selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





夏の終わりのサリー/吉池マスコ 【麗人】

〔2014/7/26〕

★★★☆☆

宏と吾郎は保育園からの幼なじみで腐れ縁。好きなものが
いつも被る。服や持ち物だけじゃなく、好きになる相手も・・・
そして相手は大抵、吾郎の方を好きになる。現在の宏の想
い人は、ひとつ年上のサリー先輩v口が悪くてヤンチャだ
けど、優しくて笑顔が超カワイイ!だけど案の定、吾郎も
サリー先輩にホレていると知った宏は!?
腐れ縁の二人の甘酸っぱいスクールライフを描いた表題作
とその後の二人を描いた続編他3編を収録。小悪魔BOYに
振り回される男ゴコロの切なさとエロス満載の最新作品集!!

表題作の前に、芸人で街の中華料理屋をやっている吾郎が、
若手俳優・ジョシュアと恋をする『あなたにあげる』が1話。
面白い〜w 出会いの場面のササッとタクシーをつかまえる
ところとか後輩芸人達いじりとか、何とも言えないユルさ
が楽しかったです。エロへの流れが急速&激しくてビックリ
でしたが(いや、このギャップはいつものことかw)、吾郎
さんの相方が社長だったというオチも含めて面白かったので
満足です。

表題作は、その吾郎さんと社長(宏)の高校時代の話。
好きなものがいつもかぶってしまう腐れ縁の二人が、お互い
に先輩のサリーを好きになってしまい、最終的には二人とも
失恋してしまうという話。なんですが、先輩との恋の話とい
うよりは、二人の腐れ縁っぷり、青春の1ページをサラッと
楽しむ感じですね。
描き下ろしの『夏の俺たち』も笑ったんですが(おっさん達
がすっぽこすっぽこやってるとかw)、夜に読んでいたせい
か、実は最終ページで何か鼻の奥がツンとしてしまったとい
うw 隣に鉄次先輩がいるという細かさもさすが。

『髪結い亭主』『ふわふわ亭主』は、三年前に家出していた
組長の娘が亡くなり、旦那である晶彦が双子の子供・愛子と
小次郎を連れて挨拶に訪れたが、実は晶彦は下っ端ヤクザ・
公次郎の高校時代の後輩で恋人で・・・という話。
結構シリアスなんだけど、ユルさもあるのがやっぱり面白い
ですね。ぶちゃいくな子供とかw がっつりヤッてるけど純愛
っぽいのがイイ感じです。

『珍奇男』は、小さく可愛かったため旦那様に見受けされ愛
されてきたけれど、大きく育ってしまったために捨てられて
しまった竜胆丸が、自分を叱ってくれた座頭・藤一と・・・と
いう話。これは何というか、へ?って感じの話でしたねw
切ない話なのにユルく終了しちゃうという。
  

↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







シニア ハイスクール スチューデント/吉池マスコ 【AQUA】


〔2014/3/12〕


★★★☆☆

齢45にして定時制高校に通いはじめた「ヤ」の伊佐。その
クラスに臨時担任としてやってきた森山は、内気でけなげで
愛らしくって、伊佐の保護欲はうっかり刺激されまくりv
義理人情に篤く生きる漢に、遅咲きロマンスのよ・か・ん・・・!!
クラスメイトのおっさん植木職人と、イマドキボーイの一直
線ラブも仲良く進行中v

子供の頃親に捨てられ、中学校にも満足に通えなかったヤクザ
の伊佐は、お世話になっている組の坊ちゃんの勧めで45歳に
して定時制高校に通うことに。そこで臨時でやってきた、控え
めで可愛らしい教師・森山と、親しくなっていくけれど・・・。

というわけで、森山先生のことが可愛いくて無自覚に惹かれて
いるんだけど、相手は堅気だし、自分は組にお世話になってい
る身だし卒業したいしおっさんだしと、中々簡単には踏み出せ
ないおじさんと、伊佐に惹かれながらも健気に見ているだけの
先生という、もどかしさが非常に微笑ましい二人の話でした。
あともう一組、伊佐の隣の席の植木職人・山口さんが、今時の
若者・千木良に惚れられて積極的に迫られるという話も同時
進行でした。少々唐突でしかもそんなに尺がないので驚きまし
たがw、もっと見てみたいなと思える二人で面白かったです。

しかしまぁ、マスコさんなのにエロくないw そして若干パンチ
不足かも。個人的に、ココのレーベルの時はいまいちで、麗人
の時が格段に面白いという印象なんですが。
でもいつも通り細かなやりとりは面白いし、色々と諦め気味な
おっさんならではの哀愁があって、何かクセになる味わいなん
ですよね。坊ちゃんのアシスト具合なんかも、すごく適当っぽ
いんだけどちゃんまとめてイイ話に持っていく感じはさすがだ
なと思いました。
描き下ろしの先生も可愛かったな〜vまぁぶっちゃけ、その扉
の奥を見せんかい!という感じなんですがw
ほんわか癒し系カップルにほのぼのでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







お父さんは悩ましい/吉池マスコ 【麗人】


〔2013/4/27〕

★★★☆☆

ある日、息子の部屋でガチホモ雑誌を発見!!ワラにもすが
る思いで部下の浅井に相談した安浦だが、「別にいいんじゃ
ないすか」と冷たくあしらわれて意気消沈。だけどある夜、
サシ飲みのあと酔った浅井に「安浦さん、ホモ嫌いですか」
と押し倒され・・・。仕事以外はちょー不器用&鈍感なお父さん
が今日も家庭にラブに悩みまくり!?ちょいおセンチでグッ
とエロスなマスコケティッシュvラブストーリー!!

面白かったですv 序盤、息子の部屋でガチホモ雑誌発見して
しまった父親が、部下に情けない姿をさらすコメディ・・・かと
思ったら、そんな真面目なノンケの父親が、ゲイの部下の自
分に対する好意を知って、不器用ながらも向き合っていくと
いう、ちゃんとした恋愛の話になっていたのがすごく良かっ
たです。油断してたらふと笑わせられるので、まったく気が
抜けないのはいつも通りw あと、エロがガッツガツしてるのもw

というわけで、受験生の息子を持つ普通のお父さんが、最初
は息子がゲイなのでは?と悩んでいたら、思いがけずそれが
自分に降りかかることになってしまい、グルグルしながらも
ちゃんと答えを出していくという、真摯な恋の話でした。
最初はふてぶてしいゲイなのかと思っていた浅井が、途中で
好きになってごめんなさいと涙したり、両想いになってから
は飯まずかったかなと気にしたり、お父さんの腕にしがみつ
いて大好きですと涙ぐんだり、どんどん健気なキャラになっ
ていったのが愛しかったですv Hは大胆だけどw

『こけむすまで』は『俺が世界を救う』の中で出てきた近藤
と神様の話。と言っても、前回をはっきり覚えているわけで
は無かったんですが、文句を言いつつも神様ラブな近藤が可
愛くて良かったです。死神兄弟も安定の可愛さv

いつもの感じからすると、少し本編がふざけ足りないような
気もしましたが、やはりこのユルユルっとした中に、意外に
ちゃんとしっかりとしたテーマがあるところがイイですね。
乙女化する男(オッサン)が楽しめる1冊でしたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







彼と任務とセックスと。/吉池マスコ 【ピアス】


〔2012/5/31〕


★★★☆☆

一見ひ弱な鵙(もず)は、ズバ抜けて優秀だがロクデナシの
エロ忍者・六郎太とコンビを組まされ「抜け忍」の討伐任務
を任される。ところが任務初日から六郎太に犯されるハメに
なってしまい・・・!?

忍の里でも特に屈強な者が集められている熊組で、唯一ひ弱
な体の鵙は下働きばかり。そんな鵙はある日、捕らえられて
いた片腕の忍・六郎太と共に、3年前に逃げ出した抜け忍達
を討伐する任務を任される。しかし節操なしの六郎太にいき
なり抱かれてしまった鵙。やがて二人の行動を監視する役目
の桔梗や六郎太本人から、六郎太の過去を聞かされた鵙は・・・。

忍者ということは、あの『エロ忍者〜桃尻忍法帳〜』の続編
だなとアホエロを期待して読み始めたら、がっつりシリアス
な内容でびっくりでした。
どうも前半は、攻がオラオラで、受がいいようにされている
ばかりであまり好みの話では無かったんですが、コンビニの
子供が出てくる場面からですね。
町蔵の背中を追いかけている子供・六郎太の姿に、そんな町
蔵を助けられなかった六郎太の無念、小さくなってしまった
町蔵の姿に涙。こういうままなら無さには本当に弱いし、ま
たマスコさんのタイミングの上手さもあって、見事にヤラれ
てしまいました。これで、前半の物足りなかった部分が一気
に埋まった感じで。

ただやはり、忍者ということでややグロい部分もありますし、
レーベルの都合もあるのか、+セックスという部分が前面に
出ているからか、いまいち恋愛の話としての掴みどころがな
く、笑いもほとんど無いので、いつものように笑いとエロの
融合的なマスコさん作品ではなかったかなと。まぁでも、読
み応えはあって、いつもとはまた違うけど、幅の広さが見ら
れたという点では良かったと思います。ま、ぶっちゃけ、さ
っきまであんなにアホアホだったのに、ホロリとさせてくれ
ちゃって・・・という塩梅が好きなので、もう少しアホ成分多め
が好みですが。

やたらと桔梗におしっこを漏らしたことがバレてないかと気
にする鵙のオバカ可愛さと、最後の桔梗のスルースキルの話
はウケましたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ご主人さまペロペロ!/吉池マスコ 【AQUA】


〔2012/2/10〕

★★★☆☆

私バッハは、犬でございます。ご主人さまは、エロ漫画家
という立派なお仕事をなさってまして少しでもお役に立ち
たいと思うものの、犬の姿ではままならず・・・。そんな私め
の願いが天に届いたものか、なんとなんと人間の姿になれ
たのでございます!!!さっそく張り切ってご恩返しをい
たします〜!!・・・のつもりなのですが、ご主人さまのそば
に居りますと、なにやら体の奥から熱い疼きがこみ上げて
まいりましてvv

表題作は3話。
元はエロ漫画家・神田の彼女に飼われていた犬のバッハ。
しかしある日、神田の仕事を理由に彼女は、バッハを置い
たまま去ってしまう。以来バッハは神田をご主人様として
慕うように。何とかご主人様のお役に立ちたいと張り切る
が、犬の姿ではかえって邪魔をしている始末。そんなバッ
ハの想いが天に通じたのか、ある日を境に人間の姿になれ
たバッハ。しかし何故かご主人様に対しもやもやとした想
いがこみ上げるようになってしまい・・・。

というわけで、犬から人間になっちゃった素直でオバカで
健気なバッハが非常に可愛い、ほのぼのとした話でしたv
最初にこのタイトルでコミックスが出ると知った時、あま
りのマスコさんらしさにどうしようもなく笑いがこみ上げ
てきてしょうがなかったんですが、読み終えた今でもやっ
ぱ笑えますねw 直接的なペロペロでは無かったですが、
ご主人さまラブ!というバッハの気持ちはすごく伝わって
きました。

内容はいつも通り、楽しいだけじゃなくバッハが一生懸命
字の練習をしているくだりなど、ちょっとホロリとすると
ころもあるのがさすがです。 
しかしこの3話、珍しくエロが無いんですよね。すごくビ
ックリして、もしやマスコさん宗旨替え?と思ったら、こ
の後の話からはがっつりエロがあったのでちょっと安心。
無くても全然OKではあるけれど、あった方がアホさとのギ
ャップとか、何かと魅力があるように思います。

『俺のミー子』(全2話)は、表題作の方でも出てきてい
た、バッハと同じように人間の姿になった黒猫・ミー子と
ご主人様でリーマンの前野。しかしこのミー子、名前に似
合わずゴツいしガラ悪いし下品〜w だけどその不気味さと、
意外に尽くしちゃう体質とのギャップが可愛くて大好きな
キャラでした。この肉食系乙男タイプ?は、マスコさんの
描くゴツいオカマちゃんを彷彿させますよね。何か哀愁が
あって好きなんですよね〜。いやいや笑った。エロかった。

『ふわふわびっち』(全2話)は、下っ端ヤクザの隆とウ
サギのきなこ。前半はビッチなきなこにノリノリで乗られ
ちゃう隆という話で、後半は隆の夜店(焼きそば屋)にき
なこがやってきて手伝ってるつもりが邪魔ばっかりだった
り、きなこが盛って帰り道に青姦することになったりとい
う、ドタバタとマスコさんらしいハジケっぷりで楽しかっ
たです。

『ゴリ男の片想い』は、柔道部の部長・岩城が、可愛い1
年生のマネージャー・ゆきおに惚れていて、意外にエロい
ゆきおのお陰で思いがけず上手くいっちゃうという話。
エロ〜w 黒パンツを見て「け・・・けしからん」と言う部長
が、何度見ても可笑しいw

『ミミモエ☆部長』はその続編で、付き合い始めて1年弱
経った二人がネコ耳プレイをする話。パジャマのくだりな
ど、思わずプッと笑ってしまうオバカコネタがさすがですw

おまけの描き下ろしでは、犬、ネコ、ウサギの3カップル
の生態に爆笑〜。

AQUAの作品ということもあり、ややいつものようなアホ
な中にも漂う哀愁・・・みたいな部分が少なめだったので、
正直ちょっぴり物足りない感じもあるんですが、すごく辛
辣ながらちゃんと愛が感じられ、何気にバカップルに仕上
がっているところはいつも通りのクオリティでした。この
品の無さがマスコ作品〜という感じでたまらなく愛しいで
す。面白かった〜v


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







黄昏小説家/吉池マスコ 【ショコラ】


〔2011/8/30〕


★★★☆☆

小説家の金春龍太郎は、20年来恋人だった編集者の
安田と別れることになった。心の支えを失った金春は
仕事に向き合うことができなくなる。さらに、真面目
で能天気でちょっとウザイ出版社アルバイトの田ノ原
の出現により終始イライラの毎日に。だが、そんな田
ノ原の明るさに巻き込まれ、少しだけ前を向きはじめ
た矢先、安田が金春のもとを訪れる。そして田ノ原は
金春の失恋の本当の意味を知り・・・。

18歳でバンドを辞めてクサっていた時期に、自分の作
家としての才能を見出してくれ、恋人兼編集者として
20年も傍に居てくれた安田に別れを告げられ失意の
金春を、真っ直ぐバカな編集のアルバイト・田ノ原が
少しずつだけど溶かしていくという、マスコさんらし
からぬw、しっとりとした話でした。

まぁとにかく、金春と安田は、安田が実家の造り酒屋
を継ぐ云々で、嫌いになって別れたわけではないので、
それがもう切なくて。なので、金春と田ノ原との恋の
進展にはあまり興味が沸かず、断然安田との話にキュ
ンキュンウルウルでした。読みながらずっと、より戻
せばいいのに・・・しか思わなかったw
1ページ目の後ろ姿がまた切なくってね〜。

全体的には、今までのマスコさんからしたら、かなり
あっさり風味なので最初はそこまで思うところも無か
ったんですが、読み返してみると実は、ざっくりして
るようでやっぱり結構細かい部分にじわじわ萌えるも
のがあって、何でしょうかね、この良さは。しっとり
だけど時々アホで、そういう哀愁みたいなのがしっか
りと何故か心に引っかかってくるというか。

やはり一番好きなのは、安田が原稿を取りに来る3話
ですね。ナチュラルに合鍵で家に入り、手馴れた感じ
でパソコンを開く、そんな後ろ姿に視線を送る金春。
「ただの一ミリも変わる必要ないって俺ずっと言って
来たでしょ」という言葉に、ズキュンとやられてしま
いました。その後のシーンも愛しそうに抱き合って・・・(泣)

まぁでも、最後らへんには田ノ原も、良い女房っぷり
を出してきたのが良い感じでしたね。金春の寝顔を見
ながら「かわいい」「って言ったらまた怒るんだよな」
「怒りんぼ」「でも・・・・・・好き」と心でつぶやくとこ
ろで、一気に田ノ原もいいかもねと思いました。(そ
んな最後の最後でw)
珍しくまだ恋人未満で終わった作品でしたが、こうい
うのもたまには良いものです。新たなマスコさんを堪
能できましたv

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







俺が世界を救う/吉池マスコ 【バンブー】


〔2011/5/27〕


★★★☆☆

この世の些細なトラブルの98%は、地球征服を企む悪い
宇宙人の仕業だった。しかし、地球上にはそんな悪い宇
宙人を倒せる能力を持つ人間が存在する。一見、平凡な
サラリーマン・花田もその一人だ。その恐るべき方法は
自身の持つ「キラー精子」を宇宙人の体に注入すること!?
愛のないSEXを繰り返す空しい日々の中、唯一の心のオ
アシスはお弁当屋さんの店員・斉藤くんの存在だったの
だが・・・。奇想天外な設定に愛と胸キュンがギッシリつま
った表題シリーズ他、純情ガテンおじさんの不器用な恋
を描いた読み切り2編を収録したマスコ節炸裂の最新作
品集!!

このちみっこ達は『ベイビーカムヒア』の死神兄弟です
よねw 何でか今回は地球を護る正義の味方になっており
ます。いや、アホ可愛かった〜w 飛んでいく衣装を追い
かける後ろ姿を思い出しては笑いがこみ上げてきて大変
です。『ベイビー〜』を読んでなくても全く問題ないで
すが、個人的に★5をつけた、ふざけているのに泣かせ
る名作ですので、読んでない方は是非v

表題シリーズが全4話。
『僕が世界を救う』は、平凡なリーマン・花田が交通事
故で死にかけたことをきっかけに、悪い宇宙人を倒す地
球守り隊のメンバーに任命されてしまい、人間の姿で生
活している悪宇宙人の中に、自らの持つ悪の成分を食い
尽くすという「キラー精子」を注入する仕事をするとい
う、何ともアホアホな設定の愉快な話です。
そんな花田の唯一の癒しは、行きつけのお弁当屋さんの
店員・斉藤くんだったんだけど、実はこの斉藤くんこそ、
悪宇宙人のリーダーで・・・。
設定や死神兄弟のアホっぷりと、エロシーンの醸し出す
色気のギャップってばw 特別上手い絵というわけでもな
いのに(すみません)、何かいやらしくていいんですよ
ね〜v

『俺はこの夏愛で飛ばすぜ』は、新たに死神兄弟が見つ
けたキラー精子の持ち主・水戸が、悪宇宙人が経営して
いるホストクラブにヒカルという名で潜入し、例の仕事
をこなしていくけれど、仲良くしてくれるキッチンの近
藤くんはオーナーの弟で、いずれ彼も・・・という話。
「オーナーも退治・・・すんだよナ」で毎回笑ってしまいま
すw そのアホさと近藤くんとの愛あるエロのギャップが
また良いです。近藤くん、エロカワv

『傷だらけの俺』(前後編)は、水戸と弟がデキちゃっ
て周りから仲間も居なくなって孤独になってしまった兄
(オーナー)が辺り一帯を牛耳っている松崎社長の屋敷
に連れて行かれ・・・という、割とシリアスな展開でした。
しかし「もー 弱ってるチンピラ好きなんだから!」や
ラストなど、死神兄弟の面白さは最高でしたね。この二
人、次は何をやらかしてくれるのやらw


『花とおじさん』は、不能気味のバツイチ40歳、大工の
棟梁・大助が、向かいのアパートに住む2回り年下のフ
リーター青年・拓を、危なっかしくて面倒を見ているう
ちに恋に落ちちゃうという話。
拓くんが常におじさん呼びなのがイケない感じがして萌
えますw パンツに手を突っ込まれてるおじさんに萌える
わ〜と思ったら、長野の直売所で見たズッキーニって!!w
何でこんなにいやらしいのw

『花びらのゆくえ』はそれから3ヶ月。一緒に暮らし始
めてラブラブ・・・なんだけど、おっさんはこんな自分で
いいのかと考えちゃうわけで。あぁ、おじさん可愛いv
しかもエッチの時まで自分でおじさん呼びなのが良い〜。

そういうわけで、ちょっと可笑しな設定の表題シリーズ
と、哀愁漂うおじさんシリーズと2種類でしたが、どち
らもマスコさんらしくて楽しかったです。私は特に、後
半のおじさんシリーズががっつり恋愛モードで好きでしたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ライオンヘッド★ハイスクール(全2巻)/吉池マスコ 【BIRZ】

 
〔2007/12/22、2008/9/24〕

★★★☆☆

ギザギザハートの問題児・嵐ケンジは、不良の収容所
といわれる獅子頭学園に転入する。一匹狼の嵐だが、
動物たちとはかなり仲良し。童顔の担任・橘高と世話
焼きの委員長に誘われて、飼育栽培クラブに入ったも
のの・・・!?どこか昭和系、キッチュでキュートな、
お騒がせ学園コメディ♪

非BLですが、微妙にBL臭漂う感じもありつつギャグ
たっぷり。でもノリはやっぱりまったりマイペースな
マスコワールドって感じで、非常に楽しかったです。
くだらなポイントが沢山ありすぎて、大変w ずっと
吹き出したりニヤけたりして読んでしまいました。

不良の収容所と言われている獅子頭学園に転校させら
れた嵐が、最初は一匹狼な気難しい不良かと思ったら、
実は、動物が大好きで動物に好かれちゃう優しい一面
があることが判明し、寮で同室の委員長と担任・橘高
に誘われ飼育栽培クラブに入ることになったり、嵐の
ことを子供の頃から勝手にライバル視している富樫に
絡まれたり、あとはちょっぴり恋をしたりと、何かと
賑やかな学園生活という話。

まぁとにかく、コネタが面白いw 何でこんなことを思
いつくんだろうというくだらないことが、このラクガキ
みたいな絵で見事に表現しきれているところが凄い!w
話としては特に何ちゃ無い、ゆるいものなんだけど、
動きがいちいち面白くてツボります。この味を知って
しまったら、かなりクセになりますよね。

BL的なポイントとしては、嵐が気になった隣の第二の
女生徒・愛原が実は男だったとか、その第二にマッチョ
でオネエな兄弟がいるとか、先生の雰囲気がぽいとか、
嵐父の風貌がぽいとか、嵐に対する富樫の執着もBL的
とか・・・ むしろこれ、ちょちょっと嵐と相原をくっ付
けるか、すごくイイキャラだった嵐父と先生なんかくっ
付けて、BLで出しちゃえば良かったのに〜と。
逆に、アンチBLの人に受け入れられたのか、非常に心配
でありますw もうBL扱いでいいんじゃないかと思う
くらいBLチックでした。っていうか、吉池マスコ丸出し
でしたw

あぁどのキャラも面白かったな〜。そんなん、嵐グレる
はずだわ〜っていう、幼少エピソード(塩辛オニギリw)
と父ちゃんのガラの悪さ、面白かったな〜。動物大好き
妹溺愛の嵐も、それを本気で邪魔する父ちゃんも、偶然
会った妹のお世話をするハメになった富樫も・・・もう何か
いちいち面白いところばかりで、好きな場面を書き出し
きれませんw あぁアホすぎて楽しかった〜。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







エロ忍者 桃尻忍法帳/吉池マスコ 【ピアス】


〔2010/5/31〕


★★★☆☆

・・・ここは、現代日本のとある孤島『忍びの里』。
一族の長の息子・れんげは可愛い顔して淫乱vしかも
魔性!世話役のはっちょりとは心も下半身も固い絆で
結ばれている・・・が、はっちょりに単独の出稼ぎ指令
が・・・!!

『エロ忍者 桃尻忍法帳』っていうタイトルだったのに、
中をめくったら本当のタイトルが『エロ忍者はっちょ
り君』だった時点で、ブハッと笑ってしまいました。

平成の世。忍者の活躍の場もすっかり無くなり、はっ
ちょりは一族の生活のために出稼ぎに出ることに。
そんな出発の日、はっちょりの前に現れたのは、はっ
ちょりが普段お世話をしている、親方様の息子・れん
げ。しかしいきなりれんげに薬を盛られ襲われ、はっ
ちょりはれんげのテクにメロメロに・・・

という、ちょっとヘタレなお間抜け忍者と、魔性の襲
い受の、愉快なエロマンガでしたw
あとは、親方様を好きなドMな獅子丸だとか、親方様
一番のお気に入りの盲目の稚児・ちどりと、親方様の
奴隷(?馬番)でマスクマンのゴンチャロフの恋など、
笑いとちょっぴりの切なさもあり、さすがのエロマン
ガでした。(やっぱり所属はエロマンガw)
ピアスだけあって(初ピアスかな)、今までで一番エ
ロが多いですかね。

考えてみたら、忍者に、くノ一風に、ガチポチャ、鬼
畜な主人に、少年、ガチムチ、ふたなり、おネェなオッ
サンに・・・何でもアリだなw ふざけているようで、意
外とちゃんと恋愛も描かれているようで、いないよう
で・・・ 何かもう、騒々しすぎて楽しかったので満足です。

まぁでも、親方が暴走したり、はっちょりとれんげが
エロエロしてるのより何より、ちょっと切ないちどり
とゴンチャロフの恋が、一番好きでしたけどね。
しかしホント、マスコさんのこのらくがきみたいなデ
フォルメ絵(常にデフォルメ気味ですがw)は、可愛
くってクセになりますな〜。


あ〜あ〜あ〜
桃尻丸出し






↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
にほんブログ村 BL漫画







永遠のボーイフレンド/吉池マスコ 【バンブー】


〔2010/01/27〕

★★★★☆

繁華街で小さな花屋を営む、顔はゴツいけど、心はオトメなみちる
姉さん。惚れっぽくて、世話好きな彼女(?)を慕って今日もたく
さんの人々が店を訪れる。店のバイトくんの先輩・克彦もその一人
で毎日店に顔を出しては、みちるに憎まれ口をたたいて帰っていく。
克彦を見ているとなぜか懐かしい気持ちになる、みちるだったが・・・!?

20年前に教会に置き去りにされていた子供を拾い、女手(?)一つ
で育て上げた、小さな花屋を営むオカマのみちる。その子供・比呂
樹は心優しい好青年へと成長したのだが、会ってほしいと連れてき
たのは、高校時代の担任・山本先生。比呂樹の幸せを思いながらも、
オカマとして決して平坦な道を歩いてきたわけでないみちるは、自
分と同じような思いはさせたくないあまり、反対してしまうが・・・

という、みちるさんの手から、息子が巣立っていく切ない話が、
『変態花屋の息子』。まず初っ端開いたところのカラーで、Cher
のエコバッグ持ってるみちるさんに笑ってしまいました。そんな
みちるさんには、同類のお友達が数名いるんですが、このオカマさ
ん達が、めっちゃウケます!比呂樹が家を出てから一週間、自棄酒
飲んで「あんな子、道端でのたれ死ねばいいのよ!」と暴言を吐く
みちるさんに「道端どころか その先生とぬくぬく過ごしてるわよ」
「そうよ〜〜〜ぬるぬるしてるわよ〜〜」「そしてぬぽぬぽしてる
わよ〜〜〜」ってwww ちょうど数日前に、自分が書いた『CAR
AMEL DEVILS』の感想のとこに貼ってある写真を見て笑ってたと
こだったんで、余計に既視感に吹き出してしまいました。

この笑った直ぐ後に、エロエロな濡れ場があったり、またすごい笑
わせたりと、くだらね〜(良い意味で)とか思わせといて、泣かせ
るシーンでの爆発力がホント凄い!不細工泣きが、本当にびっくり
するくらい不細工なんだけど、でもこれ以上ないという愛情がひし
ひしと伝わってきて、思わずもらい泣きしてしまいました。で、泣
いてる私に、その後にまたお下劣気味なオチで締めてくれた、マス
コさんのセンスに脱帽。何なんだ、このアトラクションみたいな
マンガw

『チェリーにくちづけ』は、比呂樹が先生のところに行っちゃって、
一人になったみちるのところに、今度はバイト希望の高校生・裕太
がやってきます。適当にあしらっていたのに、結局雇うことにして
しまった、心優しきオカマ・みちるさん。だけど実は裕太は、自分
の家に居候していたのに出ていってしまい、花屋の向かいのビルに
ある店で働いている、従兄弟のひっくんに恋をしていて・・・ という、
みちるさんが面倒だなと思いながらも、二人の恋のお手伝いをすると
いう話。 こんな絵なのに、エロがエロ〜〜〜。

『永遠のボーイフレンド』は、そんなみちるさんの切ない過去の恋
の話。裕太の先輩・克彦が、親のお見舞いの花を買うために、頻繁に
店を訪ねてくるんですが、この克彦が、口が悪いw 初っ端、みちる
さんをジッと見つめてるなぁと思ったら一言「毛穴 汚ねえなー」っ
てwww ブーケのセンスの良さを褒めといて「こういう細かい作業っ
てさー 指の太さとか関係ないんだねー」ってw で、このアホさが、
後の切なさを見事に引き出すわけになるんですが。

みちるがまだショーパブで働いていた若い頃、好きだったのは、口
が悪いけど何か憎めない性格の、向かいのバーのバーテン・ケンち
ゃん。皆に冷やかされて、ケンちゃんなんか好きじゃないわよって
言っているけど、本当はケンちゃんのことが大好きなみちる。ノン
ケで同棲してる彼女もいるし、小説家志望のためお金も持ってない
けど。ある日、彼女に叩き出され、みちるの家に転がり込んできた
ケンちゃんは、みちるの気持ちを知ってか知らずか、ちょっかいを
出してくる。そんでそれに耐えられなくなったみちるが、勢い余って
告白してしまい、ケンちゃんがそれに応えて関係を持つんだけど・・・

もう、切なかったですね。みちるさんが不細工に泣く場面で、こと
ごとく泣かされました。特に、ケンちゃんも本当はみちるのことを
好きなんだなというのが見て取れるだけに、いちいち切ない。どう
してこんなに不器用なんだろうって、ままならない感じがもどかし
いんだけど、ケンちゃんの死を、すごく冷静に受け止めれたみちる
さんの中では、ちゃんと整理できているんだという希望もあって、
いい話でしたね〜。最後の1ページは、読み返せば読み返すほど、
そこに重みを感じます。そしてふとしたときにこのタイトルが思い
浮かんで、ジンワリと染みるんですよね〜。「永遠のボーフレンド」
成就しなかった恋に、あまりにもピッタリすぎて、泣けます。

そんなみちるのことを、どうやら克彦は好きらしいw「ブス好き
デブ専枯れ専」って本人に言っちゃうwww またしても泣いた直後
に笑わされたし。何かなこの、真面目にフザけてる感じの心地良さは。


そして『24のひとみ』『タックル返しでほほえんで』は、可愛い
居酒屋店員の圭吾くんを狙っていた、元中学教師で、現在リーマン
の井上。そんな井上の前に現れたのは、中学時代の教え子・郷野。
大学でレスリングをやっているという郷野は、中学時代の姿とは
丸っきり違い、ゴリラのような逞しい体になっていた。可愛い子
好き(攻)の井上なのに、郷野に好かれてしまい・・・ という、あ
まりの押しに、やむを得ず宗旨替えを迫られてしまう井上という、
エロ面白い話。この突き進むしか知らないアホで、性欲だけは有
り余ってそうな郷野が、動物みたいで面白かったです。怖いくら
い一途なんだけど、そんな彼が見せた涙がこれまた汚ないながら
もキュンときてしまいました。


そういうわけで、みちるさんシリーズを読んで、やっぱこの人は
もっと高評価されるべき人なんだということを、改めて思いました。
笑いとエロと泣きの分量と、不意打ち具合が絶妙! 綺麗に泣けな
い「汚ない泣き」も大好きです。つられます。 泣かせておきな
がら、さっさと笑わせてしまう、その容赦無さがクセになります。
ふざけながらも人間味溢れる話を描ける、中々に貴重な作家さん
だと思います。もっとどんどん出すべき!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール