selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





溺愛ハニーバンチ(1巻)/南野ましろ 【花音】


〔2010/7/29〕


★★★☆☆

小袖棗はむっつりカレシな織田八広の恋の罠にハマり
っぱなし。今日もせっせと、激マズ愛妻弁当づくりに
励みます。でも・・・最後には自分がおいしくいただかれ
てしまって・・v クラスメートも生暖かく見守る、ら
ぶりぃエロスなエブリディvv

棗と八広というラブラブカップルが、イチャイチャエ
ロエロ・・・と書くと、何かこう、色っぽいのを想像しそ
うですが、そこは南野さんらしく、デンパっぽさ全開
のギャグ満載で、ヘンテコなノリの話であります。
(でもたまに妙に色っぽかったりするのでビックリするw)

周りのみんなは二人がラブラブだということにとっくに
気付いてるのに、棗だけがバレてないと思っていてとい
う天然ちゃんな受。そして棗への欲望や独占欲を隠そう
としない、野獣な八広。そんな彼らに振り回されっぱな
しのクラスメイト達・・・とまぁ、かなりヘンなノリなんで
すが、基本的に過剰な溺愛を楽しむ話なので、割とデン
パな部分はナチュラルにスルーできて、微笑ましく思え
た感じです。(当社比)

ホント、かなりとっちらかってると思うんですが、これ
も立派な個性ということで、好きな人ががっつりハマる
理由もわかるような気はします。まぁ凡人脳の私は、流
し読みということでw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







しっぽのきもち かんぺき/南野ましろ 【AQUA】


〔2010/4/12〕

★★☆☆☆

同棲している新太と由惟の部屋に同居するネコ、ヤタカ。
ヤタカといると、小さいながらもなぜか幸せな日々が送れる
のだ。そんなある日、ヤタカが怪我をした猫・ゴロを見つけ
てきて!?

'02年にガストコミックスから出したものの新装版で、ほぼ
猫目線による猫の話。時々、猫の脇で飼い主カップルがいち
ゃいちゃしてる以外は、猫が主役なので、全然BLじゃないし、
特に猫好きでもないので、たまに可愛らしいなとは思ったけ
ど、正直眠かったですね。

『ラヴピース』は、本編では顔が出てこなかった飼い主カッ
プル新太と由惟が、どのようにしてラブラブになったのかと
いう、普通にBLな話で、これはまぁ面白かったです。
しかしこの頃の絵の方が、クセが無くて見やすいし、話もぶ
っとんでなくて読みやすいんですね、意外。(たまたまかも
ですが)今の立体感皆無の絵は、何だか鼻筋かな、色々苦手
なんですよね〜。ちっこい絵の醸し出す脱力感は面白いですが。

そんなわけで、新装版になるくらいだから面白いのかな〜と
か思ったりしてたんですが、まさかこんなに猫マンガだとは。
何とも微妙な気分です。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








なんとなく大丈夫/南野ましろ 【ディアプラス】


〔2010/2/27〕

★★★☆☆

街で行き倒れていたサラリーマン・爽輔の前に現れたのは
アラブの王子様・・・ではなく、ナゾの会社・ロレンス商事の
社長・青波(あおば)だった。ロレンス商事に転職させら
れた爽輔は、おかしな社風に戸惑いつつも、青波のかわいさ
にヤられてしまう。しかも、なぜか毎晩同衾することになっ
て・・・・・・!?

脱水症状のため、街中で倒れてしまった、駆け出し営業マン
の谷中爽輔(23)。そんな爽輔の前に現れたのは、可愛い
けれど、何故かラクダに乗ったロレンス商事の社長・青波
(あおば)だった。爽輔を気に入った青波は、爽輔を拾って
会社に持ち帰り、社員にすることに。正体不明の会社で、社
員全員が変な人というとんでもない毎日に戸惑いながらも、
いつのまにか、可愛い青波に絆されていく爽輔は・・・ 
という、爽輔 受難転じてラブ な話です。


失礼ながら、言ってみればちょっとデンパ系な作風なので、
ハマらない時はとことんハマらなくって、今の所、これを含
めて2勝2敗(○→『てのひらに、はなのさく』、×→『は
ちみつ光線大作戦』『天使のじかん』)。
しかしいっこツボにハマると、意外とスルスルと惹き込まれ
てしまうような不思議さも持ってて、一種の賭けですw
ここまで当たり外れがハッキリしてる人も珍しいんですよね。

これも最初は恐る恐る読み始め、いきなりずんずんとんでも
ない方向に進んで行ってたんで、何だこれは〜!?って思っ
てしまったんですが、5話で、シャチョーと藤永、篠原が、
「谷中やさしーーーーーい!!」って叫んだとこから(その
直後の、シャチョーの時間差ズッキュゥーンも)ツボに入っ
てしまってw 結果的にすごい楽しかったです。

何かね。すごく色々ヘンなんですけど、谷中が社長に色んな
萌えを感じ始めてしまう具合とか、バードキッスをされちゃ
って、中途半端さにイラッときて濃厚チューをしてしまうよ
うな感じとか、経理・篠原と、ヤクザみたいな彼氏・魁世の
常にラブラブな様子とか、バカバカしい中にも意外とくすぐ
ったい感じにラブが散りばめられているのが、良かったですね。

普通の絵はどちらかと言うとそんなに好きじゃないんですが、
ちっこい絵が絶妙な動きで可愛いのが、すごく良いなと。黒
目なシャチョーがいちいち愛らしいです。
エロも期待してなかったんですが、ふざけてるくせに、魁世
×篠原の、やたらと艶めかしいエロがあったり、天然シャチ
ョーに煽られっぱなしで大変なことになりながらも、妙に色
気を放出してるエロと、大満足な内容でした。正直びっくり。


短編『太陽×ひまわり』は、嘉辰を溺愛している榊原という、
幼馴染高校生同士の話。すごく好きな友人・嘉辰を、ナチュ
ラルに懐柔しているんだけど、実はすごくねっとりした執着
心も垣間見れるという、嘉辰だけが気付いてない榊原の腹黒
さが楽しかったです。おもろい。

『キャラメル・ハードボイルド 情熱系』は、『キャラメル・
ハードボイルド』の番外編。本編未読なんだけど、これもま
た、攻が溺愛してるというのが丸わかりなのが面白かったし、
何気にエロくて満足。

そんなわけで、今回は苦手の無い1冊になってました。ホッ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








天使のじかん/南野ましろ 【花音】


〔2005/3/29、2006/9/29、2008/4/30〕

★☆☆☆☆

田舎で暮らすことを夢見る・真桜は、無口で謎多き男・虎丸
&猫達と一緒に不思議な砂漠に引っ越してきた。 真桜と虎丸
のほのぼの愛に満ちた新生活はちょっとシゲキ的★・・・で!?

全3巻。ファンの人にはごめんなさい。
折角3冊揃えたのに、開始数ページでわいのわいのと登場して
くるキャラ達に違和感。頑張って1巻の半分くらいまで行って
みたけれど、全く理解できず、煮えそうだったので諦めました。
恐るべし、ましろワールド。
まぁ、多分こんなことになるようなこともあるだろうなぁという
作風なので、ある程度覚悟はしてましたけど、それでももしかし
てハマることも・・・と思ったんだけど、違った。
ここまで読めなかったのは初めて。マニアックすぎる。
逆にこれを好きだと言える人たちの柔軟な感性が羨ましい。
自分カッチカチやな。





はちみつ光線大作戦/南野ましろ 【ディアプラス】


〔2007/5/30〕

★☆☆☆☆

ちょっとアレな生徒が集う明聖学院。生徒会長の谷津倉絢人も、
カワイイけれどアレなお方。そんなあややには、面倒を見てく
れたりエッチしたりする後輩・久我がいる。
だけど、久我には校外に彼女がいるようで・・・?

んー、かなりアレな世界です。意味がわからない。
最初にノリを掴み損ねたら、もう取り返しがつかないことに
なってて、ギャグの全てがすり抜けていきました。
難しい作者さんだ。





てのひらに、はなのさく/南野ましろ 【ディアプラス】


〔2008/4/26〕

★★★☆☆

ある日、雪晴が二号(=わんこ)の散歩中に田圃にはまっていると、
引っ越してきたばかりだという勇進に助けられる。
なぜだか彼は雪晴を気に入ったらしく、毎日一緒に散歩をすること
になるが・・・。ショーゲキの出会いがもたらしたものは!?

今回初めて読んだ作家さんですが、なるほど独特ノリですね。
結構電波と天然のギリギリのラインを行ってるとこが微妙だけど、
このユルさはアリだなと思えた。
表題作ともう一作『明聖テクニカル猫パンチ』も収録されてます
けど、そっちの方がより電波っぽい。

だもんで、両方とも内容を説明したいとこだけど、ストーリー
自体に特筆するものはなく、ただひたすらにやりとりが面白い
という。試したいことがあると花を摘みに行き、両手に花を
乗せた雪晴のその理由とか、思わずホエッ!?っと声を上げてし
まいそうになるキャラの動き連発で、もしかして結構考えてな
さそで深いなと。この味のある世界、嫌いじゃないです。

何より、あれだな。ちっこい絵が可愛いんだ。最初この本、買う
予定ではなかったんだけど、ディアプラスのサイトで試し読みが
あったんで見てみたら、いきなりすごくキュートにワンコ抱っこ
して田んぼにはまってる→助けたのにまたはまってる、という
アホな動きに惹かれて読んでみることにしたのですけど、その
期待通り、ボケかたとちっこい絵がどうにもクセになる。
ま、機会があれば他のも読んでみよう。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール