selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





おつきあいしてください。/三池ろむこ 【ディアプラス】

〔2014/12/29〕

★★★☆☆

日常に疲れたドラッグストア店長の北村に突然告白してき
たのは、小動物みたいに可愛い常連の男子高生!嬉しいけ
れど、年の離れた彼と付き合うことに悩む北村は・・・・・・!?
教師×元教え子の再会ラブシリーズも収録!!

表題作は、34歳のドラッグストア店長・北村が、前から可
愛いなと思っていた男子高生・碧に突然告白されたものの、
色々と迷いがありお断りするつもりだったのに、つい真剣
な碧に絆されて・・・という話。

碧が真っ直ぐで可愛かった〜v キュートで男前。
何気ない毎日の話だけど、恋をして相手がキラキラに見え
ちゃうという甘い空気、大人がピュアな少年に踊らされて
いる感じに思わずほっこり。
ただまぁ2話ではH未満だったのに、3話ではもう致して
いたので、え?間は?とか思っちゃいましたがw

『9年振りの休日』『こっちを向いて(前後編)』は、新し
い中学校に赴任したばかりの教師・村上が、近くの街の居酒
屋で働くかつての教え子・木崎と再会。酔ってうっかり一夜
を共にしたことから、一日一緒に過ごして・・・という話。
こちらも年上攻の歳の差ラブ。見た目によらずピュアな受が
可愛かったです。

『勝ってみせます!』は、大学からの気の合う友人・尚晴に
ある日自分が寝ているすきにこっそりキスをされていることに
気付いた東という話。これはまぁ、キャラも話も普通かな。
でも面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







解ける箱庭(1巻)/三池ろむこ 【ルチル】


〔2013/3/23〕


★★★☆☆

兄亡きあと、章生は〈アンダー〉の街で体を売って暮らし
ていた。ある雪の日、猥雑な街にまるで不似合いな紳士が
現れ「君を迎えにきた」と告げる。栗須と名乗るその男に
連れられ〈アッパー〉に建つ大きな屋敷を訪れることとなっ
た章生。突然のなりゆきに戸惑う彼に、屋敷の主・総司郎は、
風変わりな弟・久世の世話を命じる。人と関わることを厭う
て庭いじりばかりしているという久世だが、章生のことはす
ぐさま気に入ったようで・・・?

7年前に5歳年上の兄を亡くして以来、下層階級の街で男
に体を売って生きてきたホームレスの章生は、ある日上流
階級の屋敷の主・総司郎に拾われ、使用人兼、彼の弟・久
世の世話係を命じられる。最初は何故自分がと反発も覚え
た章生だったが、久世は自分を慕ってくれ次第に居心地良
くなっていく。けれど総司郎が何を考えているのかは、判
らなくて・・・。

え〜っと、う〜ん・・・1巻丸ごと序章のような感じで、まだ
全く謎が明かされていない状態なので、正直面白いのか面
白くないのか判断がつかなかったです。恐らく、章生の兄
が働いていたのがこの屋敷だったのか、総司郎と兄の間に
何かがあったのかなと思われますが。
まぁとりあえず、見所みたいなところは無かったですが、
章生と久世がじんわりと惹かれ合っていく過程は微笑まし
くていい感じですし、日本なんだけど洋風な感じもある舞
台の空気も心地良いですし、そういう、謎以外の面では
面白かったかなと思います。うん〜でもやっぱり、どうせ
なら全部終わってから読みたかった感じです。

2008年から1年に1〜2話程度しか描かれていない作品の
ようですので、果たして次の巻が出るまで内容を覚えてい
られるのかめちゃくちゃ不安ですがw、気長に待ちたいと
思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ふつりあいなチョコレート/三池ろむこ 【ディアプラス】


〔2012/3/30〕

★★★☆☆

カタブツな図書館司書の深川に最近よく声をかけてくる男・大
沢。彼はクラブの経営者で、深川とは正反対な世界に生きてい
る。何度つれなくしても、めげない大沢に触れられるたび態度
とはうらはらに心がざわめいて・・・・・・。いじっぱりなハートが
優しくほどける、ビタースイート・ロマンス。

表題作は『ふつりあいなチョコレート』と『あいまいなキャン
ディ』の2話。真面目なタイプの司書・深川が、毎日図書館に
通ってきたり、生活時間が違うのに毎朝過ごすカフェにやって
きたりと熱心に口説いてくる深川に絆されて・・・という話。
ほんわ〜とした感じで面白かったですが、いまいちインパクト
は無いかなと。甘いものが出てくるのが恋の甘さと・・・という
ことのようですが、個人的にはその辺の表現の抽象的なところ
が雰囲気はあるけれどあまり好みでは無かったです。

『仲良し』(全2話)は、野上と上条という、同期で友人同士
のリーマン二人。この二人はケンカップル的な、常に対等な感
じがして面白かったです。短いのでもうちょっと読みたかった
です。

『山のむこう空のむこう』(全2話)は、高校の同級生でかつ
てお笑いコンビを組んでいた放送作家の健一と、今は田舎で農
業をしている康介という二人が、ロケで偶然再会して・・・という
話。一緒にいるのに遠かった二人がやっと・・・という話で、いい
感じにキュンきました。

『俺と虎の3日間。』は、無職のオッサン・本宮が、研究所から
脱走したケモミミシッポの虎・リキについて来られてしまい、
仕方なく3日間だけ面倒を見ることに・・・という、ほのぼの〜な
話でした。癒された〜v

全体的にエロもほとんど無くあっさり目な印象でしたが、全部
面白かったのでとりあえず満足。相変わらずいい絵だ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







ゆうぐれのまち/三池ろむこ 【花音】


〔2011/10/29〕

★★★☆☆

借金取りの旭は、取り立てに行った風俗店でカンナと
偶然再会。経営者が逃げたため、住み込みで働いてい
たカンナは職と宿を同時に失った。そんな元クラスメ
ートをなぜか見捨てることができない旭は、自宅ボロ
アパートで“居候”させるが・・・。街の片隅で拾った孤独
を二人でゆっくりと愛に育ててゆく・・・優しい再会ラブ
ストーリー。読み切り6作に加筆、描き下ろし入りで
待望の刊行。

1冊丸ごと同カップルの話。
借金の取立てに行った旭が、そこで中学時代の同級生・
カンナに再会。何故か一晩泊めてやるハメになり、更
に次の職が見つかるまでの2日間も面倒を見ることに
なってしまうが・・・という出会いから、互いに離れがた
い存在になっていくという、やさしい恋の話でした。

相変わらず、いざ何の話か書き出そうと思ったら、ま
ったりとした日常という感じなのでそんなにポイント
がなくて、非常に感想が書き辛いタイプなんですが、
彼らの職業設定やあまり幸せでなかった子供時代の割
には特に波乱もなく穏やかに進んでいく話になってい
て、これはこれでほのぼのとできて良かったです。ち
ょっと貧乏くさいくて昭和的な香りがするのも何か良
かったv

きっと旭一人で生きていたら、こういう日々にはなっ
てなかっただろうなと思いますよね。凝り固まってい
た旭が、ちょっとダメっ子で放っておけないカンナの
世話を焼くうちに、それが良い方向に作用してゆっく
りと解されていくという、そういう二人で新たに形作
られていく日常が描かれていました。こういう微笑ま
しいゆるゆるとした日々がずっと続いていくんでしょう。
果たして借金取りと無職のままでいいのか?というの
は気になってしまうところですがw、ホームベーカリ
ーをゲットしたことからパン作りに目覚めたカンナが、
下の金物屋さんの端っこで、ちんまりパンでも売って
ればいいよwと思います。

大きな盛り上がりがあるわけではないけれど、しっか
りとろむこさんらしい世界が確立されていて、読んで
て心地良かったです。こんなに多用してたっけ?と思
うくらいお茶目なデフォルメ絵が登場していたのも、
ほのぼの雰囲気が増す要因になっていて良かったです
よねv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







その唇をひらけ/三池ろむこ 【花音】


〔2008/02/28〕

★★★☆☆

たまきは、幼なじみの慎司が好き。わがまま おうへい
自分勝手なオレ様だけど。最近は、じゃれたり抱きつ
いてくる距離の近さにも緊張する始末。これじゃダメ
だと『慎司離れ』を決意したたまきだけどかえって会
いたくなっちゃって・・・。

本の整理をしてて、これどんなだっけな〜と自分の感
想を見直してみたら、書いてなかったんですね〜。
ということで、2年半ぶりに読んでみましたら、まぁ
見事に内容の記憶が全く無くw 初見のようで得した気
分ですv

あらすじの二人が、表題作『その唇をひらけ』と『ど
うしても』の2話。
小学校から一緒の幼馴染・慎司がじゃれついてくるこ
とに、最近どぎまぎしてばっかりのたまき。このまま
ではヤバいと、少し距離を置こうとしたたまきだった
けど、実際会わないとなると何か寂しくて・・・

というわけで、離れたことが自分の気持ちにも慎司に
も火を点けちゃったという話。
まさにタイトル通り「俺のものになれ なるなら唇を
開け」という、暴走する若さにズキュンな感じでした。
つか、タイトルがこれだったからこそ、この台詞に萌
えたと言えるかもしれないですね。
ねっとりとしたエロさも良かったですね。たまきちゃ
ん、意外とエロいw

『ドロップアウト』『アウト オブ チューン』『アウト
チェンジ』の3話が、親の上司に頼まれ、高校生・嘉
一の家庭教師をすることになった、大学生・西念。
人に無関心だった西念は、どうせ夏の間だけだしと割り
切って始めたものの、嘉一の可愛さにハマっていき、自
身も少しずつだけど人と関わる面倒くささを受け入れ始
め、若干前向きな性格に変わっていくという話。
あの男が、こんなに執着するようになっちゃうんだ〜ニヤニヤ
というのを楽しむ感じでしょうか。

あとはネコ擬人化2本+1作品+表題作描き下ろしと、
4本のショートを収録。

というわけで、大きく分けて2シリーズが収録されて
いたわけですが、どっちも普通に面白かったです。
ただ、それなりに萌えな部分はあるんですが、どうも
作品全体の印象が薄いのか、直ぐ忘れちゃうんですよ
ねw 私の頭が悪いのか?w
前から、感想が書き難いタイプなんだよな〜と思って
いましたが、今回もやっぱりそういう印象。話も絵の
魅力もあるんだけど、意外にヤマが低いというか、ド
ッカンと萌えるような感じでは無いですよね。静かに
面白い。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







カクゴをきめて/三池ろむこ 【ディアプラス】


〔2010/3/30〕

★★★☆☆

可愛い恋に憧れているヤ○ザの息子・鉄は、好みのタイプの
男前・瀬能に出会う。しかし、瀬能は詐欺師まがいの行為で
生計を立てていて、鉄を騙し、裏ビデオを撮ろうとしていた!!
鉄はそんな瀬能を返り討ちにするが・・・・・・!?

渡海奈穂さん原作。
鉄は見た目は可愛いけれど、腕力も性格も男前のヤクザの跡
目の高校生。しかし趣味の悪い組の跡を継ぐ気は無く、彼氏
を見つけて、可愛い恋をしたいと意気込んでいる。そんな時、
街で出会った好みのタイプのイケメン・瀬能と三度目のデー
トまで進むが、実は瀬能が、男子高校生を騙して自分との行
為をビデオに撮り、それを売りさばいて商売している男だと
知ってしまい恋が終わる。だがその時にビデオを壊され、有
り金を巻き上げられた瀬能は、反省したフリをして、再び鉄
に近づき、金を取り戻そうとしてきて・・・

ヤクザの息子であることを隠し、反省した瀬能との恋にハマ
っていく鉄と、本当の目的は金だということを黙って鉄とデ
ートをするうちに、調子を狂わされてハマってしまう瀬能と
いう、やや腹黒同士のラブ、全3話でした。
残念ながら、瀬能がただのチンピラで、良さが全く解からず。
どうせなら、前向きな鉄に、どんどん侵食されていくという
ヘタレな部分だけを描いてくれれば、可愛く思えただろうに、
色々と中途半端なキャラでしたね。鉄は可愛いけど。


『カクゴをさせて』(前後編)
表題作で、ずっと鉄のそばにいて、鉄を想い続けてきたのに、
ヘタレスキーな鉄に、隙が無くて萌えないと言われて失恋し
てしまった、幼馴染・友紀の話で、こっちの方が断然面白か
ったです。

友紀は最近、数学の佐原にやたらと標的にされていた。元々
生徒に冷たく当たると評判の佐原に、用事を言いつけられた
り遅くまで居残りさせられたり。しかしその憂さ晴らしにヤ
クザのお仕事に出かけた夜の街で、偶然佐原に会ってしまい、
翌日素行の悪さを説教されたことから、友紀はついに反撃に。
だが実は、佐原が自分に気があることに気付いた友紀は・・・

というわけで、鉄への失恋を引きずりつつも、真面目なあま
りクールにしか振舞えないけど、実は可愛い先生に惹かれて
いく友紀という話。
佐原の初恋の相手が友紀の父だった、というありがちな話で
すが、この父のアホキャラがなかなか良くて笑えたのと、
色っぽい部分もしっかりあって、話にメリハリがあったので、
楽しかったです。恐らく、大方がこっちのカップルが好きだ
と言いそうな気がしますね。

っちゅうわけで、表題カップルも、別に嫌いじゃないですが、
ちとラブとしては性急で薄味だったのが残念だなと。そこで
の友紀の使われ方もいまいちだったんですが、その分後半で
フォローされていたのは、良かったかなと。

ちなみに、最初の3話が終了した後に、小学生の鉄が、詰襟
の男子に抱き上げられてる1枚の写真が載っていて、誰だ?
と思ってましたが、全部読んで納得でした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








ハイファイライフ/三池ろむこ 【Daria】


〔2009/11/21〕

★★★☆☆

高校を卒業して7年。故郷を離れていた恩田は、高校
時代に唯一ゲイだとバレてしまった小林に同窓会で再
会した。気まずさを覚悟していたものの、久しぶりに
話す小林との時間には、いつも他人との間に感じるノ
イズがなかった。しかし、人との距離を測りかねてい
た恩田は、小林と友達として過ごす時間が嬉しい反面、
それが次第に苦しくなり・・・。

全6作品+描き下ろしの短編集。
相手との距離を測りながら、ゆっくり育っていく恋が、
温かく懐かしい気持ちにさせてくれる、若者のラブ満載
って感じです。

あらすじの『ハイファイライフ』は、居心地が良いって
まさにこんな感じ・・・という、二人の自然な佇まいに、読
んでて思わずニヤニヤしてしまいました。小林が男前な
のにオタだというのがいいキャラでしたが、高校時代は
更にモサかったのがまた良かったなと。何ちゃない話と
言ってしまえばそうなんだけど、全く違うタイプだった
二人が、少し時間を置いた未来には合わさっちゃったと
いう、運命っぽい感じと、これからもすごく上手く付き
合って行けそうっていう雰囲気がいいんですよね〜。

『猫の気持ち』 クールな優等生・沢木×流されがちな
花村。あるきっかけで、憧れていた沢木に構ってもらえる
ようになった花村。ポ〜ッとしているようで、頭の中は沢
木に対する欲でいっぱい・・・ というオバカちゃんな受と、
そんな受を構わずにはいられない攻の、噛み合ってないよ
うで噛み合ってる、ヘンテコな空気がいい感じです。

『特別なんだ』 幼馴染のぽっぽと喬という高校生同士。
昔は自分の後についてきていたぽっぽが、強く男らしくな
っちゃって彼女らしき子までいて、段々と自分がぽっぽの
特別じゃなくなっていくという寂しさを感じつつ、でも違
う形でも特別でいようと、必死な喬が可愛いですね。

『となりの恋人』 大学の先輩・萩森と恋人未満の関係
にある司が、隣に越してきた中学生の、真剣に恋する気持
ちに当てられ、くっつくという話。いつだって調子が良い
先輩も実はいつもビビってたという可愛さと、最後にちゃ
んと見せた真剣が、色っぽくて良かったです〜。

『変わらぬ日々』古ぼけたゲーセンでくさってた大学1年
の悟と、関西弁の店員・ユキ。ごく自然に仲良くなり、ユ
キの恋が終わり、そして新たに・・・っていう、これまた何
ちゃない話なんだけど、優しくていいなと。

『はなせない。』『前から言ってある。』は、元気ワンコ
×オトメンのバカップル。何じゃ、この可愛さw
え!?何か、このページだけ桃色に塗ってある?w

そういうわけで、恋の始まり的な、ほわわ〜んな気分にさ
せてくれる話満載で、後引くニマニマ。ハズレの無い1冊
でしたね。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








キラキラ/三池ろむこ 【ルチル】


〔2009/3/24〕

★★★☆☆

同じ人に、二度目の恋をしている・・・。

カメラマンを目指す加持遼太は、クリエイターの先輩達と
共同生活中。そのアトリエ兼住居に現れ、思いがけず加持
の部屋に住むことになったのは、高校時代の加持が憧れて、
恋をして、卒業式に告白して見事にフラレた相手・・・宮田真
人先輩、その人で・・・?
加持の“二度目の”恋をはじめ、ふたりを取り巻く住人達
のキラキラきらめく想いを描くオムニバスシリーズ。

1つ上の先輩・真人の卒業式の日、告白して振られてしま
った遼太は、それから6年、実は未だにその想いを引きずっ
たままだった。カメラマンとしてはまだ生計が立てられず、
アルバイトをしながら、他のクリエイターの先輩達との共同
生活を送る遼太だったが、ある日、先輩の一人、黒須さんが
連れてきたのが、自分を振った真人先輩で・・・

そんなわけで、元々住んでいた河西さんが結婚して家を出る
ため、代わりに住まないかと声を掛けたのが、偶然にも黒須
がいつも通っているカフェの店員で、遼太の想い人。
一度恋した相手に、また再会して恋をしているという、ノンケ
同士のほんわかとした可愛い話で和みます。

4話目は、同居人の一人で、インテリアプランナーの五十嵐
と、建築士の管野。五十嵐が10歳年上の男と不倫しているのを
管野に知られてしまい・・・という、3年前の出来事から、二人
が恋人になるまでの話が描かれていて、実は前の二人の話より
こっちが結構好き。こういう大人な攻に萌えます。

そして5,6話目が、これまた好きなキャラの一人・黒須と、
河西の奥さんの弟・透。今まで奥さんと一緒に住んでいたけど、
河西と結婚するということで、透が一人暮らしをすることになり、
その引越しの手伝いを黒須が任されてしまったことから出会い
ます。透がとんでもなくどんくさくて、ちょこまかと小動物の
ように可愛く、そんなダメっ子をほっておけないというね。
今から恋が始まるぞ、ってとこで終わってるので、爽やかです。

そしてラストがまた、最初のカプ、遼太と真人。ゆっくりだけ
ど進展していってるようで・・・うん、可愛い。


『災厄の告白』は、中高一緒の友人同士。ヘタレだった攻が告る
覚悟が出るまでと、自転車日本一周の旅に出て、約2年ぶりに
帰ってくるという、若干暑苦しい、しかし可愛らしい話。

『とても簡単なコト』は、リーマンと喫茶店の店員くん。
何ちゃない話だけど、雰囲気が良くて、和む。

以上。ルチルということで、かなりライトな仕上がりになって
いて、若干物足りない感じがしたけれど、雰囲気、言い回しな
ど、結構好きなところがあったし、何より全体的に大人がいい
味出してたので満足。そんな感じ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







ここからどうする?/三池ろむこ 【ディアプラス】


〔2008/6/30〕

★★★☆☆

凛とした空気、まっすぐ伸びた背中・・・俺は、白木と碁盤
を挟むこの時間が一番好きだった。だけど、そうやって
向かい合うごとに、あいつのことが気になっていって・・・!?
恋を知らない未熟な二人のティーンエイジ・ラブ!!

うーん、思っていたより、微妙。あんま萌えなかった。
こういう二人、嫌いじゃないけど、舞台が囲碁部ってので
さらに微妙なことになっちゃってて、最後までとんでもない
ことのないユルさでしたね。言い換えれば爽やか?うーん
でも若さはない。凛とした感じはイマドキの子らしくなくて
良かったですが。
白木の服のセンスが面白いことくらいかな、印象に残ったのは。

リーマンとコンビニ店員の『ずっと待っていた』は、まぁ面白
かったけど、『美しき日々を』『素晴らしい世界』はどうかな。
大体が、出てくる人出てくる人、みんな低温なので、コレと
いう盛り上がりがないのが特徴といえば特徴なのかな。やっぱ
絵は素晴らしくいいですけどね。今回はイマイチ、自分の好み
ではなかった、ということで。





裸足でワルツを/三池ろむこ 【花音】


〔2006/7/29〕

★★★☆☆

小説家の阿部は、出版社アルバイトの克実を犯した。
2年後、突然阿部のもとに押しかけて来た克実は「好きだ」と
積極的にカラダを開いたのだ。
なぜ彼を追い返さないのか・・・ この気持ちはなんだろう・・・。
恋愛に少し臆病になっている小説家を青年の想いが揺さぶる・・・

いいっすね。雰囲気が絶品。ちょっと陰な感じがする駆け引きが
巧いですよ。暗い先生がたまんない。
あとは『Cowardly hand』の3年前から既に好き同士だった2人とか、
『さよなら、冬の日』なんかみたいに、思ってることを上手く
伝えれないもどかしさも、全体的に微妙に暗いのが好きです。

実は新刊も読んでるんですけど、この方のって感想書くの難しい
んですよね。まず雰囲気が先に来る感じなので。ま、早めにアップ
します。





| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール