selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





Baby biatch!/石田要 【KAREN】


〔2012/11/28〕


★★★☆☆

万年発情期で運命の相手を探し続けている蓮の弟・桃は、い
つも失恋しては親友の塁になぐさめられてばかり。しかし塁
は桃への淡い気持ちを抱き続けながら伝えられないでいた。
塁の気持ちに全く気づかない桃は「やっと彼氏ができた!」
と塁に報告するが・・・。決定的にこじれてしまった2人の関係。
しかし、桃が悪い男たちに傷つけられたと知った塁は・・・!?
塁の桃を大切に思う気持ちに、心揺さぶられる!!!

2009年発売の『甘い俺たちのヘヴンな日常』のスピンオフ
で、そちらの攻・蓮の弟・桃の話。どうやら前回も少し出て
いたキャラのようですが、また例によって覚えていませんで
した、残念。が、読んで無くても問題は無いですね。
ただ、桃を塁が拾ったというような出会いになっていて、
前回でも描かれていて私が覚えていないだけなのかもしれな
いですが、どうもその辺りがちょっとぼんやり気味だったの
で、少し補足があったら嬉しかったかなと思いました。

というわけで、真実の愛を探しているオバカでビッチな桃が、
今度こそは本物!と思うものの失敗し、それを繰り返しなが
ら、結局いつも見守ってくれていたノンケの親友・塁の大切
さに気付くという、ベースは定番な感じでした。

そこに、ガテンのマッチョなバツイチおじさんを落としたり!
と思ったら、まさかの絵面!!!という笑えるオチがあった
り、バイト先のファミレスで出会った女の子みたいな男の子
とイザ!と思ったら相手がドSのタチ&超巨根だったという
オチがあったりと笑える感じになっていたり、かと思ったら、
セフレと正式に恋人同士になったと浮かれていたらクスリ+
輪姦という痛い目にあったりとちょっと切ない話にもなって
いて、中々騒々しくて面白かったです。まぁ、最後の男の話
は気分が悪くて苦手でしたが。
ひたすらヤリまくりの蓮×カヲルカップルが、こちらでもヤ
リまくり・・・たいところ、居候の桃がお邪魔を・・・という気の
毒な状態になっているのも面白かったですw

そういう桃と塁以外の誰かの話だけでなく、色々と遠回りし
て痛い目も見た桃が、塁に想われていて、自分にとっても大
事な人だということに気付き、これまで自分を抑えていた少
々ヘタレ気味な塁も想いを伝えることができ、何かいい話に
まとまっていたので良かったと思います。兄が桃を叱咤する
ところは、ちょっとウルッときてしまいました。

・・・っていうか、塁、さっさと桃を引き取ってやらないと、
兄達が気の毒過ぎ〜w


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







思春期男子純情系/石田要 【KAREN】


〔2011/12/28〕


★★★☆☆

神奈家は、父と3人兄弟の男所帯。ある日極悪ヤンキーの
次男・麻紀(18)が事故に遭ったことから記憶喪失になっ
てしまい、6歳以降の記憶を失った。純粋で天使のような
性格になったマキに、元々可愛い女の子が欲しかった父と
長男は女の子の服を与え可愛がり、マキは見た目も性格も
すっかり女子のように。しかし強いマキに憧れていた弟の
まゆり(16)は複雑な心境。そんな時、これまでマキにコ
テンパンにやられてきて、まゆりにも度々因縁をつけてき
ていたヤンキーの姫榊が、マキをまゆりの女だと思い込み、
手を出してきて・・・。

表紙から、見るからにヤンキーな2人が・・・という話かと思
ったら、向かって左の兄の方が、ドヤンキーからブリブリ
の女装子へ・・・というヘンテコな設定でした。しかし何か、
不思議なノリでハイテンションでエロくて面白かったです。
正直女装萌えではないので、子供に返ったというより完全に
女子化状態のやたらブリブリな兄に少々引き気味だったり、
ボコボコにされるシーンが長くてバイオレンス過ぎてここで
も引き気味だったりと、地雷的な部分も少なくなかったんで
すが、最後に期待通りに元の兄に戻ってしかもちょっとカッ
コ良くって、更に彼らのお互いへの想いを知って一瞬ウルウ
ルッとしてしまいました。読んでる時は、何で兄はここまで
まゆりに体を預けているんだろう・・・と不思議な感じがして
いましたが、彼の無意識の愛情が、あのような欲望に繋がっ
ていたわけなんだな〜と。変な話の割にはきちんと納得いく
オチになっていてストンと心に落ちてきました。

姫のセンスナッシングのTシャツは笑えるし、父と長兄も
変で面白いし、サルのように盛ってる二人の濃いエロも楽し
め、色々と豪快で面白かったです。かなり自由な感じですよ
ねw あ、「長兄×姫」、いいですね〜v 姫がいい鳴きっ
ぷりを見せてくれそうw

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







愛人隷属アレルギー/石田要 【BBC】


〔2011/12/10〕

★★★☆☆

身体から始まった関係が心を縛る・・・。
レイジは美貌とテクニックで男を翻弄する人気のゲイホスト。
そんなレイジに「専属の愛人になれ」という傲慢なセリフ
を吐いたのは、敦盛という年下の男だった。「生意気なヤ
ツ」と反発しつつも、敦盛と過ごす時間は魔法のように過
ぎる。いつしかその不思議なグリーンの瞳に夢中になり・・・!

今までその美貌とテクで、金持ちオヤジ達を手玉に取って
きたゲイホストのレイジが、新規の客に呼ばれ高級マンシ
ョンに。そこに居たのは2つ年下のイケメンで金持ちの男・
敦盛。しかもレイジを気に入った敦盛は、月300万円払う
から、専属愛人になれと言ってきて・・・。

うんまぁ何か、やんやとしていて楽しかったです。が、1
話の長さが短いためか、話がブチブチ途切れる感じになっ
ていたので、結構、これは何の話なのか・・・と思うところ
もあり。ぶっちゃけ、敦盛が王族とかあまり関係無いよう
な・・・と思わなくもないんですが、多分、ちょっとド派手
な感じのエピソードを入れたらこういう設定になった、み
たいな感じなんでしょうかw 
ま、強気なレイジが敦盛にアンアン言わされて絆されてと
いう土台の部分が面白かったのでいいかなと。最後は何気
に感動する話にまとまっていたし。母ちゃんイイ人や。
あとはレイジの後輩・てん太君がアホカワで良かったです
ねw これぞ子分キャラという感じで。やたら社長に懐いて
る感じもムフフとします。

個人的には、もうちょっと落ち着いてひとつのエピソード
を順を追ってじっくり読んでみたい二人だったんですが、
他所ではすこぶる評判が良いみたいなので、こういう進行
が好きな方も多いのかなと。ここで終わっても問題無さそ
うですがまだ続いているそうなので、どんな展開になるの
か楽しみに待ちたいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







純愛海上フルノット/石田要 【KAREN】


〔2010/4/28〕

★★★☆☆

東北の小さな港町で釣り船屋を営む歩夢のもとに、モデルの
ようなイタリア男・ロレンツォが現れた。風変わりな外国人
の積極的なアピールに戸惑う歩夢。だがいつの間にか身体も、
心も許し始めている自分に気付く。絡み合う吐息はシャワー
の音がかき消して・・・。俺はきっと、海の色の瞳を持つこの男
に溺れてしまう・・・!

3年前に他界した父親の跡を継ぎ、釣り船屋の船長になった
アユムの元に、2年前に知り合ったイタリア人・ロレンツォ
が1ヵ月半前に再び現れた。以来、アユムの船に乗って仕事
を手伝うロレンツォだったが、アユムはロレンツォの好意に
戸惑っていた。しかし不注意から怪我をしてしまったことで、
ロレンツォの存在が大きくなっていき・・・

石田さんのイメージにない漁船な表紙に驚きましたが、そこ
にイタリア人が出てくるという、これまたヘンテコな設定に
度肝を抜かれてしまいました。が、話はいたって普通w
男の子らしいアユムが、ロレンツォに頼ることに、そして男
に愛されることに躊躇する・・・という、中々萌えな設定では
ありますが、ちょっと盛り上がりに欠けるかなぁ。まぁでも、
いつものエロエロなものより、中身があって好きですけどね。


『甘い追憶』は、前作『甘い俺たちのヘヴンな日常』の続編
で、上司であるカヲルさんと、部下の蓮が付き合う前の話。
最初は蓮はカヲルのことを美人だとは思っているけれど、何
かと口うるさいカヲルさんを、苦手だと思っていたんですね。
だけど蓮がちょっと仕掛けてみたら、あらあらカヲルさんっ
てば可愛いじゃないの〜っていう。
『甘い情欲』は、同棲中の二人の部屋に、蓮の弟・桃が転が
り込んできてしまい、かまってもらえないカヲルさんは苛々
っていう話。まぁこのシリーズは、あんま深くは求めず、エ
ロを満喫すれば良いのかな。

『インモラルな狂宴 教え子達に弄ばれて』は、大魔導師様に
双子の教え子達が悪戯しちゃうという、触手なんか出てくる
ファンタジーエロ。こういうの苦手なんだよなぁ。好きな人
はお好きでしょうが。

そんなわけで面白かったですが、自分としては、表題作のよ
うなストーリー性のある話を、もう少し読みたかったかなと
いったところでしょうか。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








甘い俺たちのヘヴンな日常/石田要 【KAREN】

 
〔2009/6/27〕

★★★☆☆

クールな鬼上司・カヲルと、成績トップだけど態度最悪な
部下の蓮。密かに同棲中のふたりだったが、周囲にバレ
ないように付きあうのもラクじゃない。人一倍独占欲の強
い蓮に年中無休で発情され、貪るように蹂躙される身体・・・。

どこかでお目にかかった絵だなと思ったら、はいはい 『愛
繚乱学園』
の笛プレイ(そこしか記憶にw)の作者さんで
したね。

あらすじの二人は、不良タレ目攻×ツンデレメガネ上司で
全4本。嫉妬したりされたり、洗面所でヤられたり、説教部
屋でヤられたり、痴漢プレイさせられたり、カラオケBOX
でヤられたり・・・何かやたらと盛ってただけなので、あんま
り面白くもなく(失礼!)、次の短編 『天使のゆうわく悪魔
のほほえみ』 は逆に色っぽいシーンが全くなく、これも・・・
と思っていたのですが・・・

表題作のスピンオフ、蓮の同僚・市井×大桁弟(おおけたで)
の 『ヲタクの恋のススメ』 がヒットしたので、帳消しで★3に
繰り上がりました。BLマンガの中で「BLマンガプレイ」(爆!)
面白すぎです。あ〜ほら、また、こういうノリノリHだけが
記憶にインプットされちゃったよ〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村




何足でも試せる 送料&返品無料!靴の通販サイト Javari





愛繚乱学園/石田要 【BBC】


〔2007/12/10〕

★★★☆☆

男子校 愛繚乱学園をにぎわすイケメン集団「GLG」。
彼らは眉目秀麗、頭脳明晰を学外にも知られるとっても
クールな存在。
クリスマス祭の準備に励む越前真人は、ツリーの前で
運命の出逢いをする。それは美形で長身の藤宮だった。
GLGと縁のない真人は、彼がその一人とは気付かず・・・

GLGって何の略でしょう。ぷぷっ。good looking guys
ですよー。そのような美しい5人組のそれぞれの恋と、
自分とは世界の違う、美しいしかも男子に好きだと
いわれてしまい、とまどう庶民 真人クンの話です。

と、このカプより、むしろ他の2カプの方が断然エロくて
好きでしたけどね。(メンバー同士ね。どんだけやおい。)
まま、初コミックスということですが、良かったのでは。
藤宮がナゼにそこまで真人を好きになったのかというような
場面がしっかりあると、もっと深くなったかなと。真人の
気持ちがわかり難かった感じもするし。
あと、前半絵がごちゃつき気味?と、最後友情終わりだったのは、
あんま好みじゃないなぁ。ラブが良かった。


「駄目だよ 義虎 こんなの・・・ 吹けない・・・」


兎ちゃん義虎カプ。音楽室Hで笛を吹いてたのは、今見て
も笑える。本人達マジだし。






| 1/1PAGES |




イトラコナゾール