selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





RULES 2nd(1巻)/宮本佳野 【Chara】

〔2014/10/25〕

★★★☆☆

ヒカルと恋人同士になって5年・・・高校の国語教師になった
ユキ。仕事は順調で、ヒカルは相変わらずユキを溺愛して
いるけれど、ひとつ気がかりなのが、生徒の志賀だ。休学
していた志賀は、実は一年間失踪していて、その間の記憶
が全くないらしい!?しかも、「彼氏がいてもいい。先生が
好きなんだ」と縋るように告白され・・・!?
恋人同士の絆を揺るがすのは、教え子との三角関係という
試練・・・「RULES」社会人編!!

前回全3巻で終了したRULESの続編です。
8歳年上の恋人・ヒカルと付き合って5年のユキ(24)は、
男子校の国語教師になったばかり。ヒカルとの関係も順調
なはずだったが、1年休学していてその間の記憶が無いと
いう生徒・志賀と関わったことから、ユキは志賀のことが
気になるように。しかも強引に迫られて悪い気はせず、そ
れどころか関係を終わらせることができなくなり・・・。

前回のキャラをあまり覚えていなかったこともあり、少々
判り辛い部分はありましたが、やっぱり宮本さんは話が面白
くて引き込まれますね〜。
しかしもう、ユキ。本当、何しちゃってんのー!?と、心臓
が痛かったですよ。ヒカルがユキ大好きでラブラブだっただ
けにアホか!と思いながらも、ヒカルしか知らないんだから
しょうがないのか・・・という気持ちもあり。その辺の、心より
体が動いちゃってるキャラと言いますか、お股が緩いと言い
ますかw、そういうのがいかにも宮本節という感じでした。

しかも、志賀の記憶が戻って、逆にユキとの記憶が消えてい
っているという、このミステリーのような状況&次回への引っ
張りがまたニクイ。早く続きが読みたくてしょうがないです。
一棒一穴じゃないのが本当はすごく嫌なんですけどね。宮本
さんだからしょうがないか〜というw
とりあえず、さっさと目を覚ましてヒカルんとこに戻って来
てくれるのを願うばかりです。
  

↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







夏の痣/宮本佳野 【花丸】

〔2014/9/25〕

★★★☆☆

大学生の由はフリージャーナリスト・京介と遠戚で恋人関係。
現在親元を離れ同棲中だ。二人の周りには不思議と、寂しげ
で奇妙な魅力をたたえた人物が集まってきて・・・。 

父のイトコで、毎年夏になると遊びに来るフリーライターの
京介さんのことをいつのまにか好きになっていた高3の由が、
とある事件をきっかけに、京介に想いを告げて・・・というの
が第1話の『夏の痣』。
京介は事件に関係あるの?と思わせる演出が、良い意味でい
つも通りですね。多少の緊張感がありながら、でもユルッと
していて面白かったです。

『冬の兎』は、東京での大学受験を控え、暫く京介の家に滞
在することになった由だったけど、そこに京介の元彼・澪が
やってきて、ヤクザの彼の命令でクスリの売人をしていると
打ち明けて・・・という話。

『秋の繭』は、京介の大学時代の友人で元ヤクザの秋山と、
素性不明の若い男の子・キヨという同棲カップルの話。

『春の蝉』は、大学2年になった由が、最近いいネタが無い
と嘆く京介に代わって大学内で噂になっているドラッグにつ
いて突き止めようと、とあるイベントサークルの匡という人
を訪ねたところ・・・という話。

全体的に、恋愛の話というよりは、京介がライターをしてい
る&元々ユルいことで色んな事件に関わっていくことになる
二人という話でした。実に宮本さんらしい感じですよね。攻
にそこそこ遊んだ過去があるのも平常運転w
萌えとかは無かったですが、色んなワケあり兄ちゃん達を
トントン〜とテンポ良く楽しめる漫画でした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







鬼狩りの森で(2巻・完結)/宮本佳野 【Chara】


〔2013/9/25〕


★★★☆☆

同じ日本なのに、文化も歴史も違う平行世界(パラレルワールド)・・・
双方を繋ぐ門が綻び、このままだと世界滅亡の危機!?門の謎
を探るうち、異界の能力者・小角と恋に堕ちた和記。ついに門
を閉じる方法を発見するが、閉じたら最後、二度と二つの世界
を行き来することはできない・・・!?現世に戻るか、異界で恋人
と生きるか・・・異世界トリップ完結!!

小説家を目指しているごく普通の大学1年生・和記が、バイト
先で知り合った電子工学の大学院生・明と、神社に現れた門か
ら異世界に移動してしまって、その平行世界の住人達と打ち解
けながら門の謎について探るうちに、恋に落ちたり・・・という
ファンタジーの続編。

あらあら〜残念。消化不良でした。結局のところ、門は何のた
めにあったのかとか、黒い影の正体などの巻き起こる色んな現
象のあれこれもそうですし、小角とユエの気持ちなども謎のま
まだったし、何だかバタバタと終わらせてしまったな〜という
印象でした。

一応、小角と和記はくっついたのでハッピーエンドではあると
思うんですが、個人的には、和記と明という友人同士が離れて
しまったことがえらいショックで、何か最後寂しくて、泣けて
しょうがなかったです。明にも、少しは宮司さんと美味しい思
いをさせてあげて欲しかったですしw

まぁでも、宮本さんらしく、真剣な中にもちょっと脱力するよ
うな部分もあったりして、どうなっちゃうんだろうというワク
ワク感は楽しく、苦手ジャンルの割には面白く読めたと思いま
す。まだ全然広がっていきそうな世界観だっただけに、未完成
な感じで終わっちゃって、勿体無かったなというのが正直なと
ころです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







一期ノ夢/宮本佳野 【麗人】


〔2013/7/29〕


★★★☆☆

幕末近くの江戸の町で始末屋を営む利助のもとに最近、頻繁に
起こる怪異についての相談が持ち込まれた。武家の次男で学者
もどきの宗次郎とともに調査に乗り出すが徐々に明らかになる
事件の裏の悲しい真相とは・・・?チャラくてビッチな利助と、
真面目で朴念仁な宗次郎の迷コンビが事件を解決する毎に、互
いの距離も縮めていき・・・!?
宮本佳野が描くBL版お江戸怪奇捕物シリーズが待望のコミッ
クス化!

奉行所の役人・相馬と愛人関係にある始末屋の利助が、持ち込
まれる怪異事件を解決していくうちに、居合わせては利助に巻
き込まれてしまう武家の次男坊・宗次郎のことを好きになって
いくというような話。というか、どちらかというと妖怪的な話
がメインの、BL風味もある不思議譚 みたいな感じでした。
恋愛的には、最後の最後にやっと甘い空気が味わえる感じでし
たね。

ぶっちゃけ、結構最後らへんまで、ええ?旦那(相馬)の方が
素敵やん!という感じなんですがw、このフラフラ〜ッとした
受がいかにも宮本作品という感じではありますよね。
暗めの話になりそうなところ、旦那との逢瀬をタイミング悪く
宗次郎が邪魔してしまったり(饅頭侍w)、利助のチャラさで
いい感じに脱力感もあったりしたので、こういうテイストが
さほど得意でない自分にも、ちょうどよい重さでした。
途中結構、旦那と宗次郎の区別がつかないことが多かったのは、
自分がちょんまげ慣れしてないからでしょうか?w

相変わらず起承転結がしっかりあって、テンポ良くスルスルと
話が繋がっていく、面白い漫画を描かれますよね〜。
ラブ成分はあまり多くなかったですが、楽しく読めたので満足
です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







鬼狩りの森で(1巻)/宮本佳野 【Chara】


〔2012/6/25〕

★★★☆☆

満月の夜、異世界への扉が開く・・・!?小説家を目指す大学生
の和記が出会ったのは、金髪碧眼で刀を携える小角。なんと同
じ日本なのに文化も歴史も異なる平行世界の住人で、 迷い込む
異界の人間を“鬼”として始末するのが仕事らしい!?交わるは
ずのなかった異世界の男達が、 運命の悪戯で巡り合う・・・異世
界トリップロマン!!

小説家を目指しているごく普通の大学1年生・和記は、バイト
先で知り合った京都出身で電子工学の大学院生・明と親しくし
ている。ある満月の夜、小説の参考にしようと心霊スポットで
ある神社を一人で訪れた和記は、そこで青い目の忍者のような
男に突然切りつけられそうになるが、とっさにカメラのシャッ
ターを切ったことで相手は眩しさに怯み消えてしまう。翌日の
夜、明を連れて再び神社を訪れた和記は、また例の男・小角と
再会。しかしふとしたことから、異世界に移動してしまい・・・。

というわけで、日本なんだけど、歴史も文化も違う平行世界の
あっちとこっちの住人が、ひょんなことから知り合ってしまっ
て・・・というファンタジーでした。
前回の『眠れぬ月』といい、宮本さんは最近ファンタジーブー
ムなのでしょうか。個人的には苦手とする分野なので、あまり
興味を持てる方ではないんですが、やはり宮本さんの話の進め
方は面白いので、これはこれで楽しく読めました。

何がイイって、結構マジメな話なので突き詰めるとどこまでも
暗くなりそうなところ、ちょっと情けないニオイがするところ
でしょうかw 和記といい、明といいw またこの二人の関係の
曖昧さというか適当さが、宮本さんらしいな〜と。そういう人
間クサさでフッと気が抜けるようなところが多く設けられてい
るので、ファンタジーなのに非常に読みやすかったです。

まだ色々と序盤という感じなので、普通に楽しかったというだ
けの感想ですが、今後はもっと色っぽい場面なんかも楽しめる
のかな〜と思いますので、続きに期待したいと思います。
しかし、小角と和記だったら、どっちも受っぽいかほりが〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ドリーマーズ・ハイ/宮本佳野 【ディアプラス】


〔2012/2/29〕

★★★☆☆

郁也は男相手でも女相手でも恋愛に興味がない。そんな郁也
の幼なじみの大地に年上の男の恋人ができた。郁也が大地を
うらやましく思うのは、恋人がいるからじゃなく、大地が幸
せそうで、キラキラしているから。しかも、大地と恋人のベ
ッドルームをうっかり覗いてしまって・・・!?
表題シリーズを含む同居から始まるトシゴロ恋愛レポート!!

表題作は全3話。
家庭環境から恋愛に興味を持てなかった高校3年生の郁也が、
ミュージシャン志望で人付き合いも良い、幼馴染でゲイの大
地に、今付き合っているという年上の恋人・貴志に引き合わ
され、最初は苦手な人だと思っていたのに大地に内緒で関係
を持ってしまい・・・という話。

普通だったら、簡単に乗り換えちゃったオッサンに、何を考
えてやがるんだ!という苛立ちばかりになりそうなところ、
宮本作品ではそのろくでもない感じがカッコ良く思えちゃう
不思議w 何か人間のズルさも魅力に変えてしまうというか。
大地に内緒で逢瀬を重ねる二人にドキドキしちゃいました。
ゴメンね、大地w
大地が何も悪くないだけに非常に不憫でもあったんですが、
最後にはちゃんと爽やかにまとめちゃうという、チクッとし
た痛みと穏やかな読後感を絶妙に与えてくれる感じはさすが
ですね〜v

『この色のない世界で』は、ヤクザの金を持ち逃げして追わ
れ、怪我をして倒れていた良太を助けてしまったことから、
とある弱みを握られてしまい、居座られ身体を弄ばれること
になってしまった拓巳だったけど・・・と、これまでお金を稼
ぐことでしか満たされなかった男が、違う生き方を見つける
という話。
『そして世界が終わるまで』はその続編。それから4ヶ月、
穏やかに同居生活を送っていた二人だったけど、拓巳が後輩
社員の多田に襲われてしまい、それを良太に言わなかったこ
とから少々ゴタゴタがという話。
悲しげな過去があったり、強姦されたりとやはり何かしらの
痛みがありながら、良太の能天気なキャラに救われたりして、
この感覚が宮本作品だな〜という定番的な作品でしたねv

大体もう、キャラのパターンとか結構似通ってると思うんで
すが、何か全然飽きないし毎回必ず満足できちゃうという。
ドラマがあって面白いですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







エデン/宮本佳野 【バンブー】


〔2011/12/17〕

★★★☆☆

悲劇の時代と人は言う。それでも僕らは、愛し合わずに
はいられないんだ。
テロ対策特別班・公安0課に所属する新米警察官・浅岡
信乃は密かに想いを寄せる上司の高野と身体の関係を続
けていた。その一方で極左組織リーダー・羽生に激しく
執着され、命を狙われている。暴力の予感と孤独に揺ら
ぐ信乃には高野の存在だけが全てで・・・。そしてついに決
行される、羽生の警視庁自爆テロ。壊滅寸前の公安0課
の命運は!?信乃、高野、そしてシキ・・・それぞれの選
び取る未来は・・・!?

極左組織リーダー・羽生に拉致された信乃は無事救出さ
れ、TJの力添えもあり何とか免職を免れたが、TJは直ぐ
にアメリカに出張に行ってしまったため、心細い日々を
過ごしていた。そんな時、羽生の仲間の一人が、羽生が
また新たに何か計画をしていて、信乃の命も狙っている
と密告してきた。そしてある交番で爆破事件が起き・・・。

『コーリング』『ノーウェア』と続いたシリーズの3冊
目。これで完結です。
いや〜面白かった!テロ対策特別班ということで、ある
程度壮大な話になっていくだろうなとは思っていました
が、一気にガッと動いてハラハラしっぱなしでした。
しかしそういうハードな設定ながら、信乃の性格のお陰
かどこかのほほんとした空気もあり、あくまで現実社会
を感じさせる宮本作品の手法はやはりお見事。人が死ん
でも納得いくというか、嘘臭さが無いのがすごいですよ
ね。そしてちゃんと恋の話も成立してるし。毎回そのス
ムーズでメリハリの利いた展開、繊細な心理描写に時々
ハッとするように豪快な場面もあったりして、映画を見
たような気分にさせられるんですよね〜。何でこんなに
面白い漫画が描けちゃうんでしょうv

信乃とシキのジャレ合いは、相変わらず可愛かったです
ね。あと普段はクールなTJが何気にすっかり信乃溺愛に
なっちゃってる感じが素敵v 信乃もTJに依存している感
じが弱弱しくて可愛いし、何か宮本作品にしては珍しく
どっちも浮気しそうにないw、長く続いてくれそうなカ
ップルですよね。設定が重かっただけに彼らの地味な純
愛に癒されました。できればテロリスト・羽生の心情を
もっと読んでみたい気もするし、もっとTJサイドの想い
も見てみたかったしと、もう少し描いて欲しい部分は尽
きないですが、これだけでも充分素晴らしい読み応えで
した。さすがの完成度v


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







シンプル・デイズ/宮本佳野 【Chara】


〔2011/7/25〕

★★★☆☆

年下の相棒・朝陽となりゆきで寝てしまった便利屋の礼。
無口だけど元レスキューで格好いいし、一晩限りのつも
りだったのに、「本気だ」と告白されてしまった!!し
かも朝陽は過去に殺人事件で家族を失い、今も独り犯人
を捜しているらしい!?朝陽が抱える重い事情を知り、
放っておけなくなる礼だけど・・・!?

便利屋の礼は、資産家からの依頼で、幽霊が出るという
山奥の廃屋敷に金目のものを探しに行くことに。社長が
臨時に雇い相棒として同行することになったのは、3年
前の強盗放火事件で家族を失った遺族で、無口な元レス
キューの朝陽。何を考えているのか解り難い朝陽に戸惑
うばかりの礼だったけど、さすがに元レスキューだけあ
って力は強いし、頼りになることもあり、次第に慣れて
くる。屋敷でうっかり元監禁部屋らしき所に閉じ込めら
れてしまった二人は、何故か関係を持ってしまい・・・。

最初、心霊体質とかそういう類の話かと思ってたら、二
人が接近するためのひとつのエピソードに過ぎなかった
みたいで、ホラーはあんまりな私は一安心。宮本さんの
作品だと、あちこちにヒント的な物がばらまいてあるよ
うな気がして、ついいちいち真剣に拾いながら読んでし
まうんですが、今回は割とあのやり取り関係ないんかい!
という部分が多くて、事件の内容の割にはライトな感じ
で楽しめましたね。しかしこのコネタの数々あってこそ
の面白さというか、やはり今回もその見事な進行に引き
込まれ、映画を観たようなリアリティがありました。さ
すがの表現力。ご本人も楽しみながら描かれたんだろう
な〜というのが伝わってきますねv

どちらかというと朝陽の押しで始まった二人だったのに、
不思議ちゃんな朝陽はその日から1ヶ月経っても一向に
連絡して来ず。何か訳ありなのかな〜と思ったら、ただ
単にヘタレなだけだった!w
礼の方は朝陽のことが気になるうちに、朝陽の家族の未
解決事件に関しても気になり始め、ついにはがっつり首
を突っ込むことに。やめときゃいいのに、事件のことに
縛られてありきたりの生活を送れていない朝陽のことが
放っておけないのはお節介だからなのかw うん、陽と陰
で、足して割ったらちょうどいいカップルだと思いますv

周りの人達と礼との関わり方も面白いですね。きっと今
までも迷惑被って来たんでしょう、特にショーちゃん。
ショーちゃん×礼ってのも過去にあったと見たw

そういうわけで、事件の話が多いのでラブは少々薄めで
すが、お馴染みの宮本ワールドという感じで安心して楽
しめました。面白かったv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







彼の眠る場所/宮本佳野 【BBC】


〔2011/3/10〕

★★★☆☆

男好きで可愛い顔の甲斐としっかり者で仕事も完璧な
吉岡は同僚同士。甲斐はノンケの吉岡にも迫ってくる
困ったヤツだけど、吉岡はそんな彼が可愛くて放っと
けない。何より明るく振舞う甲斐が、本当は傷ついて
いるように見えるから・・・。不器用ながらも優しい愛を
与える吉岡と、本当はさびしがりな甲斐の、切なくて
心温まる大人の恋!

保険会社に勤務する吉岡と甲斐は、同期でいつもつる
んでいる友人同士。ゲイで奔放な甲斐は、度々ノンケ
の吉岡に関係を迫り、吉岡も何となく応えているが、
恋人同士にはなっていない。しかし一見能天気に見え
る甲斐は不眠に悩んでいて、吉岡は何故だか放ってお
くことができない。そんなある日、甲斐の元を幼馴染
が訪れたことから、甲斐の過去がわかってきて・・・

トラウマ持ちのヘラヘラした受と、何でこんなのがい
いんだろうと思いながらも惹かれてしょうがない、ダ
メなところまでも愛しいと、ある種M的な攻が実に宮
本さんらしい作品でした。
酔っ払って見知らぬ男達に犯されるとか、そうそう無
いだろ〜wと思いながらも、妙に話に説得力があって、
不思議と納得させられちゃうんですよね。この辺の自
分の作品ペースに引き込むパワーはさすがだなと。
テーマ的にはちょっぴり痛々しいですが、吉岡の愛が
温かくて、読後感はほっこりでした。

『エレメンタル』は、霊能力のある春が、お世話にな
っている古本屋の店主・英二に憑いている霊の謎を解
明していくという話で、微量の風味はあるけどBLでは
無かったですね。と思って初出を見たら「クロフネZE
RO」の掲載作品でした。宮本さんの漫画は面白いので
それなりに楽しめましたが、やはり非BLをここに入れ
てきたことは、やや不満かなと。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ノーウェア/宮本佳野 【バンブー】


〔2010/8/27〕

★★★☆☆

不安定な世情にテロが頻発する、とある時代。
天涯孤独の浅岡信乃は年齢・学歴不問の警察官採用試
験に合格し、テロ対策特別班である公安0課に配属さ
れた。厳しい訓練の中、最終試験で一夜を共にした課
長補佐の「TJ」こと高野に想いを募らせる。だが想い
を告げられずに苦しむ信乃の周りには様々な思惑に囚
われた男たちが集い・・・・・・。

前作『コーリング』に続く、シリーズ第2弾。 
特別試験を受けて以来、課長補佐・TJのことが気に
なって仕方のない信乃。そんな時、仲間のシキを逆恨
みしている職員に罵倒された信乃は、思わずその職員
を殴ってしまう。しかし首を覚悟していた信乃の寮の
部屋に、TJがやってきて・・・

というわけで、『コーリング』では1話だけだった
TJ×信乃の話メインで進んでます。
読めないTJに戸惑いながらも、でも会うとそれなり
に応えてくれる・・・この辺のじれったさと色っぽさが
かなり萌えですv 二人がキスする度に、ドキドキしま
すよね〜。
あとは、信乃とシキの受受同士のじゃれ合いの可愛ら
しさに、笑わされ癒され。バカでいいわ、この二人。

後半はテログループとの接触が出てきたため、結構シ
リアスになってますが、それでも最後にTJとの2度
目の場面を入れてくれて、お〜グッジョブって感じです。

1回読んだ時点で、やっぱり結構忘れている部分があ
ったので、その後『コーリング』を読んでみたんですが、
シキの話の最後、またもや感動した〜。この裏で、シキ
はこんな訓練の日々を送ってたんだな〜というのが判っ
て、より切なく感じたようです。
そんな風に、前後を頭に入れながら読むと、やはり面白
さが増しますね。やっぱ宮本さんの漫画は面白いよな〜。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/3PAGES | >>




イトラコナゾール