selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ふつうのこ/松本花 【花音】

〔2014/11/29〕

★★★☆☆

奇跡の美形だけど性格が超地味な草壁慧はいつも「つまらな
〜い」とフラれてしまう不憫男子。ある日、クラスメイトの
進藤が同性とタダならぬ関係なのを目撃してしまう慧。恋愛
に縁がなさそうな同級生の「内緒」を知った高揚感と、普通
で地味な自分を面白いと屈託なく言う進藤の笑顔に慧は謎の
ドキドキ感で支配されるようになり・・・v
無駄にイケメン高校生「恋」のお悩み物語v
雑用クラス委員とカリスマ生徒会長の格差ラブコメ「さわれ
ずの君」も収録

久しぶりに、虫じゃない松本花作品w
外見が美形でモテるけれど、自分があくまで普通のつまらない
人間だということ自覚し、失望されないように人と関わらない
ようにしている高校生の慧が、明るいクラスメイト・進藤の秘
密を知ってしまって・・・という話。
そら、誤解するわ〜w 彼氏がいるのにどうやって恋愛になって
いくんだろうなぁ・・・とかまんまと騙されたw
お子様時代の回想シーンも可愛くて印象的。ないしょにしてね、
って。たまらん〜v

『さわれずの君』 入学式で生徒会長に一目惚れした田中は、
会長に近付くためにほぼ雑用係であるクラス委員長に立候補。
会長の手伝いをしながら名前を憶えてもらい、数か月後に告白
してみたところ、自分からは触らないというのを条件にOKを
貰った。しかし何とかして触りたいと思う田中は・・・という話。
わぁ、こちらも可愛かったv 田中の頑張りにほのぼのしますね。
結論は出てないけど、まいっかw
 

↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







蜜の王国(4巻・完結)/松本花 【花音Cita】

〔2014/10/29〕

★★★☆☆

葉陰に住む小さな小さな虫さんの世界には歳の差、主従、軟
派×堅物、ツンデレの4カップルがおりました。そんな彼ら
のかわいい恋の結末は!?何度でも読みたい!いじらしくっ
て癒やされる恋する「虫ッコ」擬人化BL、堂々完結!

あ〜終わってしまったぁ。
最強の癒し漫画なので読めなくなっちゃうのは寂しいですが、
どのカップルもちゃんといい具合に収まった感じだし、最後
の最後まで幸福感をお裾分けしてもらえて満足ですv

新たな悪者が出てきたけれど、それも見事に無自覚に懐柔し
ていく、緑ちゃんの虫たらしっぷりが最高。黒ちゃんの嘘を
見抜いて「うそごっこ」をするところとか、思わず感心して
しまいました。この二人のラブラブには、本当いちいち癒さ
れますねv

あとは何気に、七星と亀児の話にはウルッとさせられたし、
今回もやはり、全部の話がほのぼので面白かった。 
また1巻から読み直してみたくなりました。
緑ちゃんも皆も元気でね〜v


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







蜜の王国(3巻)/松本花 【花音Cita】


〔2013/3/28〕

★★★☆☆

「坊ちゃんを傷つけるヤツは許さない」
寡黙で強いてんとう虫・天道組の亀児は愛してやまない若
頭・七星を傷つけるもの全てが許せない。それには理由が
あって・・・vvv ムフフ妄想編、風邪編、虫歯編も収録。
小っちゃくて、いたいけな虫さん達の悶絶ラブコメ読切シ
リーズ第3巻

や〜もう、相変わらずかわいい〜v 癒されました〜v
優しく素直で森の皆に愛されているミドリムシの緑ちゃん
と、ツンとしているようで実は緑ちゃん大好きなクロアリ
の黒ちゃんという同棲カップルの他に3組の虫カップルを
交えた、ほのぼののんびり虫マンガ。

緑ちゃんファンとしては、もっと緑ちゃんの分量を〜!と
いう感じもあったんですが、今回メインになっている、
子供時代の七星とカメの話も非常に面白かったので満足。
カメを看病する健気な坊が可愛すぎて、若干ウルッときて
しまいましたw
最初の方の話で「くるくるしてるアニキも素敵ですよ・・・」
と妄想するカメも面白かったし、後の方の、坊が酒屋にお
つかいに行く話での緑ちゃんとの絡みも、組の皆さんの苦
労もウケました。
前回は、坊の天然な可愛さに萌える天道組の皆さん・・・と
いう感じだけでしたが、こうやって過去話ががっつり読め
たことで、カメの坊に対する愛情がしっかり把握できて良
かったです。

あとは、鈴木さんはいつも通り真面目可愛いし、影達は少
し少なかったですが、緑ちゃんとの絡みはいつも通り笑え
たし、直接的BL表現は皆無ですが(今回、黒ちゃんのお食
事シーンがなかったですよね)、全然OK!
可愛い成分が多いので、気付いたら結構な回数、フフフフ
笑いが漏れてしまっておりましたw 黒ちゃんはただの寝ぼ
すけでは無かったのか〜v

次巻でラストということなので、彼らとの別れが悲しくて
読んだら泣けてしまうんじゃないかという気もしないでも
ないですが、また可愛いこの子らに会えるのを楽しみに待
ちたいと思いますv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







蜜の王国(2巻)/松本花 【花音Cita】


〔2011/1/29〕

★★★☆☆

素直で可愛い〜「アブラムシ」緑ちゃんは 強くてカッ
コいい「クロアリ」の黒ちゃんとちょ〜ラブラブ同棲
中vところが、緑ちゃんの天敵 「クサカゲロウ」草ち
ゃん(ツンデレ)や 「ナナホシテントウ」天道組の粋
な若頭・七星と 舎弟・亀児に目を付けられちゃって・・・vvv
遊び人はっちゃん×マジメ眼鏡スズキさんの恋も注目★
ちっちゃな虫さん達のBIGラブ読切シリーズ第2巻!

待ってました〜v
アリジゴクに住むウスバカゲロウのおっさん・影を勝
手に友達扱いしてるためw、影狙いのクサカゲロウ・
草ちゃんに嫉妬されちゃうんだけど、ぜんっぜん動じ
ないどころか、逆に友達になっちゃう緑ちゃん。激カワv

今回は、はっちゃんとスズキさんの恋が結構進展して、
非常に良い、ヘタレ×ツンデレが出来上がってきまし
たね。スズキさんカワユス。良いメガネw

そして新キャラ、ナナホシテントウの七星と、舎弟の
亀児(カメノコテントウ)というおもろい極道も登場
して、益々賑やかになってまいりました。極道も友達
にしちゃう緑ちゃんw しかもこのナナが、組のもん達
から萌えられているキャラというのが非常に宜しいw

そんなわけで、他のカップルが濃かったことや、新キ
ャラの登場などもあり、前回に比べると緑ちゃんのハ
ジケっぷりが若干大人しかったかな〜というのと、黒
が緑ちゃんにデレてる姿(というか、お食事姿をw)
をもっともっと見たかったよ〜という点で、少し物足
りなさはあるんですが、でもやっぱ素直で皆に愛され
てる緑ちゃんに癒されまくったので、満足。
まだまだ当分見ていたい人(虫)たちです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







仔猫王子/松本花 【JUNET文庫】


〔2010/10〕


★★★☆☆

のどかな国のワガママ王子が、庶民の青年に一目惚れ!
仔猫に化けて迫ろうとしたら、Hな魔物に捕まって、ヤ
ラしい悪戯をされてしまい・・・!? 猫耳王子の冒険譚v
表題作ほか、イケ豚三兄弟vs天涯孤独のちび狼、コワモ
テ床屋さんとシャイな兎耳王子など、ケモミミ男子満載
の、本当はラブラブなBL童話・西洋編!!

というわけで、こちらは洋風のおとぎ話を元にした1冊。
『長靴をはいた仔猫王子』(前後編)があらすじの話で、
たまにテンションが上がりすぎて「きゃ〜」となっちゃ
うところがたまらなく可愛い王子に笑わせてもらいましたw
しかしやたらと傷だらけな水紅が気の毒なんですけど・・・
ま、その後幸せになったみたいだし、いっかw
『はだか王子』(前後編)は、その続編。たった2年で
めちゃめちゃ絵が変わっておりますw

『王子の耳』は、ウサギの耳が生えている王子が、無愛
想な床屋に出会い自信を取り戻すという、キュートな話。
『レンガの家』は、イケメン豚三兄弟の働き者の三男が、
子離れで親に置いてけぼりにされた狼の子と出会って、
一緒に暮らし始めるという話。
この2本は比較的短い話ですが、それでもしっかり読ま
せてくれますね〜。

『雲のうえ』は、真面目で働き者の貧しい青年・ジャッ
クが、動けなくなっていた老人に食べ物をあげた代わり
にもらった豆が、一晩で見事に天まで延びて、上ってい
ったらそこには一人きりで暮らすキュートな子が住んで
いたという話。美味しい時は歌を歌っていたというのが
切なくて、ウルッときました。可愛いな〜。

『オオカミと白ヤギ』は、腹をすかせた狼が、白ヤギ一
家に押し入って、逃げ遅れた子ヤギを食べようと思った
ら、あまりのキュートさに違う方向で食べちゃうという話。
『金の家 銀の家』は、人買いに連れられる途中、沼に落
ちちゃった少年を拾った、孤独な沼の主。自ら買われる
ことを望んでいたのは・・・という、ろくでもない少年かと
思ったらピュアだったという話でした。

『いばらの塔』は、魔女の呪いで20歳の誕生日に眠った
ままにさせられてしまった王子が、キュートな騎士に助
けられるという話。可愛い〜。

『ガーベラ天使』は、'96年の作品ということで、絵柄が
違えば、作風も昔のJUNEって感じだな・・・という解り辛さ
でした。
『ピノ』は、博士と子供クローンの話。長田ノオトさんと
いう方との合作ということで、二人の絵の違いに超違和感
+話も良く解りませんw

そういうわけで、こちらもキュートな子がいっぱいで、
『雲のうえ』なんか大好きだし面白かったですが、最後の
2本がいまいちだったこともあり、『一寸少年』の方が満
足度が高かったかな〜と。まぁでも、2冊トータルで見る
と、どの話もしっかりとまとまっていて、読み応えがあり
ましたね。非常に萌え萌えしましたw
新装版にしてくれて感謝。


 ↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。




↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







一寸少年/松本花 【JUNET文庫】


〔2010/10〕

★★★☆☆

姫の身代わりで、鬼にさらわれてしまった小さな少年・
一寸。物怖じしない愛らしさに、孤独な鬼は悪戯心を刺
激され・・・!?小さくても感度は人一倍vの一寸と孤独な
鬼の甘い生活を描いたBL版一寸法師!!ほか、可愛い雪
地蔵の恩返しや、みにくいカメの子が浦島太郎にご奉仕v
など本当はラブラブなBL童話・日本編!!

'99年と'01年に『一寸少年』1,2巻として発売された
和洋のおとぎ話ベースの話を、和風と洋風に分けて出し
なおした新装文庫版ということです。こちらはその和風
の方で、半分くらいが『一寸少年』シリーズ。

都で一旗あげるつもりの一寸が、鬼の藤に惚れられ、蒼
天という名前までつけてもらってラブラブという話。
最初が'97年の作品ということで、確かに今の絵とは違い
ますが、松本さんらしい愛らしさは変わらないですね。
ちまっとした蒼天がとにかく可愛く、萌え萌えしてしま
いましたw 基本ほのぼのなんだけど、藤が子供の頃の話
『泣いた緋鬼』は切なくてウルッときたし、話の優しさ
に思わず鼻の奥がツーンとくるような感動が、度々あり
ました。上手いな〜。

『雪男』は、吹雪の中倒れた少年と、彼を助けた雪男の
話。これも結構ウルッときた〜。傷だらけの背中とか、
雪に書いたお礼とか。

『浦島綺譚』は、二人の兄に醜いと虐げられている末弟
・亀太が、兄に命令され地上に稚児探しにやってきて、
子供に虐められているところを助けてくれた浦島の前で、
かぶっていた醜い顔のかぶりものが取れてしまい・・・とい
う、コメディ。脱げるシーン、ウケたな〜。

『狐のてぶくろ』は、人間に母親を連れていかれてしま
い一人になった子狐・楓が、手袋を買いに訪れた店で店
主に気に入られ、お金の代わりに・・・という可愛い話。
最後はウルッときました。

『雪地蔵』は、笠売りの若者が、誰も気付かない小さな
地蔵に自分の手ぬぐいを掛けてあげたら、その夜地蔵だ
というチビッコがお礼に来るという。ほのぼの〜。

『願い事、三つ。』は、坊主に化けた野盗と、騙そうと
した子狐。すっとぼけな狐が可愛い。

そんなわけで、基本的にほのぼのしているんだけど、何
故かその素直さに涙腺を刺激されること数回。何でこん
な話を思いつくんだろうかという、作品に漂う優しさに
癒されました〜。きっと新装版にならなかったら、読む
こともなかっただろうなという作品なので、こんな形で
読めて良かった・・・としみじみ思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。




↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







苺王子(2巻)/松本花 【ディアプラス】


〔2010/6/30〕


★★★☆☆

とある星の第一王子クラム(王族ベリー家)は、伴侶
を得るべく地球へ来て、佐藤一(24歳・司書・メガネ)
と恋におちた・・・・・・が、ある日、クラムはぬか漬けを
食べて卒倒、復活した彼は品行方正な好人物に大変身!?
もとの人格に戻る治療に専念するクラムの心はなぜか
晴れなくて!?愛しい気持ちはぬか漬けの香りとともに☆

前作から2年半ぶりの2巻です。
ということでだいぶ設定を忘れていたんですが、自分の
書いた感想を読んで復習。たまには役に立つもんだw

今回は、クラムがぬか漬けを食べたことにより、真逆の
紳士な性格になってしまい、治療のために里帰り。それ
を家で待ち続けるハジメ・・・ということで、今までとは
ちょっと違ったクラムが見られるという話でした。
相変わらずラブの話としては物足りないような気もしま
すが、弟のラズが可愛かったり、周りが賑やかしくて楽
しいので満足。料理長と医者の話も気になりますね〜v


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







星屑町のパンのミミ(1巻)/松本花 【シルフ】


〔2010/1/22〕

★★★☆☆

ここは燈京都星屑町(トウキョウトホシクズチョウ)・・・。
パンの耳のような形をしたおうちに住む園村ミミはちょっと
おてんばな女の子。便利屋のパパは現在音信不通中で、弟の
ユウと二人暮らし。そんなある日、パパを尋ねて「捜し屋」
と名乗る二人のメガネ男子・・・ 一人は不思議クール系男子、
一人は優しいお母さん系男子・・・が現れ・・・・・・成り行きで彼
らと同居することに!?松本花が描くレトロモダンな世界を
舞台にちょっと不思議な事件簿、開幕です。

非BL。
大正レトロでコメディでミステリーな、松本さんらしい可愛
らしい話でした。

母親が亡くなってから、便利屋の父と弟と3人で小さな家に
暮らしてきた、女学生のミミ。庶民のミミだけど、良くして
くれている母の兄が、良家の息女が通う女学院の学院長のた
め、ミミも通わせて貰っている。しばらく父親と連絡が取れ
なくなってはいたが、いつものことと元気に暮らす姉弟の前
に、ある日、「捜し屋」だというメガネの男2人組が、父の
手紙を持ってやってきた。手紙には「自分を捜して欲しい」
とあって・・・

父親の消息を掴むため、千里眼を持つ晶と、彼の助手をつと
める高田と関わることになり、更に晶が過去にその千里眼で
助けた女優・月神ルナが関わってきたり・・・という、ドタバ
タとした話で、まだ続いているし、父親の謎が謎過ぎるため、
まだそこまで面白いと感じることは無かったですが、絵がと
にかく可愛いので、それだけで結構楽しめました。今後、恋
の話になったりするのかな?機会があれば続きも読もう。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
にほんブログ村 BL漫画







カメラ・カメラ・カメラ(全2巻)/松本花 【ディアプラス】

 
〔2002/2/28、2003/2/28〕

★★☆☆☆

戸川章は、兄・悟が好き好き大好きっ子(内緒だけど!)。
ある朝、そんな彼の前にヒゲのカメラマン・中原薫が現れた。
そしてなんだか章の内緒の気持ちを見透かしてる模様!
しかもどうやら中原、章に恋の予感を抱いてたりしてて!
つきまとわれ、迫られ・・・・・・次第に章の心にムムムな気持ちが!?

6歳の時、親の再婚で兄弟になった、兄・悟に会った瞬間に恋を
してしまった章は、10年経った今でも悟が大好きで、何かとのん
びりさんな悟をお世話したりして満足していた。そんな時、街中
でぶつかったカメラマンの中原に、悟への気持ちを見透かされ・・・

というわけで、その中原が、カメラマンの仕事で、章の学校に来
たんだけど、章が小突いたことで階段から落ちて骨折してしまい、
章がお世話することになったり、兄のことを好きな女子が現れた
り、中原のことを好きな男の子や、中原の元カノが出てきたり・・・
と色んな話になってるんですが、何かどんどんズレていくような。

ひとつひとつのエピソードは、面白くないこともないんですが、
まとまりがないので、肝心の「章と中原の恋」という部分につい
ての印象が薄っすいです。心理描写がほわほわとしていて、
つかみどころが無いんですよね。自分的には「兄への気持ちが
中原に向いた」というだけの恋愛話で充分だったんですが、色
んな付属の話が付いて、随分賑やかしいことになっちゃってる
ので、どこにポイントがあるのやら、さっぱり理解できなかった
感じです。しかも、いっぱいキャラが出てきたけど、その一人
ずつのエピソードが一見濃いようで、でも結局、へぇ〜だから?
みたいな印象しか残らなくて、何の話だかさっぱりです。

まぁ嫌いなわけでもないんですが、長い割にはあんまりどうでも
いいかなと。どうやら前の作品『夏休み』で登場していた章の若
かりし頃の話、ということのようですので、そっちを読んでれば、
また違う感想なのかもしれませんが、これ2冊だとこんな感じで。

で、結局、中原が旅に出て戻ってこなかったのは、どうしてなん
でしょうか・・・


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

 

↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ











蜜の王国(1巻)/松本花 【花音Cita】


〔2008/9/29〕

★★★★☆

小ちゃくてかわいい緑ちゃんは強くてかっこいい黒
ちゃんが大好き。ふたりはとっても仲良しラブラブ
です。遊び人のはっちゃん、マジメ眼鏡のスズキさ
ん、ダンディ・影ちゃん、大切なお友達と過ごすス
テキな毎日は宝物。
時にはちょっぴり切なかったり、思わずキュンとき
ちゃったり・・・そして、優しい気持ちが甘い恋へと変
化して!? 小さな虫さんたちのおっきなラブと幸せ
がいっぱいつまった大人気シリーズ待望の第1巻。

あ〜んもう、癒されちゃいました〜。
心優しく素直で元気いっぱいなアブラムシの緑と、ク
ールで怖く見えるけど、緑にだけはめちゃくちゃ優し
いクロアリの黒というカップルに、緑を好きなアブラ
ハチのはっちゃん、黒を慕ってやってきた真面目な働
き蟻のスズキ(後にはっちゃんとスズキがいい感じに)、
アリジゴクのおっさん・影など、色んな虫たちの恋と
日常と妄想が描かれ、ひたすら楽しいんだけど、時に
は切なくなるようなエピソードもあったりして、とに
かく癒されました。

正直、虫に興味がないし、片方がショタっぽい外見な
んで、う〜ん・・・とか思って読み始めましたが、コネタ
は効いてるし絵も可愛いしで、楽しくて何回も読み直
してしまいました。
そもそも「アリがアブラムシのお尻から出る甘い蜜を
吸う」っていうことが、この話の発端になっているよ
うに、虫知識とBLが上手いこと融合していてビックリ。

まぁ一番のポイントは、物怖じしない緑の大胆な行動の
可愛さでしょうね。あとはたっま〜に見れる、緑と黒の
イチャついてる(というか、黒がニヤけてる)シーンの
甘さでしょうか。全く、蜜吸ってるだけだってのに、何
でこんなにエロいんだってのw

周りの人たちが振り回されながらも、緑から何かを学ん
で一緒に成長していってるようなところもあり、何かと
優しい気持ちになれる、絶妙な空気を醸し出してる、お
茶目BLです。 いや、早く2巻読みたいわ。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ



お歳暮特集2009
贈るものが決まっている方はココが便利
商品ジャンルから選ぶお歳暮ギフト
贈るものが決まっている方はココが便利
絶品グルメや、スイーツ、産直フルーツ満載
注目ショップの逸品を贈る
絶品グルメや、スイーツ、産直フルーツ満載









| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール