selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





まだ足りない!?/浜野リカコ 【花音Cita】


〔2010/7/29〕

★★★☆☆

お年頃男子・智晴君の初恋の人は隣りのお兄ちゃん・
翔くん。優しくてかっこいい翔くんは、今日も智晴君
の悩み事を聞いてくれるけど、でも、一番お願いした
いのは「彼氏になって」ってことなのに・・・。お隣の
お兄ちゃんとの不器用な初恋を描いた表題作他、男と
の同棲LOVEから昔の男との再会愛まで様々な恋を描
いた作品集。

全5作品収録。
『まだ足りない!?』
男を連れ込んでいるところを父親に見つかってしまっ
た智晴は、頭ごなしに怒られてしまう。そんな智晴の
悩みをいつも聞いてくれるのは、近所に住んでいる
年上の翔くん。実は智晴の初恋の人は翔くんで、今で
もずっと一番は翔くんなんだけど・・・
最初が衝撃的な割には、普通の話でしたね。もうちょ
っと抑揚があると面白いんじゃないかな〜と。

『ラインを越えて』
2年間の海外放浪の旅から帰国した赤の他人の松田を、
ひょんな事から同居させることになったリーマン・稲
村。日に日に松田のことが気になるようになってしま
った稲村だったけど、ある日突然、元彼が訪ねてきて・・・
というわけで、ゲイだと知られてしまい、気まずくな
ったようで実は・・・という話で、これも割とテンプレ。
熱さがあれば良かったんですけどね〜。全体的にロー
テンション。

『霊感ファンタジスタ』
ある日突然、男前な幽霊・飯嶋さんが現れるようにな
ってしまい、色々恥ずかしい場面も見られてしまった
大学生の理。まぁ面白かったです。

『ANSWER』
4年前、当時の彼女の7歳年下の弟・和巳にうっかり
手を出してしまった真治。以来会うことの無かった二
人が街中で偶然再会。すっかり大きく成長した高校生
の和巳に、相変わらずのだらしのない性生活を呆れら
れるものの、当時のことを怒っているのかと思いきや、
その後も和巳は懐いてきて・・・
年下ワンコな話ですかね。何かですね、他の作品もそ
うなんですが、特にこれは心情の説明が多すぎないか?
と。な〜んか、モノローグで済ませようという安易さ
が、どうも自分的には萌えなくて・・・

『CHAPTER02』
前の話で真治のセフレとして登場した孝博の話で、こ
れも再会モノ。チャラいけど実はピュアな部分もある
という孝博が可愛い話でした。

そういうわけで、割と定番な話多めで、それはまぁ悪く
ないと思いますが、途中にも書いたとおり、説明の多さ
が気になるところ。情報が多いのが良いのか悪いのか、
感じ方に個人差はあるかもしれませんが、私としては
そういう説明文も動きの中で表現して欲しいなと。
面白くないわけでは無いです。普通に楽しかったんです
が、キャラがサバッとしてる子が多いせいもあるでしょ
うが、びっくりするくらいキュンが感じられなかったのが
残念。エッチもしっかりあるのに、全体的にのっぺりと
した印象。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







TOY★PET/浜野リカコ 【花音Cita】


〔2009/5/11〕

★★★☆☆

恋人・隼人にふられて、やさぐれ中の阿津原の前に突然、
隼人そっくりの男が現れた。でもその性格は正反対。偽
ハヤトはわがままで、Hで乱暴者!とまどう阿津原だった
が、「心とカラダを癒すために存在する」という偽ハヤト
の誘惑に負けて、ついつい美味しく頂いてしまい・・・。
一体、真実の恋人は誰!?

小学校教師の阿津原は、同僚で恋人の隼人にフラれ、ヤケ
酒を飲んだ店で寝こけてしまう。目を覚ました阿津原に、
店主の怪しいジイサンが勧めるのは、ヒーリンググッズと
いう名の小さな人形。ジイサンの相手をするのがめんどく
さくなり、何故か通常より格安の200円でその人形を購入
した阿津原は、翌朝適当に説明書を見ただけで、人形を水
の中に。すると現れたのは、大好きな隼人にそっくりだけ
ど、性格に難ありのハヤトで・・・

というプチファンタジーの設定ですが、その他は日常的な
話になっているので、気楽に読めました。
ただ、設定が面白くて、トントンと読めはしたんですが、
どーも残念ながら、肝心の愛に関しての描写が足りないよ
うで。もっと切なくしたりできそうな題材だっただけに、
感情より状況を読んでいくような流れになっていて、サバッ
としすぎていたのがすごく勿体無い!

でも元に戻ってしまう存在のハヤトがハッピーなままで
終わってくれたのは、気に入ってはいるんですけどね。
それだけに、一回消えたとこで、泣かせるくらい落として
おいたら良かったのにねぇと思っちゃいますが。

これは、阿津原×隼人がなんだかんだいいながらも、結構
ラブラブ!な感じだったら、もっと印象が違って好きかも
だな〜。ホント、あっさりしすぎてるので、むしろハヤト
の方が人間味があっていい感じだし、阿津原×ハヤトで
もいいんじゃない?とか、途中思ってましたもん。
ま、楽しかったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








迷走セブンティーン/浜野リカコ 【花音Cita】


〔2008/6/30〕

★★☆☆☆

「新婚旅行に行ってくるわ〜」
突然再婚しちゃった母親に、そう告げられた純朴少年・実くん。
状況を把握できないまま新しいお兄ちゃん・芳幸くん家に居候
することに。ところが、芳幸くんはとってもいじわるで、なん
だか怖い。でも、たまに優しかったり、ちょっとエッチだった
りして、ドキドキしちゃうんだけど・・・。

帯は「ドS彼氏大集合」
芳幸さんは確かにSではあります。しかしねぇー、あーん、
やっちゃったな、というすごく惜しいと思ってしまう部分が
沢山ありすぎてですね。いかんせん絵がいい感じなだけに。

ま、Sは全然OKですよ。ほんで、純朴少年・実くんが、自分の
意思はムシで芳幸の家に居候するハメになって、ちょっぴり
エッチなことをされたり、DVばりに痛い目に合うとか、色んな
ことで振り回されっぱなしなとこはいいですよ。

ただ、これってラブなのか?ってとこがですね。芳幸さんの愛が
全く見えないし、せめて転校取り消しで同居続行→ラブという
感じでまとめてくれればよかったのに、なぜか別の部屋借りて
るし。その理由も何だか。芳幸がヤの息子というとこもあんま
生かされていないし、結局彼は何をしている人なのかというとこ、
もしかして実自身も知らないままなのでは?

とにかく絵とかキャラとしてはいい感じなのに、キモチ面での
描写が全く判りづらいばかりで、何でこれでOKだったのか、
正直わからんというか。一話目まではいい感じだったのにな。
やっぱBLでいうとこのS男って、結局それは独占欲なんか
からくる不器用な愛情表現だったのよ、だからこれからは
ベタベタしちゃうよ、ってな感じに二面性を見せてこそのドS
だと思ってしまうわけですよ。

ちなみに同時収録の短編も、何とも不可解な心理描写が多く、
その割にはむやみにエロがあるわけでもない、という、どっち
つかずな印象。勿体無いなぁ。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール