selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





バトラーの憂鬱/徳丸佳貴 【GUSHmania】


〔2011/3/10〕

★★★☆☆

「俺の執事になれ」恭しく出迎えたドアマンの中井は
突然、ひとりの紳士に指名される。シリアスからエロ
スまで幅広いジャンルをこなす、なにかと話題の小説
家・阪上。・・・主人に付き従い、寝食の世話や対外的な
秘書役、全てを担う接客のエキスパートである執事を、
たしかに中井は夢見ていた。・・・・・・だが、阪上は小説
の取材と称して、中井の身体に玩具を入れたうえで、
接客を命じる。そして、快楽に負けそうになる中井に
・・・!?執事って、エッチまで許すのか!?大人のラブ
決定版v

全5作品収録。
表題作は、「制服責特集」に掲載の話。ドアマンだっ
た中井が、ファンでもある小説家・阪上に指名されお
世話係に。しかし小説の参考にするためと言っては、
Hなお手伝いもさせられて・・・という話。そんな扱いは
絶対ありえないだろうというザBL的な内容でしたが、
まぁ楽しかったのでいいです。しかしちっとも「憂鬱」
では無さそうですがw

『真夜中の恋人』は、大学の後輩で会社でも後輩の営
業・武藤のことを7年間も想い続けている経理の安住。
社員寮の同室で上手くやっている二人だったけど、最
近安住は、武藤に抱かれる夢ばかり見てしまう。そん
な時、年齢制限で寮を出なければならなくなった安住
は・・・という、ソフトにワンコな後輩と、ソフトにツン
デレ先輩の話でした。これは何の特集だ?と思ったら
「体位」!w なるほど適度に頑張ってるw

『赤い手帳の秘密−覆面調査員の思惑−』は、10年前
の学生時代、憧れの老舗旅館・白河屋を訪れたものの、
主人に粋がわかる大人になったら来るようにとやんわ
りと断られてしまった佐東が、ミジェランの調査員と
なって再び訪れ、主人との攻防を繰り広げるという話。
偉そうにしやがって評価してやるという佐東と、完璧
に対応しつつぎゃふんと言わせてやりたい主人の、腹
黒同士の大人気ない対決が愉快でした。乱される主人
も色っぽくw

『無人島で過ごす最高の一ヶ月』は「体毛特集」の話。
リゾート開発のための新しい土地を探していた営業マ
ンの日高はとある無人島を見つけた。偶然近くにいた
青年・泉にボートを出してもらって島に渡ったものの、
ボートが流されてしまい取り残された二人は、暫く島
に滞在することに。しかしどんなに暑くてもスーツを
脱がない日高。実は体毛コンプレックスで・・・
何特集か確認せずに読んでいたので、可愛い顔に毛が
わっさ〜の瞬間、爆笑してしまいましたw いいですね、毛w

『博士と猫』は、愛猫・ピートを亡くし失意の数学博
士・櫻井が、友人が送ってくれたロボットのアシュト
ンと暮らすうちに・・・というしっとりとした話。泣かせ
る話のような方向っぽいけど、いまいちテンションが
上がりきれず中途半端に終わってしまったような。他
の作品が面白かっただけに、これのいまいち感が目に
付いてしまい残念なところです。

そういうわけで自分の好みとしては、間の3本が面白
かったかなと。派手さは無いんですがどれもきちんと
まとまっているので読みやすくて、ほどほどに楽しめ
ました。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







不機嫌な誘惑/徳丸佳貴 【GUSH文庫】


〔2010/2/10〕


★★★☆☆

技術部の後輩・中谷と組んで仕事をすることになった
営業部の鹿島は、優秀だが無愛想な中谷に戸惑いを覚
えていた。ところが、出張先で一晩を過ごすこととな
ったホテルで、「抱いてもらえませんか」と泣き崩れ
る中谷に激しい欲望を感じて・・・。
表題作ほか、夜は泥棒(!?)の図書館司書と高校生
の恋の駆け引きを描いた「恋とマシンガン」を収録。
・・・働く男たちの究極ラブ&エロス作品集!!

 '02年に発売の『不機嫌な誘惑』と、'98年発売『恋と
マシンガン』を1冊にまとめた新装文庫版です。

『汚名』現社長の後継を巡って会社が二分している中、
その派閥争いに巻き込まれてしまった、篠田と羽村。
篠田のことを心の許せる友人だと思っていた羽村だった
が、羽村の情報を盗んだ篠田により、羽村は裏切り者扱
いされ、会社に居辛くなってしまう。しかし愛する妻を
守るため、辞めるわけにいかない羽村は、篠田の出した
条件を飲むことに・・・ 篠田が羽村を欲しいあまり、間
違った方向から攻めちゃうという、ダメさも良い感じの
話。もう少し長いともっと面白くなりそう。

『秘密』年の離れた姉の息子で、高校生の甥・慎也の家
庭教師をしている悠介。しかし二人は1年も身体の関係
を続けている。罪悪感を抱えながらも・・・ 実は慎也の
父親にかつて片想いしていた悠介など、割とテンプレで
シンプルな話なんだけど、しっとりとした雰囲気が良い
感じです。

『隣の男』アパートの隣の部屋に住む佐久間と付き合っ
ている智宏。実は彼女がいる佐久間の傍若無人さに振り
回されながらも、佐久間のことが好きで仕方ない。そん
なある日、反対隣の部屋に、かつてその部屋に住んでい
た姉の元彼・春彦が再び越してきた。春彦に悩みを聞い
てもらい、自分と付き合わないかとまで言われた智宏だ
ったが・・・ 戻るんかい!っていうw ダメ男なんだけど
好きなんだってさ。

『LOVE LIFE』付き合っていた先輩に振られ、電車の中
で泣いていた守屋にタオルを貸してくれた生意気な男。
その男・吉澤が守屋のバイトするボーリング場に新人と
して入ってきた。涙の訳を話すうちに、寂しさからかな
りゆきで吉澤と関係を持ってしまった守屋。次第に吉澤
に惹かれはじめ・・・ お〜電車プレイw絶対バレるだろw

『不機嫌な誘惑』あらすじの話。
自分にだけ冷たい後輩・中谷が・・・というこのギャップ。
良いツンデレですw

『恋とマシンガン』(全6話)
高校生・和泉は夜の公園で出会った見知らぬ男にキスさ
れてしまう。しかし彼はどうやら強盗事件の犯人らしい。
そんな中、司書の上村と関わることになった和泉は、公
園の男との共通点に気付きはじめ・・・ ワケありである情
報を手に入れたい上村の、ちょっとワルい夜の顔の方に
少しずつ惹かれていく和泉・・・という話。構成がしっかり
していて面白かったです。

そんなわけで、前半は短編でしっとりとした雰囲気が楽
しめ、後半はテンポの良いコメディタッチな話が楽しめ、
中々良い感じの1冊だったと思います。地味なんだけど、
もっと読んでみたくなるタイプなんですよね。新作楽しみ
にしてます。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







虜囚/徳丸佳貴 【GUSHmania】


〔2004/6/10〕

★★★☆☆

没落した呉服屋の若旦那・彰彦は店への融資の条件として、
友人の銀行頭取子息・井上に躰を与えていた。若旦那に密か
に想いを寄せる書生・粟田は、そんな若旦那と井上の情事を
見てしまう。粟田に行為をとがめられた彰彦は、「だったら
俺を金で買ってみろ!」と言い放つ。数年後、闇の世界に身
を投じた粟田は、若旦那・彰彦の躰を買うために戻ってくる。
かつての使用人に躰を開かされ、快楽を与えられる屈辱に彰
彦は・・・。

表題作は「下克上特集」に収録のシリアスモノ。次の『野生
を抱く瞳』は政治家と秘書の話で「主縦関係特集」に収録の
これもシリアス。どちらも味があって面白いです。

けど、自分的には、この方のはちょっとポヤ〜としてたり、
攻が流されてたりすると、絵柄とのギャップがあって好きな
ので、この後収録の、超方向音痴のコと、お世話をせずには
いられない攻の話『柊王子とセキネ』や、平凡なリーマン
がSでもないのに何故か奴隷(自ら掲示板にて志願)を飼う
という『部屋と犬』の2作は、非常に楽しかったですねー。
「犬」の絵日記も大爆笑。このSになろうとしているんだけ
ど全然なりきれてなく、でも犬には「ご主人様」と呼ばれ
ちゃって、本人はちょっとはできてるつもりで、でも何か変!
みたいのが、最後のロウソク持ってる姿に出てましたね。
うん、この人の描く、バカバカラブラブなの、いい感じ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







楡崎教授の昼下がりの研究室/徳丸佳貴 【GUSH】


〔2005/2/10〕

★★★☆☆

教授には、俺が必要なんですよ・・・。

大学生・芦谷健介は、犯罪心理学教授・楡崎の助手。
生活管理能力がほぼ0に近い状態の教授の世話を、公私に
わたってしている芦谷だったが、いつしかそんな教授に
ひかれ始めている自分に気が付く。
一方、優秀なプロファイラーでもある教授はそのプロファ
イリング能力に大きな問題を抱えている。普段はおとなし
い教授がプロファイリングを始めたとたん、カゲキになり・・・。
エキセントリックな教授に芦谷の献身愛は届くのか!?

楡崎教授の論文に感動し、半ば押しかけで助手になって半年
の芦谷は、教授を尊敬しながらも、学者バカでおっとりな教
授の世話をするうちに、師弟愛を超えた感情を持つようにな
っていた。一方教授のほうは鈍感なため芦谷の気持ちも知ら
ず、彼を気の利く助手として信頼しきっている。
そんな二人の元に、講義のない水曜の午後に決まってやって
くる、楡崎教授の元同級生で、刑事の土屋。彼の持ち込んで
くる事件を的確にプロファイルしていく楡崎教授だが、困った
ことに教授の唯一の欠点は、プロファイルに異常なほど入り込
んでしまうことで・・・

というわけで、刑事の持って来た事件を、少々特異なプロファ
イルで毎回解決していくという話の痛快さと、助手と教授という
信頼関係のほんわかムードの塩梅が妙に心地よく、とっても楽
しかったです。
楡崎教授は、幼少期のある事件がきっかけで、プロファイリ
ング能力が高まっているという謎があり、それが最終回で解決
されるというのも、何かドラマを見てるよう。

ぶつかり合う激しい愛とかも勿論好きだけど、こんなゆったり
とした空気の二人ってのもいいもんだ。
↓ 裏表紙にも使われているこの絵なんか、まんま二人の信頼
関係が出ていて好きだな。




↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







月と蛇/徳丸佳貴 【GUSHmania】


〔2008/8/9〕

★★★☆☆

昼は高校の美術教師、夜はパスポートの偽装屋。
日比野の人生は、ヤクザの北原に出会い・・・少しずつ狂わ
されている。
事業に失敗した親の借金を返すため、日比野は北原の持っ
てくる仕事を拒めない。だが、命乞いをする男に銃を向け
る北原を眼前にして、何も問わず偽造に手を貸すだけの北
原との関係が一変する。
怯える日比野を、北原はくるおしいほどに熱く抱いた。
・・・悪い男だと確信しながら、人生が北原に染め上げられて
ゆく。ヤクザと高校教師、交わらないはずの愛の軌跡。

あらすじは、最後に収録されている表題作で、何かちょっと
熱くてよかったです。二人だけの世界って感じ。
あとは最初に収録の『僕の好きなロクデナシ』と『僕の師
匠はロクデナシ』の2作が、コメディタッチで楽しかった
です。「じ・・・」「じ・・・?」「浄水器買ってください」の
三連発は面白すぎです。

あと和モノの『紅葉ヶ淵』は全く好みじゃなく、『迷える
スパデティコード』はお仕事色が強すぎてバタバタと騒が
しい感じがいまいちだったかな、ということで。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール