selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





悪いようにはしないから/楽田トリノ 【ディアプラス】


〔2011/10/29〕


★★☆☆☆

過去に双子の姉の身代わりで女装してデートをした際、
ファーストキスを奪われた丈晴。忘れたい想い出だが、
七年ぶりにそのキスの相手・相原と再会してしまう。
丈晴は気づかないふりをしたが、相原はあのキスの相手
が丈晴だったと気づいたようで!?エリート営業とデザ
イナーの、キスから始まる運命の恋v

表題作は全4話で2008年にdrapで掲載された作品と
いうことです。
う〜ん、すみません。元々あまり得意じゃない作家さん
なのですが、一応理解すべくゆっくり丁寧に読んだつも
りなんですが、何かちょっと掴めなかったと言いますか、
とっても寄り道が多くて疲れたと言いますか・・・自分の
ペースに合わなかったです。

7年前に、1コ上の姉に頼まれ、相原とデートをする
ハメになった丈晴。その時にされたキスが忘れられずに
いたら何と偶然にも仕事で再会してしまい、大丈夫相手
は気付いてないはず・・・とやり過ごそうとするんだけど、
実はバッチリ覚えられていて・・・という序盤は理解でき
ました。
しかしその後のやりとりが、結構な割合で何でこんな話
になっているんだろう・・・と思う感じで。正直、真ん中
をぶった切って、1話完結の短編だったら自分的には
イケたような気がします。攻もまさか自分がたった一度
キスしただけのノンケ男子相手に恋をしてるとは気付い
ていなかったということでいいのかな?キャラの行動も
言い回しも独特だったりするので、ペースが合わないと
中々難しいタイプですよね。まぁあくまで主観ですので
ご了承を。

ただ、短編『君住む街』と『スイートソウル』は比較的
普通に読めた感じです。
『君住む街』は、代議士の息子で官能小説家・祐一と、
ずっと面倒を見てきた議員秘書・隆彦という話。
『スイートソウル』は、酔って記憶の無い水野が、地味
で眼中に無かった枯原主任のお世話になったことから意
識し始めてしまうという話。なんかやっぱり、何でいき
なり手コキが始まるのかなど謎な流れだったのは気にな
るところですが、表題作に比べればかなり読みやすかっ
たです。
とても個性が強いため私はどうも苦手な作風なので少々
辛口となっております。すみません。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







キスから始まる処方箋/楽田トリノ 【drap】


〔2011/4/2〕

★★★☆☆

歓楽街の片隅にある管野の薬局に現れた、ヤクザのよう
な強面の男。ホストクラブをいくつも経営しているヤリ
手のオーナー・大成だ。そんな大成に、無防備に踏み込
んでくる管野の危なっかしさが、彼の心を激しく狂わせ
・・・?二人のアンバランスな恋はどうなる!?

『フラワー・ファーマシー』と『鰐の背』という作品が
各2話ずつ収録されています。

『フラワー・ファーマシー』は、ホストクラブの経営者
で強面の大成が、ちょっぴり天然ちゃんなあまり、自分
の痛いところをズケズケ突いてくる管野に戸惑いながら
も、無防備に色気を振りまく危なっかしさが放っておけ
なくなってしまい・・・という話。

う〜んまぁ、面白いっちゃ面白いんですけど、結構無駄
な設定が多いような気がするのは自分だけなのかな〜。
二人のやりとりを見てる分には馬鹿馬鹿しくて面白かっ
たんですが、その中で恋が芽生えるというのも、少々強
引だったような。ナシでは無いけど、特別萌える感じで
はなかったです。

『鰐の背』は、医者のなり損ないで医学書の翻訳の仕事
をしている名道と、男に体を売って稼いでいる接触恐怖
症の因幡の話。時代設定が古くてムードは嫌いじゃない
んですが、接触恐怖症なのにいきなり自分から乗っかっ
ていったくだりの意味が良くわからないなど(手じゃな
ければいいということ?)、所々気になる部分があった
かなと。

どちらの話もちょっぴりクセがあって、個人的には少々
同人っぽい印象なんですよね。例えば、『フラワー〜』
で、管野が白衣の下にボンテージな衣装を着ていたくだ
りなどを楽しめる人には面白いんだろうと。残念ながら
自分には、どうしてその展開なんだろう・・・と思うことの
方が多く、タイプの作風では無かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







あかずの恋/楽田トリノ 【AQUA】


〔2008/8/12〕

★★★☆☆

由弘は仕事の外出先から、先輩である竹生の携帯に電話
をかけた。ところが、電話に出た男から「誰?」と問わ
れて焦ってしまう。
声の主は、由弘と竹生が勤めるデザイン事務所に助っ人
に来ていた汐見だった。
由弘が竹生を慕っていることを見抜いた汐見は、それか
らあれこれと由弘に構ってくるようになって・・・。

解り難い性格の汐見さんに振り回されて、「カモが
ネギしょってローション持参」だったのはウケました。
二人の駆け引きがポイントなんですけど、言い回しがやや
捻くれているというか、途中読むのが面倒な気分になるこ
とも多々ありましたが、結果的に汐見さんのエロ具合に満足
ということで・・・いーですかね、こんな感想で。

『117』の方がもっとしゃべりが理屈っぽいなぁと感じた
のですが、こっちも優等生メガネがメガネを外すと色っぽい
っつうとこを満喫できたので、満足?
どうせなら、最後の汐見さんもエロいこと言いながらメガネ
外す所作を見せて欲しかったよなぁとか思わんでもないで
すけど。何かそういう感じで、メガネが印象的な2作でした。
全部、同人誌からの収録ということですけど。何かどうも
ブチ切れ感があるので、もう少し会話の内容がスマートだと、
より楽しめたんじゃないだろうかと思いました。はい。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





愛なんて食えるかよ/楽田トリノ 【drap】


〔2008/5/24〕

★★★☆☆

白く閃く指、荒々しい音。柔らかい態度と、見透かすような
物言い。この男の印象は、どこか捩れているような・・・
「ピアノより、私はもっといい声で啼きますよ?」
音楽教師・木下と、同僚・三橋。秘密を共にした2人が奏で
合う恋の旋律。

んーと、あらすじの話の前に表題作が入ってます。
兄・三橋和成の元カレで、高校時代お世話になった教師・愛
(めぐみ)に恋している調理専門学校生・三橋重行は、不摂生
な愛を心配して卒業してからも弁当を作って渡したりしている。
両思いなんだけど、重行は愛が兄の元カレだというのは気になる
し、愛は兄から弟に乗り換えたというのが引っかかって・・・

といった感じかな。これはまだ解りやすいんだけど、あらすじ
の2人は強気同士なやりとりで、はっきり言って疲れたぁ。か
なり性悪眼鏡受。そういう腹黒っ子が好きな人にはいいかもね。
んーと、全体的に話のなめらかさに欠けるのか、自分の読み方
が悪いのか、ブチブチ途切れた感があるし、気持ちがつかみに
くいわで、あんま好みじゃなかったかな。ま、初コミックスと
いうことで。

あ!『奇跡の人』のラストだけは萌えました!





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール