selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





星に願ったりなんかしない/篠原栄 【花音Cita】


〔2010/7/29〕

★★★☆☆

クールで押しの強い天文部・高柳は、マジメな生徒
会長役員・上條に「文化祭の予算をよこせ」と迫っ
ては「ムリに決まってるだろ!」とつっぱねられて
いた。『犬猿の仲』と呼ばれようと、高柳が毎日絡
むのは、頬を上気させて怒る上条の可愛らしさにド
キドキしっぱなしだからで・・・vvv 
強引天文部VSツンデレ生徒会の文化祭ラブ!

あらすじの表題作の前に、天文部の部長・清水と、
部員・竹地の話『僕の知らない宙がある(全2話)』
が収録されてます。

人数合わせの部員ばかりのため、星が好きで天文部
の活動をしているのは、部長の清水だけ。自分もさぼ
り目的で入部した竹地だったが、ある日プラネタリウ
ム見学会の張り紙を見た竹地は、気まぐれで集合場所
に行ってみると、やはりそこに居たのは部長だけ。自
分の名前をいつまで経っても覚えてくれず、興味を持
たれていないことが無性に腹立たしい竹地は、強引に
一緒にプラネタリウムを見ることにするが、何と部長
は早々に眠ってしまう。実は部長は、幼い頃からの躾
で、暗くなると眠ってしまう体質。純粋に星が好きな
部長をなぜか可愛く思ってしまった竹地は、暗くなっ
ても起きておけるよう、特訓に協力することにしたが・・・

というわけで、元気っ子と天然部長の愉快な話でした。
竹地が部長の手を握ることで、緊張して起きているこ
とができるんですが、部長は何故自分が緊張している
のかということには気付いていないという天然ちゃん。
手を離すとフッと落ちてしまうようなギャグな体質が、
上手く二人のゆっくり進んでいく恋に生かされていて、
すごく微笑ましかったです。
竹地が星になったおばあさんに許しを請うとこなんか、
バカっぽいしありえないクサさなんですが、こういう
青春っぽさを惜しげもなく描ける所は、この方の長所
だと思いますので、この無駄な熱さは、いつまでも無
くして欲しくないですね。


表題作『星に願ったりなんかしない』(全3話)は、
天文部の3年生・高柳と、生徒会役員・上條という、
犬猿の仲な二人が実は・・・という話。
プラネタリウムを作ることだけに情熱を傾けている高
柳が、度々生徒会に部費アップを要求しに行くため、
二人はいつも衝突ばかり。だが実は、高柳がそうする
のは部費のためだけでなく、いちいち怒る上條が面白
いからで・・・
というわけで、好きな子をいじめちゃう的な高柳と、
ツンデレな上條のやりとりがとても可愛い話でした。

過去話に関しては、かなりベタというかクサいんです
が、しかしこういうエピソードは嫌いじゃな・・・いや、
むしろ好きなので、ちょっぴりウルウルきたりしてw
さっきの話もそうですが、こういうクサさを臆するこ
となく前面に出して、気持ち良くまとめるのって、意
外に難しいんじゃないかなと思うんですが、その辺上
手いよなと。相変わらずテンポも良いですしね。

人間として解りあっていこうという部分など、爽やか
さが基本にあるところが、高感度高いんですよね。
程よく恥ずかしいのが、クセになります。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ハングリーハニー/篠原栄 【花音Cita】

 
〔2009/7/29〕

★★★☆☆

悟の子供の頃からの夢は、憧れの佑(たすく)先輩と剣道
をすること。でも高校で再会した佑先輩は剣道を捨て、遊
び人になってしまっていた。先輩の性癖を知った悟は「僕
の体と引き替えに剣道部に入ってくれませんか」とお願い
しちゃって・・・!?でも「キスはダメ」なんて条件をつけたの
には理由があるんです・・・。好きだから振り向いて欲しい・・・ 

前作『ハッピーハングリー』の攻だった哲の2コ下の弟・
悟と、小学校から中学の途中まで、哲の剣道のライバルで
親友だった・佑の話です。

ほぅ、そう来たか・・・って感じ。今までの元気っ子のラインは
保ったままで、ちょっぴりセンシティブな王道恋愛ストーリー
になってて、意外な感じで楽しめました。

2つ上の兄と、兄の親友・佑の後をいつも追いかけていた悟。
少し遅れた位置で二人の背中を見てきたからこそ気付いて
しまった、佑の兄への想い。そして佑に憧れ、一緒に中学で
剣道をすることを目標にしていた悟は、兄達が喧嘩で破門に
なり、剣道を完全に辞めた後も続け、高校でも剣道部に入る
ことに決めていた。そして入学した高校で、佑と同級生として
出会い・・・

という感じで、訳あって2年のブランクの後、高校に入学して
きた佑に同級生として出会え、一緒にやりたいからと剣道部
へしつこく勧誘するけれど、断り続ける佑を、悟は自分の身
体を提供するからと誘って・・・

と書いてしまうと何かいやらしげですが、ちゃんと佑の方に
いい具合にブレーキがかかっているので、ちょっとした戯れ
程度で。で、兄を好きだった佑の今の想いと、途中で佑の
ことが好きなんだと気付いてしまった悟という話なんですが、
すごく残念なことに、肝心の佑の気持ちが解りにくい!

兄を好きだったはずなのに、植木屋をするときのアレは、
悟のことが心にあったんですよね?でも悟と一緒に街中で
兄と神(彼氏)を見かけた次の日あたりの話では、兄のこと
が好きなんですよね?って言われて認めちゃってるし。でも
直後に悟にキスしちゃったのが本音みたいだし・・・

友情、憧れ、弟、先輩、恋と、まぁ本人達も良く判らない想
いを抱えたまま進んでいるからこうなっちゃってるんだと思
うんですが、どうしても佑のそれだけは、わざとはっきり示
して欲しかった!どこで兄ではなく悟になったのか判らない
せいで、佑の性格がボンヤリとしたものになってしまって、
中盤までいまいち男気が見えなかったのが、すごく勿体無
いです。

でも、4話ラストの庭での告白、5話の最後の最後まで迷い
ながらも吐き出した熱い告白は、結構グッときて好きでした。
やっと佑のイイトコ見れたな〜って感じ。
全体的にすごく丁寧にまとまっていて、元気な悟のお茶目で
男の子らしい部分や、部員で悟の友人・小立の容赦ない物
言い、悟が小学生の頃のエピソードなど(子供 悟の場面は
全部好き!)、クスッと笑える部分もあったりして、やっぱり
青春を描くのが上手くて、結構好きなタイプの作家さんです。
無理にエロで進まなかったところも予想外で面白かったし。
なので、繊細な心理描写にしようと思って、微妙にズレてしま
ったような感じがすごく勿体無い!このままでも面白いけれど、
絶対もっと面白くできそうなのに。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村



浴衣ヘアアレンジ講座






ハッピーハングリー/篠原栄 【花音Cita】


〔2009/1/29〕

★★★☆☆

お坊ちゃまのえーじは、とってもおいしそうにお菓子を
食べる美少年。人とはちょっとズレてるけど、その笑顔
は「お菓子を食べてもらえると幸せになる」と噂になる
ほど。学校中の生徒がえーじに群がるのを見た親友兼保
護者の哲は、えーじをひとり占めしたいと思うのだが・・・
本当はえーじの方が、哲に独占されたがっていて・・・
スウィーツのように甘い高校生たちの恋を召し上がれ★

放っておけない天然ちゃんと、お母さんみたいなお世話係
のコって、何かツボるよね。
えーじと哲は中2から一緒の親友。お菓子大好きで食べ過
ぎちゃうえーじをセーブさせる姿を、みんなにお母さんの
ようと言われようと、えーじを好きな哲には自分がえーじ
の特別だと言われているようで嬉しかった。しかしえーじ
も実は・・・

というわけで、元々両想いの二人が何だかんだといいながら
付き合うことになるんですけど、実はえーじの方の家庭が
ちょっぴり変わってて・・・という感じで、家族なんかを巻き
込んで楽しいことになってます。
一番面白かったのは、やっぱりえーじの執事(?家政婦)勝山
さんの、無言でドアの内側に置いたカゴでしょうか。あ、そ
の後の本も、赤飯もね(笑)

今回も明るく楽しく元気よく、な作風で、非常に好感持てま
した。お菓子のイメージが強かったので、若干パンチ不足の
ような気もしますが、どうかな。逆に剣道が前に出てると
暑苦しくてよかったんじゃないかなとか思ったりして。
ましかし、どうやら哲の弟・悟の話が進行していて、そちら
はお相手が剣道部員っぽいので、何か期待できそう。
あとは哲の義兄の描き下ろしも非常に好きだな〜。ってか
この兄×勝山さんだったら超萌えるのに、所帯持ちだしなぁ〜。残念。

それから、前作 『パワーオブラブっスよ』 の続編
『レッツスタディラブっスよ』は、受験勉強中の陸斗と石橋
に、陸斗の幼なじみ・三浦の絡む話。相変わらず陸斗が男子!
って感じで、サラッとしてていい。けど石橋の濃さがあんま
出てなかったし、もっとラブラブしてるとこも見たかったかな、と。

絵も構図もいいし、小さい絵もとっても可愛いし、バランスが
良くてすごく読みやすいです。もーっとクサくてもいいかも。
サバッとした空気に、何だか惹かれる作家さんかな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








パワーオブラブっスよ/篠原栄 【花音】


〔2007/10/29〕

★★★☆☆

弱小野球部主将の槙村は、責任感が強く誰にも弱音を
はけない。そんな一生懸命な槙村のために、硬派とは
程遠い遊び人の石橋が応援団を作ってしまった。
試合中、校内・・・ところ構わず大声で名前を呼ぶ石橋を
迷惑に思っていたハズなのに、彼の声が聞こえないと
不安に思ってしまうのは・・・。
応援団長×野球部主将の胸に響く甘ずっぱい青春ラブ
ストーリー!

表題作3編と、短編3本と表題作の描き下ろし。
表題作、すごく良かった!
弱小野球部で頑張ってる槙村に惚れちゃった石橋。次期
主将に選ばれてしまい戸惑い気味の槙村に、たった一声
「お前なら大丈夫だよ がんばれよ」って言いたいのに
面識のない石橋は言い出すことができない。
ならばいっそ、大声で「がんばれ」って言える応援団を
作っちゃえ!ってなわけで、石橋の応援団ライフが始まる
んです。なんつー一途さ。

あのねぇ。メリハリがいいんですよね。入りもいいし、
すごくグイグイ引き込まれるマンガを描く人だなと。
ふとした動きに、はっ、それイイ!と思わせてくれる部分
を持っているので、次なにやらかしてくれるんだろうと、
読んでてどんどん楽しくなってきます。

読みきり3編も面白かったですけど、少し前の作品なだけ
に、絵も話もちょっとだけ線が細いような気がします。
でも、魅せ方みたいのにすごくこだわりを感じるというか、
まだ2冊 (1冊目:ムカつく奴)しか出されてませんけど、
実は大化けしてくれそうな予感してます。だから今の流行の
細い線でチャラっとキャラではなく、ちょっと暑苦しいくら
いに青春な話で是非行っていただきたい。今回の石橋は、素
晴らしかったですから。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。






ムカつく奴/篠原栄 【花音】


〔2006/11/29〕

★★★☆☆

優等生の奥寺に放課後、補習を受けることになった俺。
クールで辛辣な奥寺の態度にムカつくことだらけだったけど、
進級がかかった俺は「打倒奥寺!」を胸に猛勉強。
でも高得点を取った俺が見たのは、アイツの嬉しそうな笑顔
だった・・・。その瞬間、俺の心は支配されてしまい・・・!?

シリーズを含む短編5編。初コミックスということですが、
何かこう、若さ溢れる感じで、疾走感があってすごく良か
ったです。
優等生受と机に向かい合っていた攻が、突然机の上に飛び
乗ってキスしたとことか、いつも競って走っている二人が
追いかけっこになったりの躍動感が良かったし、ロッカー
ルームエッチに、チャリ2ケツという萌えシチュもあり。
表情も豊かで、思わず惹き込まれる感じでした。

感情面も丁寧に描いてあって、あぁ一生懸命恋してるなと
微笑ましくなるようないい話ばかりだったと思います。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール