selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





桃色男子 檸檬編〜柘榴と夏樹の章〜/藤井あや 【ピアス】


〔2012/3/31〕


★★★☆☆

魔性のフェロモンに悩み、姿を消した檸檬。残された恋人の
怜は、その穴を埋めるように檸檬と同じ体質を持つ柘榴に抱
かれていた。一方、そんな柘榴を複雑な想いで見つめる夏樹。
愛の四角関係の結末は・・・!?

幼馴染で高校時代から付き合い同棲していた檸檬と怜だった
けど、檸檬が怜に手を出すことはなく、怜は悩んでいた。そ
んなある日、檸檬が姿を消してしまい、怜はモデルの先輩・
柘榴に抱かれることで気持ちを紛らわせていたが・・・。

シリーズ最終巻です。
この檸檬編の前巻は5ヶ月前に読んだんですが、正直あまり
覚えてなかったみたいで、最初に怜が柘榴と致していたこと
に、ん?ん?とw
まぁわからないながらもエロカワな部分が楽しかったのでい
いかなと。結局、怜は檸檬のフェロモンに関係なく、それ以
上に檸檬のことを好きという気持ちを持っていたんだね〜と
いうことでいいのかな。シリアスな振りの割には、サクッと
まとまっていて深みは無かったですね。でも無事に戻って良
かったなという感じです。

あとは柘榴と夏樹もくっつくという話もあって・・・というか、
本のタイトルが『〜柘榴と夏樹の章』なのでこっちがメイン
のはずなんですが、あんまりそんな感じはしなかったです。
柘榴も意外にサクッと怜を諦めちゃってるし、まぁナツが可
愛いな〜という軽い気持ちで読めばいいのかなと。

ここまでの話をあまり覚えていない自分が悪いのか、あまり
面白い!という感じは無かったです。けれど林檎カップルの
続編など色んなカワイコちゃん受を楽しめたので、それなり
には満足かな。
しかし昨今の事情とは言え、ここまでガッツリ白抜きにする
必要があるんでしょうか。ついてるものもついてないかのよ
うで、まるで幻のよう・・・w

あと前回の『檸檬編〜檸檬と怜の章〜』が、amazonなど色
んなところから削除されてしまっているのは、規制とかそう
いうものの影響なのかな・・・とググッてみたら、やはりそうい
うことのようですね。『男巫女』も。他にいくらでもドエロ
な作品はあるだけに、どうしてこれが?という気はしますが、
パッと見少女漫画的、ショタ的だから目をつけられやすいと
かあるんでしょうか。確かに白抜きにはエロスも情緒も無い
ですが、藤井さんの良さというものはちゃんと理解できます
ので、めげずに頑張っていただきたいです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







桃色男子 檸檬編/藤井あや 【ピアス】


〔2011/10/31〕

★★★☆☆

檸檬と柘榴・・・魔性の香りフェロモンを持つ二人の男
が儚い美青年・怜を奪い合う!!セックスをする事が
愛なのか、しない事が愛なのか・・・。哀しみと欲情の
間で揺れる、切ないエロス大作!!シリーズ第3弾は
初の攻フェロモン!

ホストの檸檬とモデルの怜は、幼馴染で高校時代から
付き合っている恋人同士。しかし一緒に暮らし始めて
何年も経つというのに、檸檬は一度も怜を最後まで抱
いてくれたことがない。そのことで深く悩む怜に、怜
のことを気に入っているモデルの先輩・柘榴が手を出
してきて・・・。

前2冊は、結構アホエロ系だったと思うんですが、今
回はシリアスな感じでしたね。思春期になると男を引
き寄せるフェロモンを出してしまう高木家の檸檬。本
当は怜と最後までしたいけれど、その特殊なフェロモ
ンは、一度抱いてしまうと本人の意思に関係なく檸檬
のことを好きになってしまうというもので、それによ
って純粋な怜を変えてしまうことが怖い檸檬は・・・と
いう話。抱こうが抱かまいが、怜の檸檬を好きな気持
ちは同じなのでさっさと抱いちゃえばいい話なんです
が、中々頑固でw うんでも、結構切ない話で好きでした。

がしかし、こんなところで終わるとは。
3話目も2008年に雑誌掲載ということで、もうとっ
くに完結してそうなのに一緒に収録しないというのは
どうなんでしょう。おまけに、モモ、蜜柑パパの番外
編はラブラブエロエロで面白かったですが、触手のや
つはあんまり面白くなかったかなと。それを入れず檸
檬編で1冊にするべきでしたよね。次回はいつ読める
んでしょうか。

あと・・・前作『男巫女』から受の乳首がやたら大きいの
が、すごく気になりますw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。




↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







男巫女/藤井あや 【ピアス】


〔2011/8/31〕

★★☆☆☆

山奥の秘境で、男巫女・紅葉のオナニーを偶然手伝って
しまったカメラマンの翔。満月の夜に特殊なカラダにな
る紅葉のヒミツを知り・・・。お世話役の柏木も入り乱れ、
禁忌を破り危険な宴が始まる!!

藤井さんのコミックスは3年半以上ぶりなんですね。需
要がありそうなので、もう少し短いスパンで出てても良
さそうな感じですが。

山奥で迷ったカメラマンの翔が、川で火照りを抑えてい
た男なのに巫女の紅葉と出会い、巫女は清い体でいなけ
ればならないため自分で自分の股間を触ることができな
いらしく、自慰を手伝って欲しいと言われてしまい、最
初は戸惑いながら手伝うが、やがてノリノリに。その晩、
紅葉の仕える神社に泊まらせてもらうことになった翔は、
夜中に紅葉が、世話係の柏木とエロいことをしているの
を目撃してしまう。しかも紅葉が女体化できるという秘
密も知ってしまい・・・。

というわけで、恐らくエロエロなんだろうな〜と予測は
していましたが、う〜ん、これはもうBLというよりエ
ロ本でしか無いような。
一応、紅葉が20歳になったら村の男達のものになるとい
う悲劇的な設定があったりするものの、メインはそんな
紅葉を二人で守ろうとする、翔と柏木との3Pという感
じですね。確かに紅葉は可愛いし、エロもしっかりエロ
なんだけど、何かあんまりそそられないというか義務的
というか。清楚なのにエロいとかじゃなく、ひたすら快
感をむさぼるタイプの子だったこともそうですし、自分
的に萌えるシチュエーションでは無かったようです。あ
と女体化は私は萎えでした。股間も逆に薄い色の方が良
かったなと。乳首が突然でっかくなったりしてるところ
なんかもありましたねw
まぁちょっと変わった設定にしてあって、色々考えられ
ているんだろうなというのは伝わってきましたが、藤井
さんの持ち味である、エロカワのカワの部分が残念なが
らあまり感じられなかったように思いました。

同時収録の『戦う!育児マン』は仕事が忙しいと姉の子
を押し付けられてしまった官能小説家の海慈が、自分の
ことを慕っている5歳年下の親戚の子・雪広(17)とオ
イシイ展開にというラブコメ。これもエロばっかりです
が、エロオヤジとカワイコちゃんという感じなので、こ
ちらの方がサクッと読めて好みでした。「スケベしようや」w


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







BITCH ANGEL/藤井あや 【AQUA】


〔2005/8/12〕

★★★☆☆

オマエにみんなが夢中になるのは
きっと やっかいな天使だからなんだ・・・

奔放で刹那的な恋愛遍歴を重ねつづけてきた、崎谷リョウ。
彼を取り巻く、同僚・兄弟・親友などの恋愛模様もからめた
オムニバス形式でおくる、大人気シリーズの第1部完結編。
初恋から現在の恋人に巡り逢うまでの恋物語を鮮烈に綴った
甘く切ないラブヒストリーが、匂い立つエロスと共に咲く!

崎谷リョウという、現在はビッチなリーマンが、実は切ない
恋をしたりしていた、という話。
初恋が姉の婚約者だったり、初めては高校時代に校長とだっ
たり、親友と寝たり、今は後輩を気に入っていたり・・・と
確かに一見華やかな男性遍歴なんだけど、実は本気になって
相手がいなくなってしまうという孤独を恐れていて、という
弱い面をカバーするための奔放さ?そんな感じで、ビッチな
んだけど、相手を不幸にすることは絶対にない、そういう
性根は天使、みたいな不思議な青年で、すごく魅力的です。

特に最初は、相手が校長!?と思ったけど、後で出てくる、
入院した校長に会いに行った話は、かなりグッときましたね。
まぁその後、大爆笑でしたけど。

続きが出るようなことが書いてありましたが、3年以上
経っても出てないようなので、無くなったのかもしれません
が、是非彼には本当の幸せを掴んでいただきたい。やっかい
だけど構わずにはいられないような、な〜んかいいコだ。
この作者さん、『桃色男子』シリーズ2冊でも思ったんで
すけど、結構独特の世界をお持ちですよね。何かエロい
んだけど、物悲しさもあって印象に残る作風です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







桃色男子〔モモ&蜜柑パパ編〕/藤井あや 【ピアス】


〔2008/1/31〕

★★★☆☆

蜜柑の持つ得意体質は試合相手の戦意を喪失させる。
卑怯な事をしていると分かりながらも、川島との約束を
果たそうという一心で柔道を続けてきた。しかし、約束
を覚えていない川島の言葉に心が折れてしまい・・・。

先ほどの〔林檎編〕の林檎の叔父である蜜柑と、彼の息子
モモの話です。表紙とタイトル見たら、この二人がデキて
るかのように見えますが、それぞれの恋の話です。

一ヶ月前から特異体質のフェロモンが出るようになったモモ
は男子にモテまくり。そんなモモが襲われそうになったとこ
ろを、いつも守ってくれる同級生の津森。津森はモモにフェ
ロモンが出る前から、モモの事が好きだったと言ってくれ・・・

というイチャラブが2話。以降があらすじの〔蜜柑パパ編〕
で、高校時代の蜜柑パパが見れます。初恋の人・川島を追い
かけ、柔道を頑張ってきたのに、肝心の川島はそんな約束は
覚えていなかった。失恋し、目標を失った蜜柑を慰めてくれ
たのが、今のダーリン・村岡師匠。・・・この時、おっちゃん
なのに童貞だった師匠。〔林檎編〕の番外編で、やきもち
焼いて「やはり若い男がいいのか!!?」とちょいS入ってた
ので、どんな怖い人かと思ったら、めちゃ穏やかなおっさん
でした。

全カプ、エロエロラブラブで可愛いッス。で、エロが濃い割
には、内容もちゃんとしてるので、続き読みたいなーと思え
ますね。いー感じ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





桃色男子〔林檎編〕/藤井あや 【ピアス】


〔2007/9/29〕

★★★☆☆

甘酸っぱい匂いが、男をケダモノにする
林檎はある日突然「男を惹き付けるフェロモン」を放つ
特異体質になってしまった。
まともな恋愛を諦め、見知らぬ人と肌を重ねる虚しい日々。
そんな時、宇田川に出会い・・・。

二ヶ月前から突然、特異体質の開花で、林檎のような甘い
香りのフェロモンが出るようになってしまった林檎は、自
分を求めてくる男との虚しい関係ばかり。
そんな時、京都で香の店をやっている宇田川に出会う。宇
田川は林檎のフェロモンを採取して、売れる香を開発する
のだと、林檎を監禁状態で犯し、林檎の精液を採取する。
最初は激しいだけだったが、次第に林檎の欲しかった優し
いセックスを与えてくれるようになった宇田川に、林檎の
心は・・・

う〜ん、エロ可愛い。なんじゃこらな設定で、とんでもなく
エロいんだけど、二人がラブラブになっていくという、心の
動きがしっかり描いてあるので、すごくときめく。
林檎編全5話のラストには、この後続く〔モモ&蜜柑パパ編〕
の次に発売されるであろう、攻フェロモンを持つ〔檸檬編〕の
檸檬がチラッと登場してます。絵も丁寧で読みやすい。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール