selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





草食上司のオトしかた/麻生海 【BBC】


〔2011/11/10〕

★★★☆☆

デキる上司・浅香に仕事を教えてもらった時から、忠犬
・中山は彼にベタ惚れ。追っかけて同じ職場になれたv
・・・のに、浅香は厳しくて冷たい暴力的(!?)な上司に
なっていた・・・!日々打ちのめされる中山(ワンコ)・・・ッ!!
(でも、それはそれで萌えるv)しかし実は浅香には、
恋愛に臆病になってしまう秘密があり・・・?愛充実のコラ
ボコミックv

入社した当時、指導役だった上司・浅香に惚れてしまっ
た中山は、2年前、立ち上げられたばかりの中部支社に
転属となった浅香に告白するがスルーされてしまった。
そして今回、本社勤務にも関わらず浅香マネージャーを
追いかけ異動してきた中山。クールで、一筋縄ではいか
ない浅香に奮闘する中山だったが、どんな浅香でも可愛
く思えてしまい・・・。

砂床あいさんの小説「肉食上司」シリーズのスピンオフ
的な作品のようですが、未読でも全く問題無し。
一途なワンコ・中山が、過去の恋愛から頑なになってい
る浅香を少しずつ解していくというユルいコメディかな。

中山がバカっぽくて、キャラを味わう分には大変面白か
ったです。ただ、話はそうでもなかったかなと。
別に面白くないわけでは無いんですが、何かこう、どれ
も取って付けたような展開でしっくりこなかったような。
麻生さんの描く雰囲気一つ一つ自体は好きだったんです
が、通して読むと無理にノリ良く描かれているような違
和感がありました。

あとは最後のHシーンがえらく長くてページ稼ぎのよう
に感じてしまったり、浅香の性格に一貫性が無かったよ
うに感じたり。ずっと外では虚勢を張っているけれど基
本的に乙女で可愛らしい人なんだとだけ思っていたので、
最後に「うぬぼれるな」と見せた自信満々の顔に違和感
が。恋の迷いが無くなった瞬間それかい!みたいな。ま
ぁこのギャップがイイんでしょうが、それより前半で
もっと男らしいところをいっぱい見ておきたかったな〜と。
確かにヤクザの事務所に乗り込んでというところはそん
な感じだったと思いますが、それ以外はどちらかという
と、過去の女に縛られて中山に向き合えないショボイ男・・・
という印象を自分としては持っていたので。
でも他所の方の感想を見たら、中山がカッコイイとかツ
ンデレと感じられた方もいるようで。捉え方の違いもあ
るのかもしれないですが。できればもう少し草食なら草
食で、定義がはっきりしてると良かったのかもしれない
ですね。

個人的に麻生さんはやはり、原作付きじゃない時の方が
好きです。え?でも何か麻生さん、商業誌は辞めたとい
う噂ですが・・・あぁなるほど、Twitterを見たところ、手
の調子が締め切りに追われる商業誌では厳しいというこ
とで、ゆっくりペースで同人活動だけをされるようです。
うわぁ〜めちゃめちゃ残念。特に最近の作品はどれも面
白かっただけに勿体無い〜。調子と気が向いたら、ぜひ
戻ってきて下さいね。

しかしこんだけBLを読んでいるというのに、寝顔を見な
がら抜けるという生理が未だにわからないのは、女だか
らなんだろうかw エピソード的にも間抜けな姿的にも面
白かったけど、えぇ〜って感じでした。あ、いやむしろ、
それを、ざけんなテメーだけで終わらせた二人がわから
なかったのかもしれないですw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







それなりに真剣なんです。(上下巻)/麻生海 【花音Cita】

 
〔2010/5/29〕

★★★☆☆

大沢直樹は小料理屋「今井」で料理人として働きながら
一人娘・千都を育てるシングルファーザー。恋という感
情はとっくに忘れた日々を送っている。そんな大沢を現
在口説いているのが、「今井」の常連・吉岡誠一。名前
を裏切るかのような恋多き男からの誘いをいなしていた
大沢だったが、吉岡と同居することになって・・・。

妻と離婚して、幼稚園の娘・千都を男で一つで育ててい
る小料理屋の料理人・直樹は、忙しい日々を送っていた。
そんな直樹は、常連客でゲイの吉岡に頻繁に口説かれて
いる。しかし、次々新しい恋人を店に連れてくる吉岡の、
恋愛面でのルーズさが直樹には信じられず、ましてや男
同士なんて想像もつかない直樹は、気まずくならない程
度にお断りしていたが、吉岡の別れても相手と仲良くし
たり思いやったりできる部分に関しては、何故か気にか
かっていた。そんなある日、託児所から娘が熱を出した
と連絡をもらった直樹に、手を差し伸べてくれた吉岡。
今まで人に迷惑をかけないよう一人で頑張り、甘えるこ
とがなかった直樹は最初は困惑するものの、吉岡のフォ
ローは心地良いもので・・・

前コミックス『家賃半分の居場所です。』に収録の 『
それなりに真面目なんです。』で登場した、征人の元彼
(同じ会社の隣の席。浮気が酷くてフラれた)で得体の
知れない男だった吉岡と、行きつけの小料理屋の店員と
してちょびっと登場してた直樹の恋です。

チャラチャラしていて恋愛面ではルーズで、告白されて
も思いきり疑わしいと思っていた直樹だったけど、実は
結構マメで洞察力も鋭く、頼りになる男だったことから、
真面目に向き合ってみたら好きになっちゃった・・・という、
チャラいゲイリーマンとノンケの子持ちヤモメの2人が
じっくり時間をかけて近付いていく様子が2冊(全13話
+番外編)に亘って描かれているわけですが、このほの
ぼの感といい、じっくり相手を見極めている姿といい、
ノンケが堕ちる速度といい、どれにも無理が無くて、何
ともちょうど良いペースでしたね。

忙しい中で娘を大事にして頑張ってる姿や、そんなお父
さんを娘は直樹くんと呼び素直に育ってるという部分を
見ているうちに、吉岡の気持ちも本物になっていくという、
娘の使い方が話にメリハリを持たせていて良かったし、
全部通して面白かったです。しかし、娘を置いていった
くせに、簡単にまた引き取りたいと言い、新しい家族に
感けて娘を放置した母親には無性に腹が立ちましたが、
そんな母親に渇を入れた店長がこれまたステキだったの
で、スッキリしましたw
そんなわけで、2冊って長いよな〜と思ってたんですが、
全然飽きることなく、むしろこの中々進展してないよう
で、確実に心はじわじわ侵食されてるんだろうな・・・と
いう感じが面白く、ずっと新鮮でした。面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
にほんブログ村 BL漫画







そこに座るな/麻生海 【BBC】

 
〔2009/10/10〕

★★★☆☆

いつも同じソファに座って浪川の帰りを待つ同居人・
葉山。しかし葉山は実は恋人に突然何も言われず
捨てられていたのだった。気まずい浪川なのに葉山
は、平気な顔で笑い、ゴミの分別ごときでケンカして
・・・まるで蜜月な同棲生活!?健気で臆病で諦めが
ちな葉山に浪川は愛しさと嫉妬が湧き・・・?

仕事関係の知り合い・牧から薦められ、葉山の部屋
に、牧と入れ替わりでルームシェアすることになった
浪川。やがて、実は牧と葉山が恋人同士で、牧が黙
って出て行ったことを知る。毎日のように、帰宅する
浪川に向かって、窓から手を振る葉山。しかしそれは、
まだ諦めきれずにいる牧を待っていて・・・

バイの牧とは、女ができたらそっちに行くこともある
ということを最初から取り決めて付き合っていたゲイ
の葉山。だからこそ、鬱陶しく思われないように、牧
と暮らしているときは、自分を抑えていた葉山だった
けど、恋を意識していないノンケの浪川とは、厚かま
しく素で接することができる。
そのため浪川は、牧から聞いていた葉山の人物像と
は随分違うぞ・・・と思いながらも、時々見せる、未練
ある弱々しい部分に何だか放っておけなくなってしま
って・・・という感じ。


正直「牧さんは〜」って何度も言う葉山がウザい!w
可哀想だけど、後ろ向きすぎて、段々疲れてくる。
そして牧が酷い!優しくしてしまうと期待させてしまう
から・・・みたいなことで、フェードアウトを選んだわけ
ですが、中途半端なフリ方しやがって、そりゃまだ期
待するってーの。

描き下ろし『牧の言い分。』でフォローがされてはいる
んですが、自分的にはこの回見て、余計牧が嫌いに
なったんですが・・・ もうなんか、何の躊躇もなく女を
選ぶこと自体が納得いかないってのがあるんですが、
中途半端に二股で少しの愛情注ぐなら、全力で愛して
いたけど冷めましたって方が、まだ良心的だと思うん
ですけどね。結果的には浪川が救ってくれたけど、結
局人任せなんじゃん!っていう、許せないタイプのロク
デナシだったのが、すんごく嫌。 ・・・って、まぁ、元彼
を諦めきれない葉山を描きたいから、こういうキャラに
なってるんでしょうから、そこ否定されても・・・って感じ
でしょうがw

と、こんなしょーもない牧をいつまでも引きずっている
葉山にもイラっときちゃったわけですが、その分、微妙
な距離感を保ちつつ、ゆっくり懐に入っていく浪川の
誠実さは良かったかなと。逆に、葉山に感情移入でき
た人には、切なさなんかも感じたりできたのかもしれま
せんが、私は今回は、特にこれといったキュンシーン
はなかったですね。あと、実は結構エロい浪川ってのは
すごく好きなんですが、も〜っとねちっこくてもイイぞ!
って思っちゃったりして。


短編『ふれるちかさで』は、幼なじみの高校生同士。
一番近くにいながらも、互いにあと一歩が踏み込めな
いというもどかしさがキュンで、いい感じでした。

毎度のように地味な内容ながらも、表題作では特に、
攻の心理描写がしっかりしていたので、その点では
読み応えがあったかと思います。相変わらずナチュラ
ルな感じが、非常に魅力的な作家さんなので、次回も
期待してます!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








それは一瞬の光、ではなく/麻生海 【ASUKA】

 
〔2006/2/1〕

★★★☆☆

人慣れしない内気な大学生・小澤靖尚が唯一心を開ける
相手は、同級生の尾沢彰だった。二人はある飲み会をき
っかけに、酔った勢いで一線を越えてしまう。それ以来、
不器用だけど一途に彰への気持ちを募らせる靖尚だが、
彰はその気持ちに向き合うことのできない「過去」を抱えて
いた・・・。体を重ねる度に、孤独な二つの心にやがて灯って
いく光・・・。

内気な靖尚は大学での友人の誘いも断りがちだが、クラ
シックの趣味が合う彰にだけは懐いていた。ある日二人で
参加した飲み会の帰り、彰の部屋で二人は関係を持って
しまう。そのことで、彰への想いを自覚した靖尚だったが、
彰の気持ちは・・・

不器用ながらも一生懸命気持ちを表してくる靖尚と、過去
の出来事が原因で恋愛に向き合えずにいるけれど、靖尚
にだけは、したいことをさせてあげたいと思う気持ちが生ま
れてくる彰、という閉じがちな二人がゆっくりと近づいていく
感じが心地良い話でした。

原作は「studio may-be(高城響、鷹匠早紀)」ということ
です。 若干、彰の過去バナが無理矢理だな〜と思うんで
すけど、どうでしょう。ただの女の先輩で、お世話になってい
る教授の奥さん(結婚してるのは学生なので皆には内緒)と
一緒に演奏会に行く予定だったのを、実験で急遽キャンセル
しちゃって、結局一人で出かけた奥さんが事故にあって・・・
って、こんなんで責任感じちゃうもんなんでしょうか。あと中
途半端な教授との関係も、かなり微妙な感じがありまして。

まぁでも、麻生さんの、雰囲気のある絵は充分満喫できたし、
それぞれの性格が上手く表現されていて、微笑ましかったり
したので、いっかな〜ということで。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村



オンライン書店 boople.com(ブープル) 






負け犬のなんでも屋/麻生海 【ASUKA】


〔2005/4〕

★★☆☆☆

夢をあきらめたその先にも、人生はずっと続いてく・・・。
元料理人・敦、元高校球児・寅次郎、そして元人気作曲家
・中川の“人生の負け犬”三人組が始めた〈なんでも屋〉。
そこへ、かつて中川との因縁のあった、トンデモ系天才作
曲家・高橋がゴーインに関わってきて、穏やかな筈の負け
犬ライフは思わぬ方向へ・・・!?

菅野彰さん原作で、麻生さんのファーストコミックス。
正直、小説読んでないので、かなり意味不明・・・
人生に挫折した三人がだらだらとした毎日の中で、何かを
見つけていく、というような話だと思うんですけど、作曲
に関しての話が曖昧で、肝心のラブがもっと曖昧で・・・
たまにお茶目なシーンがあって、クスッと笑っちゃったり
することはあっても、言い回しがくどくて読み辛いし、結
局何の話なのかさっぱり。ということで、色んなことが
浅すぎて、良く解りませんでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








家賃半分の居場所です。 /麻生海 【花音Cita】


〔2009/3/28〕

★★★★☆

「下心」の意味を教えて

「俺のとこ来るか?」
その一言から始まったちょっぴりムッツリ(?)だけど頼り
になる神崎とかわいい白石くんの同居(棲?)生活。
いつも笑顔を絶やさない頑張り屋さんの大学生・白石くんは、
本当は一緒に暮らしている彼氏の浮気に悩んでいたのだ。
相談できるのはアルバイト仲間の神崎だけ。同居は、白石く
んを見かねてのお誘いだと思うけど・・・でも・・・・・・!?

コンビニでアルバイトをしている大学生の白石は、バイト仲間
の乙部のデリカシーのない発言にも、笑顔で応えてしまう気遣
い屋。だが同じくバイト仲間の神崎は、白石の相談に乗ってい
たため、彼の苦悩を知っていた。恋人の浮気に悩む白石を見か
ねて、同居を申し出た神崎。無表情だけど優しい神崎との生活
に、白石は勘違いしそうになるが・・・

あ〜何か、上手く説明できてない!と自分に腹立たしいくらい、
かなり気に入ってます。表題作3話は、同じコンビニでバイト
していて、白石が唯一悩みを打ち明けられる相手・神崎の家に
同居させてもらうことになるという、大学生同士の話。

ノンケ×ゲイならではの微妙な距離感に加え、明るく振舞いが
ちな白石と、無表情(でもいいヤツ)な神崎という性格差。そ
んな中で、実は神崎にも下心があるということで、微妙に計算
ありで接触していく感じ(寝てるときに抱きついたり!)にド
キドキ。

二人が少しずつジンワリと近い関係になり、やがて隠していた
神崎の独占欲が隠れなくなってくる盛り上がり方が、超ツボり
ました。全然地味な話なんだけど、とてもリアルで、所作がい
ちいちドキドキで、心理描写も上手く出来ていて、好きだな〜。
いいカップルだ。


『それなりに真面目なんです。』2話は、恋人の浮気に散々
泣かされ破局し、もう暫く恋愛は・・・と思っているリーマン
征人(ゆきと)だったが、姉の結婚相手の連れ子で19歳の
圭吾に言い寄られて・・・ という、年の差ラブ(今から)。
もっと続きを読みたかった。

『少しゆるめでも』付き合ってもうすぐ3年になる、圭と恵。
28になった4歳年上の圭は、現在失業中。しかし生活能力が
ないことより問題なのは、彼の浮気癖だった。圭の背中に自分
以外の誰かが付けた爪あとを見つけた恵は、5回目の浮気発覚
に、たまらず家を飛び出すが・・・

うん、これもなかなか面白い話運び。受のコも元々不特定との
関係があったのを、圭に言われて切ったようなとこがあるので
浮気してしまう圭の気持ちが全くわからないこともないんだけ
ど、やっぱり辛くて、でも本当に別れたいわけではなく。
攻の方もちょっとヘンな感覚で浮気を楽しんでるようなとこが
あり。結局ラストがバカップルなとこが、全部をプラスに変え
てる感じで、すごく良かった。


というわけで、今回、全部受のコが浮気されてますね(笑)
なんか、昨日から何回も読んでる割には、あんまり的確に
面白さを表現できてない自分の表現力のなさが残念ですが。
こういう日常設定で、客観的に見るとアホっぽいんだけど
本人達大真面目な滑稽さとか、ドキリとさせる仕草とか、
結構ポイントを押さえてあって、何度読んでも飽きないです。
実は原作付じゃない本は、これで2冊目という麻生さん。
はっきり言って、オリジナルの方が程よい力の抜け具合で、
全然イケてると思います!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







隣人はドアを叩く/麻生海 【ディアプラス】


〔2008/6/30〕

★★★★☆

サラリーマン・戸並くんのお隣りさんは、売り出し中の
新人若手芸人の功平さん。のんびりご近所付き合いをし
ていたある日、会社で突然ハードな部署への異動が言い
渡された!
そんな時、思い浮かんだ功平さんの顔に胸がうずうずし
て・・・!!?

前回のこの作家コラボ作『カッコ悪くてカッコイイ君』
はイマイチだという感想だったのですが、今回はかなり
良かったのではないでしょうか。

たまたまお隣さんになった、平凡なサラリーマンと芸人
という世界の全く違う二人が、仕事面で悩みながらも
その存在に励まされ、成長していく&ラブ。という感じ
なんですが、まぁ、関西弁というのがかなりポイント高
いかな。「せやから 抱かしてほしい」ですってよぉー。

あと、同じスピードじゃなくて、功平の方が初めて逢っ
たときくらいから戸並に惚れていて、そこを我慢してい
た上での友達づきあいだったという点が、後のラブラブ
を更に盛り上げてくれたかと思います。

やっぱラブだよね〜。功平が戸並を抱きしめるたびに、
愛しさ伝わってきて、キュンでございました。





スクエアな関係/麻生海 【ASUKA】


〔2007/10/1〕

★★★☆☆

勤労大学生・西田勇人は、元ホストの恋人・小早川龍司と
ラブラブ同居中。幸せではあるものの、最近Hが過激にな
っている気がして西田はちょっぴり不安気味。
そんなある日、とあるパーティをきっかけに西田は小早川
の愛を疑いはじめ・・・?

んーと、BLゲームの後日談みたいなもののようで、ゲーム
を知らないものとしては、やっぱ4人が同居していたとこ
からを読みたかったかな、と。ちょっと検索したら、どな
たかが、「総当りの総リバ」と書かれていたので余計ね。

ま、話自体は、普通に面白かったです。でもいきさつ
を知らないと、確実に半減、いや2割くらいしか楽しめて
ないのでは、と思います。ちょっと不親切。





カッコ悪くてカッコイイ君/麻生海 【ディアプラス】


〔2005/5/30〕

★★★☆☆

「近ごろ崇が俺んこと避けよる・・・」幸久は、大好きで大切
な幼なじみの崇に、急に距離を置かれてとまどっていた。
理由も教えてくれない、そばにも寄らない。
崇との間にできた、たった1メートルの壁に、幸久はズキン
としたり、イラッとしたりするが・・・!?

なんじゃー!この崇の気にしぃな性格、ホントむかつきます。
一人でうじうじなのがどうにも受け付けない。普通はこういう
グルグルキャラの場合は、一人でこんがらがってて、そんな
トコも可愛いやんと思えるんだけど、彼は無表情すぎて
キュートさがない。しかも攻だよぉ。大概大らかな気持ちで
読んでるので、ここまで苦手な男子に出合うことはあまりな
いのにな。

しかし、すれ違いや誤解に振り回されながら深まっていく
二人のラブ具合はBLって感じで楽しかったので、まぁいいや。





保健室まで何m?/麻生海 【BBC】


〔2008/2/1(旧:2006/3/10)〕

★★★☆☆

高校時代、ただ淫らな関係。無言のまま。
八年後、教師になった竹林の高校に、その相手 小野が
保健医としてやってきた。オヤジくさい甘い口説き文句
で飄々とからかう小野。溜め息の竹林。
怒って、ケンカして、呆れた後は・・・ナゼかヤツの
腕の中?


当時はただ体の関係だった二人。再会した小野は、昔と
違ってよく笑うやつになっていた。
卒業と同時に終わった2人の関係。小野は竹林を解放して
やるつもりで手放したが、竹林は捨てられたと思っていた。
小野のことを忘れたことはなかったけれど、二度と会いた
くないと思っていた竹林は、積極的に口説いてくる小野に
戸惑いながらも・・・

結局本当は当時から2人とも恋だったんだねぇ。
8年間、誰とも付き合ってなかった竹林ちゃん萌え。
「こんな事したがるのは お前くらいなんだよ・・・」


『ぼくとおにぎりとチョコレート』
子供の頃、ボロアパートの隣同士に住んでいた、亮丙と尚之。
奔放な母親にほったかされ、食べることもままならない
尚之を、亮丙はおにぎりを作ってやったりして面倒を見ていた。
中1のとき、母親の再婚で尚之が引っ越して以来、5年ぶりに
偶然街中で再会した2人は、再び親しくなっていく。

だけどある日、ホモ雑誌に尚之そっくりの男の子が載ってい
たことから、尚之が同性愛者ではないかという思いが湧いて
くる。しかし、そんな尚之に対する自分の感情も恋ではない
かと思い始めて・・・

可愛い、可愛い〜。やさしい話。


『そのままが。』
ノンケの辻は女の子にふられる度、親友相沢の元を訪れる。
そんな辻を高校時代から密かに想っていた相沢は、卒業と
同時に諦めるつもりだったが、社会人になった今も気持ちが
変わることはなかった。想いは一生隠し通すつもりだった
のに、慰めているうちに思わず辻にキスをしてしまって・・・

メガネいいよぉ。続きが見たい。


『Peach Sweet Home』
2人の関係を家族にカミングアウトという話。穏やかで雰囲気が
いい。

表題作は受が相当ツンなので、そこはあんま好きじゃないん
だけど、攻がアホっぽいのは好き。あとはどれも愛があって、
温かい感じ。若干普通すぎる感じもあるけど、空気感がいい
ので、普通に良い、というとこでしょうか。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール