛いヤンキー風
男子と、そんな咲玖也の純粋さに癒されちゃうイケメンの話
でした。この咲玖也が、めちゃめちゃ可愛い〜v気付いたら、
ずっとクスクス笑ってしまっていたくらい、リアクションが
いちいち可愛くて堪らなかったです。いや進士は、いい拾い
物したなw 「見かけより純情」だったのは、意外に進士の方
だったという、大変微笑ましいカップルでした。延々と見て
いたいv

『いけないことかな』があらすじの話。アナニーをやり始め
たら止められなくなってしまった雪浦が、中学からの友人で
地味仲間の初芝に、ひょんなことから致しているところを見
られてしまい、友達なくしたと落ち込むが・・・と、変なこと
がきっかけで、お互いを意識し始める友人同士の話でした。
雪浦がオバカで可愛いですね。自分でも「変態なうえにエロ
でネガティブでメガネ」と認めているところがイイ。
しかもこのコ、描き下ろしを見て確信しましたが、まだそっ
ち方面の伸びしろありそうですよねw 地味なくせにすごい
プレイを要求してきそう。

そういうわけで、1本目のリーマンも面白かったですが、2
本目のヤンキーくんの話が一番好きで、次がアナニーでした。
自分的には、ミズノさんと言えば1本目のリーマンのような、
夏目イサクさん的な印象を持っていたと思うんですが、こう
いう可愛らしい受も描けたんだなというのが判って新鮮な気
分でした。楽しかったですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







目障りな男/ミズノ内木 【Daria】


〔2011/6/22〕

★★★☆☆

新開には唯一嫌いな男がいた。男を誘うオーラを出し、
色々な相手と噂のある同僚の小倉だ。しかも、突っかか
ってくるのは自分に気があるからじゃないかと小倉に嘲
られ、我慢の限界が・・・・・・!だが、一緒に仕事をするに
つれ、ふてぶてしくて可愛げがないと思っていた小倉が、
ただ誤解されやすいだけだと知り、何だか気になりはじ
め・・・・・・!?

表題作は1話と描き下ろし『手に余る男』の計2話。
男をとっかえひっかえという噂のある同じ会社の小倉を
目障りだと思っていた新開だったけど、仕事を手伝って
もらううちに実は結構いい奴だとわかって段々可愛く思
えてきちゃうという、ノンケ×ゲイのリーマン同士の話。
ずけずけと、とっても遠慮のない二人が愉快な話でした。
そのまま終わっても問題なかったですが、描き下ろしで
色っぽい部分も見られたのが良かったですね。新開が期
待を裏切らないがっつきキャラなのがv

『一坪楽園』(前後編)は、半同棲していた彼女に出て
いかれたばかりの縁が、ゲイだということをカミングア
ウトして親に勘当されてしまった地元の友人・直士を呼
び寄せ暫く同居することに。最初は自分が寂しくて始め
た同居生活だったけど、やがて直士を意識しはじめ・・・
という、ゲイ×ノンケの話。結局のところ、直士の片想
いがいつの間にか実っちゃったということなんですが、
縁が勝手に一人で動いていた感じでしたねw ノンケ男が
ただ一緒に暮らしてるだけで芽生えちゃうっていうのも
どうなんだろうと思わんでもないですが、まぁ面白かっ
たので満足。オネエリーマン杉さん松さんも面白かったw

『それがきっかけで』は、カラオケ店でバイトしている
椚が、同じ年なのに頼れるタイプの建部に誘われ、建部
の姉のメイクの練習台に。建部にメイクを落としてもら
っている時に感じてしまったことから、妙に意識し出し
てしまって・・・という話。最後に建部が積極的に攻めた
のが萌えでした。

『名刺渡して受け取って』は、イベントホールを借りに
来た恕さんの、踊りをやっていたためしなやかな動きを
する手に一目惚れして告白し、付き合うことになった郷
田・・・という、ほのぼのとした二人の話でした。
良く知らないながらお付き合いが始まった二人だけに、
ちょっとした発見にいちいち嬉しそうなのが可愛かった
です。受のおっとりとした感じをもっと味わいたかった
ですね〜。

全体的にこういう話だと説明するのが難しいですね。気
持ちの動き自体はベーシックなんですが、切り口が一風
変わっているため、やや話が逸れる感じもあり。でもこ
の、雑雑とした展開が好きな人は多いんじゃないかと思
います。あと、性格が結構ガーッとしているところも好
きな人が多そう。
今まで意識していなかったのに・・・という話が多く、やや
説得力に欠けると思う部分もあるかなというのが正直な
ところですが、どれもノリ良く進むので、良い感じに納
得させられたりして。この勢いは嫌いじゃないです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







おさななじみの、/ミズノ内木 【ASUKA】


〔2010/9/1〕

★★★☆☆

悠斗は、初めてキスをした年上のおさななじみ・上木
圭一に恋をしている。だけど、圭一は大学進学のため
あっさりと地元を離れてしまった。裏切られたような
気持ちを抱えて過ごす悠斗の元に、5年経ったある日、
圭一が転勤により帰省してくる。何事もなかったかの
ように振舞う圭一の真意がわからず戸惑う悠斗は、あ
る日、ケガをした圭一の指を、思わず口に含んでしま
い・・・?

表題作を含む短編4作品と、シリーズ作品が4話。
家が隣の年上の幼馴染・圭ちゃんを好きな悠斗。5年
前、ふとしたきっかけで圭ちゃんにキスをされ、以来
帰省するたびにキスをされて、それを特別なことと思
っていた悠斗に反して、圭ちゃんは何も無かったよう
に接してくるが・・・

そういうわけで、実は元より両想いだった二人。この
ままじゃいかんと離れてみた圭ちゃんだったけど、再
会して益々気持ちが昂ぶっちゃって、一生懸命我慢し
ていたんだよという、青さがイイ感じの話でした。
シンプルな幼馴染モノだな〜という感じですが、途中
で入る衝動的なキスシーンとか、最後には河原でその
ままHに傾れ込んじゃうとか、勢い止まらずなエロさ
が良いスパイスでした。

『恋の居場所』は、文化系同好会の部室が欲しい伊佐
野が、大学内で一番大きな漕艇部の日田に、部室を譲
れとお願いしに行くうちに、日田のことを好きになっ
てしまって、構ってもらうために喧嘩しに行くような
感じになって・・・という、いがみ合っていた二人が実は
強く惹かれあうようになっていたという、若者らしい
雑さが魅力の話でした。これが、前2冊を読んだ時に、
あぁこの人の特徴だな〜と感じた部分に一番近いかな。
豪快なだけどラブい、みたいな。

『恋をして変わるんだ』は、サーファーの西丸と、い
つも友人として世話をしている紅谷。一緒に居ること
が多いからと、周りからホモ扱いされることに腹を立
てる紅谷だったけど・・・ と、友人から恋人に変化する
一歩手前の話。一人でグルグルしちゃってる受ちゃん
が、可愛くもあり、ウザくもありw

『あかりが灯る。』は、ある日突然道端で、見知らぬ
男に求愛された旭。何故かその男・庚が家に居座るよ
うになってしまい、色々とイラつきながらも・・・という、
色々謎だらけで、ちょっぴりヘンテコリンだけど、何
か面白い話でした。ほっぺにチュウ止まり。

『ナツのサカリ』(全4話)は、人気の無い旧図書室
の整理を一人でしている木崎と、いつも本を読みにや
ってくるクラスメイトの村沢が、弾みでHなことをす
るようになってしまい・・・ という、恋人未満な普段は
色気も何もない二人が、一旦盛ると・・・という止まらな
くなってる感じが絶妙の話でした。暑さのせいよ的な。
CIELらしからぬ、ち○こ擦り合わせて「ごりゅ」wに
驚いた・・・と思ったら、このシリーズだけアクアの携帯
配信だったようです。

そんなわけで、ツンデレというより、良い塩梅に意地
っ張りな子らがいっぱいで、ある意味粗雑なキャラだ
らけなんだけど、それが青春っぽくって持ち味なんで
すよね。自分的萌えまではあと一歩かなって感じなん
ですが、話の内容的には満足。楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







逃げ出すにはもう遅い/ミズノ内木 【ASUKA】


〔2009/3/1〕

★★★☆☆

まさかホントに俺でイッたの?

こんな出逢いも・・・恋なのか!?
魔が差したのか、空き地でうっかり一人エッチをしてしま
った朋基。その様子をうっかり見てしまった同じ大学の隆道。
黙っている代わりに、「課題のレポート用として詳しい話
を聞かせろ」と脅された朋基は、言葉責めまがいにあんな
ことやこんなことを詳細に聞かれ落ち込むが・・・・・・「もう
一度やってみせて」なんて言われたりして・・・!?

全5編の短編集。
前に読んだ 『この欲望的な手の早さ』(AQUA) でもいい感じ
だなと思いましたが、今回も勢いあって面白かったです。
やや粗雑気味な口の悪いキャラが多く、絵もシャシャっと
しているんだけど、それが妙に臨場感があって、ノリノリ
で読んじゃいましたね。

特にツン×ツンのリーマンラブ、『恋愛★マウントバトル』
なんか豪快そのもので、ポロリと漏らす本音とのギャップが
上手いなぁと。
あとは、親友に恋心を抱きさらりと告白するもかわされ、そ
の後そういう素振りを見せないようにしてるけど隠せてない
テンパリ気味なメガネ受くんの可愛い、『いちばん長い夜の前』
なんかも好きでした。これは攻の本音が出てきたとこで、萌え〜
っとなってしまった。その後バカップル確定だな。

そんなわけで、どの話もキャラの個性がハッキリしていて、
インパクトがあって、満足な一冊でした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







この欲望的な手の早さ/ミズノ内木 【AQUA】


〔2007/3/12〕

★★★☆☆

卵が苦手な勇太のバイト先は女性誌やTVにも出ている有名
ケーキ店「ウフ・ド・プル(鶏の卵)」。卵が食べれない
勇太にオーナー兼シェフパティシエの北条は手を替え品を
替え、自分の作るスイーツを食べさせようと挑戦してくる。
「お前のためだけに作った」などと言いながら、セクハラ
をしてくる北条にドキドキしっぱなしの勇太。このままお
菓子のように美味しく食べられてしまう・・・?

おっと何か、思った以上にドキドキありましたよ。
ってか、この雑(でも仕事は繊細)なオッサン、萌え。
もう一話くらい読みたかった。彼のエロ口説きをもっと
読みたかった。

『それでは良い休日を』はTV局のディレクター×放送作家。
この攻も男らしくていい感じ。

『まいにち、毎日』は、大学ゴルフ部先輩×後輩。チャラく
てダメぇな先輩に振り回されっぱなしの後輩くん。そのまま
のノリで受になってたのが笑える。

『君に恋うこの罪を』は主従ラブ。
全体的に「あんた、アホか!」みたいなノリの中で、唯一
穏やかラブ。でも張り詰めたものはない。

『熱速パンチ』同級生ラブ。格闘技バカの興捷(おきさと)が
ケガをして自宅療養中のためお見舞いにきた藤掛。遊んでる
うちに盛り上がって・・・という、ま、よくある男子のじゃれあい
なんですけど、妙にエロかったのは何故?何か好きだった。

というわけで、特別上手い絵なわけでもなく、話が突出してる
わけでもないんですけど、メリハリがあるのでいい具合に
キュンくる場面ありで、次も読みたいなと思いました。
パティシエとディレクターの雑系の男が特にいい感じ。イメー
ジとしては、夏目イサクみたいな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール