selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





刑事にも都合がある/岡田冴世 【GUSH】


〔2012/11/9〕

★★☆☆☆

「ホレた方が負けだと思わないか?」江南署の刑事・須賀は
憂いていた。警視庁捜査一課から転属してきた米倉に言い寄
られた挙句、相棒として捜査することを命じられたのだ。そ
の上、昔惚れていた男も監察官で、不正にかかわった米倉を
監視しろと秘密裏に頼まれてしまう。つれなくしても米倉は
諦めないしキスしてくるし・・・・・・。お前たち、捜査の邪魔だ!

1冊丸ごとこの話。なんですが、すごくあっさりさっさと進
んでしまうので、1冊読んだという満足感は無かったです。
疑問だった部分もそのままで、各人の人となりも真意も良く
判らなかったし、かなりもやもやしてしまっています。

序盤どうして須賀は、米倉と組むのを嫌がっていたのか。元
々何か関係を持ったりしている知り合いなのかなと思ったら
そういうわけではなく、多分いきなり口説いてきた無粋な奴
だったからだと思うのですが、まずそこの説明が特に無いん
ですよね。じゃあ何故いきなり米倉は口説いたのかというと、
単に一目惚れということなんでしょうが、それについても説
明は無く、ただの空気読めない男状態。そして結局米倉は何
故左遷されたのか、そもそも本当に不正をしていたのかとい
うことも判らず・・・ん〜謎だらけ。

監察官の仁科も、もっと意味のあるキャラなのかと思ったら、
「相手を好きな気持ちを利用された」という、須賀が強盗犯
の男と同類だということを言うだけのキャラだったみたいで、
何か特に魅力もなければ、最後まで掴みどころもないままで。

最後は結局上手くいっちゃった二人でしたが、正直、事件の
話ばかりが多く、そこまで気持ちが育つのが見られるエピソ
ードは無かったので(強いて言えば、須賀を庇って米倉が怪
我をしたくらいでしょうか)ただ何かHさせて終わらせたと
いう無理矢理感が。

う〜ん。辛口で申し訳ないです。
いつもの岡田さんは、淡々としていて地味だけど、ちゃんと
まとまった話という印象だったんですが、今回はキャラや話
の進行に含みを持たせた分を、どうも上手く回収しきれてい
ないというか伝えきれてないという感じがしてしまい、自分
的にはかなり不満が残ってしまう内容でした。続きを描くこ
と前提だったとしても、どの設定も引っ張るほどのことでは
無いと思うので、この本の中で納得させて欲しかったです。
キャピキャピとしていない「男同士」を描かれるので楽しみ
にしている作家さんなんですが、今回は残念ながらハマりま
せんでした。次に期待したいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







不本意!−極−/岡田冴世 【GUSH】


〔2011/11/10〕

★★★☆☆

男ってヤツは意地を張る。・・・いくつになっても。
社内一のモテ男だった俺が、いまや年下男に抱かれてる。
しかし城之内を色っぽいと思ったのが運のツキ。抱きたい
気持ちがむくりと湧きあがり・・・我慢するより、逆転目指
すのが男ってモンだろ。だからって、よもや教会でプロポ
ーズ?アラフォーのこの俺が・・・!

男と男のプライドを賭けた(笑)このシリーズも3冊目の
最終巻ということで、『我慢!』と『逆転!(2話)』の
計3本が収録されています。過去2冊を読んでいなくても
恐らく問題無く読めるとは思いますが、1冊目のまさに不
本意!なオッサンを見ておいた方が楽しめるでしょうね。
というか、今回も普通に面白く読めましたが、受が往生際
悪くジタバタしている割には、もう完全にポジションが固
定されている印象があるので、どこかちょっと危な気無さ
過ぎて物足りなかった分、今までの方が面白かったかなと。
でも悪あがきすればするほど可愛くなっていくオジサンが
面白い、結構好きなシリーズでした。また機会があったら
続きを見せて欲しいですねv

『ツンデレ王子の恋煩い』は、祖母の喫茶店で修行中の見
た目はイケメンなのに愛想の無い健太郎が、1コ下の幼馴
染・智のことが本当は好きなんだけど、理性が邪魔して思
い留まっていたら、他の男に奪われそうになり・・・という話。
個人的にはあんまデレを感じなかったんですが、まぁベタ
な幼馴染モノとして普通に面白かったです。

『教授の危険なスイッチ』は、祖父江教授の元で助手をし
ている妹尾。教授のことが好きで告白し、恐らく両想いの
はずなのに未だにハッキリと返事をしてくれない先生に悶
々とする妹尾だったけど・・・。
普段は鈍臭くてウドの大木呼ばわりの爺さん教授が、イザ
となったらイケててあっちもすごくて・・・wというギャップ
が笑える話でした。二周り違うということだから恐らく48
〜50歳くらいなんですが、結構な爺さんに見えますよねw

特にこれといった萌えとかがある感じでは無かったですが、
全部無難に面白かったので特に不満はないです。シンプル
な江面で一見イケてる人達っぽいのに、何か微妙に間抜け
なところがじんわり人間くさくて面白いです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







不本意!−乱−/岡田冴世 【GUSH】


〔2010/10/9〕

★★★☆☆

人生何が起こるか解らない。年下の男・城之内に抱かれ
ちまうだなんて!一生の不覚かつ想定外の出来事だった
が、こんな関係も悪くないと思っている。しかしその平
穏は長くは続かなかった。城之内の兄と仕事で関わるこ
とになり、判明した城之内の極度のブラコン。苛々する
のは・・・まさか嫉妬?  アラフォーのこの俺が・・・!

35年間、順風満帆にタチとしての生活を送ってきた氷川
が、部下で8歳年下の城之内にうっかり抱かれ、不本意
ながら受になっちゃったというシリーズ2冊目。

今回は、1巻ラストで登場した、城之内の兄で日本画家
の貴央が、二人の仲を乱すという『不穏!』が2話、氷
川の大学時代の友人・鳥羽が出てきて城之内が気が気で
ないという『動揺!』が3話収録されてます。

相変わらず、オッサンの強がりが可愛いな〜vって感じ
は楽しかったんですが、何となく城之内をはじめ、回り
が全部ウザい?w 邪魔の内容がありがちなので、喧嘩
の内容もありがち。邪魔されたことで二人が愛を確認し
あう・・・という同じようなパターンの2つの話だという
こともあり、何かいまいち盛り上がりに欠けていたよう
に思います。あと、タメが足りないっていうんでしょう
か。あっさりしているのも味なのかもしれないですが、
もうちょっとねちっこさがあると、もっと面白そうです
けどね〜。

氷川の性格も崩れないし、色々と現実にもありそうでリ
アルに感じられる部分はある意味面白いと思いますが、
できればこういう他人が出張ってるエピソードじゃなく
て、タチがネコになるとは・・・遊び人だった俺が・・・とい
う部分を引っ張って、オッサンの可愛らしさを重点的に
見せて欲しかったな〜と思いました。

と、前の巻が面白かっただけにダメ出し気味になってし
まいましたが、普通に面白かったんですよ!
こういう華やかさがあまりないBLも大好きですので、是
非ともこのラインは崩さずに行って欲しいです。
エピソード次第でもっと面白くなるよね。絶対。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







秘書課のダーリン/岡田冴世 【ASUKA】


〔2010/7/1〕


★★★☆☆

角丸物産秘書課に入社した御子柴は気弱な性格のせいで、
接待相手にいやらしいことをされてばかり。見かねた上司
の新宮がセクハラ防衛レッスンをしてくれることになった
のだが、モテリーマンと名高い新宮に体のあちこちを触ら
れるうちに、かわすどころか、変な声が出ちゃって・・・!?
表題作他、有能上司×ワンコ部下の格差カップルや、同期
同士ライバルカップル等、社内恋愛男子満・載!

『秘書課のダーリン』があらすじの話。入社1年の御子柴
が、接待相手のセクハラを上手くかわせないことを見かね
た上司・新宮が、レッスンをしてくれることに。そんな時
間を重ねるうちに、二人が惹かれあって・・・・という、かな
りベタな展開の話でした。
特に得意先社長に連れ込まれたところを新宮が乱入して阻
止。気持ちを確認しあったら、速攻ホテル・・・っていう、短
編だからしょうがないとは思いますが、いささかお約束過
ぎて、少々笑ってしまいました。 まぁでも、熱く求め合う
の図は嫌いじゃないので、そこそこ満足はしております。


『秘書課のダンディ』は新宮達の上司・有賀課長と、部下
の南里。課長に気があってアピールするものの、課長は
恋愛はしないと。しかし二人きりで行った出張で、裸の南
里を目の当たりした課長は、思わず南里にキスしてしまい・・・
課長が少々わかり難いキャラで、しかも元カノなんか出て
くるので、どうやらドノンケだと思われますが、そんな彼
が男の南里を・・・という、折角のオイシイ部分がいまいち
生かされてなかったかと思います。これまた最後はH・・・
なベタ展開ですが、まぁ初めて取り乱した課長が見れたの
で、それなりに満足ですね。短編だし。


『あいつは同期!』 『あいつは同期!〜欲情編〜』は、
飲料メーカーに入社して5年の営業部・朝比奈と、商品研
究室・桜井という同期の二人。桜井をライバル視していた
朝比奈だったけど、新製品のプロジェクトで一緒になって
しまい、負けず嫌いな朝比奈は苛々。そんな時、アパート
が水びだしになってしまったことから、思いがけず桜井の
部屋にお世話になることになって・・・
桜井を勝手にライバル視していた朝比奈に、実は密かに好
意を寄せていた桜井。しかし朝比奈も桜井が気になりはじ
め、心乱されてしまい、仕事が手につかない・・・っていう、
ツンデレな話でした。おっとと、ここまで全部「最後はH」
な展開なのが、少々いただけないかな〜と。
『欲情編』は付き合いだして、ほぼ同棲状態になったもの
の、今度は桜井に欲情してばかりで、朝比奈大変・・・という
話。朝比奈ってすごくめんどくさそうなのに、それを中々
豪快というか、無神経気味に引っ張っていく桜井が面白か
ったです。


『恋人はボディガード』 は、製薬会社の若き支社長・尚希
の元に、幼馴染で過去に身体の関係もある朱雀がボディガー
ドとしてやってきてしまったけど、朱雀に振られたと思って
いる尚希は・・・ と誤解が解けてめでたしな話。普通に面白
かったですが、これもラストにHなんですね。

まぁどれも解りやすくて面白かったですが、派手さは無いの
で、印象が薄いかなぁ。「いい大人が恋をしちゃってぐるぐ
るしてるのが好き」とおっしゃるだけあって、そういう持ち
味はしっかり味わえると思います。誤解が解けてHで〆パタ
ーンばかりだったのは、やや残念。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







不本意!/岡田冴世 【GUSH】

 
〔2009/10/10〕

★★★☆☆

会社員、氷川千博。自分でいうのもなんだが、モテない
ほうじゃない。更に言うと可愛けりゃ男もイケる。もちろん
それはこっちが抱く場合の話だ。しかし俺の喰いまくり人
生は、広告制作のクライアント・城之内に出会って狂わ
せられた。何たる不覚。年下の城之内に抱かれることに
なるなんて。アラフォーのこの俺が・・・!  

独身アラフォーの氷川(35)は、そこそこモテるし、可愛
ければ男も悪くないという、フットワーク軽めのタチ専門
オヤジ。ところが1ヶ月前、ついいつものクセで、取引先
のイケメン・城之内(27)に愛想を振りまいてしまったこと
から、「抱きたい」と好意を持たれてしまう。好みじゃないし、
自分はタチなんだからと、冷たく突き放す氷川だったが、
可愛い!と狙っていた城之内の後輩・池田に、まさかの
クスリを盛られ、逆に押し倒されるハメになったところを
城之内に助けられてしまい、おまけに二人きりで閉じ込
められてしまった室内で、キスをしてしまったことから火
が点いてしまい、氷川はとうとう抱かれる側に・・・

というわけで、必死に攻であることを主張しながらも、強
引な城之内に絆され、ポリシーが取っ払われ、でも少しの
プライドは残しつつ、でも結局徐々に陥落していかざるを
得ない、という恋に落ちちゃったオヤジが楽しい話でした。

35年間、タチとして順風満帆w に生きてきたオヤジが受
に転向した瞬間を物語るにふさわしい、「痛いけど なんか
いい・・・  不本意・・・」が的を得すぎていて、やたらとニマ
ニマが止まらないんですけど〜。別にオヤジスキーな訳
でもないんですが、何かこの、受にはなってやったが、俺
はデキる男なんだぞ〜と、一生懸命威厳を保とうとする姿
が微笑ましくて、可愛いオヤジでした。

攻の城之内はそんなに熱くはないけれど、でも耽々と獲物
を狙う感じの、策士で肉食系ですかね。それだけでも十分
面白いキャラだったんですが、最後らへんに城之内の兄が
出てきて、実はブラコン気味という設定になって、若干謎を
含んでいるところが気になるところですね。閉所恐怖症なの
もそうですし、こういう強気男のちょっとモロい部分を設定
してくれてるのが、すごくいい感じだと思います。

岡田さんの過去2作品は、話はしっかりしているけれど、
シリアス一辺倒なためお茶目さに欠けていて、全体的に
地味な印象だったんですが、今回のこのお茶目オヤジで
やっと脱皮できたような気がします。いい感じに笑いが盛り
込まれていて、作品に柔らかさが出ていて、一気にファンを
掴めたのではないでしょうか。このシリーズ、まだ続くよう
ですので、更なる展開が楽しみなところです。個人的には、
リバも有りなんですが、「何だかんだ言っても結局抱かれて
るオヤジ」っていうテンドン?が楽しいっていうのもあるの
で、オヤジが本格的にメロメロになってくれた方が自分の好
みではあります。

男の威厳を賭けたマウント争いってのは、ホント楽しいもん
ですねぇ〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。




  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








本日のご予定/岡田冴世 【GUSH】


〔2006/12/9〕

★★★☆☆

週末を一緒に過ごし、月曜の朝エントランスで別れる。
おもちゃメーカーの若社長・遊佐とその秘書・松岡は、プラ
イベートでは恋人同士だ。おもちゃに目がなくてお人よしな
遊佐を支えるのは、仕事のデキる有能な秘書の役目。
仕事中でもつい甘えたくなる遊佐だったが、勤務時間中の松
岡は冷たくて・・・。

何か私、前回『資料室の麗人』読んだとき、地味地味言ってて、
色で例えれば「紺」とか言ってましたけど、このファーストコ
ミックスの表紙も紺やし、あながち的外れな感想でもなかった
のでは。こちらの感想もズバリ「地味リーマン」。パイロット
が出てきますけど、それさえ華やかさがなく、全体的に温度低っ。

けど、話はしっかりとした構成で、気持ちの面も丁寧に描かれて
いるので、まとまりがいいなという好印象です。
あ、ギャグがないのと、ムダに笑顔を見せないのが地味な要因かな。
まぁ安心して読める感じで、キライじゃないです。





資料室の麗人/岡田冴世 【GUSH】


〔2007/10/10〕

★★★☆☆

営業からワケありの窓際部署に異動した泉は、そこで
寡黙な美人社員の黒沢に出会う。
実はここは社内トラブルを引き受ける部署で、ポーカー
フェイスだが有能な黒沢は、それを遂行するよう命を
受けていたのだ。
男同士の関係は嫌いだったはずだが、自分に興味を示さ
ない黒沢が気になって仕方なくなり・・・?


絵のせいか、全体的にかなーり地味な印象ですが、話は
個性があって、どこにも共通して漂っている哀愁が、
なかなか面白いです。

ま、ただどれもすんなりホモだなぁと、迷いや障害が
ないので、地味だな。色気がないな。色で言ったら
濃紺、みたいな。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール