selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





バーボンとハニートースト(1巻)/石原理 【ディアプラス】

〔2014/9/30〕

★★★☆☆

気っぷと腕っぷしのいい竜王(りゅうおう)は、 元ヤクザ
の探偵事務所所長。今はカタギで、弟分たちとともに地道
に探偵業を営んでいる。一方、現場で度々はち合わせする
空河(くうが)は、クールで、キケンな匂いのする男。実は
竜王と空河は昔・・・・・・!?厄介な相手。だけど熱くて、忘れ
がたい・・・・・・。元ヤクザの竜王と、ワケアリ空河の探偵物語!!

ヤクザから探偵になった竜王は、依頼先でことごとく、同業
者でライバルの空河と鉢合わせ、結局一緒に仕事をするハメ
に。実はこの二人、6年前に色々あって・・・。

というわけで、本来はライバルなんだけど、結局解決してい
くためにはバディ状態になっちゃうしかない二人が、ドタバ
タと頑張りつつ、ちょびっと恋心も見え隠れ?というような話。

テンポが良くて楽しかったです。時々キャラが見分けられな
かったり、何をやってるのか把握できなかったりしたんです
が、何かもう、そういうのもノリでイケてしまうという。
ホームレスの話は上手い具合におっさん達に哀愁がある感じ
で、ちょっとグッときてしまいました。

過去の話はまだ深くは語られてなくて、現在の二人も関係
を持っているわけではなく、ほぼ事件をメインに進んでいく
感じなので、甘さやBL感という点では少し薄味ですが、二
人の色気には満足だし、事件の話も面白く楽しめました。
あと、竜王の弟・くるみちゃんで結構笑ったw

バーボンとハニートーストは最初に出たきりで本編とは全
く関係ないですがw、内容にももっと今後は、糖分も増えて
いってくれると嬉しいなと思います。しかしまぁ、石原さん
だし、この本も2011年からの掲載がやっとまとまった感じ
だし、次がいつ出るのかなというw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







チープ・フィルムス/石原理 【ディアプラス】


〔2012/10/30〕

★★★☆☆

カジノオーナーの鷹尾は、ヤクザの大物組長から目の見え
ない息子・椿のことを頼まれる。そして、組長突然の死。
義母に疎まれている椿を守るため、敢えて彼を誘拐する鷹
尾だが・・・・・・!?

あらすじの話が『LOVE or LOST(前後編)』『LOVE or
LOST〜チープ・フィルムス〜』の計3話。
ヤクザの組長から、自分が死んだ後の息子・椿のことを頼
まれたカジノオーナーの鷹尾が、最初は面倒に思っていた
ものの、椿と世話役・成正の想いを知り、相棒で元刑事の
狂犬・恭吾と共に・・・という、ヤクザのゴタゴタに立ち向か
う男たちの、何か色々と血生臭いハードな話でした。

ということで、決して得意な設定ではないので感想が難し
いところなんですが・・・漫画として面白かったです。
一応描き下ろしで若干色っぽい場面はあるものの、全体的
に雄くさい、男の世界!という感じの話なんですが、何か
微妙に色気が漂っていて、この雰囲気には惹かれるものが
ありますよね。椿と成正の話や、恭吾の家族の話、鷹尾と
恭吾の関係など、もっと展開していたら更に楽しめたよう
な気がします。

『恋いしいひと』は、大きな商談の相手の元に歩いて向か
っていたが雪で街中で遭難してしまった社長・羽木が、美
大生だった3年前まで親友だった小田切と再会して・・・と
いう話。雰囲気マンガな感じではっきりしないんですが、
このムードも石原さんらしくて楽しめてしまうという。

『バレちゃいますよ!』は、憧れの俳優・哲也のマネージ
ャーになれて喜ぶ倖田だったけど、実は哲也は同じ事務所
の人気俳優・圭と付き合っていて、周りにバレないように
サポートすることに・・・というような、やんちゃな二人の
イケメンに苦労するマネージャーの話でした。本人は恋愛
に絡んでないという珍しいタイプの話で、また尻切れっぽ
い感じなんですが、何か味があって面白かったです。

『よるのくに』 は、ミステリー作家の先輩・不二宮と、
自分が幼稚園児の時に行方不明になってしまった小4の兄
の謎を解くために、記憶にある街を訪れた かずとよは・・・
という、ミステリーチックな話。恋愛の話じゃないよな〜
と思ったら「Wings」に掲載の話でした。

全体的に、あまりBLの風味がせず、でも何か、普通じゃな
くて面白い漫画なんですよね。石原さんの世界を楽しむと
いう意味では満足。ラブとしては少し物足りなさがありました。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







LOVE的/石原理 【Daria】


〔2012/9/21〕

★★★☆☆

高校生の悦也は、転校生で悪友のイケメン・英士に突然告白
されてしまう。以来、所構わずセクハラまがいに口説いてく
る英士を、拳で黙らせてきた悦也だが、ある時、ふたりで罰
掃除をしている時に耳を舐められ「一度だけ」とキスをねだ
られて!?いつもは余裕たっぷりの英士の、声が震えている
ことに気付き、なぜか気持ちが乱されて・・・。友情と恋愛の
境目とは・・・?

今まで読んだ石原作品の中では、一番陽気でしょうか。
男子達がキャッキャとしている姿が可愛くて、でもちょっと
何かこう、青春してるのがこっ恥ずかしくもあり、とっても
楽しかったです。

表題作は全5話。何かと気の合う親友・英士の悪ふざけ交じ
りな告白を、拒否しながらも意識しちゃう悦也・・・という、
この気持ちが恋だとは確信はできないけれど、英士のことを
好きなことは確かなんだよな・・・と一緒に過ごすうちにジワ
ジワと気持ちを自覚していくという話。

テーマ的には、親友から恋人にという、ベーシックなもの
なので特に目新しさはないですが、何か仲間内での盛り上が
りや、二人で遊ぶ場面など、ワーッとしてたり、ナチュラル
にじゃれあっている男子高校生ならではの距離感が楽しめて
楽しかったですね。可愛い二人でした。

『LAUGH MAKER』(全3話)は、その英士達の仲間の一人
で、無表情すぎる男・コーキチが、漫才師を目指している陽
気なダブりの転校生・凜に出会い、いつも部活で理不尽なし
ごきを受け泣いている大野先輩を笑わせてあげるために凜の
指導を受けることにするけれど・・・という話。

凜の空回り具合が読んでてかなり恥ずかしいんですがw、で
も何か、健気で好きなキャラでした。素直に、幸せになって
欲しいコだな〜と。
しかし表題作の方でも出てましたが、コーキチはてっきり大
野先輩をそういう意味で好きなのかと思っていたので、どう
なるんだこれ?とハラハラしながら読んでましたが、上手い
ことスイッチしてくれたので、さすがだなと。こうなると、
大野先輩と本田の話も読んでみたいですよね〜。
けど、先輩は空手部のはずだったのが、いつのまにか柔道部
になっちゃってたのは、単なるミス?w
表題作とはまた違う、友情と愛情の間みたいなのが楽しめる、
爽やかな話でした。

そういうわけで、1冊丸ごと青春!という感じで楽しかった
です。こういう石原作品、また読んでみたいですね。
ところでもう内容忘れちゃったんですが、『ひまわり』って
いう作品が結構ドタバタしてて面白かった記憶があるんです
が、あれの続きは出ないのかな〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







逆視眼(2巻)/石原理 【Daria】


〔2010/8/21〕

★★★☆☆

心理分析官の御樒(おしきみ)は、刑事の青山ととも
に誘拐殺人事件の容疑者を標的とした連続殺人犯・通
称『グリム』の捜査をするうちに自身の秘密・・・過去の
出来事を見る『逆視』の能力を青山に打ち明ける。疑
うことなく秘密を受け入れた青山と絆を深めつつも、
大胆な彼の行動に戸惑う御樒・・・・・・。そんな中、『グ
リム』事件が急展開をみせて・・・。

うん、面白かった。
正直、1回読んだ時点では、1巻の内容を良く覚えて
いなかったこともあってあんまり面白くないな〜と思
っていて、それでも一応最後まで読んでみて、その後、
自分の感想を読み返してみてから2回目を読むと、サ
ラサラ〜っと謎が解けていき、非常にスッキリしまし
た。たま〜に役に立つ、自分の感想w

しかし、ラブはかなり薄いw でも事件の話としては、
すごく勢いがあって面白かったですので、それはそれ
で良いのかな。
でも、来宮が何故そんなに御樒のことを欲しがったの
か、その後、来宮と須賀兄がどうなったのかなど、ま
だ解らないことが結構あるので、続きが出てくれると
いいんですけどね〜。

自分がアホなせいもあって、犯罪被害者の親達がなん
でわざわざ集められ、マインドコントロールされる必
要があったのかとか、何か良くわからないんですが、
まぁそんなことを置いておいても、普通に楽しめたの
で問題無いですが。もっと続いて、それを全部通して
読んだら面白いでしょうね。岸谷と黒井の過去話なん
かも気になるんですよね〜。

そういうわけで、もうちょっと自分の頭が賢かったら
もっと面白く思えたかもな〜。残念自分〜wって感じ
ですので、ちゃんとした感想は、他所でご覧いただけ
ればと思いますw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







あふれそうなプール/石原理 【Hug文庫】

  
〔2007/5〕

★★★☆☆

俺の体の奥にプールがある。それは今にもあふれそうな
ほど波立っている。自分を取り戻したい入谷の前に現わ
れた木津のおかげで、入谷のプールはあふれる寸前に。
反発しながら惹かれあう二人・・・。絡み合う人間関係・・・。
 
ビブロスから'98〜'01年に全6巻で発売されたものの新
装文庫版です。実はかなり前に読んでいて、すごくイイ!
と思ったものの感想が非常に難しく、そろそろ書くかと
今回久々に読んでみたんですが、やっぱ面白い!けどま
とめるの難しい〜w 

基本的な話としては、高校生の入谷と木津いう二人が、
無意識に惹かれ合っていく中で、入谷が女のような立場
になっていくことに戸惑を見せたり、入谷と友人・良太
の親友としての関係とか、まぁ色々と青春群像的な展開
だったり恋の話だったりで、男同士の決して甘いばかり
じゃない、微妙なしょっぱさが上手く表現されているん
ですね。強烈に惹かれあう二人にも、入谷を諦められな
い良太にも、度々キュンとさせられるものがあるのです。

上手く感想書けなくて自分が残念ですがw しかも3冊読
んで、たったこれだけってw
まぁとにかく面白いんですよ。息吹を感じるっていう。
若さが眩しい・・・っていう。でも描き下ろされてる大人に
なった二人を見ると、大人バージョンも読んでみたくなり
ますね〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







DUMPS 完全版/石原理 【メロメロ】


〔2007/9〕

★☆☆☆☆

遠くない未来。 不法投棄ロボットの回収業〈ダンプス〉
を営む蝉尾勝士は賞金がかかったエターナル社の試作品
(プロトタイプ)・炎を捕獲する。 自分が人間かロボッ
トかわからないとつぶやく炎に惹かれた勝士は、炎をか
くまうが・・・・・・。

'94年にビブロスから出たものと、'93年の『マサツグ君
の生理的事情』に収録の『GEOFRONT BASEBALL GA
ME』、単行本未収録の同人誌作品『イージーカッター』
シリーズ2話を加えた完全版です。

ごめんなさい。かなり初めの方で断念しました。どうも
こういうSFチックな話に脳みそがついていけないようで。
せめて色っぽい話でもあれば、そこだけでも読んでみる
んですがw BLというより、少年漫画って感じで、自分の
好みではないです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








セルナンバー8/石原理 【ZERO】

 
〔2007/4/10〕

★★☆☆☆

海上プリズンアルカトラズJr.から脱走したナギとコージ。
凶暴児のナギと知能犯のコージはまるで水と油。全く気が
合わない状態で、互いの感情を共有しあう脱走防止用
“神経錠”で繋がれたまま逃走開始。彼らは、最高の人工
知能「最」を作る為の実験材料だったのだ・・・!そんな極限
状態に置かれた二人に、いつしか本当の絆が芽生え始め
・・・!? 活性細胞「セル8」を中心に、二人の生死をかけた
時間が動き始める・・・!!

2000年にビブロスから1巻だけ出てストップしていたもの
を7年越しで1冊に仕上げたコンプリート版になります。
脳死の状態で、 最高の人工知能「最」を作る為に再生され
たナギと、神経錠で繋がれたまま一緒に脱走したコージ。
反発しあう二人だったが、やがて神経の同化とともに、心に
も変化が始まる。しかしこの逃走劇は、人工知能の能力を
高めるための、組織の罠で・・・ 
みたいな少年漫画のような話です。

ので、満足度としてはこんな感じですが、ナギがコージの
ために動く姿には、結構ウルウルしてしまったりして。そう
いう心理的な面では好きだったんですが、この手の近未来
な話って設定が難しいので、やっぱり結構な部分で読み取
れていなかったりと、なかなか馴染めなくてですね・・・
多分、少年漫画を読みなれている人とかには、面白いので
はないでしょうか。そんな感じです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








わたしの隠れ家へどうぞ/石原理 【BBC】

 
〔2004/2/10〕

★★☆☆☆

高級クラブが立ち並ぶ銀座の片隅にその店は軒を連ね
ている・・・。人生も中盤に差し掛かった男達が隠れ家の
ような店を舞台に繰り広げる人間ドラマ。そこには傲慢な
作家やサラリーマン達が大人の愛を奏でて!?

表題作はひっそり佇むバーでの人間模様を4話のオム
ニバス形式で描いてあって、どれもいい話でした。
あと最後に収録の、仲が悪いようで実は似たもの同士な
友禅職人同士の話『あうん』も結構好き。

が、『ワールド・マーケット』は何の話なのか良く判らず、
『其は怜々の雪に舞い』は全く意味が判らず・・・
多分私が読解力および文学的脳を持ち合わせていない
所為だと思われます。残念ながら。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村



 MoMAstore






逆視眼(1巻)/石原理 【Daria】

 
〔2009/5/22〕

★★★★☆

仕掛けられたトラップ・・・
究極のゲームが動き出す!

所轄から本庁出向を命じられた刑事の青山は、その日、橋の
手摺に立つ美しい男に遭遇する。目の前で川に落ちた男を救
助した青山だったが、じつは彼は青山とともに重要指定事件
の捜査に関わることになる新人の心理分析官、御樒(おしきみ)
だった・・・!? しかも御樒には、ある秘密があるようで・・・。

面白い!今のとこ、BLというより、サスペンス映画みたいな感じ
ですね。まだ謎を含んでどんどん話が膨れあがっている状況な
ので、恋の行方よりも謎解きがメチャメチャ気になる。早く続きが
読みたいです。

警視庁への出向が決まった青山は、所轄の南町署でのんびり
やってたかった、という結構適当なタイプ。だけど実はキレ者。
御樒優は、前分析官(祖母)の孫で、子供の頃両親を事故で亡く
している。(船か飛行機事故?) 実は逆視という特殊能力を持っ
ていて、相手が過去に見た映像を見ることができる。そしてそれ
は、心拍数が上がったトランス状態のときに行うことができるの
だが、心拍数が上がり過ぎると優を守るために、もうひとつの人
格、「八咫烏(やたがらす)」が現れる。

というわけで、普段の優の時はおとなしめで人当たりも良いが
(青山に惹かれてるっぽい)、もう一人の人格「八咫烏」は、プ
ライドが高く性格も悪い(恐らく随分古い時代の人) ので、一人
で、健気+ツンデレ状態みたいな。表情も全然違うので、その
豹変ぶりが楽しいです。

この二人のキャラだけでも面白いですが、そこに青山の南町署
時代の同僚(尻拭い係)秋田、警視庁の新任課長・猿渡(能力に
ついての知っているっぽい)、総務の須賀くん(素直で可愛い)、
須賀の兄・蜜彦(先輩に従順)、蜜彦の先輩・来宮(一番怪しい)
などなど、かなり強烈な個性の面々が揃っています。

事件は、連続幼女誘拐殺人事件の容疑者3名が、次々と殺害
されたという、指定事件129号。その容疑者とされる「グリム」を
追うという内容。今のとこ、身代わりとして芸能人の男が出頭し
てきて、それが真犯人じゃないというとこまではわかっているけ
れど、じゃあ何故に彼は「グリム」に忠誠を誓っているのか、とか
そういう部分まで全然謎なので、とにかく続きをー!


しかし石原さん、これと 『テッペンカケタカ』『ひまわり』 と、
全部1巻出ただけの同時進行なんですが大丈夫なんでしょうか?
楽しみにしてますよー。



↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。






ひまわり(1巻)/石原理 【Hug】


〔2009/3〕

★★★★☆

熱いハートがガチにぶつかりあう!
この本気、マジにヤバイっす!

トラック野郎の翔は流しハンターの異名を持つラーメン通。
力也はそんな翔に連れて行かれたラーメン屋の店主が、伝説
のトラック野郎「竜巻の一輝」であることを知り、期待を膨
らませずにはいられなかった。
どんぶりの中でスープと麺が醸しだす絶妙なバランス、食欲
をそそる香り・・・そんな想像がすきっ腹を刺激するなか、期待
を見事に裏切る一杯が・・・・・・。
なんだか珍妙で不思議な味のラーメン??
一輝は、心底、心を許したマリエの亡きあと、マリエがささげ
たこの店を守ろうと必死にラーメンと格闘していた。そんな一
輝の心情に惚れ、熱い視線で見守る翔。
ところがマリエの兄である実篤の妨害で、この店が立ち退きの
危機にさらされていた。マリエの死後、一輝と実篤の間に複雑
な思いによる心のわだかまりが存在していた・・・・・・。

いやいやいや〜。そう来ましたか〜(笑)なんか、激しくBLか
ら遠退いているような、トラック野郎とラーメン屋再生計画と
いう暑苦しい世界ですけど、思っていた以上にコメディタッチ
になっていて、かなり楽しく読めました。しかも、最初の時点
では翔×一輝という単純な組合せを想像していましたが、違う
方向に行っているし、でもまだ判らない感じで・・・ 
誰が主役とも取れないような、それぞれがいい味を出していて、
キャラが生き生きしてて、非常に気持ちが良いです。

マリエの謎の解かれ具合が絶妙だわ(かんっぺきに女だと思っ
てましたよ!)、子供らしい子供の登場で場が和むわで、全然
ラブはないんだけど、もっと違う形の愛情がいっぱい見れて、
そういうのが堪能できたのは満足。
わいわいとした雰囲気なだけに、ここにマリエが存在してない
ということが、ふと物悲しくなったりして。(4歳のマリィ泣ける〜)

すごく面白い位置で動いている力也の身元も知れちゃったし、
これからどのように展開していくのか、色々と楽しみなところ
です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール