selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





So cute?/ユキムラ 【麗人】


〔2013/11/16〕


★★★☆☆

ワインディーラーの森園は愛猫・モンちゃんの写真をブログに
投稿する一方、取引先のイタリアンレストランのシェフ・小野寺
に片想いする毎日。今日も彼の店に通う森園だけど、ふとしたこ
とから小野寺にモンちゃんブログの管理人であることを特定され
急接近!モンちゃんに会いに家に遊びに来てくれるなんて絶好の
チャンス到来!と思いきや・・・好きで、好きすぎて、告白なんて
絶対できない!!シャイで不器用なリーマンラブを描く表題シリ
ーズほか、欲望と純情のオトナ恋をつめこんだ恋愛短編集。

4つの話を収録。
『So cute?』『So what?』は、実は猫ブログをやっているワイ
ンの営業マン・森園が、取引先のイタリアンシェフ・小野寺のこ
とを好きで想いを隠していたところ、小野寺がブログのファンだ
ったことから、家に遊びに来てくれるようになり・・・という話。
アレルギー持ちで鼻水をたらしながらも遊びにくる小野寺が超キ
ュートだし、モンちゃんを可愛い可愛いと言いながら写真を撮る
森園は面白いし、ほのぼのできて楽しかったです。

『さよなら ぼくらの せかい』は、所属していたプロチームがなく
なってやさぐれているジャンルカと、18歳のジュニア時代までチ
ームメイトとして誰よりも近くでジャンルカを見ていたマルコと
いう、自転車競技をやっている二人の話。
ユキムラさんの外国人って珍しいような。意外に色気があってい
いですね〜。

『またきてしかく(前後編)』は、両親が亡くなり、兄・優とそ
の恋人・光臣と8年一緒に暮らしてきた大学生の望が、ある想い
に踏ん切りをつけて・・・という話。切ない。望にも幸せになって
欲しいなぁ。

『満ちて 散りて』はユキムラさんお得意の時代劇。正直苦手めの
設定なので人間関係が良く解らない部分があり淡々と読んでしま
った感じなんですが、好きになった人を斬らなきゃいけないとい
う切なさが後になってじんわり効いてきた感じです。描き下ろし
の転生を見たからかな。

そういうわけで、タイプの違う4種類の話が読めて楽しかったです。
ちょっとバカっぽいユキムラ作品が好きな自分としては、やはり
表題作が好みかな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







留年くんとオレの1年/ユキムラ 【Chara】


〔2012/11/24〕

★★★☆☆

「え!?オレのせいで留年しちゃった・・・!?」
元気で素直だけどお節介な芳生。そのせいで、一つ上の先輩、
井川と同級生になっちゃった!?無愛想で一匹狼の井川は、
休み時間も常に一人。放っておけなくて話しかけるけれど、
全力でウザがられる始末。めげずにぶつかる芳生は、ある日、
井川が隠していた秘密を知ってしまい!?

絵の感じが随分変わりましたね。表紙を見た時点で、え?と
思ったんですが、中も結構違う感じでした。でも友情がメイ
ンのライトな話に合っていて、これはこれでアリですねv

子供の頃から弟キャラで今一つ活躍の場が無かった芳生は、
生徒会書記として、桐島会長を助けることに燃えている。
1年生の終わり頃のある日、駅で腹痛で苦しんでいる人を助
けた芳生は、新学期になり、その相手・井川が、同じ学校の
留年した同級生だと知り、会長から友達になってあげたらと
言われ、張り切って声を掛けるように。だが実は1年のあの
日、自分が助けたことで井川は追試が受けられずに留年して
しまったのだということ、そして井川は中学からの友人であ
る会長のことが好きで、無理をしてランクが上の高校に入っ
たのだということを知り、お節介にも井川の勉強と恋を応援
しようとするけれど・・・。

というわけで、周りに馴染もうとせず一人で居る井川を、元
気っ子な芳生が追いかけて鬱陶しがられながらも、段々二人
での居心地がよくなってくるという、楽しい話でした。
やんやとしていて、面白かったです。
ただ、恋と言われたから、ああそうかと納得して読みました
が、結構友情寄りな感じでしたね。井川は会長に絶交されて
いて、芳生はそんな井川くんを助けたい!という。読んでい
てかなり終盤まで、これってまさかの井川と会長の恋アシス
トで終わることもありえるかもとか思ってましたもん。
そういうこともあって最後は思わず心の中で、受×受じゃん!
と叫んでおりましたw どっちかと言ったらやっぱ、井川受
だと思いますが。二人になってからの、井川のツンデレっぷ
りをもっと見たかったな〜。

まぁそんなにがっつり恋愛物という感じでは無かったですが、
芳生が一生懸命で可愛くて面白かったので、元気っ子好きな
私は満足です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ホントのところ/ユキムラ 【drap】


〔2011/10/25〕

★★★☆☆

高校時代にライバル関係だった佐藤と偶然再会した斉木。
『ずっと好きだった』と告白されて、斉木の脳内はパニ
ック状態!それでも、甘く、強引に迫ってくる佐藤に、
言葉に出来ない感情を抱く斉木。そんなある日、佐藤か
らキスされた斉木の体は遂に反応してしまい・・・!?

面白かったです。結構キュンキュンきましたv
高校の入学式で代表の挨拶をした斉木に、同級生・佐藤
が勝負を挑んだことから、3年間常に競いっぱなしだっ
た二人。そんな二人が数年後偶然再会し、当時の本当の
想いを知って・・・という、再会ラブでした。

佐藤は最初から斉木のことが好きだったのに、いつか勝
負に勝ったら本当のことを言おうと思っていて。でも結
局最後まで言えないまま疎遠になって・・・という二人。
しかも二人は特に友達だったというわけでなく、本当に
ライバルの関係でしかなかったんですね。大人になって
やっと勝負が関係なくなったため、佐藤は好きだと告白
してきて、実は両想いだったんだと気づいた二人が新た
に・・・という感じでした。自分も佐藤を好きで会いたいく
せに素直になれず、連絡を待ってることを勝手に勝負に
していたり、暇だから部屋がピカピカになっちゃう斉木
が笑えましたw この子、結構アホですよねv

あとは実はお互い、あまり私生活に関しての情報がなか
ったりしてそれで行き違いがあって一悶着・・・という
感じだったり、お互いちょ〜っと気を回せば済むところ、
何か上手く伝わらなくてこんがらがっちゃってますが、
そのもどかしいところが、大人なのに〜wと思いながら
も、高校時代にできなかったことをやり直してるみたい
で、何か微笑ましくて可愛くて良かったです。ユキムラ
さんお得意のダメっ子というところですね。

素直になれずひとりでグルグルする斉木も可愛かったで
すが、それ以上に斉木のことが大好きで、「かわいい」
と何度も口にするわ、ワンコのように擦り寄ってくるわ
の佐藤に、度々キュンvとさせられました。でも先輩と
の同居のことはさっさと言っとけよ!と少々の怒りもw
まぁダメなところもありつつ、今後は良い感じにラブラ
ブしていきそうな、お似合いの二人ですね。可愛いな〜。

そんな二人の話は4話までで、5話からは佐藤がお世話
になっていたデザイン事務所の近衛と美大で一緒だった
同級生・広瀬という二人がメインの話。こちらも学生時
代の関係から時間を置いて・・・という、元々両想いの二人
が上手く鞘に収まる話でした。
さっきのカップルよりオッサンな分、ちと何か面倒くさ
い人達でしたねw これまで何してたんだか。
近衛の「僕の性器見て萎えない?」というセリフが妙に
印象的でしたw

ダメな大人達が愛しい、安定のユキムラ作品でしたv
さすがいいキュン、誘いますわ〜。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







人に言えない間柄/ユキムラ 【Chara】


〔2010/3/25〕

★★★☆☆

憲介が出会い系で知り合った“みちるさん”。口元のほくろ
が色っぽくてエッチで甘え上手v 互いにハタチとサバを
読むけど、憲介は十七でみちるさんは二十六!? 年の差
九歳、おまけに憲介の高校の先生だった!!バレちゃった
途端、ストイックな教師の顔で別れを告げられて!?

表題作は『井上の場合』が2話と、その友人『山田の場
合』が1話の 計3話。

出会い系で知り合って意気投合。3ヶ月関係を続けている
んだけど、実は憲介は気付いてしまっていた。エッチで甘
え上手な愛するみちるさんが、自分の高校の先生だという
ことを。問題がありすぎて、好きだと言う事さえためらって
しまう憲介だったけど、みちるさんも本気になってくれ、偽
っていた自分の年齢のことなどを話し始めてくれたことから、
たまらず本当のことを告白してしまうけど・・・

というわけで、偶然出会った二人が、同じ学校の教師と生徒
だったという話。みちるは当然別れようとするんだけど、
若い憲介はそう簡単に納得できるわけもなく。結局、本当
はこの恋に夢中になっていたみちるさんも憲介の押しに負け、
憲介が卒業するまで清い関係でいましょう(今更!)と、付
き合いを続けることに。そして周りにバレないようにこっそ
り会ったり、我慢したりするわけですが、中々大変で。まぁ
何か結局、「知らなかった頃に戻ればいい」とかいう、若干
意味不明(笑)な行動を取ることで納得した二人が、微笑ま
しくて面白かったです。

ユキムラさん曰く「デレツン」なみちるさんですが、あ〜何
かそれって言えてるという、何かこう、Hで見せる甘え上手
なところが基本性格で、そんな人が年上として頑張ろうとツ
ンを発動させてると思ったら妙に可愛くて新鮮で、キュンキ
ュンしちゃいました。
巻末に描き下ろしがあるんですが、本編から4年くらい経っ
ているので、絵が全く違って別カプみたいです。個人的には
前の絵の方が良かったかな〜。

『山田の場合』は、憲介の恋の悩みをいつも聞くハメになって
しまう親友の山ちゃんこと悟と、エロ漫画家をやっている義兄
・信太郎の話。
8歳の時に父親が再婚しできた、6つ上の兄・信太郎をずっと
想い続けている悟。弟としてとても可愛がってくれる兄を裏切
るわけにはいかないと、何とか想いを消さなくてはと思いつつ
も・・・ というわけで、兄弟という近い存在でいたいけど、もし
他人になれれば、この苦しみからも解放されるかもしれない・・・
そんな矛盾した思いに苦しむ悟に、タイミング良く両親の離婚
話が持ち上がったりして、嬉しいやら、人の不幸を一瞬でも喜ん
でしまった罪悪感やら。で失恋かと思ったら、実は兄も同じ気
持ちだったというハッピーエンドで良かった良かった。
天然サンな兄が何気にエロいのが、めっちゃ萌えましたね。
さすが職業・エロ漫画家っていうw もっと見たかったかも・・・w


『かわいくない。』は、同じ会社の先輩・新島と、後輩だけど
1コ上でデキる男・青山。全て自分より優れている青山のこと
がやたらと目障りで気に入らないと思っていた新島が、最後に
は絆されるという話。わかりにくい二人ですが、お似合いですw

『UNDER HAIR CUT 100』は、理容師の店主に惚れたリーマ
ンが告白してOKを貰ったんだけど、気付いたら剃毛されちゃっ
たという、同人誌から再録の作品。

そんなわけで、表題作シリーズ3話がタイトルどおり、「教師
と生徒」「義兄弟」という禁忌ゆえの切なさに加え、両方の大
人の可愛らしさもあって、非常に萌えでした。このシリーズで
1冊だったら★4だったかもしれない。
あと、『井上の場合』が'06年で、『山田の場合』が'10年なん
ですけど、個人的には古い絵の方がいかにもユキムラさんって
いう個性があって好きかもしれない。最近のは若者がえらく若
く見えすぎて、可愛いんだけど、山田なんか最初見たときは攻
にしか見えなかったのに、いざとなると受に見えるし。まぁこ
れはこれで、おいおい慣れていくんでしょうが。
いや〜でも、最近のユキムラ作品は面白いv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








おいてけぼりブルース/ユキムラ 【バンブー】


 〔2009/5/27〕

★★★★☆

国吉と平山は同期入社。現在の国吉はその会社の課長職、
平山は脱サラしてカフェを経営している。
たまに会えばエッチをするだけの不安定な関係を国吉は不満
に思っているが、平山の気持ちがさっぱりわからなくて・・・!?

ちるち○で、何故か「萌えない、萌えない」言われてしまってた
こちらの作品。自分的にはかなりツボったんですけどね〜。
まぁホント、萌えって色々ですね。

表題作 『おいてけぼりブルース』 は、3年もの間、身体の関係
がある元同僚。はたから見ると恋人同士なのに、自分から強引
に初めてしまったという後ろめたさと、はっきりとした線引きがな
かったため、不安になってしまうという、どこからどう見ても「男」
なのに乙女な受がグルグルしちゃう話。

攻がぬぼ〜っとしていて一見ヘタレっぽいのに、実は主導権
握ってる感じも非常に良く、「俺が結婚したいって言ったらどうする」
って言われて、一言「嬉しい」って言ったのが萌えた。こういうバ
カップル大好き。あと、二人とも肌が柔らかくなさそうなとこが、
事後の 「重い どけ」 ってとこですごく伝わってきて、男×男だぁ
って嬉しくなっちまいました。ははは。(ここで、受が「なんつー体
にしてくれたんだ こいつは・・・」って考えてるのも好き)


『月夜の映る窓』 は名家の坊ちゃんと庭師の、少し暗い話。
7歳の母親の葬儀の夜、父親が叔父を刺して怪我を負わせた
ことから、それをネタに父親を強請る叔父。そんな叔父はいつ
しか金だけでなく、息子・彰久を要求し・・・ と、叔父に虐待され
ながら、子供の頃から居る庭師の新条に想いを寄せる坊ちゃん
という話で、若干ドロってるのがあんまり好きじゃないけど、こっ
てりとした主従ラブが苦手な方なので、これくらいのライトな関
係は読みやすかった。

『ひっこし日和』  千田が大学からの友人・高橋の家に転がり
込む形で始まった同居生活から1年。ある日突然、千田は別
の部屋を借りることにした。なぜなら・・・ という、友人を好きに
なってしまって、一緒にいることが辛くなってしまった攻なんだ
けど・・・という話。引越し(折りたたみのベッドだけを電車で運ぶ
というのがイイ)を手伝い終わったあとの、気付いてて何も言え
なかった受の本心を知って、箍が外れる場面が絶品。膝ガクン!

『君でなくちゃ』 は、会社の後輩×先輩。後輩が新入社員で入っ
てきて以来、好きになってしまった先輩。バレないように避けて
いたが、運悪く同じ仕事をすることになり、懐かれてしまい、嬉し
いけれど・・・ という先輩がグルグルな話。
「いい人なんだけど」と言って女の子にフラれるんですという後
輩に「それわかる」と言った先輩の視点が女の子側だったという
のが良かった。

『イン ザ ルーム』 は、転勤で引っ越してきたばかりのリーマン
が、酔って間違って隣の家に入ってしまったら、振られた恋人
(不倫・上司)と間違えられてキスされて・・・ というきっかけから、
放っておけなくなって、一緒に居るようになるという、ちょっぴり
豪快な攻がいい感じの話。

『さようならはもういらない』 は、6年前に片方の転勤で別れて
しまった上司×部下のカップルが、同じ所に配属になって再会・・・
という割と穏やかな話だけど、その地味さがリアルでツボった。
フラれた上に一人で6年過ごした上司を想ったら、切なくてイイ。
確実に、上司が溺愛、バカップルになるはず。


というわけで、'04〜09年の6作品収録ということで、比較的
最近のユキムラ作品が好きな自分に合わないのもあるかな
・・・とか思ってましたが、04年(『さようならは〜』)もがっつり
萌えに一致したし、好きな作品ばかりでした。(『月夜〜』が
若干微妙) 私はどうやらこの方の、ファンタジー要素が無く、
普通にそこらにありそうな話が好きみたいですね。

ヘタレな人率高めだけど、追いかけてばっかりのヘタレじゃな
くて、相手のことを想いやりすぎるがあまり、言いたいことを言
えないような、ケツを叩けば男前にもなりそうなタイプが多いの
も魅力的。普段はおもてに出ていない、いかにも男な人の、ふ
と見せる乙女にトキメキます。いいと思うけどな〜この本。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。





↓ なんとな〜くランキング参加中 
 良かったら押してやってくださいヾ(´▽`;)ゝ


   にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村

NEW大豆のちからジェル

NEW大豆のちから…

¥2,900(税込)

主婦が考えた掃除機 FC-388

主婦が考えた掃除機…

¥7,329(税込)






Rush!/ユキムラ 【drap】


〔2008/12/3〕

★★★★☆

ヘタレ眼鏡×純情ヤンキーのラブバトル!?
俺を抱けよ

校内最強の東雲と勝負をして勝ってしまった金井は、
なぜか「俺を抱け」と東雲に迫られてしまう。初めは
戸惑う金井だったけど、東雲の純粋さに触れるうちに、
次第に気持ちが揺れ始め・・・。挙げ句に、東雲を抱く
夢まで見てしまい・・・コレってどーゆーコト!!?

中学の時、野球をしていてスカウトされ高校が決まって
いた金井だったが、部活中の事故で目を怪我してしまっ
たことで、推薦を取り消され、仕方なくヤンキーだった
兄の母校・第六天高校に入学した。しかしそこは部活へ
の入部が義務付けられているがあるのは格闘技部ばかり
で、ガタイのいい金井は、日々いかつい男達からの勧誘
に逃げ回っていた。そんな時、偶然逃げ込んだ、校内唯一
の文化部・生物同好会の部室で、校内最強と噂される
東雲先輩に遭遇してしまう。しかもいきなり勝負しろと
言われ・・・

や〜楽しかった。ヤンキーってこう、ズレた感じが
ツボにはまるみたいで、若干生暖かい目で見ちゃうと
いうか、ダサくてナンボみたいな。何かにやけちゃう
んですよね〜。

勝負で偶然勝ってしまい、何故か自分が校内最強と噂
されるようになってしまった金井。しかも東雲はその
ことで、金井に「惚れた」と言ってきて。そして最初
は戸惑う金井だったけど、次第に東雲を可愛いなんて
思い始め・・・
ということで、メガネの意外なアホ面の連発と、ヤン
キーのツンデレの配分と、この二人の組合せが、めっ
ちゃツボって、ドタバタノリで、ほんと楽しかったで
すよ。改めてパラパラ見てみたけど、表情のアホさ加減
がすごくいいんだな。


後半に収録の『グランジ・ロック』も面白かった!
こちらは以前出た 『嘘つきはだれだ』 で、めっちゃ当て馬
で大活躍だった美容師の仁さん(受なのに受の子と付き
合おうとしていた!)と、変わりたいから「カート・
コバーンみたいにしてください!」と店を訪れた、超
真面目な高校生・竜彦(メガネ)の年の差ラブ。笑っ
た〜。オチも良い。

でそのオチつながりの続編が『ビターインチ』。1年経
ったのに何の進展もない二人。日々計る竜彦かわいー。
やっぱこう、仁さんって、見た目 攻なのに精神的なと
こからネコなのかね。進展しねぇ。
で二人が温泉に行った話が『センチメンタルジャーニー』。
どの話も竜彦の真っ直ぐさが笑えるなぁ。

そんなわけで、どっちの話もすっげ面白かったです。
しかもダメなメガネだしぃ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







桃色天狗/ユキムラ 【ディアプラス】


〔2008/11/29〕

★★★☆☆

悩めるときも、寂しいときも、
いつも天狗がそばにいてくれた・・・!!

悩める高校生・虎鉄の前に突然、桃色の羽をもつ天狗が
現れた! 天狗=モモは、かつて虎鉄の先祖から受けた
恩に報いるべく、虎鉄をずっと見守っていたという。
ふたりは奇妙な同居生活を始めるが・・・・・・?

600年前に虎鉄の先祖・藤吉に助けられ、その恩を返す
ためにやってきたという天狗のモモ。(ホントは長い名前)
最初は疎ましく思っていた虎鉄だったが、なぜか懐かしい
感じも受け、次第に心開いていく。それがやがて恋になり・・・

という話なんですけど、二人が可愛いっ。モモはもう少し
で神族に昇格できるくらい修行を積んできた天狗のくせに
全然偉そうじゃなくて、むしろヘラヘラしてて人懐っこい
可愛らしさがあって、虎鉄は素直でウブな眼鏡っ子で、モ
モにだけ懐いてる感じがたまんない。キャラが良かったで
すね。ちなみにエロは一切なしで、ラストに軽いチューの
みですので、純粋にファンタジーBLを読んだなぁって感じ
ですね。モモが虎鉄を可愛がっている空気が好き。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








天然+極楽魔法使い/ユキムラ 【BBC】


〔2005/8/10〕

★★☆☆☆

財閥の御曹司・暮葉正貴の前に、ある日突然現れた男は
魔法使い!? 30がらみの眼鏡っ子、ファニーな杖をブン
回し、謎の動物肩に乗せ・・・。どこから見ても妖しい亜礼
に、勝手に魔法契約まで結ばれた正貴の日常は滅茶苦茶!!

いい歳こいたメガネ男が魔法使い見習い、というとこだけ
は萌える。しかしどうも、魔法そのものに興味が無いから
か、何か苦痛な部分が多くて、ササッと読んでしまった。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





ダメな男ほど愛しい/ユキムラ 【ダイヤモンド】


〔2004/1/27〕

★★★☆☆

昔から背の高い男が好きで手や口もデカイと尚良かったし、
それでいて少しヘタレな方が扱いに良くて・・・。
仕事が出来る堅物男の乙女な純情物語。

02〜03年あたりの、初期の作品ですので、今ほどの萌えは
得られませんでした。それどころか、何か、この二人って
これで上手くいくんだろうかという不安さえ湧いてくるよ
うな、ちぐはぐカップルの連発だったので、ちょっと読み
づらかったです。

それでも後ほどラブラブ〜になるのならばOKなんですけど
ね。そこも微妙なフェードアウトで。でもね、クスっと
笑っちゃうようなオバカな感じもあって、楽しかったので
いいです。こうやって見ると、成長したなぁってとこで
しょうか。





不思議飴玉/ユキムラ 【BBC】


〔2004/11/10〕

★★★☆☆

大学のレポートの為、大ッ嫌いな男・松田と二人で山奥へ
行く羽目になった吉本。妖しげな社を見つけたその晩、な
んと二人は狐の使いにさらわれてしまう!! その上、松
田が体を要求して・・・!?

あらすじのは『社の中』という作品で、狐とトーンを使って
ない画風が『夏目友人帳』を彷彿させる。(といってもこっ
ちの方が先だし)あまり得意でない設定だけど、面白かった
のは、普通のきまずい関係の大学生がそういう世界に行くは
めになってしまったということと、案外エロに走ってたから。
普通に好きです。

それよりもっと好きだったのは、最初の『そのトキメキには
訳がある』。同じ会社の独身寮のお隣同士だけど部署が違う
ためあまり接点のなかった二人、榎木と安岡。ある日榎木が
干していた布団が雨でダメになってしまったことから、安岡
の布団で寝させてもらうことに。だけど安岡が男もいける人
だということを知ってから、意識してしまって・・・。

すごくオーバーリアクションなのがイイ感じです。ドキッ
キュンッっとしてしまいます。布団のつぶやきも面白かったし。

表題作『不思議飴玉』も面白い。吉本は毎日のように、同級生
松田から好きだと言われ続けている。ある日変な物集めが趣味
の教授に、二人は部屋の掃除を頼まれる。だが掃除をちゃんとし
た松田には先生から、人を一度使役できるという飴玉が渡される。
そしてサボった吉本には、その願いを受け入れるという罰が・・・

うふふふふ。ニマ〜っとしちゃう話。イイ。
『アロワナ』は不思議系の話で、あんまBLじゃないと思うけど、
ちょっと素敵だった。『夏とノスタルジア』もすごく素敵。
ってか、この本、結構全体的に好きな話が多いのかもしれん。
『アロワナ』が親子愛っぽかったので、これがも少し恋愛色
強ければもいっこ★だったかな。今頃気づいたけど、割と好き
な部類の作家さんかもしれない。





| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール