selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





坂の上の魔法使い(2巻)/明治カナ子 【HertZ】


〔2011/12/1〕

★★★☆☆

魔法使いが多く住む町・ゲルの外れの荒れ山に、魔法使
いのリーと弟子のラベルは住んでいる。ある日、リーに
恨みを持つ魔法使いがリーを襲う。リーの力によって事
なきを得るが、冷静さを忘れ取り乱したラベルをリーは
きつく叱ってしまう。自分を恥じるリーだが、ある助言
によりラベルの成長を改めて感じるのだった。そしてラ
ベルの姿にリーは、ラベルの父親であり、かつて存在し
た大国・セロハンの王に想いを馳せ・・・。

1話目は、前回に引き続きリーとラベルの話で、ラベル
のキュートさにほんわか〜としてたんですが、2話から
はリーと王の過去の話が始まり、また違う感じになって
グッと世界が広がっていきましたね。
正直、ファンタジーは得意ではないので、少し解ってな
い部分もあったりと、他所で皆さんが絶賛されているほ
どの感動は無かった私なので、この作品の良さを伝えき
れなくて申し訳ないんですが、きっとこういう話が好き
な人には堪らなくクルんではないかと、他の方の感想を
読むと熱さを感じますね。細かな設定がしっかりとされ
ていて、BLという括りなのが勿体無い感じですもんね。

しかしそんな私でも、2回読んで2回とも、最後の自分
の力ではどうにもできず心の中で王に訴えるリーにウル
ウルとさせられたりと、何かしら感じるものはありました。
これはもう一度1巻を読んで細かな設定をインプットす
ると、絶対もっと楽しめるんだろうなと思います。
何か、明治さんの頭の中ってどうなってんだろ〜という、
底知れぬ才能を感じますね。どう展開していくのか全く
想像できませんが、ラベルが辛い思いをしなければいい
なと、それだけが心配です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







甘い針/明治カナ子 【onBLUE】


〔2011/4/25〕

★★★☆☆

友人達に身体を弄ばれていた孝也は年上の聡明な従
兄弟・正に助けられる。以降、正に依存していく孝
也だったが、その代償といわんばかりに身体を奪わ
れてしまう。正は自分を好きではないのになぜ抱き
続けるのか・・・・・・?(従兄弟同士3部作)
心ゆさぶる珠玉の8編のほか、描きおろし番外編と、
幻の短編「埋葬」、「受難の日々」を収録。

'99年に光彩から出版されたものに未収録の作品2本
+描き下ろしを加えた新装版です。旧版の方を読み
たいとは思ってはいたんですが、これがかなりレア
で入手できずにいたので、機会ができて嬉しいですv

しかしまぁ、初期の光彩作品ということで痛いこと
は覚悟してましたが、予想通り、心身ともに痛い痛いw
でも何かこの、一見可哀想なところにも、それを凛と
受け止めている受がいたりして、あぁこれが明治流
SMだよね〜っていう、不思議な奥深さがありますよね。

個人的には、もう少しラブい感じの作品の時が好き
なんですが、これぞ明治作品!というのを味わうに
は良い1冊ですよね。ホント、こういうショタ受風
なものが今後出せなくなったりすることがあったら、
それは勿体無いことだなと。
ひとつずつの感想は省きますが、どれも怖面白くて
満足v


ちなみに旧版の表紙↓



↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







地獄行きバス/明治カナ子 【バンブー】


〔2010/6/26〕

★★★☆☆

「6月に同僚と結婚する」突然、同棲中の修から結婚
報告されたカンちゃん。別れを切り出すと、修はカン
ちゃんと別れるつもりはないと言い出す。どうしても
別れたいならば・・・と修がカンちゃんに出してきた条件
は “一週間、ふたりで旅行に行く” だった・・・。

2009年の表題作シリーズが4話と、2004年の『夜の
女王』シリーズが3話と、2シリーズが収録されてい
ます。

『地獄行きバス』
別れる前に一週間の旅行に行くことになってしまった
カンちゃんの苦悩。しかし・・・という話で、多分これっ
て普通の人が描くと、本当に普通の話で終わりそうな
んですが、ちゃんと明治さん風味なんですよね〜。
「コットンパンツ=45度以上曲げない」とか、コーヒ
ーこぼしてしまって貧血とか、バカバカしいコネタが
妙にツボりました。

そしてこれが一番ビックリ!!何かエロ時の絵が上手
くなってないですか〜?w 元々ねちっこい感じはあ
るんですが、玉ハムハム具合(爆!)なんか絶品でし
たわ。何気にカンちゃんのお腹にシワが寄ってる感じ
もエロスだわ〜。

その後も、洋服などに異常に執着しちゃうカンちゃん
と、物欲のない万年ジャージ・修という正反対の二人
が、何やかんやとモメたりしながらも、上手いこと
やっていくという感じで、タイトルがこんななので
どんなおどろおどろしい話なのかと思ったら、思い切
りバカップルの話で、非常に好きでした〜v
何よりもう、一見主導権はカンちゃんなんだけど、カ
ンちゃんのことは知り尽くしている修。しかもエロ時
にはがっつり攻になるってとこが、楽しゅうございま
した。更に「職業・整体師」って萌えるんですけどw
ず〜っと見ていたい二人だな〜v


『夜の女王』
子供の頃、目覚めたら親が姿を消してしまったことか
ら、一人で眠ることが怖くなってしまった貴志(きし)
が、お世話になっていた従弟・輝の家を出て向かいの
マンションに引っ越し、ウリをやっている少年・ヒラ
に週末の添い寝を頼みつつ、輝の様子も伺い・・・ 
という、こういう話と説明するのが難しいんですが、
まぁ、輝への執着は恋では無かったというのを確認し、
ヒラに想われることで心が開いていく・・・といったよう
な感じですかね。この何か、どこに気持ちが行くんだ
ろう・・・っていう不安定な感じが、『三村家〜』あたり
を彷彿させる感じでハラハラして面白かったです。
ヒラがイイ子だったんで、良かった良かった。


そんなわけで、両シリーズとも面白かったです。
古い方の『夜の女王』シリーズは、今までの明治作品
って感じでやや渋味があるような味わい、『地獄行き
バス』シリーズはちょっと何か、まろやかさが加わっ
て進化しちゃってるんじゃない!?という感じがしま
したね。

ドノーマルセックス(笑)なカップルも描けるんだ〜w


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







坂の上の魔法使い/明治カナ子 【HertZ】


〔2009/12/26〕

★★★☆☆

魔法使いが多く住む町・ゲルの外れの荒れ山に、魔法使いのリー
と弟子のラベルは住んでいる。町が苦手でちょっぴり変わり者の
リーとの暮らしは決して裕福ではないが、学校に魔法にと勉強に
励むラベルは充実した毎日を送っていた。そんなラベルの成長を、
ときに厳しく、ときに温かく見守るリーだが・・・!?

半世紀前、仕えていた王に赤ん坊を託された魔法使いのリーは、
その時の子供・ラベルを、養父として弟子として育てている。
まだまだ見習い中のラベルは、何かと厄介ごとを持ち込んでは
くるのだが、その明るさに、リーは救われていて・・・

というわけで、優秀な魔法使いリー様と子供らしい子供で尚且つ
ちょっと天然入ってるラベルのやりとりが面白い、コミカルな
ファンタジーですが、根底に国が滅びた経緯、魔法使いと人間と
の関わりなど暗い部分もあって、BL要素はあまり無いんだけど、
漫画としてかなり読み応えがありました。が、続刊なんですよね
〜。途中の伏線もそうですが、ラストのページの「お〜!!!」
っていうオチが、続きを激しく所望させます。早く読みたい。

元々線の多く暗めな作画の明治さんですが、今回は特にこの魔法
使いという不思議な生き物と、古い時代の雰囲気に良く合ってい
て、絵本のような魅力があります。特にラベルの表情の豊かさと、
ちょっとオマヌケな性格は絶品。異常に癒されるんですけど〜。

そういうことで、恋愛としてはどういう風に展開していくのか、
はたまたこのまま家族愛的な感覚、過去に王に抱いた愛情という
部分だけで展開していくのか、すごく気になりますが、どう転ん
でも、ファンタジーとして秀逸な作品に仕上がることは間違いな
さそうです。だって本当、いちいち設定が面白いし、ファンタジ
ー好きじゃなくても、ワクワクさせられるんですよね。
過去のSMでも幼馴染ラブでもなく、色気もないけれど、明治作品
らしい独特の丁寧な造りが、非常に魅力的です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








キモチの行方/明治カナ子 【光彩】


〔2000/11〕

★★★☆☆

啓治の身体のいくつかのボディピアスは秘密の契約の印。
彼は、双子の兄弟、総と洋に飼われているのだった。
でも、初めての友人深山の出現で、その秘密の関係のバ
ランスが崩れはじめて・・・。

啓治はその容姿とボンヤリとした性格のため、昔から妙な
男に目をつけられやすかった。高校時代、同じヤツらに毎
回輪姦されているのを双子の総と洋に見られたのだが、
双子は自分達に乗り換えるなら、優しくするし、ヤツらから
守ってやるという。それ以来、双子と秘密の契約を結び、
それは啓治が大学生になった今も続いていて・・・

普段は優しいけど、反抗すると容赦なく攻めてくる双子と、
されるがままのコ・・・ という、'98〜00年の『絶対麗奴』
掲載の、超SMな話のシリーズだけで占められた、丸ごと
1冊イタタな本ですw 

最初は双子との3人での関係だったんだけど、啓治に初め
ての友人が出来(アパート隣人で同じ学部)、そのことで
双子の総の方の征服力が強くなってきてエスカレートし、
片割れの洋は引きます。そして嫌なら逃げれるのに、また
素直に戻ってきて、やっぱりされるがままの啓治。ボンヤリ
天然さんだし、信じやすい性格のため、一瞬可哀想とか思
っちゃうんだけど全て彼の意思だし、調教されたせいもある
けど、根っからのMなんでしょうね、このコ。傍から見ると
痛いけど、彼らなりの愛情表現。ナニに装着のダブルのピ
アスを引っ張りながらとか、超イテテで、何かオケツがむず
むずしましたよ〜w

よくわからんけど、わかるような、いやでもわからんような・・・ 
と、何だか感想も何を書けばいいのかわからないんだけど、
二人に愛があればいいのかなと。SMとはそういうものでしょ
う。痛いけど面白かったです。

最近の作品でもそうですが、明治さんの受のコって、ぽや
や〜んとしていて、でもエロになると普段の幼さからは想像
できないような、ありえないくらいのエロスを放出する、不思
議なキャラですよねぇ。他にこういうコを描く人っていないかも。

あー大事なことを忘れてました、総がオネエ言葉です。この
がっつりオネエの攻って、母親のような包容力があるようで、
でも執着は激しくしたたかで、怨念のようなものさえ感じるよ
うで、それが何だか妙にエロチックだったな〜と。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村


 






惑溺趣味/明治カナ子 【バンブー】

 
〔2009/6/27〕

★★★★☆

「ぼくの愛人にならないか」
ある日、資産家の続木に愛人としてスカウトされた苦学生
の荻。身体を重ねる度に「好き」の気持ちが溢れ出そうに
なる荻だが、疎まれるのが怖くて、続木に想いを伝えられ
ずにいた・・・。

いや〜、面白かったです。まったりねっとりちょいエグなん
だけど、ニヤニヤしてしまう可愛らしさもある描写が、他の
人の作品ではお目にかかれない個性で魅力的です。
特に表題作の受!こういう健気なんだけど、心の中では
たまに毒吐いてたり、強がってみても可愛いだけという、
ワルになりきれず、まさに「惑溺」状態の余裕のなさが
非常に萌えます。

自分はオヤジスキーじゃないので、続木に萌えはしません
でしたが、でもオヤジじゃないと出せないねちっこさと、ある
意味ピュアな荻のバランスはとても好きです。秘密があり
そうな怪しげな続木の、実に現実的なオチはウケました。
(オッサンの伸びが〜w)
荻の表情、構図、言動と、あれもこれも気になってしょうが
ないんですが、多分『三村家シリーズ』 の弓が好きだとい
うのも影響してるかな。

『ニグマの襟足』 は、大学時代の友人同士が、同意でヤった
のに気まずくなって1年後に再会という話。何でもない会話
とか、伸びをした受の足の指がグーになってるとことか、そう
いうちょっとした描写も面白い。キスからいやらしいw(←褒めてる)

『こんこん』 は、若い院生・佐藤くんに恋焦がれるオッサン・
色紙教授が、肉体交換という施術を受けて、二週間だけ若者
の体を手に入れ、佐藤くんとの関係を持つ、という話。その浅
ましさに自己嫌悪する、オッサン・・・ということで、オヤジスキー
にはたまらんでしょうねw 自分的には、佐藤くんがもう少し
スッキリ系のイケメンだと、もっと楽しめたんですが、髪型の
せいか、こっちもオッサンに見えるというw やーでも、見かけ
によらず激しいという描写は面白かったです。

『ベス』  劇団に貢ぎ、元彼に被らされた借金返済のため
バイトに明け暮れる青年が、更に増えた借金のため、元彼が
持ちかけてきた割の良いバイトに手をだすハメに。そのバイト
は、愛犬を亡くしてペットロスになった金持ちオヤジの元で、
その犬の魂が宿った青年のフリをするという仕事で・・・
実は身内の、会社乗っ取りのための作戦で雇われているん
だけど、疑わずに愛してくれる四朗さんを好きになっちゃって、
バイトではなく一緒に居たいと思い始め・・・ という話なのかと
思ったら、ラストがちょっとファンタジーチックになっていて、
意外で面白かったです。やるな〜。

『光る道』 は、切なかったですね。大人の事情でこんなこと
になっちゃった淳史の切なさが、ノーテンキな明との対比で
際立ってました。泣けた。

そういうわけで、全部面白かった!長編は勿論面白いけど、
短編の構成も絶妙なんですね。多分1年前くらいの自分だ
ったら、へ〜って感じで通り過ぎそうな感じだけど、他の明治
作品も読んだからか、すごく好きです、この湿った色気。
ゆっくりねっとり捏ね回すように読むのが、最高に楽しい!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ブログ村ランキング参加中 
 押していただけると嬉しいですヾ(´▽`;)ゝ


 にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
    にほんブログ村




何足でも試せる 送料&返品無料!靴の通販サイト Javari





リアル1/2、うつしみの手/明治カナ子 【光彩】

 
〔2002/11/25、2004/2/29〕

★★★☆☆

潔癖症の市川陸は、性欲に罪悪感を持っていて、兄・潮の
手を借りてしか自分を慰めることができない。午睡のさなか、
「夢」だと信じて、潮に欲望解消の手助けを求めるが、陸は
その間のことを憶えてはいない。
「俺の身体を使った自慰なだけだ」弟との淫蕩な遊びを覚醒
したまま続けている潮は、そう思いながらも、夢と現実のギ
ャップを未消化なまま、持て余していた。それを緩和するた
めに潮は、大学の先輩・谷口とのハードな情事に耽る。
そんな時、谷口がある事情で市川家にしばらく滞在すること
になり、陸は、兄と谷口の関係を薄々感じ取ってしまう。
「いつか、この家を出て二人で暮らそう」兄との約束を唯一
の心の支えにしていた陸は、「現実」では、谷口に敵愾心を
燃やすようになるが・・・・・・「夢」の中の陸は、「弟も混ざる?」
と誘われるまま、谷口とも寝てしまう。そんな陸に、潮は「一
緒に暮らすっていう約束は、無しだ」と告げてしまう・・・・・・。

異常に潔癖症な母親のせいで、潔癖になってしまった中学生
の陸は、性に対する嫌悪感から、自慰することができない。
夕方に学校から帰ってきて昼寝をし、その間に大学生の兄・
シオの部屋に彼を求めに行くが、本人は夢の中の出来事だと
思っている。普段は澄ましているくせに、その時だけは淫乱
になる陸の行動に、深い意味などないことが憎らしくもあり、
しかし愛しくて・・・

で、感想を書きたいんですけど、超難しい。変な母親がいて、
閉ざされた空間の中にいて、半分夢に逃げてる二人が、やが
て一緒に現実に飛び出そうとする、前向きな話。なんだけど、
まぁそこまでの描写が、エロいし、もどかしいし、痛々しいしと、
その場の感覚が色々で、結局、痛気持ちぃ、みたいな。
とにかく、陸が可愛くて可哀想なとこがたまんないですね。
彼の表情や動きのひとつひとつから目が離せなくて、決して
綺麗な絵とは思わないんですけど、非常に惹きつけられる絵を
描かれる方です。
義兄弟ではなくて、ガチで兄弟なので禁忌なはずなのに、全く
やな感じはせず、むしろ中盤の谷口登場で、二人のバランスが
崩れてしまわないかと、気が気でなかったですよ。説明するの
は難しいけど、他ではちょっと見れない、独特の世界観で、
面白かったです。

勿論表題作は面白かったんですけど、『うつしみの手』に収録
の『帰る男』には、やられましたね。号泣です。
ドSな彼にやられまくりでもヘラヘラ・・・と、普通にエロい話
だなぁと思ってて、美木さん疲れてるけど彼が帰ってきたから、
あ〜旅行でも行ってて美木さん寂しかったのね・・・なんて思って
いたら・・・  全部読んで、もう一度読み返してみて、「なんで
予定通りに行動しなかったんだ」って言葉がグサーッときまし
て、暫く頭から離れなかったですね。構成が素晴らしすぎます。
他の作品も間の取り方が絶妙だし、古い作品も読んでみたいと
思いました。

あ〜陸、なんて可愛いんだろう。「潔癖症」がこんな最大限に
生かされてるキャラって、多分居ないんじゃないだろうか。
是非、陸が成長し、恐らく攻になるであろう未来を見てみたい
ものです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








三村家の息子、出来の悪い子、生まれ星/明治カナ子 【HertZ】

  
〔2005/8/19、2007/4/26、2008/9/10〕

★★★★☆

〔三村家の息子〕
田舎町の資産家、三村家の次男・弓と敏夫は幼なじみで
親友同士。年頃になった敏夫は弓への恋心を秘かに抱い
ていた。ある日、家出中の弓の兄・角と偶然接触した敏
夫は、彼に誘われるまま深い関係になってしまい・・・?

〔出来の悪い子〕
田舎町の資産家、三村家の次男・弓と敏夫は親友同士。
ある日、弓は敏夫と兄・角が深い関係になっていること
を知ってしまう。敏に角のことが好きだと告げられ、シ
ョックを受けた弓はふたりの間を裂くため画策するが・・・。

〔生まれ星〕
田舎町の資産家、三村家の次男・弓と敏夫は親友同士。
お互いに恋心を抱きながらも、すれ違いが重なるふたり・・・。
傷心の弓は桜舞う故郷にひとり帰省する。だが、遠く離
れた場所で考えるのは敏夫のことばかり・・・。


面白かったなぁ。全部完結してから感想書きたかった
んですけど、実際書こうとすると何から書いていいの
やら・・・

田舎町で幼馴染として育ってきた二人が、思春期になり、
敏は弓に対する恋心を意識し始める。しかし弓は変わら
ずマイペース。そんなとき敏は、声やふとした表情が似て
いる弓の兄・角に出会ってしまう。この角、実はゲイで
田舎町での評判が良くなく、今は家出中の身。家業の土
建業を継ぐのが嫌で、角のことを探している弓に、兄を
見つけたら連絡するように言われていた敏だったが、敏
は角に弓の姿を重ね、誘惑に負け、角と身体の関係にな
ってしまう。そしてそれを弓にも知られてしまった敏は
とっさに角のことが好きなんだと言ってしまい・・・

という始まりのすれ違いラブ。親友として長く一緒にい
たことで、弓が敏への気持ちに気付くのがすごーく遅れ
ることから、互いが一方通行だと思い込んでしまってい
る行き違いがもどかしくて大変でしたね。
2冊目の弓がビール缶メキメキにして怒りをぶつけた後
に見せた帰りたいという涙と敏のモノローグからラスト
まで、そして勿論3冊目のラストの思わず赤面、これで
もかーという想いのこもった合体シーンからの敏の涙と
弓のアップ、この2シーンは何回見ても泣ける!
特にずっと抱えてきた敏の想いの方に気持ち入っちゃい
ますね。あー彼の想いを想像しただけで泣けるわ。

途中にノーテンキな場面とか、ちょっとした家族のエピ
ソードとか笑わせたりのほほんとさせてくれる部分が
あり、暗く落ち込ませるような場面もあり、そして妙に
色っぽいドキドキもあり・・・ ただの幼馴染ラブではなく、
人間として成長していくところがしっかりと見てとれて、
相手の中にこんなに自分が存在できるなら遠回りも悪く
ないなと思える、そんな愛がいっぱい詰まった作品だと
思います。何回でも読みたいな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

  





熱伝導/明治カナ子 【花音】



〔2006/5/29〕

★★★☆☆

大学生 馬尾の恋は長続きしない。出会ってすぐ別れてしまう
不毛な行為を繰り返すのは、馬尾がホントは寮の同室の木戸
先輩が大好きだから。先輩の広い背中を抱きしめたいと、夢
にまで焦がれる馬尾だが、その熱い想いを木戸に拒絶されるの
が怖くてしかたなかった。涙が流れちゃうほど本気な恋心を、
馬尾が先輩に告げられる日は来るのだろうか・・・。

ほんわ〜かしていて、可愛い話です。
と、和んでいたら、同時収録の『弥生町から西の空』で
エッチがエロかったので、そのギャップにあんぐりでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。








| 1/1PAGES |




イトラコナゾール