selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





La Partita(ラ・パルティータ)/杜山まこ 【GUST】


〔2001/9〕


★★☆☆☆

映。やさしく俺を呼ぶ、叔父の聖里。そう俺はずっとあの
人に恋をしている。あの人が見つめているのが、世界的な
ヴァイオリニストの俺の母だってこともちゃんと知ってる
んだ・・・。だから、俺はヴァイオリンが弾けなくなった。
あの人が本当に求めているのが、俺の音ではないことが、
こんなにも悲しくて・・・。

2年前の15歳の誕生日に、大好きな叔父・聖里(ひじり)
から、母親も持っている物と同じ、高価なヴァイオリンを
もらった映(あきら)。それから暫くして、聖里の母親へ
の想いを知ってしまったことから、才能がありながらもヴ
ァイオリンを弾く事をやめてしまった映は、自分を傷つけ
るという不器用な方法で聖里の気を引くことしかできずに
いた。そんな時、映のヴァイオリンの講師・広崎先生と聖
里が付き合っていると聞かされて・・・

義姉をずっと密かに想い続けている叔父と、公演で留守が
ちだった両親の代わりに面倒を見てくれた叔父を、子供の
頃から好きな高校生の話。
まぁ何か、静かでシリアスで、面白くないわけでもないん
ですが、どうも叔父の気持ちが何だか良くわからんかった
なと。結局甥っ子に絆されただけなんじゃないのか?とい
う、何とも全体的に のぺ〜っとした話でした。

ちなみにここで出てくる聖里の友人医師・中津川は、これ
の前に出た『花束に手を上げろ!』の攻ですね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







花束に手をあげろ!/杜山まこ 【PIXY】

 
〔2000/11〕

★★★☆☆

ちょっと変わった外科医中津川は治療に通ってくる
典型的銀行マンの静香に素敵な一面を見つけた。
恋する男はどんな行動に出るのか?

中身も'97〜'98年とちょっと古いですが、確実にメ
ンズラブ的BL(境目どこだw)を読ませてくれるだ
ろうということで読んでみました。

あらすじの二人は、表題作と『恋愛の距離』の2本。
白衣の下に派手な花柄シャツと、医者らしくない外科
医・中津川は、手を怪我した患者で銀行マンの静香と
出会う。会う度自分をジッと見つめてくる静香に戸惑
う中津川だったが、ある瞬間から静香が可愛く見えて
しまい・・・

ただの野暮ったいリーマンかと思っていたのに実は華
道の次期家元だった可憐な静香に惚れてしまい、欲情
しちゃって強引に・・・という、オレ様な医者と恋愛に
不慣れでワタワタなメガネっ子という、微笑ましい話
でした。
話にそれほどインパクトは無いんだけど、会話が自然
で、キャラにも愛着がわきますね。ときめかせようと
している雰囲気作りに好感が持てるな〜。キスの間が
エロくてよろしい。

『FAKE LOVERS』男に好かれやすい靫弥は男避けの
ため、1年前から友人・哲生に付き合っているフリを
してもらっている。しかし最近哲生がよそよそしくて・・・
フリがお互いに本気になっちゃうという定番な話。地
味だけど色気があって良い感じだと思います。

『このアパートの鍵あげます』彼女にフラれ自棄酒。
翌朝目覚めた渉の横にいたのは、大学生っぽい亮司と
いう男。仕事から帰ってからもまだ家にいる亮司に戸
惑いながらも、やがて友人として仲良くなっていった
二人だったが、実は亮司は高校生で・・・ とまさかの
高校生という展開にイラつきながらも、気持ちは止ま
らないという話でした。

『BODY TALK』物理教師・楡崎を好きな生徒・蓮見。
全く相手にされてないのに、好きでしょうがないのは
どうしてだろうと、シンプルに恋に悩む高校生が青く
可愛らしい話でした。最後の最後に先生のオスの部分
が見れたのがグーでした。

そういうわけで、一部横書きのレトロなモノローグが
あったり、とにかく何でこんなに地味なんだろう・・・と
いう感じなんですが、作り自体は丁寧なので好感持てる
し、BLの基本という部分に関しては、かなりイイとこ
ついてくれてるんですよね。しかしホント、地味w
でもその分、古くても突っ込みたくなるような突拍子の
無さや違和感が無くて、スルッと入ってきます。
今、描いてみて欲しいな〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







今度こそ本気!/杜山まこ 【ピアス】


〔2001/10〕

★★★☆☆

お互い好みのタイプじゃないのになりゆきまかせで
関係を持ってしまった竹井と仁科。ところがふたり
とも攻役専門で思わぬコトに・・・!?

表題作と、続編の『Love Trick』、描き下ろしの『
カワイイ コイビト』があらすじの二人。
アパレル会社社員の仁科とフリーデザイナーの竹井は、
仕事上のパートナー。ある日夜の街でばったり遭って
互いの嗜好を知って以来、仕事以外でも言いたいこと
を言い合える仲に。お互いの相手と上手く行っていな
いこともあり、竹井は仁科をつい誘ってしまったが、
二人ともタチのため、何かと うわてな仁科に、竹井は
ヤられてしまい・・・

という、攻×攻の攻防・・・は呆気なく仁科に軍配がw
その後も口では懸命に男としての威厳を保とうとしな
がらも、体はどんどんネコ化していく竹井の強がり具合
と、仁科の落ち着いた色気が、ひじょーに萌えでした。
体にお互いの気持ちが追いついていく感じが、とても
丁寧に描かれていて、マウント争いには負けたけど、
負けもまた勝ち、みたいな。一貫して男×男という部分
が崩れてないところも、ラブ度がどんどん上がっていく
ところも、上手かったと思います。もっと読みたい。

その他短編が4本。
『ウラハラな口唇』は、デザイナーの久貴と、8歳年下
の幼馴なじみ・棗。棗は10年前に、初めての自慰を久貴
に教えてももらって以来、久貴のことが好きなんだけど、
久貴はクールで・・・ という、実は10年間耐えてきた久貴
が暴走する感じが色っぽくてイイ。

『その気にさせて』は、アパレル会社の若き社長・須藤
と、入社一年目の風間。入社面接で須藤に一目惚れして
以来、須藤に妄想を抱きまくりの風間が、資料室で須藤
とセフレの仁科が致しているのを見てしまって・・・ とい
う、若者暴走エロ。楽しい。

 『午前0時のSweet Funny Fighter』 は、コンビニバ
イトの高校生・圭太に惚れてしまい、毎日通っている料
理人の河野が、ある夜、男ともめている圭太を助けたこ
とから、親しくなって・・・ という、ちょっと天然っぽい
受ちゃんと、若者相手に中身は必死なオトナという二人の
かけひき。じっくり攻めていく感じが色っぽくて良かった
です。

 『素直になれなくて』は、元ノンケのリーマン・麻貴と、
大学生・準也。3年前に、準也の強引な押しにより付き合
い始め、すっかりネコにされてしまった麻貴なのに、友達
との付き合いに忙しい準也におざなりにされて・・・ という、
オトナリーマン、欲求不満で暴走という話。


先に読んだ他の3冊『パワフルゴシップ』 『甘いぬくもり』
『誘惑の香り』 も非常に良かったですが、BBC2冊は特に、
エロさ控えめだったので、この本の色っぽさが際立ってます
ね。何だろう、他の本もそうですが、カップリングがすごく
好きというか、どの話も言動がナチュラルで、でも乱れる時
はちょっと自分を見失っちゃう、みたいなさりげなく色気に
スイッチする感じが、ホエ〜っとね、魅了されます。
最近は描かれていないのが非常に勿体無い、オトナの男×男
を魅力的に表現できる作家さんなんじゃないかと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








誘惑の香り/杜山まこ 【ピアス】


〔2004/1/31〕

★★★☆☆

カフェでバイトする俊哉が出会ったのは、クールビュー
ティーな常連客のカナエ。そんな彼の大人の色香にすっ
かり搦め取られてしまったノンケの俊哉が、戸惑いなが
らも本気の恋に堕ちていく・・・。

シリーズで3編だったこともあり、いー感じに葛藤が
描かれていて、色気もあって良かったです。
『大人になっても』も『野良の棲み家』も、どれも
みんな奥ゆかしさがあって、雰囲気いいです。でも
完全シリアスなので、もう少しキュートさが欲しい
ような気もするけど。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





パワフルゴシップ/杜山まこ 【BBC】


〔2003/5/10〕

★★★☆☆

今どき熱血体育教師のヒカルと、クールな美術のコウ先生。
相性最悪の二人だったけど、ある噂がきっかけでお・も・わ
・ぬ急接近。・・・でも、その噂ってのが問題で!? センセイ
たちのLOVE事情はいつもハラハラ。

先生×先生というだけで萌えますけど、コウ先生ががっつり
先生じゃなくて臨時で、普段は創作活動みたいな設定なので、
芸術家×普通の兄ちゃんみたいな感じだったかな。

でもリーマン同士のラブ『すきだから、ゆるして』もドキドキ
していい感じだったし、この方、2005年の『甘いぬくもり』
以降出してないようなんですけど、ちょっとつめればもっと
萌えを描けそうなので、もったいないなぁと。





甘いぬくもり/杜山まこ 【BBC】



〔2005/6/10〕

★★★☆☆

恋人にふられたばかり、その上利き腕を骨折してしまって
凹み気味の深秋。ところが、アシスタントについた後輩
伏見にやたらと甘やかされて、何かと大事にされて、気が
つけばいつの間にやらそばにいて・・・

萌え〜。スマートに尽くす年下の忠犬ぶりがたまらにゃい。
他にも三作入ってるけど、どれも気持ちの動きが上手に
描かれていて、ほどよい甘さで、結構好きだった。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール