selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ロストメモリーズ/千代古レイト 【KAREN】

 
〔2009/08/28〕

★★★☆☆

突然の実父の死で、10年ぶりに再会した正司と、かつ
ての恋人であり養子の光。
苦い過去の思い出を封印したい正司だったが、気持ち
とは裏腹に、事態は思わぬ方向へ向かっていく。
今明かされる家族の肖像と、再び輝き出す恋の灯火。

まぁおそらく誰もが感じるでしょう ・・・ 絵が微妙w
なんだけど、それを上回るストーリーの面白さがあり、
ヘタ(失礼)なんだけど、実はひとつひとつの表情のイン
パクトは、結構胸に刺さるものがあるという、すごく面白
いタイプの作家さんだと思います。

表題作。 父親の死で10年ぶりに帰郷した正司は、父
の養子であり内縁の妻(♂)である光と再会する。実は
光はかつて正司の恋人で、当時22歳の正司は、不幸
な生い立ちの光を家族にしたいと養子縁組を父親に相
談したが、年齢が足りなかったため、結局父の養子に
なることで、家族となったのだった。しかし今の妻とも付
き合っていて、若かったこともあり、次第に光をおざなり
にし始めた正司。生活できなくなった光は、父親に助け
を求める。だがその場面を目撃した正司は、光と父親が
できていると思い、それ以来、父にも光にも会うことは
なく・・・

というわけで、正司は7年前に結婚し子供もいますが、
現在浮気が元で離婚の話し合い中。そんな時に父の死
で知らされる、過去の出来事。ともすればとんでもなく
暗い話になりそうですが、正司のアホさが、今となっては
笑い話、みたいなラフなオチにつながっていて、面白か
ったです。こんなダメ男でも、今度はいい家族になれそう
、みたいな希望が見える話になってました。


『愛人譲渡』(前後編)
いいトコのボンボンで、今はとある会社の社長をしている
桐生は、ある週末の深夜、ホテルのロビーで、中高の同
級生で同じくボンボンでオタクの小谷が、若い男を連れて
いるところに出くわす。小谷とは、2年前にひょんなことか
ら互いがゲイだということを知り、世間話をする程度の仲。
そんな小谷に、結婚の身辺整理のために、その彼・トオル
を住まわせているマンションの買取と、トオルのパトロン
引継ぎを持ちかけられ・・・

というわけで、好奇心から愛人を引き継ぐことにした桐生
は、小谷に捨てられたという事実を受け止めれないトオル
を強引に抱く。罪悪感を感じながらも関係を続けていく桐生
は、生活能力も向上心も持たないトオルに苛立ちながらも、
次第に可愛く思えてきて、トオルも甘い顔を見せるようにな
るけれど・・・ という感じで、順番がめちゃくちゃになってし
まったけど、人を愛しいと思う感情を手に入れていく桐生の
みっともなさが非常に印象に残る話でした。この後の話も
そうですが、ロクデナシを可愛くさせるのが上手いですね。


『着拒エントリー』(前後編)
若き青年実業家・東郷は、愛想と要領の良さもあり、とても
モテる男。そんな東郷の共同出資者で、副社長をしている
山本は、学生時代からの友人で、東郷とは正反対に地味で
憎まれ役。そんな二人は、実は10年以上関係を続けている
恋人同士。だが東郷の恋人は一人ではなく、おまけに逆玉
に乗ると言い出し、山本はついに結婚をやめて欲しいと言っ
てしまうが・・・

という、ロクデナシ受(東郷)です。二人の話そのものも面白
いですが、周りの出来事などの自然な盛り込み方がすごく
上手いですよね。田舎に戻って出会ったコなんか、何となく
後引く純朴キャラで面白かったし。東郷はすごいチャラいの
に、山本に抱きついていくときは、妙に可愛く見えたりして、
特に最後にすがりつくという意外さが、面白かったです。


『イン クローゼット』
慧は小学生の頃、浮気がちな大学教授の父とその度に実家
に帰る母親に連れまわされるという日々を送っていた。ある日
いつものように家出から戻り自室に入った慧は、クリーゼット
の中に隠れていたパンツ一丁の若い男に遭遇する。そして
数年後。受験を前に、大学の下見に訪れた慧は、そこであの
時の男に遭い・・・

実はそのクローゼットの件が、慧がゲイになるきっかけになっ
ていたり、間男になんてなりたくないって思ってるのに、妻子
持ちと不倫していたり、最後のオチまでアバウトな、この切り口
ばっさばさな感じが、不思議と面白かったです。


そんなわけで、全体的にみっともなくて夢がなく、とことんロマ
ンチックじゃないところに人間クサい魅力があって、楽しかった
です。妙に冷静な多めのモノローグと、ズケズケ正直なセリフ
の組み合わせが、独特の味を出していて、意外とクセになるか
も。自分が関わるなら絶対イヤだけど、何だか憎めない、いっ
ぱいいっぱいなオトナを愛しく思わせてくれる魅力がありました。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








今宵焦がれる胸の棘/千代古レイト 【KAREN】


〔2008/4/28〕

★★★☆☆

俺と、友人・里谷に起こった隠された欲望の顛末を描いた
「秘密」ほか、金づるのターゲットと思っていたイケメン
セレブの意外な申し出から、予想もしない事態に発展する
ジゴロの話「シークレット・バカンス」など、不器用で切
ない恋に翻弄される男たちの姿を、するどい切り口で描く
千代古ワールド!

絵柄にクセがあるけど、それ以上に話のクセが中々すごい。
個人的には明るい話が好きなので、最後の、若者に翻弄さ
れる店長さんのが好きだったかな。ちょっと油断したら
陰湿な話に行きそうな感じがするので、そうすると読む人
選びそう。あと『せつない片想い』はちょっと解りにくか
ったかな。まー絵でひるんだとこも内容でOKということで。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール