selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ダレニモイワナイデ/吹山りこ 【ルチル】


〔2013/9/24〕


★★★☆☆

バイト三昧で、女の子とも付き合ったことのない大学生の白浜
海晴は、見かけるたびに新しい彼女を連れている同じ学科のモテ
イケメン墨川快知に、ふとしたことをきっかけに懐かれる。その
理由が解らず困惑しながらも、快知との友情をはぐくむことにし
た海晴。一緒に過ごすうちに、次第に快知のことを意識しはじめ
た海晴は・・・・・・!?

恋を夢見る、ごく普通の大学生2年生・海晴が、同じ学科で見る
からにリア充のイケメン・快知に懐かれ友達になったら、何だか
段々惹かれちゃって・・・という話。

ほわほわしていて可愛くて楽しかったです。最初、快知が海晴に
べったりなのには何か裏があるのかなと思ってましたが、単に
この子も本当の恋愛を知らなくて、無自覚の執着だったんですね。
それがどんどん露呈していくのが面白かったです。ま、自分が関
わるのは面倒くさそうで嫌ですけどw
で、そんな快知に心乱されちゃう海晴がまた可愛いんですが、結
構はっきり物を言えるし、包容力もあるしと、意外に男前なとこ
ろもあり、応援したくなるタイプでした。
途中の、友達なのにいちゃいちゃしてる感じもそうですが、最後
ら辺で更に甘さが加わって百合っぽいカップルになっちゃってる
のが、吹山さんらしいなと思いましたw

何か、結局友達始まりの二人が恋を自覚して・・・という話なので、
ベースは特別変わったものではないと思うんですが、こうなって
こうなってと自分が想像できるものとは全く違う構成で話が展開
していくので、読んでてワクワクするんですよね、吹山さんは。
恋のことしか考えてない未熟な二人が微笑ましく、ほのぼのしま
したv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







イチゴジオグラフィック(2巻・完結)/吹山りこ 【ルチル】


〔2012/6/23〕


★★★☆☆

苺の研究に励む旭の前に現れたのは、苺色の髪と瞳の、苺の妖
精。旭は妖精に「ミツ」と名付ける。旭になつくミツに、最初
は訝しんでいた旭もまたミツを好きになるが・・・・・・!?旭の兄
・澄は、ミツを捜しにやってきたスキーナの下僕として契約を
結んでいたが、やがてお互いを想い合うようになり・・・・・・。
旭&ミツ、澄&スキーナ、2組の恋の行方は!?

苺農家で財を築いた淡島家に突如、苺の妖精・ミツが現れ、苺
の研究をしている次男・旭と惹かれあう。元々は小さいのに、
何故か人間サイズになってしまったミツを元の姿に戻すために
は、家を護ってくれている家宝である「苺石」にお願いをすれ
ばいいんだけど、二人は離れがたくて・・・。

いやいや、メルヘンチックで可愛かったv 前半3話がこの旭と
ミツの話で、後半3話は兄・澄とスキーナがメインですね。
ファンタジーなので、正直、何だそれはという部分もあるんだ
けど、何か独特の世界観ですごく楽しく読めちゃう、吹山マジ
ックw 感想が非常に難しいんですが、ほわほわふわふわで癒
されるな〜という感じです。前回足りなかったラブ成分も、バ
ッチリ補完されていましたねv

後半の澄とスキーナも良かったです。ここは前回から、澄が
スキーナの下僕という、何だか良く解らない関係の二人だった
んですが、澄が小さいスキーナに萌えっとしちゃう感じが面白
く、スキーナのツンデレっぷりも可愛いし、弟たちとはまた違
う乙女チックな話で楽しかったです。小さいスキーナの編んだ
髪の毛が、人間サイズの澄の指輪になっちゃうって、しかもそ
れが奇跡を呼んじゃうって、何その可愛いファンタジーvと半
笑いながらも、何か感動させられてしまっていたという。何気
に話の構成やコネタが上手いですよね〜。

妖精は二人とも純粋でキュートで、淡島兄弟は二人ともヘンテ
コでw、大変楽しいファンタジーでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







イチゴジオグラフィック(1巻)/吹山りこ 【ルチル】


〔2011/11/24〕

★★★☆☆

淡島農園の次男で、おいしい苺を作るべく、日夜研究
に励む旭。ある日、旭は、淡島家に代々伝わる「苺石」
の周りに、キラキラした花粉や小さな足跡を見つける。
その夜、旭の前に現れたのは、苺色の髪と瞳の、苺の
妖精。旭が「ミツ」と名付けたその妖精は、すぐに淡島
家に馴染む。旭になつくミツに、旭もまたミツのことを
・・・・・・!?

苺農家で財を築いた淡島家。次男・旭は、美味しい苺
の研究に余念がない。そんな淡島家では数百年前より、
家を護る赤い「苺石」にお供えをしてお祈りすると願
いが叶うと言われている。そんなある日、お供え物の
周りで小さな足跡を発見した旭は、2コ上の兄・澄が
見たことがあると言っていた「妖精」の存在を信じ始
める。するとその夜いきなり、人間サイズの妖精「ミ
ツ」が現れて・・・。

いや〜吹山さんらしい、ファンシーな内容ですね。
正直BLとしてはヌルいかもという感じはしますが、
おぼこいミツのリアクションがいちいち可愛いし、良
い感じに謎めいたストーリーだし、先が気になってサ
クサクと読めてしまいました。
ミツを元の姿に戻してやりたい気持ちと帰したくない
気持ちが混同する旭と、無邪気に振舞い戻りたいなん
て言っていたミツも同じように離れがたくなってきて
・・・という、お互いの淡い恋心にほのぼのとしました。
いつもほどのキュンは無かったですが、オバカな兄・
澄とツンデレ妖精・スキーナの関係も面白いし、ちょ
いちょいなるほどそういうこと思いついちゃうんだと
いう変な設定があったりして、何か本当に作者さんら
しいな〜と感じる独自の世界観で楽しかったです。
ラブは次回に期待v


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







Sparkling Romeo/吹山りこ 【ディアプラス】


〔2006/9/30〕

★★★☆☆

つきあいはじめて三ヶ月。だけどリョウはまだ、萌に
最後まで身体を許すことができずにいる。自分はどん
どん好きになってゆくばかりなのに、元No.1ホストの
萌は駆け引き上手で、本音が見えない。本当は、オレ
を落とすだけが目的なんじゃ・・・不安に駆られるリョウ
に萌は・・・・・・?

シリーズラストは、萌×亮カップルが3話と、その後
の志村×央士カップルメインで他のカップルのあれこ
れも見られる『Elixir Romeo』が2話+描き下ろし
でした。

萌×亮カップルは、付き合い始めたのに中々素直にな
れない亮と、余裕で駆け引きをしてくる萌・・・という、
またしてもこの堂々巡りな感じが吹山さんテイスト。
面白いですけど、面倒くさいですねw 何かと相手の
ことを気にさせられてばっかりで、可哀想な亮くんw
二人とも、えらく性格が変わったような印象もあるの
は、恋をしたからでしょうか。亮はすっかり恋する乙
女でしたね。

志村×央士カップルは、酔っ払ってきゃわわな央士か
ら始まったので、ただのラブラブ話かと思いきや、一
緒に暮らしたいくせに口に出せない央士を、志村が
じらして待つという、またまた結構意地悪な感じの
展開に。こういうの多いなw 好きって言わせたがり
みたいな。

まぁ何か、3組ともそれぞれ味がありましたけど、基
本的な部分はいつも読んでる吹山作品でしたね。こん
なセリフは言わないだろう〜という乙女チックさが
面白いんですけど、ちょっと回りくどくて、微妙に
イラッときたりして。でも何か可愛いから許しちゃう
というw

結局私的には、ぶっちゃけ、ホストカップルはあんま
り好みじゃなく、志村×央士と、仲本さん×詩生の、
素直にラブラブな感じが好きだったかな〜。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







Organic Romeo/吹山りこ 【ディアプラス】


〔2006/1/30〕


★★★☆☆

クラブ《ヴィンテージ・ロミオ》のキッチンで働く詩生
は、フロアマネージャーの仲本が好き。はたから見ると
仲良しカップルにしか見えない二人だけれど、実際はま
だ恋人未満な関係。相手の好意を信じ、思い切って自分
から告白した詩生だけど・・・・・・!?

シリーズ2冊目。
表題作『Organic Romeo』(前後編)の前に、V・Rの
ナンバー1・萌(きざし)とナンバー2・亮の『Sparkli
ng Romeo』(前後編)も収録されています。

『Sparkling Romeo』
男も女もOKな人気ナンバーワンの萌と、女性客とのマ
クラでナンバー2につけている亮という、前回犬猿の仲
だと思っていた二人がこうなるとは意外でした。という
か、亮は完全に脇でしか無いと思ってたw 
まぁ何か、最後のあたりの二人のやりとりは、吹山さん
らしく、良く言えば煙に巻いたような、悪く言えば言い
回しが面倒くさくてわかり難い味が出てたので、そこは
あんまり好きじゃなかったんですが、それまでのやり取
りは、普通に面白かったのでいいのかな。こういう上か
ら攻、お好きですよねw

『Organic Romeo』
こちらは、前作の主役・央士の幼馴染で、キッチンの詩
生と、チーフの仲本さんということで、続きを見てみた
いカップルというか、素朴そうな顔して意外にブイブイ
言わせそうな詩生ちゃんの姿を見たかったので嬉しかっ
たです。
詩生を特別で可愛いと思いながらも、恋人という関係へ
の戸惑いを見せる仲本さん・・・ということで、中々積極的
に攻めていく詩生に対して、仲本さんの気持ちがわかり
にくかったですね。でも一度認めてしまってからの暴走
はキュンでしたw 私的には、Sparklingカップルよりこ
っちの方が断然萌えでしたね〜。

駆け引きの心理描写が独特なので、単純な自分には少々
わかりにくく感じて、モヤモヤっとしてしまう部分もあ
るんですが、その分、少女マンガのような間と表情でキ
ュンとさせてくれるので、相殺かな。
ま、軽い気持ちで楽しめました。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







Vintage Romeo/吹山りこ 【ディアプラス】


〔2004/3/30〕


★★★☆☆

「俺を、酔わせてみろ」。ここは、ホストもホステス
もいるとびきりゴージャスなクラブ《V・R(ヴィンテ
ージ・ロミオ)》。偶然訪れた央士(おうし)は、店
の上客・志村に気に入られてしまう。甘い香りと大人
な雰囲気を漂わせた彼にキスされ、ドキドキの央士。
お酒が飲めない志村は、甘い恋で自分を酔わせろと言
う。彼に会いたくて央士はこの店のホストになるけれ
ど・・・・・・!?

3冊出ているシリーズの1冊目です。
クラブV・Rのキッチンで働いている幼馴染・詩生の家
に居候している央士は、詩生に頼まれV・Rに届け物に
行ったところ、そこで出会ったお金持ちのお客さん・
志村に気に入られてしまう。普段はザルで全く酔わな
い央士だったけど、志村の大人の魅力にメロメロにな
ってしまい、ちょうど仕事を探していたこともあり、
V・Rでホストとして働くことに。以来、央士の上客に
なった志村に、骨抜きにされていくばかりで・・・

というわけで、可愛らしい子が余裕のある大人にメロ
メロにされていく・・・というだけの話です。なので、こ
こが面白かった!というところが特にあるわけでもない
んですがw 吹山さんらしい、ポワポワっと頬染める
子に、読んでてニヤニヤっとさせられる、ちょっぴり
恥ずかしさが味わえる感じで面白かったです。

まぁぶっちゃけ、お互い「好き」と言わせたい意地の
張り合いは、ややグダグダで解り難かったかなと思わ
んでもないですが、まぁ可愛いからいっかなw 
恋してほわほわ、乙女チックな男子が味ですね。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







金・銀・心/吹山りこ 【ルチル】


〔2002/5〕

★★★☆☆

金色石を持って生まれてきた少年サフランを手に入れ
た者は幸せになると言われている。そのため、常に狙
われるサフランは、幼い頃からカイに守られてきた。
ずっと側にいるカイのことがサフランは好きでカイも
またサフランが好きだったが、不幸を招くという銀色
石を持って生まれてきたカイは、その想いを隠してい
て・・・・・・。

幸せになれるという金色石を持って生まれたサフラン
は、その石を手に入れたい者によって狙われるため、
生まれた時から従兄弟であるカイに守られてきた。
カイはサフランと反対に、銀色石という不幸を招く石
を持って生まれたため人が近寄ってこないばかりか、
身内にさえ疎まれる存在。そんなカイのことが大好き
なサフランは、カイを産んで姿を消した、サフランと
同じく金色石を持っていた母親の、その金色石が不吉
だと言われている北の森の中にあることを知り、カイ
を幸せにするために石を探しに行くことにするけれど・・・

という、10歳差ラブ。
ほわほわとしたファンタジーで、吹山さんのイメージ
にすごく合ってて、面白・・・・・・かったのに〜(泣)
切ないというかやるせないというか、何で〜!?と、
読み終わってしばらく、呆然・・・って感じでしたね。
その悲恋っぽい、えげつなさまで含めて、おとぎ話の
残酷さ風なんだと思うんですが、こりゃいかん。好き
だけど嫌だ〜。もっかい、ここ描きなおして〜w
だってやっぱり、そのサフランはあのサフランじゃな
いんだもん〜。素敵だけど、何度読んでも悔し涙に
近い涙が出てきてしまいます。石って何なんだ〜!
面白かったけど〜。え〜ん;


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







純情的。/吹山りこ 【BBC】


〔2001/5〕

★★★☆☆

有田志保は、名門男子高校のモンダイジ。そんな志保
を封じるため、学園が用意したものは、なんと、超キ
ュートな美少年・小町v おまけに小町は「Hのプロ」
というふれこみで・・・志保が小町にメロメロになっちゃ
うのは時間の問題!?

志保は、女グセの悪い高校2年生。そんな志保を見かね
た父親が更生を頼んだのは、父の代わりに杜学院の代理
理事長をしている同じ年の従兄弟・縁(えにし)。あち
こちで遊ぶ志保を阻止するため縁は、母親が水商売のプ
ロで、自身もやがてそういう業界で働くことを目標とし、
色じかけの経験を積もうとしている、経験は無いが知識
だけは豊富な美少年・小町を呼び寄せ、志保と恋人同士
にさせることに。迷惑だと言いながらも、妙に色気があ
って可愛らしさもある小町を放っておけない志保。しか
も二人きりになるとサド心が芽生えてきて・・・

経験は無いけれど、何だか妙にフェロモン出しまくりの
小町と、そんな小町に振り回されておかしな気分にさせ
られまくりの志保という、愉快な話でした。

設定変だし、キャラも変だし、話の進行も予測がつかな
くて、まさにデンパと紙一重・・・って感じなんだけど、
一度ハマってしまうとまんまとときめかされてしまいま
す、吹山作品。 掴んだかと思ったらスルリと抜けちゃう
小町の不思議ちゃんっぷりも、普通ならイラッとくるタ
イプなのに、何だか可愛くてしょうがなかったw
良い感じに青くて、程好くアホっぽくて、終始楽しかっ
たです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







不思議の国のフタリ/吹山りこ 【ルチル】


〔2010/8/24〕

★★★☆☆

とあるビルで繰り広げられる、4組の「フタリ」の
恋物語v
[第1話] ウサギが穴へ落ちて
   映像クリエイター×下っ端ホスト
[第2話] 涙のプール
   人形マニア×貧乏学生(+アリスコスプレ)
[第3話] 誰がチョコを盗んだのか
   ネットカフェ店員×ネットカフェ住人
[第4話] おかしなお茶会
   デザイナー×モデル兼店員
本編の他に短編と描き下ろしを収録し、様々な「フ
タリ」が登場!


『ウサギが穴へ落ちて』は、ホストクラブでバイト
している仁太が、接待でお客さんとしてやってきた
映像クリエイターの有澄に気に入られ、まんまと落
とされてしまうという話。まぁ何か変な話なんです
が、困ってる受ちゃんが可愛いし、意地悪な攻って
のも吹山さんらしいです。

『涙のプール』は、18歳になったと同時に、母親か
ら仕送り一切切られてしまい、家無し金無しになっ
てしまったハルが、ハルにそっくりのアンティーク
ドール・アリスを好きなリーマン・紺野に出会い、
お世話になる代わりにアリスなコスプレでお出迎え
しようとするけれど、可愛いハルに紺野は戸惑うば
かりで・・・という話。女装ありきが見え見えだからか、
いつものようなキュンは無く。

『誰がチョコを盗んだのか』(前後編)は、元彼の
暴露により親にゲイバレしてしまい家に居辛いため、
週5でネットカフェに住んでいる西薗。実は店員の
古東くんのことが気になっていて・・・という、これも
ちょっと攻が意地悪チックな。「デレ顔」が愉快で
した。

『おかしなお茶会』は、コスプレ系のデザイナー・
史也にスカウトされて、着想モデル兼店員になった
隼人。史也の可愛さにうっかりときめいちゃってヤ
バイと思いながらも・・・という話。乙女×乙女的な。

『恋の日記』は2000年の作品で、スカウトマンと
家出少年。
『大人にならないように』は2002年の作品で、メ
ガネの優等生・酒井を可愛いな〜と思っている、ち
ょい不良な真鍋。これは可愛いv

今回もまぁ面白かったんですが、何か持ち味の「好
きすぎる二人の微笑ましいやりとりにキュン」とな
るようなところが無かったんですよね〜。色々試行
錯誤しちゃうねちっこさなんかは、相変わらずヘン
テコで面白いんですが。
今回、大昔の短編が2本収録されていたんですが、
基本的に作風は変わってないなと。これの2本目
『大人に〜』くらいの恥ずかしさが、シリーズ4本
の中にも欲しかったかも。いや、他の作家さんに比
べれば、充分キャラの赤面率高いと思いますが。
吹山作品にしては、タメが足りないというか、意外
とサラサラとした味わいだったような。
もっとねちっこく!w


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







花サク恋ノ夜アケ/吹山りこ 【ディアプラス】


〔2007/7/30〕


★★★☆☆

かつて「男タカ○ヅカ」と呼ばれる舞台演劇専門の
男子校で姫役のトップスターだった樹(たつき)。
学生時代の恋は幸せな結末を迎えられなかったけれ
ど、数年の時を経た今、新しい恋と出会い・・・?
恋に臆病な女王サマ・樹をハッピーエンディングに
導くお相手は!?

表題作は、'98年から5巻まで出た『ツメエリヒメ』
の番外編で、失恋しちゃった樹くんの救済話になっ
てるようです。前作未読ですが、全く問題無く楽し
めました。

俳優・真山から依頼を受けて、樹の楽屋に花を届け
に来た花屋の永(はるか)が、真山から教えてもら
っていたイメージで花束を作ったんだけど、実際に
あった樹は印象が違って。作り直すことを口実に樹
を店に呼ぶうちに、お互いに・・・という話。と書いて
もあんま良さは伝わらないと思いますが、何か花の
匂いに酔うようなw ほわわ〜んとした空気の、すご
く微笑ましい話でした。ちょっと恥ずかしいくらい
メロッとなっちゃう受が吹山さんらしい。

『デカシバ』は、子供の頃から犬を飼いたかったん
だけど、犬は先に死んじゃって辛い思いをするから
ダメだとお金持ちの父親に反対されて未だ飼えずに
いる、ちょっと捻くれたおぼっちゃま高校生・波南
(はな)が、父の長期出張中に男遊びしている継母
に、父が帰ってくるからと愛人をクビにされた男・
シロウを犬として飼うことにするという話。
ワガママなのかと思ったら、意外に素直でピュアだ
ったハナが、えらく可愛いv こういう感じって、
他の人のでは中々見受けられないですよね。良い個性。

『ときどきドキドキ』(前後編)は、老舗旅館・胡
桃館の息子・尽が、大手旅館風巻グループの次男と
の縁談を破談にしたの次期女将である姉の代わりに、
風巻の長男・貫史の申し出で、風巻に見習いとして
修行に出ることになるという話。元々貫史に憧れて
いたぼんやりさんな尽を、尽の控えめさが前から好
きだった貫史が、じわじわと落としていく感じが面
白かったです。ピュアっ子受、イイ。

『そわそわのウズウズ』は、生徒の菅谷が自分の事
を好きだと気付いてしまった教師・嗣永。二人っき
りの放課後の補習でジワジワと・・・っていう、先生
がちょっとズルい感じが面白かったです。

というわけで、何だこれは〜!?っていう、受のメ
ロッと具合に、読んでてニタニタしちゃいますねw
普通に考えて、こんな可愛い男の子いね〜よ〜とか
思いつつ、まんまとその世界に入り込んじゃうんで
すよね。この人の乙女チックな甘さは、ハマるとと
ことん愛しく思えます。読んでて恥ずかしくなって
くるくらいなんだけどw
最初の頃は、男らしさを求めていたのか、このノリ
が掴めなくてあまり好きでは無かった作家さんです
が、今では可愛いぽややん受ちゃん達をもっと見た
い!と思ってしまう始末。癒されます。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/3PAGES | >>




イトラコナゾール