selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





女王サマの口説き方(1巻)/奥田七緒 【ルチル】


〔2013/11/21〕

★★★☆☆

学術優秀&スポーツ万能で教師の覚えもめでたく、その上容姿
端麗な生徒会長・八木下布由から振り回されてばかりの生徒会
会計・高遠夏生。傍若無人な八木下に「下僕」扱いされながら
も、そのふとした仕草や笑顔がかわいく思えてしまう高遠は、
ある日、八木下から「付き合ってくれ」と言われて・・・・・・。
下僕クン×天然女王サマに恋は芽ばえるのか!?

何でも完璧にこなし外面の良い生徒会長・布由の、オレ様な態
度にムカつきつつも、たまに見せる笑顔が可愛く見えて惹かれ
てしまっていた生徒会会計の高遠が、ブラコンな布由に、弟・
涼と高遠の従兄弟・敦大のカップルを別れさせたいから尾行に
付き合えと言われ、行動を共にするようになるという話。

ワイワイしていてバカバカしくて楽しかったです。
が、ただひたすら、可愛い涼に近付く敦大許せん、腐れ外道め!
と、陰から見ている会長が吠えるばかりの話だったので、一体
何が言いたいんだろうという感じもw
会長が弟のあれこれなどを知恵袋的なところに相談していて、
その相手が生徒会の一員・木佐貫っぽかったり、敦大もそのサ
イトを見ているという設定や、オカマさんに息を吹きかけられ
た時はゾクゾクしたけど高遠と手が触れ合っても何も感じない
など謎の設定が結構あったので、この時点では少々モヤモヤです。
生徒会にいる、既にデキあがってるバカップルも気になるw

までも、高遠の下僕っぷりというか、つき合わされてる感じが
楽しかったし、続きも楽しみにしておきたいと思います。ちゃ
んとラブになるんだろうかw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







君とスキとキス/奥田七緒 【ルチル】


〔2012/5/24〕

★★★☆☆

鬼塚大河の父の空手道場に、親友・水乃の弟・歩が通い始め
た。すっかりなついた3歳年下の歩がかわいくて、一緒にい
るのが楽しい大河。でも、自分と違い、父に見込まれ空手の
才能を開花させる歩に大河の心はかなり複雑。成長とともに、
大河は塾や学校を言い訳に、歩と空手から距離を置くことに。
やがて大河は、歩に恋していることを自覚し・・・・・・!?

去年あたりから、個人的にすごく好きな感じになってきた奥
田さんですが、今回もすごく楽しかったですv
以前感じていた読み辛さも、ここ最近では全く感じなくなっ
ていい感じ。
特にチビっ子〜v最初に水乃が歩を道場につれてきたシーン
からして、大河と歩はおめめキラキラだし、水乃はメガネっ
子で歩と手繋いじゃってるし、何これカワ〜vとなったんで
すが、以降も小学生の子犬のような歩は可愛いわ、子供の頃
の双子も可愛いわ、作者さんの趣味が丸出しになってるなw
と思いながら、存分に楽しませてもらいました。

子供の頃からお互い大好きな3コ違いの幼馴染が、最初は兄
弟のような感情でいたけれど、成長するにつれ徐々に恋心へ
と変化させ想いを強めていくものの、中々伝えることができ
ずに・・・という、もどかしくも微笑ましい可愛い恋の話でした。
お互い好きなのに近付けないという、恋の話としては割とベ
ーシックな土台ですが、そこに家族の問題なども絡ませてあ
るので読み応えがあり、コメディっぽい部分と真面目な部分
の緩急も上手く、ぐいぐい惹き込まれていきました。面白か
ったv 全6話と描き下ろし。

第1話は子供時代。小2の大河の家の空手道場に、ある日、
幼稚園からの親友・水乃が3コ下の弟・歩を連れてきた。
弟ができたようで、懐いてくる歩を可愛いと思う大河だった
けど、空手の先生の息子なのに思うように伸びない大河は、
才能をメキメキと発揮していく歩と自分を比べ、落ち込むこ
とも。そんな小学生時代を過ごし、中3になった大河は、歩
が意外に女の子にモテているということを聞いて・・・。
父親に期待されたい、でも思うように伸びない・・・という複
雑な気持ちの大河が、デキる歩を遠ざけてしまうという感じ
ですね。

第2話は、大河 高2、歩 中2。歩への想いは募る大河だっ
たけど、どうやら妹の華波も歩のことが好き?ということで、
自分が好きでもどうにもならないと想いを断ち切ることにし
たけれど・・・とグルグルする大河と、距離ができちゃってるけ
ど本当は何とか話しかけたい歩という、二人ともモヤモヤ〜
な話でした。大河と水乃が息ピッタリは伏線だったんですね。
この二人がまたオバカ可愛いv

第3話は、水乃と同じ大学に合格した大河、歩は高1。遊び
疲れて寝不足で道場で大あくびしたら、父ちゃんに怒られち
ゃった大河にアハハ・・・という話。
好きになったらダメなのに、近くに寄られたらドキドキする
し、街中で良い行いをしている姿を見ればときめいちゃうし、
もう歩のことを好き過ぎてどうしようといういっぱいいっぱ
いな大河でした。

第4話は、大河と水乃の父同士の話を立ち聞きした大河。ど
うやら二人は双子で、どちらかがどちらかの家に貰われたら
しいということが判明。もし自分だったら、歩とは実の兄弟
になってしまうわけで・・・という話。
父二人が子供達を大事に想ってることも素敵でしたが、水乃
が最初っからすごく良いキャラなんですよね〜。大河のこと
を片割れとしてとても大事に思っている感じで。まぁ私なら、
こんなに激カワな子供のどっちかを手放すなんて絶対無理で
すが、そこは漫画なのでw

第5話は、いよいよ双子問題の確信へ。歩は言葉にこそ出し
ていませんが、大河と兄弟じゃなくて良かった・・・という表情
ですね。ということで問題も解決し、いよいよ前に進み出し
た歩でしたが・・・大河がニブいw

第6話が最終話。ここで忘れかけていたw、留学生・アディ
ーも大河へアピール。結局あっさり引き下がってくれたので、
この人は必要なキャラだったのかな?と少々思わんでもない
ですが、まぁ、お陰で描き下ろしラストで水乃にフラグが立
ったのでw、必要だったということにしておきましょう。
あらまだ大河は、華波ちゃんのお相手が歩だと思っていたん
ですね。 しかも歩に好かれていたこともやっぱり気付いてい
なかったようで、最後の最後まで可愛いオバカさんっぷりで
した。歩はこれまで思うように近付けなかった分、メロンメ
ロンに愛しそうですよね〜。まぁ最初から、大河大っ好きで
したからねv

そして描き下ろしでは6年後の姿も見せてもらえたし、大変
満足!思い残すことはありませんw
読み応えがあって楽しい、大変可愛らしい話でした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







キミの隣は俺のもん/奥田七緒 【drap】


〔2011/5/25〕


★★★☆☆

すばると九堂は幼馴染み。泣き虫でチビだった九堂が
“イイ男”に成長し、すばるは、なんだか面白くない。
そんなある日、九堂とのセックスを妄想してしまった
すばるは、自分の気持ちに戸惑い始め・・・!?
幼馴染み同士のツンデレ☆ラブストーリー!

『こどもだったキミ(前後編)』『キミの隣は俺のも
ん』の3話があらすじの2人。
自分が幼馴染・九堂の一番近くにいたはずなのに、あ
る日ふと、九堂が女子にモテたり、他の男友達と仲良
くしていたり、自分より逞しい体つきになっていたり
ということが気に入らなくなってしまったすばるは・・・
と、イイ男に成長した九堂に違う感情を持ち始めちゃ
って一人でグルグルしてしまうオバカなすばると、い
つでもすばる大好きなヘタレな九堂という、どっちも
どっちのアホ可愛い2人の話でしたv

とにかくテンポが良くて、関西弁も良い感じにお茶目
さを引き出していて、あぁ青春だね〜という感じ。特
にカラオケのシーンは、何度読んでも笑ってしまいま
すw 何だその十八番はw あと投げつけられたうみゃ
い棒に反応する九堂とか、キスしておいて「わーやっ
べー」と手で顔を覆う九堂とか、あっちこっちにオバ
カ要素がバラまいてあって、多分ずっと、うへへとキ
モく笑いながら読んでしまっていたと思いますw 1ペ
ージ目のやりとりから面白かったですもんね、この2人。
あぁ可愛かったv

『伝わる指先』は、姉と付き合っている友人・仁を好
きだけどふっ切らないといけないと思っている正美が、
姉が怪我で入院している病院に行きつけのCDショップ
の店員・時任さんが入院していたことから部屋を訪ね
るようになり、いつの間にか気持ちに変化が・・・という
高校生の話。
表題作とはまた違って、しっとりとしていてベーシッ
クで良かったですね。気の利く大人にしっかり愛され
たらいいよ〜vという。

『CACAO70%』は、コミックス『誰かを好きな人』
に出てきた市依のサイドストーリー。彼のことは覚え
ていなかったけれど特に問題は無かったです。
高校のバスケ部のエース・市依とマネージャー・及川
という、犬猿の仲だった素直じゃない二人が・・・という
話。市依が元彼とご対面するところがオバカでw

奥田さんは以前から結構面白いと思っていたんですが、
たまに読みにくいかなと思う時もあったりして。でも
今回の表題作といい、前回のコミックス『授業のあと
でキスをして』といい、すごく読みやすくなったと感
じると共にお茶目度も増していて、何だかとっても楽
しくてしょうがないんですがw 私がラブコメ好きとい
うのもあって、このオバカちゃんなノリはすごく魅力
的です。 今回はエロも結構頑張ってたし、益々今後が
楽しみ。関西弁も是非続けてくださいねv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







授業のあとでキスをして/奥田七緒 【ASUKA】


〔2011/5/1〕


★★★☆☆

予備校生の拓海はマスコミでも話題になるほど人気の
講師・朝日奈に憧れつつも住む世界の違う人間だと諦
めていた。ところが、落とした携帯を朝日奈に拾われ
たことをきっかけに、「君とキスしたいから」と強引
にデートに誘われてしまう。単なる遊び?それともも
しかして本当に俺のこと・・・?戸惑いながらも朝日奈と
のデートを重ねていく拓海だったけれど、ある日、朝
日奈に恋人がいると聞いて・・・?平凡な予備校生のふり
まわされっぱなしの恋を描く表題作のほか、写真部員
とサッカー部員のファインダー越しの恋など、甘酸っ
ぱい青春ラブ満載の一冊!

全5作品収録。
表題作は、大人な先生に憧れる、素直でピュアな拓海
が非常に可愛かったです。しかしまさか奥田さんに、
こんなお目目キラキラの受が描けるようになる日が来
るとはw 前のこざっぱりとした画面も好きですが、き
っと知らないうちに先生の気を惹いていたであろう
(でも本人に自覚無し)ことを思わせる受の容姿はこ
の話に合っていて、新鮮で結構好きでした。

『スキのテレパシー』は、卒業してしまった1つ上の
雨宮を偶然カフェで見かけて以来、毎週のように出か
けてしまう加納・・・という話。初恋と片想いの初々しさ
が描かれた、雰囲気のある作風でした。

『FOCUS』は、写真部の恭也とサッカー部の八神。
ゆっくりと穏やかに恋がスタートする話でこれも雰囲
気がありましたね。

『コンビニより愛をこめて』は、コンビニバイトの三
上が、上のマンションに住む作家・有本のご飯を作る
バイトを引き受けることになり、最初は変な人だと思
っていたのに、一緒にいるうちに可愛いと感じ始める。
しかし、有本が幼馴染であるコンビニ店長と何か関係
があるようで・・・。
ドタバタの中でいつの間にか告ることになってしまっ
て・・・というアホさが楽しかったです。有本さん可愛いしw

『コンビニよりキスをこめて』は、付き合い始めたも
のの、美人な有本に気が気でないし、売れっ子作家な
有本とでつりあうのだろうかと自信が揺らぐわ、有本
の元彼が担当で来ちゃうわでグルグルの三上という話。

そういうわけで、間に雰囲気のある、恐らく昔BLが好
きな人は好きだろうな〜という従来の奥田作品が含ま
れていましたが、個人的には明るい感じのある、表題
作とコンビニのやつが好きでした。特に表題作は、こ
の方の新たな方向への道筋が見えたような、非常に新
鮮な気持ちがしましたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







トリコになりました/奥田七緒 【BBC】

 
〔2009/09/10〕

★★★☆☆

優等生の黒田は、なぜか古典だけ毎回追試。そのワケ
は、古典教師の祐天寺(フランス人ハーフなのに関西人
!)のことが“生理的に受け付けない”からだった!!
でもでも優しくされたその日から、目が離せない、ドキド
キが止まらない・・・!?
 
全6作品収録。
表題作は、“生理的に受け付けない” のは “古典” が
だと思ってたんですが、先生本人ってことだったんですね。
まぁそんなあんまり好きじゃないタイプだったのに、自分
にえらく優しくしてくれるもんで、好きになっちゃうという話。
そんだけの話なんですが、やたらと出張っているクラスメ
イトの八木下が面白いというのが全てかなと。
途中の黒田のテンパリが若干意味不明だったりして、やや
読み難く感じてしまいました。

『きみと犬とさんぽ』 は高1同士。犬の散歩を毎日のように
するうちに・・・という、非常に初々しく可愛らしい話でした。

『眼鏡にアイを』 は高校時代面識のなかった二人が、大学
の映画サークルで一緒になって仲良くなるが、実は受は高
校の頃から、攻のことが好き。そして攻はノンケのメガネフェ
チなんだけど、次第に受(メガネ)のことを気になり出して・・・
という話。じれったくて楽しい。

『regnet』 は、高校の友人同士。受に彼女が出来てから、
攻が受に告白。でもやっぱり彼女がいるからと断ってしまう。
だけど気になるのは攻のことばかりで・・・ と思ったら、何か
よくわからない夢オチ?ファンタジー?

『Boyfriend』 は映画オタク同士。一緒にDVDを観て、それ
ぞれ感想日誌を書いている二人だったけど、実は最近、互い
のことが気になりすぎて、ノートに告白めいたことばかり書い
てもやもやしている二人。そんな二人をじれったく感じた親友
カップル(男×男)が、ある作戦に・・・ というアホっぽくて
楽しい話でした。まぁ安易かな。

『宇宙のトンネル』 は、兄と幼馴染との三角関係。幼馴染の
ことをずっと好きだったんだけど、兄も彼のことを好きで・・・
という、兄と好きな人の幸せを見届けるという話。

んと、全体的に ぼやぼやしてるというか、突拍子もないと
いうか。不思議なリズムを持ってる作風なので、半分くら
いは好きだけど、半分は若干読みづらさがあるな・・・という
のが正直なところです。「犬」「メガネ」「映画」あたりは比較
的読みやすいのでは。一度読んでしまえば慣れるんです
けどね。なんだかここに来て、アクが出てきてるという感じ
でしょうか。どうしたんだー?


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








隣人をアイそう/奥田七緒 【BBC】


〔2004/9/10〕

★★★★☆

マジメで乙女なメガネくんの辻井(通称:委員長)が恋に落ちた
のは、クラブでバイトしちゃうような長髪クン・尾野原だった!!
教科書には載ってない、初めての恋にジタバタ。

委員長 辻井和仁は学術優秀、未来の政治家目指すガリ勉くんで
毎日の充実した勉学ライフを満喫中。
なので隣の席で寝てばかりの尾野原のコトが理解不能。
なのに尾野原の働くクラブに向かうクラスメイトを目撃し、彼が
働くクラブとはどんな所なんだと気になって後をつけてしまう。
いつものボーッとした尾野原の違う一面を目の当たりにし・・・


もうね、イインチョ可愛すぎ。おべんきょしか頭になかった委員長
が、尾野原の事が気になってしかたなくなってきて、次第にアッチ
のことも自ら予習するんだけど、もういちいち自分に突っ込みを
いれながらグルグルしてるとこが楽しすぎます。しかも尾野原は
ローテンションながらも委員長のことすごく大好きで、超優しい。
告白のシーンもいいし、部屋に誘ったときのも、何を考えている
のかわかりにくいようで、実はとっても素直に委員長を可愛がって
いるあなたに萌えますよ。

「委員長」って呼び名、萌えるなぁ。いや、この委員長、今まで
見てきた委員長のたぐいの中で、一番キュートだなぁ。飛び蹴り
すると見せかけて後ろから抱きつくとは、たまらんぞ。「委員長
可愛い 好き」という尾野原の気持ちがめちゃめちゃ解る可愛さです。

同時収録『愛おしい日々』の8年カプも可愛かったし、『いいなり』
の幼馴染みカプも良かったし、この方はエロを用いなくても読んでる
ほうがときめくことのできる心の機微を描かれてるのがいいですよね。





Honey/Chocolate /奥田七緒 【ドラコミックス】


〔2004/11/17〕

★★★☆☆

『誰かを好きな人』で脇キャラだった、哲雄×阿佐田の話が2話。

華南大学バスケ部 阿佐田の恋人は、カッコイイけど
ちょっとヘタレな哲雄先輩。一緒にいるだけで幸せな
気持ちになれた阿佐田だったけど、哲雄が見知らぬ
女性と親密そうにしているのを目撃してしまい!?

前回のコミックス『誰かを好きな人』に収録の
『CHEWING GUM BABY』でヘタレぇな姿を見せてくれた
哲雄の続編。彼は失恋するたびに髪型を変えます。
この人のヘタレ具合、イイです。ブリーチ剤選ぶとこと、
染めあいこするとことか、すごい良かったです。
最後まで可愛らしい2人やなー。

そして、前作の明神、ヨージ、安斉もうまい使い方を
していて、嬉しいです。やっぱ明神×ヨージはイイよ。

『センセーとご家族』全4話
直希が街で出会った気になる男性は、妹の担任教師で、
若き日に塾講師をしていた直希の父親に恋していた
風間森だった・・・

直希も父親も先生に恋するけど、父も先生も塾時代の
知り合いだとは気付かない。先生は昔好きだった人に
似ている直希が気になる。
みたいな、結構凝った構成になってます。妹もさりげに
協力したりして、ホンワカしたいい話でした。

またしてもキャラが良かった。実は最初、『誰かを〜』を
読まずにこちらからスタートしたら、判りづらかったので
もっかい順に読み直したら、断然面白くなったという。





誰かを好きな人/奥田七緒 【ドラコミックス】


〔2003/12/3〕

★★★☆☆

5年前から憧れの存在だった安斉を追って、華南大学
バスケ部に入部した若宮。身近に接し、その笑顔を
嬉しく思ううちに、自分の気持ちの変化に気付くのだが!?

憧れ続けた安斉を追って入学した若宮だったけど、肝心
の安斉はあまり練習に顔を見せない。なぜなら、怪我で
できなくなったから。そんな安斉も実はいつか若宮と
一緒にプレーすることを楽しみにしていたという、相思
相愛のやさしー、いい話。

そしてー。この本のいいとこは、その2人の話だけでは
終わらないとこです。安斉と行動をともにしている、
幼なじみでキャプテンをしているヨージと明神の話が
ありまして、こっちがタイトル作『誰かを好きな人』。

ずっと安斉を好きだけど、安斉の自分に向けられる好きは
恋ではないと解っていて、ただ想い続けるヨージと、
ヨージが安斉を好きだと知っていて想いをぶつける明神。
と書くとフツーやんと思うでしょうが、2人のやりとりが
すごくイイんですよ。やっぱこういうへんてこりんな性格
のメガネって、萌えるよね〜。ザBLだよね〜。

それから、一話だけ出てきた哲雄×阿佐田という、脇役的な
カプがおりまして、この人たちが、一年後に発行された
『Honey/Chocolate』でメインカプとして描かれてまして。
こっちはこっちで、まさかこんないい話になろうとは、この
時点で予想できませんでした。素晴らしい。

キャラに個性があって、掛け合いが上手で、すごく魅力的
です。エロは少ないけれど、ちゃんとラブだし、ま、個人的
にはもう少しキュンとできれば尚良しなんですが。

ということで、これ読んだらすぐに『Honey/Chocolate』を
読むことをオススメします。





与える男。/奥田七緒  【バーズルチル】


〔2007/11/24〕

★★★★☆

鈴掛春依ことスズは大学生。健康オタクのスズは、公園で
倒れた男を拾う。その男はキルブルーと名乗る吸血鬼だった。
行くところがないというキルブルーを「アオ」と呼ぶことにし、
スズは同居を勧める。
「血が欲しい」というアオに指から少し血を与えたスズは、
血を吸うアオにときめいてしまい・・・


ファンタジーかと思いましたが、血をちょこーっと吸う以外は
普通の人間と同じなので、すんなり受け入れられます。吸血鬼
ってだけで、不思議と色香が増すので、ここでは困難な愛という
より、そういう効果かな。しかもメガネだし。

健康オタクが、アオにときめいちゃって寝不足で、健康が
脅かされるという、そんな設定が可愛いです。
エロは0です。しかし、押し付けがましくなく愛情が伝わって
くるのは、画力でしょうね。絵も構成もギャグの具合も、素晴ら
しくツボでした。

そしてもうひとつ、アオに失恋した上和野助教授とメガネ助手くん
の話。こちらもなんつうか、漂う色気。このアゴヒゲたばこで
ちょい悪、だけど中身は純情なおっさんが、また良し。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール