selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





いけない陰陽師/浅葱洋 【光文社】

 
〔2009/8/27〕

★★★☆☆

17歳の高校生・春貴(はるたか)は、陰陽師を生業と
する三門守家の後継者で、あやかしを呼び寄せてしま
う厄介な体質の持ち主だった。そんな春貴を、遠縁の
陰陽師・むつきが守役兼保護者として陰ながらサポー
トするが、実はとんでもない黒い性格を隠していて・・・!?

三門守家の次期当主である春貴は、陰陽師修行中の
高校生で、護衛兼指南役の凄腕陰陽師・むつきと一緒
に生活している。むつきは、甲斐甲斐しく世話を焼いて
くれ、当りもソフト、陰陽師としての腕は確かと、頼れる
男なのだが、実はもうひとつの面を持っていて・・・

というわけで、普段メガネで敬語で温厚そうなのに、実
は傲慢で不遜でワイセツで、黒いんだぞ〜という、二面
性のある攻が楽しい話。途中で、むつきの過去バナや、
二人の出会いなんかもあったので、苦手な設定だった
けど、意外と楽しめました。まぁ獣化するのを、欲望を
吐き出すことで食い止められる・・・とかいうのは、ありが
ちで、ちょいサブですが、原作者(波巻トウカ)がいるせ
いか、前回の執事の話より、全然内容があって、好きで
した。

短編で、全然別のお寺が舞台の『ネコミミミステリー』は、
ネコミミが生えちゃった獣医さんが、お祓いに訪れて、住
職にセクハラされるという、インチキ住職のエロさが楽し
いコメディ。

最後に表題作の描き下ろし『あぶない陰陽師』というの
が収録されていて、ここでは「素のお前でいーんじゃね」
という春貴の言葉に、おもいっきり素で過ごすむつき。
これはヒドイw 素だと超ヤな奴w かなり過剰演技なん
だろうけど、黒いだけでは魅力がないということが、春貴
と共にはっきり確信できた話でした。

そんなわけで、超面白いというわけではないけど、テンポ
も良いし、サラサラッと楽しめました。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








僕と執事の秘密な関係/浅葱洋 【光文社】


〔2007/11/29〕

★★☆☆☆

あーはい。もう多分、想像されているような感じです。
僕と執事がエチーな関係な・・・

ってか、自分の本、帯がついてるから気付かんかったけど、
坊ちゃま肌色見えてるやん。


英国貴族の子息 クリスの元に教育係として執事のトレンス
が現れる。しかし、幼いクリスに授けられた教育とは、夜毎
繰り返される甘美な躾だった。
身も心も執事トレンスに教育され、盲目に愛を注がれてゆく
クリスだが・・・

いいのか?ここまであからさまに教育しちゃって。ねぇ。
ワタシ的には、執事というのは一歩下がった位置にいて、
ご主人様をお慕いしているのが萌えなので、これはちょっと
積極的すぎて引いたな。ま、執事が好きなら、それでいいと
いう人にはいいんでしょう。執事の手袋萌えとかね。






| 1/1PAGES |




イトラコナゾール