selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





まほろ駅前多田便利軒(2巻)/山田ユギ 【白泉社】


〔2011/3/4〕


★★★☆☆

東京郊外、まほろ市。便利屋を営む多田は、ある日の
仕事帰り、高校の同級生・行天と再会する。高校時代
から「変なやつ」だった行天は、行くあてがないらし
く、その日から多田のもとに転がり込むことに・・・。
バツイチ三十路の男二人生活が始まるが、行天が来て
からは普通のはずの仕事が、なぜかひとくせあるよう
で!?

まほろ市で便利屋をしている多田が、高校の同級生だ
けど話したこともなかった行天と再会し、成り行きで
家に置くことになってしまい、面倒な奴なんだけど何
故だか放り出すこともできず、一緒に色んな依頼をこ
なしていくという、人情物語的な話。非BLです。
そういう、男二人がつるんでいて、のほほんとバカっ
ぽい中にも、それぞれの持つ過去の哀しみがジワジワ
と匂うようになっていて、この辺のさりげない哀愁の
漂わせ具合が普段のユギさんの作風とブレが無く、原
作未読の自分でも大変楽しく読めています。感想サイ
トなんかを見てみると、原作既読の方達の誰もがユギ
さんのコミカライズに大満足!って感じですもんね。
ひとつひとつの表情が非常に印象的で、脱力部分のア
ホさはキュートで、本当に良い漫画を描かれる方です
よ。この雰囲気が、ホント大好きv

前半3話は、小学生・由良を塾に迎えにいくという依
頼を受けた多田便利軒。実はちょっとくわせものの由
良が、とんでもない事件に巻き込まれていて・・・という
話。決してガキの扱いが上手くない二人が、またお子
様の相手を強いられているのがウケますが、変に同情
したりしないで、大人と同じような接し方なのが渋く
て良いですよね。きっと似たような痛みを知っている
からこそなんだろうなという言葉の数々が非常に印象
的でした。由良、生意気だけど可愛かったな〜v

後半2話は、売春婦のルルにもらわれていったチワワ
のハナに会いに、元の飼い主で小学生のマリちゃんが
アパートにやってくるという話。そこに多田の過去や、
行天の元妻と娘が出てきたり、ルルの同居人・ハイシ
ーをストーキングする山下の話なども交えてあって。
これだけ話がまたがっていたらごちゃごちゃしそうな
ものですが、見事にスッキリ的確にまとまっていて、
どれもこれも気になる〜という状態で終わっております。

そういうわけで、高校時代の指の事故の原因、多田の
妻と子供との過去、行天の幼少期と結婚時代の謎と、
小説未読の自分にはまだまだ知らないことだらけで、
早く続きが読みたくてしょうがないという感じです。
映画の方が先に公開になっちゃうみたいですねw
1巻を読んだ時、この程好い脱力感は邦画っぽいな・・・
と思っていましたが、やはり映画化されたようで。ふ
むふむ納得w(最初キャスティング、逆かと思いまし
たがw ユギさん絵のイメージだと、行天はもう少し
キレイ系の顔の人かなと。話の内容からすると、二人
とももうちょいオッサンがいいのに・・・とかいう感じ
もありますよね。 でも集客ありきの映画という媒体
だから、こんなところかw)






↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







冷蔵庫の中はからっぽ(文庫新装版)/山田ユギ 【GB】


〔2011/1/24〕


★★★☆☆

「まんが家になりたい」・・・そう言って勘当された清水
俊介は、一つ下の後輩・梅谷健吾のアパートに転がり
込むが、共同生活はとってもビンボウ。おぼっちゃん
育ちの清水は何もできず生活力のある梅谷に頼りっぱ
なし。互いに惹かれ始めたふたりは、やがて恋人同士
になるが・・・・・・!?コミックス未収録作「冷蔵庫の中
はからっぽ2010」&描き下ろし漫画を収録し完全文庫
化!!

ルチル版は勿論大事に保管してますが、今回、未収録
の「2010」と描き下ろしの「2011」が収録されてい
るということでしたので読んでみました。
読んでるはずなのに、全然覚えてなかったということ
もあり、こんなにカワイイ話だったのか〜と、新鮮な
気持ちで読めてしまい、大変 得しちゃいましたw
いいですね〜このテンポ。気付けばずっとクスクス笑
ってました。アホなんだけどいじらしくて、とっても
愛しい二人ですv

『冷蔵庫の中はからっぽ2010』は、清水20歳(売れ
ない漫画家)、梅谷19歳(建設会社社員)。連載も決
まってやっと忙しくなってきた清水が、二人でラブラブ
の時間を過ごすために別に仕事部屋を借りることにし
たのはいいが、今度は帰ってくる時間がなくて、結局・・・
という話。あぁ相変わらず梅谷が一途で優しくて、イイ
ですね〜。今回本編を読み直して、自分の中の梅谷好
き度がパなかったですw デカいですよね、気持ちが。

『冷蔵庫の中はからっぽ2011』は、梅谷の妹・佐保
ちゃんが彼氏を連れてくるという話。
仲直り、ラブい〜w カワイイ〜w

両方ともページ数としてはそんなに多くないんですが、
昔やったネタとかぶらせたりしていて、彼らの関係が
変わってないのをより実感できたりして、何だかテン
ションが上がりました。昔の絵も味があっていいし、
そんな二人が現在の色気アップの絵柄で描かれている
というのもまた感慨深いものがありますね。 
あぁぁもっと読みたい! つか、ラブラブしてるとこ見
たい!w


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







愛想尽かし/山田ユギ 【HertZ】


〔2010/12/1〕


★★★☆☆

「・・・抱いてよ。一度だけでいいんだ。いい思い出にする
から」ある雨の降る夜、椹木恭介は捨て猫と一緒にかつ
て自分が助けたことのある青年・春日柊也を拾った。そ
の日から、ふたりと一匹の同居生活が始まった。他人を
信じることができない柊也は、椹木とも寝ることで関係
を築こうとするが、椹木は愛情や信頼のないセックスを
拒絶する。ゆっくりと、少しずつだけれど、ふたりの関
係に変化が表れ始めたある日、柊也が再び椹木の前から
姿を消してしまい!?

『たかが恋だろ』に続く、英田サキさんとのコラボシリ
ーズ2冊目。(↑つい最近読んだと思ったのに、もう
1年半も経ってる・・・)
前作の最後で、大切な義弟・泉巳を高津戸に託し自首し
た椹木ニイサンが、刑期中に出会った何だか目が離せなか
った青年・柊也と、シャバで再び出会うという話。

いやもう、これまたユギさん独特の色気がパなかったですねw
前作は、甥っ子・誠くんのお子チャマパワーでシリアスな
がらも愉快だったんですが、今回は一貫してシリアス。
話は、孤独に生きてきた柊也が、やっと辿り着いた温かい
場所。この人のために変わりたい・・・そう思うけれど、簡
単には幸せになれなくて・・・という定番なので、これは!
というほどのものは無いんですが、まぁとにかく、ユギさ
んの味付けは絶妙。原作知りませんけど、この間と絵柄あ
ってこその1冊という感じがします。

特にオヤジスキーなわけでも無いんですが、ユギさんの
描くオジサンは別格っすw
まぁ正直、いかにも原作有りだなという、妙に安定しきっ
てる感じが物足りなくはありますが、落ち着いてしっとり
読むには良いんかなと。読み返す毎に味わいが出てくるよ
うに思います。

どうしてもこのタイトルを見るたびに ♪とぅないとぅない♪
と歌ってしまう自分w 世良氏の色気もパないと思いますw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







一生続けられない仕事(1巻)/山田ユギ 【バンブー】


〔2010/10/9〕


★★★☆☆

新人弁護士・早坂義人は修習生時代に指導を受けた先輩
弁護士・三上陽彦に憧れて、彼の事務所に入所した。頻
繁に事務所に出入りする三上の同期弁護士・片山柾にイ
ジられながらも日々忙しく仕事に励んでいる。しかし、
三上と片山の間にある友情以上の「何か」に気がついて
からはなぜか冷静ではいられなくて・・・!?

半年前の修習生時代にお世話になった先輩弁護士・三上
が独立するという知らせを受け、その事務所に入ること
になった早坂が、三上の同期で頻繁に事務所に出入りし
ている片山にセクハラされながらも頑張ってお仕事。
ある日、眠る三上をそっと撫でる片山を目撃。二人の間、
そして二人の共通の友人で亡くなった小野田の間に何が?
そんな中、段々と片山の優しさがわかってきた早坂は・・・
と、新人弁護士くんが、恋に仕事にまだまだこれから!
という、お仕事多めの第1巻でした。

依頼人がやってきて・・・な感じが、『おひっこし?』みた
いで、仕事の話としては普通に面白いんですが、ラブが。
ラブが足りねぇ〜w  もちつけ!まだこれからだ!とい
うところでしょうが。1話目が'07年で最後が'08年とい
うことで、かなりゆっくりペースな掲載のようですので、
また次が出るまで時間かかるのかもですね〜。
(しかし出版は麗人なのに、掲載はリブレ?そこんとこの
関係が良くわからんです、BLは。)

まぁまだそういう意味では満足!とは行ってないものの、
見事に世界に入り込ませてくれるユギワールドは堪能でき
てるかなと。全部終わって通して読むと、また面白さが
増すんでしょうね。
特に、ユギさん定番のチャラいオッサンのガサツ具合に萌
え〜v 時々見せる男前な顔、くわえタバコに萌え〜v
と、オッサン(片山)にはえらく萌えさせていただいてお
ります。過去にワケありっぽいし(小野田絡み?)哀愁が
あって好きですね。勿論、他のキャラも立ってます。と
いうか立ち過ぎてて、主役であるはずの早坂のキャラが
薄まってる?まぁでも、今後、メガネくんにも恋する男の
色気が出てくるようになるでしょうから、森×三上の関係
も含め、楽しみはいっぱいであります。早く続きを〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







青年14歳/山田ユギ 【ルチルGB】


〔2010/01/22〕

★★★★☆

小学校からの親友・町田に彼女が出来て、なんとなくさみしい
伊東。しかもなぜか町田から避けられている。言いたいことを
言えと迫った伊東に町田は「じゃあ、やらして」と一言。もう
おまえ以外じゃヌケない、という衝撃の告白に伊東は・・・!?

'02年発行のルチル版('98年に山田靫名義で出されたもの
の新装版)は既に持ってるんですが、今回「コミックス未収録
作160P超&描き下ろしマンガ収録」ということでゲットして
みましたよ。結果・・・・・・ 青年18歳、サイコーーー!!!
実は面白いと思いながらも、年齢が低めだったし、ギャグ的要
素が強いため、そんなに思い入れのある作品でもなかったんで
すが(ってか、過去の自分、もうちょっとちゃんと感想書いと
けや!w)一気に大好きになってしまいました。よし、今回は
ちゃんと書くぞ〜。

ちなみに「青年14歳」と言えば ♪ やっばんで ノーパンで 冗談
で暮れる 青年14歳 セイ!♪ なんですが、あのアルバムは名作
揃いですよね〜〜。(って、いつでも名作ばっかりなんですけ
どねぇ)  ♪和菓子をくれたレストラン♪ ってw
貼り付けちゃお!




『青年14歳』
小4からずっと一緒の親友、町田と伊東。町田が美人の中沢と
付き合い始め、寂しいなと思っていた伊東を、逆に町田が避け
始める。避ける理由を問いただしてみると、何故か町田は、伊
東にヤラしてくれと言い、断るといきなりキスをしてきた。
実は彼女とは既に2週間くらい前に別れたと言う。それは、い
ざベッドインとなった時、何故かヤル気が失せてしまい、代わ
りに伊東の自慰を想像したら、挿入以前にいってしまったとい
うのが原因で。それ以来、伊東でないとイケなくなってしまっ
た町田は、好きなのかは判らないんだけど、伊東のことを考え
るとドキドキすると。勿論長年一緒にいる伊東には、それを町
田が本気で言ってるということを理解できたが、簡単には認め
るわけにいかず。しかし町田のことを考えると、今度は伊東が
いやらしい気持ちになってしまって・・・

という微笑ましい思春期な話です。戦意喪失の際、とっさに伊
東のことを思い出そうとする町田が「そうだあいつ毎晩〜 ベッ
ドの下にかくしてる 菅野美穂写真集で」って言うとこで、毎回
笑ってしまうw

『青年14.5歳』
さて、あれ以来、放課後学校のトイレでかきっこするようにな
った伊東と町田だが、毎回町田にヤラせてvとねだられてしま
う伊東。そんな二人も3年生になり、初めてクラスが別れたけれ
ど、相変わらず一緒に帰っている。急に背が伸びた伊東のことが、
何だかカッコ良く見えてしまう町田。そんな時伊東が、昔自分達
をいじめていた女子にラブレターを貰ったことから、町田は危機
感を感じ、またしても迫ってみるのだが・・・

というわけで、告白を断る伊東ですが、その理由が町田がいるか
らvという、町田にとってはこの上なく嬉しいもので。ムードに
流されて、すわ町田受けるか!?というところでしっかりとオチ
がついておりまして。あははは、良い勢いです。

『青年15歳』
相変わらず、どっちが女役をするかの攻防を続ける二人。そんな
時、町田が失敗した時のことが、校内で噂になっていた。発信源
が中沢だと思った伊東は、中沢がまだ町田に未練を持ってるのだ
と不安に。しかし真犯人は、中沢の新しい彼氏・長尾で・・・

結局なんだかんだで、伊東がその気になるまで待つと言った町田
だったけど、そんな町田にムラムラきた伊東によって、いとも簡
単に受にされちゃった町田〜w 「痛ぇー!」が笑える。

『青年18歳』
高3になった町田と伊東。実は付き合っていたのはあの一瞬だけ
で、別々の高校に進学したため、めったに会うこともなくなって
いた。そんなある日、予備校の友達とカラオケ屋に息抜きに行っ
た町田は、そこでバイトする伊東に会ってしまう。忘れられると
思っていたのに、3年経っても変わっていなかった自分の想いに
戸惑う町田。そして伊東も・・・

という、二人の間にそんなことがあったんだ〜という話と、再会
できたのに何かにつけガンガン伊東を殴っちゃう町田というハイ
テンションなノリ・・・なだけではないですね、さすが! 二人が
うわんわん泣いちゃうシーンには泣かされます。伊東が一途だっ
たところもたまんなかったし、ホント可愛いヤツらだ。
そして巻末の『青年?歳』も、ま〜だごちゃごちゃやってるw
このアホさが良いんですよね。でもちゃんと色っぽさも出て、非
常に良いカップルになりましたよ。ラブだね〜。
あとがきイラストの「青年24歳」の話も読みたいですね〜。


あとは『猫になりたい』『駆け出す男』『花とおじさん』『かな
しいからじゃない。(前後編)』という4本と、『花とおじさん』
の続編で同人誌発行の『ぼくのおじさん』という作品が収録され
ていて、古いけどやっぱちゃんと面白いんですよね。リーマン同
士の『駆け出す男』のノリなんか、いかにもユギさんっぽくて好
きです。

そんなわけで、今回のこれは、『青年18歳』+『青年?歳』
の描き下ろしだけでも、買う価値充分でした。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








まほろ駅前多田便利軒(1巻)/山田ユギ 【白泉社】


〔2009/12/18〕

★★★☆☆

東京南西部、最大の街・まほろ市。庭掃除や引っ越し手伝い
などを請け負う便利屋の多田は、仕事帰りに高校の同級生・
行天と出会う。高校時代は言葉も交わしていない2人だが、
行くあてのない行天は、多田の事務所兼自宅に転がり込む・・・。
突拍子もない言動&行動の行天とともに仕事をこなす多田だ
が、最近「普通」の依頼のはずが、何かひとくせあるような
・・・!?ときに切なく、笑いある・・・陰を抱える2人の物語

まほろ市で便利屋をしている多田は、高校の3年間同じ
クラスだったが一度も話したことのない行天と、仕事の
帰りに出会う。当時の「物言わぬ変人」という印象とは違
い、よくしゃべり飄々としている行天に戸惑いながらも、
多田は自分の自宅兼事務所に行天を住まわせ、一緒に仕事
をこなしていくのだが・・・

三浦しをんさんの第135回直木賞受賞作('06年)のコミッ
クス化ということで、BLではないです・・・が、プンプン匂い
ますねw しかも大好きなユギさんなので、そういう風に見ず
にはおられますまい。原作もきっとこんなお茶目な雰囲気な
んだろうと想像しますが、ユギさんのユーモラスな小技も存
分に発揮されているのではないでしょうか。全然原作付とい
う違和感もないですし、30半ばのバツイチ・多田と、転がり
込んできた同じくバツイチでかつての同級生・行天が、一緒
にあれこれ雑用をこなしていくうちに見えてくる人間模様・・・
というだけな話なのに、いちいち面白かったです。

地味〜な中に人情とか笑いとかがあって、邦画っぽいという
か、派手さは全然ないんだけど、何か癒されますね。今後は
今回出てきた人物達が伏線になってたりもするようなので、
2巻を読んだときにもっと好きになれそうな気がしてます。
原作読みたくなっちゃったなぁ。
まぁ何はともあれ、とにかくやっぱり、ユギさんはイイ!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

 

↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








人はなぜ働かなければならないのか/山田ユギ 【バンブー】

 
〔2009/10/7〕

★★★☆☆

真夜中のオフィス・・・ そこには口の悪い上司とその仕事
を手伝うデキる部下の2人のみ。眠気覚ましのバカ話から
事態はとんでもない方向へ・・・・・・!? 「麗人」誌上で人気
を博した夜の残業現場を舞台に繰り広げられる「人はなぜ
〜」シリーズが描き下ろし入りで待望のコミックス化!!
表題シリーズ他、先輩×後輩、遠距離カップルなど、オフィ
スラブ満載の最新作品集!!
 
表題作4話は、ユギさん@麗人らしく、ギャグ満載のテンポ
の良いリーマンモノ。
要領が悪く、冴えないバツイチ38歳上司・中津と、そんな
オッサンを5年も密かに思い続けていた、28歳の部下・門倉。
ずっと秘めておくつもりだったのに、ひょんなことからバレた
というかバラしちゃって、知られたからには何とか1回だけで
も関係を持ってやろうと、怒涛の勢いで攻める、襲い受。
そしてその後も、健気なフリをして、オバカなオッサンを騙し
つつ・・・という、門倉の腹黒さが絶品です。そりゃね〜5年も
オアズケ状態だったんだから、必死ですよw オッサン、観念
しちゃれ〜w この4話は、1回目に読んだときは、とりあえず
話を追っていくのに必死だったというか、つい欲張って一度に
隅々まで読もうとするので、いまいちノリきれず、そんなに
萌えでもなかったんですが、2回目にキましたね。オッサン
がふざけすぎてなければ、もうちょっと萌えだったかも。

『closed』は、18歳の幼なじみ同士が、互いの耳かきをする
という、それだけの話なんですが、たった8Pで魅せますね。
'02年の作品ということで、ちょっと前のユギさんの、あのお目
目が黒々した感じで、程よい懐かしさが醸し出されていい感じ。


『僕らはただ走るだけ』
沓沢は、高校時代、陸上部の先輩だった正木に惚れ、大学、
会社も追いかけて10年、ずっと正木を想い続けているが、先
輩はノンケだからと、今のまま、後輩としてそばにいることを
選んだ。だが先輩は、高校時代からの彼女とずっと続いてい
ると思っていたのに、偶然彼女の方に再会した沓沢は、二人
が半年前に別れていたことを知る。真意を確かめに、先輩の
部屋を訪れた沓沢だったが、そこには先輩の彼氏が・・・
とっくに諦めたつもりでいたのに、相手が男だと判ると、途端
に嫉妬心が沸いてきて・・・

う〜ん。良かったですね〜。ノンケだと思っていた人が、淫乱
受!ってとこが衝撃で良かったし、物分りの良いメガネが初
めてみっともなく縋ってるという感じ。そしてエロの色っぽいこ
とー。ほんとに「エロすぎです」ってセリフの通り。


『CALL ME』 全4話。
週に1回、真夜中に、ブラジルにいる同期・広瀬から、河野の
元に電話がかかってくるようになって半年。実は、新人研修で
ちょっと会ったくらいなので、河野は広瀬の顔を覚えてはいな
かったが、電話は毎週必ずかかってくる。そんなある日、広瀬
が出張で日本に帰ってくるので、会うことに。しかし河野は、毎
回の電話でいつのまにか自分が広瀬に好意を抱いていること
に何となく気づいていた。今実物に会ったら、例えどんな容姿
だったとしても、完全に堕ちてしまうのではないかと・・・

というわけで、関西弁のメガネ・広瀬と、ゲイの河野が、電話だ
けで恋におち(実は広瀬は、研修最終日に一緒に飲んだ時の
ことがきっかけで惚れた)、そして距離と長い時間を乗り越えて、
ラブラブになるという話。
これは萌えた〜。特に「早うおまえの一番かわいい声聞きたい
・・・」のトコね! あと、倒れた河野の元に駆けつけた広瀬が、
「おまえの彼氏アホやから〜」って言ったとこと、その後のエロ!
広瀬のストレートな愛情表現(しかも関西弁)がキュキュンと来
ましたわ〜。

そんなわけで、やっぱ個人的に、ユギさんのはちょっと切ない
系の話で、キュ〜ンとさせられたい方なので、今回のは、表題
作より『CALL ME』 の方が好きだったかなぁ。でもさすが、細
かい部分までしっかり面白いので、何回も読み直して、その度
にニマニマさせてもらえて、本当に楽しいです。満足。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








たかが恋だろ/山田ユギ 【HertZ】

 
〔2009/7/3〕

★★★★☆

倉田泉巳は、ある朝、思いがけない男と再会を果たす。
それは中学時代の親友であり、卒業式の日、理由も告げず
自分を拒絶した男、高津戸真(しん)だ。なにごともなかった
ように振る舞う高津戸に、泉巳は戸惑いながらも嬉しくもあっ
た。一方、義兄の椹木(さわらぎ)とは良好な関係を築きつつ
も微妙な緊張感を抱えていた。そんなある日、高津戸は椹木
に嫉妬のようなものを見せるのだが・・・
過去を抱えた大人の男たちの恋の物語登場!!

泉巳は、出産の際に妻を亡くし、現在は義兄・椹木の経営す
る喫茶店で雇われマスターをしながら、保育園児・誠を育て
ている。ある日、いつものように誠を送って行った保育園で、
12年ぶりに同級生・真に再会する。真は卒業式の日に、自
分を振った男だったが、なぜかそれ以来頻繁に現れて・・・


義兄・椹木は暴力団員で、妻を亡くし自暴自棄になっていた
時に、一度だけ関係を持った過去がありますが、今は実の弟
のように可愛がってもらっています。そして真の方は、後で明
らかになりますが、刑事で椹木の組を捜査中。
ということで、互いに長いこと想い合っていた二人に加え、辛い
時期を支えてくれたアニキを交えた、ちょっと三角関係な話に
なってますが・・・まぁ〜この攻2人が、色っぽい色っぽいw ダダモレ!

今回は、英田サキさんという、人気BL小説家さんとのコラボで、
ユギさん初の原作付。私は小説を読まないので、どういう作風
か存じ上げませんが、ファンの方にはたまらんでしょうね。
始まり方とか、主役二人のやりとりや子供の動きのユーモラス
なとこなどを見てると、ユギさん!って感じはするんだけど、
話の進め方が意外とベーシックなのが、原作付って感じでし
ょうか。特に事件についての部分の構成が、お行儀良すぎる
のが若干違和感かな。ついついユギさんだったら・・・って思っ
ちゃいますね。

けど、いつもとは少し違う風味になっていても、やっぱりコネタ
が効いてるのがユギさんらしくて、いつもはソースなのに、酢醤
油でいただいてみました的なw サラサラな味わいで、たまには
こういうのもいいかなと思いました。ま、正直、ねっとり感にかけ
るので、ちょっと腹八分な感じはありますが、何度か読んでるう
ちに、結構満たされてきたところです。

子供二人にもめちゃめちゃ笑わせてもらったし(誠、たまらんわ!)
、椹木のあまりのフェロモンに、あ〜もうそっちでもいいんじゃな
い〜とか思っちゃったし、でもやっぱ真のムッツリ的な感じもいい
し、泉巳の意地っ張り具合も可愛いし、誠誕生の回想は泣けちゃ
ったし・・・ と、じっくり見るとやはり結構好きな場面だらけですね。
あぁ好きです、ユギさん!スピンオフ椹木版も楽しみ!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村




何足でも試せる 送料&返品無料!靴の通販サイト Javari







死ぬほど好き/山田ユギ 【バンブー】


〔2008/8/16〕

★★★★☆

おまえのこと好きになったのは
そんなに悪いことなのか?

卒業まであと半年、江藤は一緒にいられる時間があと僅かな
ことに焦り、思わず親友の柳に告白するがアッサリ振られて
しまった。
そのまま疎遠になる運命のハズが卒業式を一ヶ月に控えた
早朝の電車の中、偶然の出会いがふたりを待っていた。
柳の連れの幼馴染・里村裕に誘われるまま、一緒に列車の
旅をすることになった江藤と柳だったが・・・!?


あ〜久々の新作。この表紙とタイトルを知ったときから、
どんなに読みたかったことか。実際読み始めると、期待
以上の面白さに、もうヤバイくらいにアドレナリン出て
るでしょう、ってな具合に興奮しまくってしまったよ。
もう既に言ってることが意味不明。

表題作『死ぬほど好き』と続編『好きすぎて嫌い』『10
周年おめでとうマンガ』があらすじの江藤×柳。二人の
掛け合い、重なる偶然、どんどん増していく柳の想いと、
ときめき満載っつうか、ときめきしかないっつうか、
ほんといい表情するよなぁ。いつものコネタ満載でクス
クス笑いながらも、何かこう微笑ましさも相まって、全
部のシーンにいちいちときめいちゃうっていう感じ。
キスシーンで泣けるってどうよ。何よ、この絶妙な体勢は。
死ぬほど好きな空気出しまくりの彼ら見て、こっちが死に
そうになるわ。そんでまさかの10年後が見られるたぁ、
嬉しいじゃないですか。可愛いぜ、この二人。

『明烏』と『夢泡雪』はリーマン。
営業二課の新人・佐倉に男とラブホを出るところを目撃
されてしまった吉村主任。黙っていることを餌に身体を
要求される吉村だけど・・・
結構なしょぼくれオヤジ受。なんだけど淫乱ぽくもあり。
ゲイであること、おっさんであることで一線を引いてる
吉村さんと、デカイナリしててんでガキな佐倉のやり
とりが笑える。

『青くてゴメン』は、ボート部の先輩後輩。初めて二人
で漕いだボートのスピード感が妙にリアルだったのが気
持ちよかった。キスシーンの構図もグー。うーんナイス
キャスティング。

『女にしかわからない』は嗜好そっくりな二人の掛け合い
が、めちゃめちゃテンポ良くてただひたすら楽しい。
『ありえない二人』に収録の『ああ爆弾』のジムインスト
ラクターカプを彷彿させるノリの良さ。あー、そのくせ
どうしてこんなに色っぽくなるのだ。

『愛がどうした』は『誰がおまえを好きだと言った』に
収録の『我が家は楽し』(オヤジカプ、円×内藤)に登場
してた、円の息子・晃太の話。相変わらず奔放なガキがお
もろい。「オフクロ」って(笑)まぁまず、マスターが出
てきただけで笑っちゃったけど。

もう、全部面白かったですね。ワタシ的には純愛好きな
ので、表題作が一番好きかなぁ。にょろっと手書きの文字
もほんといい味出してますよね。これで結構笑いが増して、
んで色っぽいシーンとのギャップに悶えると。
うん、もう好きですね。愛してます。それしかない。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





おひっこし?/山田ユギ 【ジェッツ】


〔2007/4/27〕

★★★★☆

貴女がお望みのお部屋を、お好みの従業員がお探しします!

BLじゃないです。私の本棚の中で、唯一BLじゃないコレ。
なので後回しにしてましたが・・・面白いっ!BLじゃなくても
山田ユギは山田ユギ。この無駄のない巧さはしびれますね〜。

白泉駅前商店街にある小さな不動産屋 有限会社神山商事には、
社長の通称・ボス(48)をはじめ、やたらと愛想の良い・スマイ
リー、まんまホストな・セクシー、そしてボスの甥っ子で下っ
端のメガネという、イケメン4人が揃っている。
そんな店に、ワケありの女性が毎回やってきて・・・

という、不動産屋を舞台にした話の全6話。
女性陣がかなりさっぱり系なので全然いやな感じはせず、
むしろ痛快で、もっとユギさんの描く女性を見てみたいとか
思っちゃったりしてます。そして不思議と自分の中の腐セン
サーが引っ込んでいたことに、後で気づきました。最初の逃亡
中国人・泰ちゃんが出てきたときには、一瞬、泰ちゃん×メガ
ネだったらいつものユギさんだわ〜とか浮かんでましたけど、
以降はそういうことすっかり忘れるほど、ちゃんと男×男を
想像させない持って行き方になってます。さすがだ。
だけどちゃんとユギさんとしての面白さも雰囲気もそのまんま。
細かい動きや、手書きの文字(このにょろにょろした字が味が
あってイイ)も健在で、画面も話にも本当に無駄がない。

男性陣はもう、文句なしに面白いですねー。ずっとクスクス
笑ってたんですけど、セクシーのほくろが手書きだったとこで
爆笑でした。
そして6話で出たボスの昔の話は、これはもう、ちょっとステ
キ過ぎますね。これで一気にボスのトリコになりました(笑)
花ちゃんも可愛い。

んなわけで、ベタベタやエロなどが一切なかったこともあり、
案外すんなり入り込めて、改めて漫画家山田ユギの凄さを
確認できて、とっても嬉しいです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





| 1/3PAGES | >>




イトラコナゾール