selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





満月に叢雲/みささぎ楓李 【SBBC】

〔2014/7/10〕

★★☆☆☆

性格が優しくて可愛い人狼の琴春。彼は田舎から一人、
立派な大人になるための「成人の儀」を果たしにドS主人
のいる氷見のお屋敷へ。そこで琴春は氷見にお手伝いさん
に間違えられたことから、数々の受難が!!ドS主人の氷
見に心も身体も翻弄されつつ、いつしか獣の部分が発情し
ちゃって気持ちが大混乱・・・!?
お待たせしました!!みささぎ先生の最新刊、萌え萌えショ
ート描き下ろし付きで登場!!

田舎で年寄り達に可愛がられて育ったため精神的に幼く、
成人になれずにいる人狼の琴春が、祖父の計らいでドSな
氷見(実は猫又)の元に預けられ・・・という話。

冒頭は、何やら訳ありのドジっ子ちゃんが、ドSな主人に
いじらる話で結構楽しかったです。けど段々、何の話なの
かな〜という感じで、頭に入らなくなっていきましたw
一応、色々と伏線的なものがバラまかれているので、それ
らが回収されて終われば満足だったと思うんですが、残念
なことにどうやらまだ続く模様で、現時点では中途半端な
印象。個性的な登場人物が数名出てくるので、もっと話を
広げるつもりなのだろうと思われますが、それならば1巻
とナンバリングしておいて欲しいですよね〜。

作者さんの好みで、攻が愛のない意地悪キャラなのも趣味
じゃなんですが、個人的には、折角の素朴な可愛らしい受
がちょっと成長した姿になっちゃうというのも不満だった
りしてw
  

↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ネコ耳×彼氏/みささぎ楓李 【ピアス】


〔2010/10/30〕


★★☆☆☆

ある朝起きたらネコ耳が生えていた音喜多英斗。友人
に相談しようと研究所まで来たところ、スーパーオタク
の研究員・仲林昴平に見つかってしまう。本物のネコ耳
に大興奮の仲林に、英斗はそのままお持ち帰りされてし
まい・・・。

あらすじの話の前に、『未来小説』というのが2話。
英斗の息子である大学生・彰人が、彼女・朋が創作した
BL小説を読んで影響され、父親・英斗と同居している叔
父・都がデキていると勝手に思い込んでしまい、更にそ
の小説が、息子が父親から叔父を奪うという展開だった
ため、影響されてしまって・・・
思い込みの激しい天然ちゃんが叔父さんを攻めちゃう、
叔父も段々その気になってくる・・・という愉快な話でした。
どんだけ思い込みが強いんだっていうw
最後に英斗が朋ちゃんに、おじさん次も登場したいんだけ
ど・・・とお願いするのがウケました。

『曖昧なモノから始まるモノ』は、英斗の友人で研究者の
尾上室長と、所員の諏訪園。酔って起きたら隣に室長が寝
ていたけれど記憶が無い諏訪園が、室長の動きや表情から
気持ちを探ろうと思っているうちに、どんどん好きになっ
ちゃって、思わず押し倒しちゃうという話。元々お互い好
きだったということでしょうかね。オヤジ受好きにはたま
らんのでしょう。

そしてあらすじの話が『ネコミミDAYS』(全2話)。
起きたらいきなりネコ耳が生えていた英斗が、尾上に相談
するため研究所を訪れたら、そこで超オタクな研究員の昴
平に見つかってしまい、連れ帰られていじられてるうちに
欲情して昴平を襲っちゃうという話。そんでHしたら、今
度は昴平に耳が移っちゃった・・・っていう。てっきりオヤジ
受かと思ったら攻でした。

あとは'01年の短編が2本。まぁ面白かったです。
というわけで、自分は特にケモミミ萌えでは無いので、正
直、『ネコミミDAYS』はあんまり面白いと思いませんでし
た。『未来小説』のバカバカしさと、『曖昧なモノから始
まるモノ』のシンプルなオヤジ受は好きでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







いつかきっとLOVE/みささぎ楓李 【Daria】


〔2010/6/22〕

★★★☆☆

期待の最年少作家・緋里(ひさと)は、出版社社長の一人
息子。昔からの片想いの相手で社長秘書の藤城を担当にし
てもらうが、やっぱり緋里よりも父親を優先する藤城にキ
レてキスを仕掛けても、逆に藤城にいいようにイかされて
しまう。じゃあ、と思い切って告白しても受け流されたり
と、藤城の手のひらで転がされる毎日。緋里は藤城を落と
せるのか!?

最初に懐かしい形の携帯が登場したんで、もしやと初出を
見たら、何と1話目は'00年でした。前半3話が'00〜'02
年、後半が'06、'07、'10年ということで、多少絵が違い
ますが、そこまで気になる程では無かったです。

しかしどうも、このノリがあんまり好きくない・・・
オバカちゃんな緋里がワタワタしながら、それをちょっと
鬼畜な態度でいじめちゃう藤城・・・の繰り返しなので、正直
愛が感じられないんですよね。余裕があって素敵だわドS!
と思える人にはいいんでしょうが、甘々好きな自分として
は、何か緋里が可哀想な気持ちになってしまって。

あと、他にキャラが出てくる割には行動範囲が狭い(実際
の移動距離もだけど、駆け引きの面が特に)なのにそんな
に進展がないっていうのが、何か息苦しいっていう感じが
するとか、攻が常に冷静だからか、全体的に形式的なノリ
に感じてしまうとか・・・ まぁあくまで主観の問題ですけ
どね。展開としては単純なので、読みやすくはあるんです
が、自分の好きな感じでは無いなと。決して嫌いな作風っ
てわけでもないんだけど、何かどうも毎回波長が合わない
んですよね〜。しょうがない。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







雨色の居場所/みささぎ楓李 【HertZ】


〔2007/9/22〕

★★★☆☆

「ただ存在しているだけで邪魔な立場の人間もいるのですよ

複雑な家庭環境で育った御曹子・古都宮鈴の家庭教師になった
辛島泉は、出会った当初からなにかと慕ってくる鈴に苦しくな
り、鈴の前から去ることを選ぶ。そんな辛島に鈴は「逃げるこ
とは許さない」と、両手をベルトで縛り、無理やり体を繋ぐの
だが・・・。

離婚し会社を辞めた公認会計士の辛島は、御曹子・鈴の家庭
教師となる。しかし人懐っこく見えた鈴が、実は過去のトラウ
マから、自分に異常に執着を示し出したことから、人を失望さ
せてしまうことに恐怖を抱く辛島は、逃げ出したくなり・・・

というわけで、愛情に恵まれず色んな人に捨てられてきた鈴
と、打たれ弱くて愛想を尽かされる前に自ら人を捨ててきた
辛島という、お互いにトラウマ持ちのオヤジと少年が解り合
っていくという話。

センセ大好きな鈴と、戸惑うオッサンという部分では面白か
ったです。が、辛島のトラウマが良く理解できなかったんで
すよね。ヘタレたオヤジを描きたかったんだろうなとは思う
んですが、共感できるタイプじゃなくて。

で、ずっと★2な感じだったんですが、最後にラブラブで終わ
るかと思わせといて、オヤジ自ら消えて、「5年後・・・」ての
がありがちではあったけど、結構グッとくるものがあったので、
★3にしてみました。
 

↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








オヤジ回廊へようこそ(2巻)/みささぎ楓李 【BBC】

 
〔2009/9/10〕

★☆☆☆☆

自称「オヤジ推進委員会」所属のぷりこ(=作者)が、
これ以上ないくらいに熱く「オヤジ」について語る・・・と
いうか、叫びまくってアナタを虜にしてしまう、謎のエッ
セイ&漫画が収録された豪華な一冊。一部で(笑)、
話題騒然の「BLオヤジ」コミックエッセイ、遂に待望の
第2弾、完結編が登場!!
 
というわけで、先日1巻を読んだときにも、エッセイの
内容がつまらなくて、短編もいまいち・・・と言いましたが、
今回の方がもっとヤバかったかも。私がオヤジが好き
とか嫌いとかそういう問題ではなく、ひたすら作者が
萌えを語るテンションがキツいというのと、それに慣れて
きたら、眠い・・・みたいな。雑誌の合間にある4ページと
しては面白いのかもしれませんが、一気に読むとなると、
ずっと同じようなテンションで、同じようなことばかり語っ
ているヒヨコキャラを、覚めた目で見てしまう感じです。
すみません。自分には合わないです。

2本収録の短編も、熱くオヤジを語っている割には、ど
こに萌えたらいいのか良く判りませんでした。残念。

あ〜なんか、検索してみたら、結構気に入ってるオヤジ
スキーの方は多いようですので、あくまで私個人の満足
度ということですから、と言い訳しときます。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。

 

  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








オヤジ回廊へようこそ/みささぎ楓李 【BBC】

 
〔2009/9/1〕

★★☆☆☆

巷で話題のオヤジエッセイ&コミック集。
ぷりこ(=作者)のかなり偏ったオヤジへの溢れる愛が
すべての人の同情を誘う(笑)、爆笑トークと、オヤジが
主役のストーリー漫画を収録。 新装版として新たに未
収録作品も追加して特別再編集された贅沢な一冊。
 
2003年にビブロスから発行されたものの新装版にな
ります。主に、オヤジスキーな作者さんの、オヤジ萌え
語りエッセイが入ってまして、合間にオヤジが主役の
『if plan』 『空を映す瞳と雫』 『憂愁の背』 という
短編3作品が収録されてます。

正直、エッセイは・・・途中から飛ばしましたw まぁ私が
そこまでオヤジ萌えでもないので、どうでもいいというの
もあったし、ちょっくらテンションがウザくなってきた、み
たいなw ひとつ得したと思ったのは、エッセイのゲスト
にユギさんが執筆されているということでしょうか。

ちなみにこちら、2巻も出てまして、後日読む予定です。
とりあえず1巻の方は、短編もそれほど好きではない話
だったということで、こんな満足度に。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








狭間にある空音/みささぎ楓李 【KAREN】


〔2007/4/28〕

★★★☆☆

「それでも、君のそばにいてあげたい・・・」
僕、天城久弥は姉の脅しで、人気アイドル・八木橋光樹の
マネージャーをすることに。人間関係はクールに過ごしたい、
でもあの子の、光樹のさみしげな瞳が僕を狂わせる・・・
揺れる想いに葛藤しつつ仕事をこなす中、光樹からの告白を
受け僕の心はさらに乱れる・・・
もう裏切られるのは嫌なんだ・・・ それでもこんなに想ってく
れる光樹に僕は墜ちてしまいそう・・

攻かぁ。オヤジ受を好んで描かれる方なので受かと思って
読んでたけど、あとがきでやっと攻だということに気付いた
という。あ、しかも最初はずっとオヤジだとは思ってませ
んでした。結局この人いくつなんだ?

うーん話は解りやすかったのでいーんだけど、どうも久弥が
インテリで流されにくい人だからなのか気持ちが見えにくい
とこがあって、どうも自分の好みじゃないんですね。結局
落ちたきっかけも微妙だし。

あらすじ見る限り、オヤジが切ない恋をするのかと思って期待
してたんですけどね。オヤジは流されてこそ、みたいなとこに
萌えを感じる方なので。ってまぁ、オヤジスキーではないので
まーこんな程度の感想で。





野獣主義−羊編−/みささぎ楓李  【SUPER BBC】


〔2007/12/10〕

★★☆☆☆

小さな洋食店を営む衣吹は、店に突然迷い込んだ男を
成り行きで匿うことに。
だがこの黒瀧という男の風貌がどう見ても堅気ではなく
困惑していると、案の定、衣吹が黒瀧達の抗争に巻き込
まれてしまい・・・


野獣オヤジ×ツンデレシェフ?
ごめんなさい。途中から関係がわからなくなってきて、
後半はほとんど読んでません。
多分、弟が出てきたりして、話が途中で変わる流れに
ついていけなかったのと、組とかのハードボイルド系な
話が好みでなかったのと、2人の関係性がイマイチつかめ
なかったことが敗因のようです。せめてエロシーンでも
盛り上がってくれればよかったのですが。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール