selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





愛と偽りのキス/深井結己 【花音】


〔2014/5/29〕

★★★☆☆

引受先の商社で日本人として働くことになった王子は、指導
係の秘書二課課長・業平に出会い、一目惚れしてしまう。あ
る夜、眼鏡の奥の優しい眼差しに見つめられながらキスをさ
れた王子。初めて頭の芯がしびれるような想いがした・・・。
しかし、王位継承権を巡るトラブルに巻き込まれた時、業平の
態度が一変して・・・!?愛しい男は敵か味方か・・・恋と事件が
王子を襲う!!!他、遠恋リーマンなど著者渾身のアダルト
ラブ作品集v描き下ろし付きv

3つの話を収録で、表題作は前後編の2話。
ごめんなさい。深井さんは好きなんですが、これは何か展開が
早過ぎていまいちでした。さっき出会ったばかりなのにな〜と
いう。以前発売されたコミックス『男の上手な泣かせ方』で
出てきた二人の過去の話ということですが、残念ながら思い出
せない。

『キスより、もっと』は、ゼミの旅行でロッジに着いたものの、
天候悪化で他の人たちが遅れてくることになり、一晩を二人で
過ごすことになった蒼と橙司という友人同士の話。
襲い受を楽しむ話ですね。友人としていい関係を築いてきたん
だろうな〜というほのぼのな部分があるのが良かったです。

『舌先で、煌めき溶ける』は、厳しい上司・瀬宮課長のことを
最初は良く思っていなかった新入社員・上元だったけど、厳し
くも優しいところに惹かれていって・・・という話。オチが素敵。

普通に面白かったんですが、どうも深井さんにはもっと望んで
しまうようでw、もう一声という感じでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







光木八尋の甘美な憂鬱/深井結己 【麗人】


〔2013/5/27〕

★★★☆☆

巨大暴力団・竹強会の御曹司である豪太郎とカリスマ美容師
・八尋は幼なじみの間柄だったが、実は密かに豪太郎のこと
を愛し続けていた八尋はとうとう半ば逆レイプ的にその想い
を遂げてしまう。ところが、ゆえに八尋の憂鬱はますます深
まるばかりで・・・!?
大好評「南美隆輔の傲慢な正餐」の待望スピンオフである表
題含む2編をはじめ、真摯に愛を生きる男たちのドラマをセ
ンシティブに描く珠玉の名編6話を収録!!
読むほどにハートにしみるアダルトBLロマンの決定版!!!

全6編で4カップルの話を収録。
相変わらず、短編上手〜v 全部面白かったです。

『スワール-swirl-』『光木八尋の甘美な憂鬱』の2話があら
すじの話で、前コミックス『南美隆輔の傲慢な正餐』(短編
集)に収録の同タイトル作品のスピンオフ。そちらを読んで
なくても全く問題ないと思います。
竹強会の若頭・豪太郎のことをずっと想い続けてきた、幼な
じみでカリスマ美容師の八尋が、豪太郎が男もイケると知っ
て自分から・・・という話。

1話目は、結構急な展開という感じで乗っかり受を楽しむだ
けかなという感じだったんですが、2話目の方で八尋の辛い
過去が明かされたりと、あ、キタ、深井節!という展開にな
ったことで、グッと面白く感じました。高校生・豪太郎の所
業は決して褒められたもんじゃないですが、八尋への特別な
想いがしっかり伝わってきて良かったです。
「感じてなくても演技できる女とばっかり〜」と言うところ
の素の八尋が可愛くて、キュンときました。

『ほんと報われない』は、仕事には厳しいけれど、普段は可
愛らしい田名川部長と、10歳年下の部下・笹村という、スイ
ーツ開発をしているリーマン同士の話。
おっさんなのに可愛く見えちゃう〜という、深井さんらしい
話で面白かったです。オチもw

『糸も半ばの物語』『糸、各の物語』の2話は、子供の頃か
ら面倒を見てきて息子のように可愛がっている、娘・まりん
の親友・和兎が、大人になった今も通ってきていて、実は自
分のことを本気で好きだったらしく・・・という、42歳のオッ
サンと、一途な若者の話。
これがかなり好きな話でした。特に和兎が入れていた食費を
剛が積み立てていたという過去話のくだりの、時給だよ、と
いうところは何度読んでもウルッと。お互い形は変われど、
愛情という部分はずっと続いていたんだな〜という事実に感
動です。まりんに連れられてきた子供・和兎の、申し訳なさ
そうな顔にもついウルッとしてしまいます。
リバっぷりもすごくナチュラルで、あぁそっちもアリだなと
自然と受け入れられる感じでした。だが!やはり、おっさん
受がしっくりきますよねw

『花影、揺れる』 は、教育実習で母校を訪れた秋吉が、同じ
く実習に来た、2年の途中で転校してしまった同級生・瀬里
と5年ぶりに再会。実は転校する直前に、言葉が足りなくて
瀬里を傷つけてしまった経緯があった。だがそこには更に、
秋吉が高校時代に関係を持っていた二村先輩がおり、関係を
強要してきて・・・という話。
深井さんらしい、地味なメガネっ子に痛い過去が・・・系の話
でしたね、色々苦労しても、やっぱり最後にはちゃんと幸福
が待っているのが、深井作品の素敵なところ。

相変わらず、短編なのに起承転結がビシッとあって、奥行き
もあって、安定の面白さですね〜v
drapの海外が舞台だったりの話も勿論面白いですが、自分的
には麗人の日常設定の話が断然好みなので、今回の同時発売
はこちらの勝ちという感じでした。楽しかったv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







六月の丘のひなげし/深井結己 【drap】


〔2013/5/25〕


★★★☆☆

美大生のルイスは、祖父母の故郷で美しい青年・ピエールと
出会う。一目で恋に落ちたルイスは、彼に絵のモデルを依頼
する。その日を境に、急速に二人の距離は縮まっていき・・・?

前作『情熱のイングリッシュローズ』のスピンオフ。そちら
を読んで無くても問題ないと思います。というか、巻末にあ
った描き下ろしを読んで初めて、もしかして〜程度に気付い
た私w

というわけで、祖父母の故郷フランスを絵を描きながら周っ
ていたアメリカ人の画学生・ルイスが、とある小さな村で美
しい青年・ピエールと出会い恋をするも、ピエールは自分の
前から消えてしまう。8年後、シェフとなったピエールと再
会して・・・という話。

結構静かでムーディーで、正直序盤はやや退屈な感じが。だ
けど最初は解りにくく、氷の花と呼ばれているピエールが、
段々と脆いところを見せ、秘めた情熱が伝わってくるように
なるたびに、面白くなっていった感じでした。
まぁでも、深井作品は大好きですが、今回はあまり私の好み
では無かったかな。泣く場面でつられることもなく。
一目で恋に落ち、その後のお互いに強く作用したという、純
愛ムードを楽しめるといいのかなと思いますが、私にはそこ
まで伝わってくるものは無かったです。
けどやはり、深井さんは魅せるな〜というのは、いつも通り
思いましたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







光降る朝、初めてきみと/深井結己 【花音】


〔2013/3/28〕


★★★☆☆

地元で郵便配達員をしている篤は、十数年間忘れられずに
いた幼馴染みの凛太と再会し、二度目の恋に落ちた。熱っ
ぽく見つめながら触れてくる凛太の指を強く拒めない篤だ
けど、凛太には離婚した妻との間に幼い息子がいて・・・。
「こんな関係普通じゃない」と分かっているのに溢れる想
いが抑えられない・・・。大人になっても恋に臆病なバツイチ
子持ち×郵便配達員の幼馴染みラブストーリーv

読む前に他所の感想で結構、薄味で物足りないという意見
を目にしていたので、そっか〜と若干ハードル低めで読み
始めたんですが・・・ いや、私は全然普通に楽しかったですw
確かに辛味成分多めの話の時のような衝撃はないですし、
後ろ2つの話はそこまで好き〜という感じでは無かったん
ですが、どれも最後にほっこりできる話ばかりで、こうい
う深井作品もいいなと。普段がガツンと衝撃の強い話が多
いだけに、今回も前回の花音作品同様、確かに少しヌルい
かなとは思います。でもやっぱりこの独特の味は、私には
魅力的でした。逆に、深井作品の怖さが苦手であんまり手
を出したことないという方にもオススメできる感じかもし
れないですね。

表題作(前後編)は、前コミックス『コールミーダーリン』
に収録の『光追う夜』という作品の続編。
離婚して、息子・海斗を連れ12年ぶりに地元に帰ってきた
凛太と、幼馴染で郵便配達員の篤という、両想いだけど微
妙な関係の二人。
二人の恋路はもちろん良かったですが、二人が海斗のこと
を語るシーンが愛情いっぱいで、堪らなくウルウルしてし
まいました。また海斗がヤンチャでいいキャラなんですよ
ね。彼なら心配しなくても、血なんて関係ないということ
をちゃんと自分で理解してくれそうで頼もしい感じがしま
す。描き下ろしのテンションも可愛かったw
もっと先まで見守っていたい3人です。

『先に言ってよ』は、バイト先のコンビニのお客さんだっ
た、大手家電メーカー勤務の靖憲を好きになり、思い切っ
て告白し恋人になれた善は、少しでも靖憲に愛されたい
と尽くしてきたけれど・・・ と、オバカさんな受が勝手に
別れを予感しちゃってテンパるという話でした。
健気な善の頑張りを、ちゃんと見ていてくれた靖憲の言葉
にウルウルでした。あぁこういうカップル好きですv

『雨がざあざあ降ってきて』は、善の働くコンビニの別の
店員・愛宕が、愛宕に好意を持っているらしく、店に頻繁
にやってくるメガネの男性を、ストーカーだと気持ち悪く
思っていたけれど・・・という話。
ちょっと、愛宕が何故何時彼を好きになったのか疑問だっ
たんですが、ま、深井さんらしい地味メガネが味わえる話
だったのでいいのかな。

『よく見りゃわかるはずなのに』は、本社から関西支社に
課長として戻ってきた野上が、キツくて口の悪い元彼・十
条と再会し・・・という話。
すんごい遠回りしたんだなというw ここまではあれでした
が、今後はバカップルになりそうな、可愛い二人でした。

というわけで、ほんわか成分多めバージョンの深井作品も
楽しかったですv 生活感があって決して美しくはないん
だけど、本人達の気持ちはキラキラ・・・みたいな、何かそう
いうところが愛しく思えて好きなんですよね〜v


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







コールミーダーリン/深井結己 【花音】


〔2012/1/28〕


★★★☆☆

深く慕っていた社長に売られ、まさかの性接待を強いられた
不幸リーマン・古谷秋。彼を救ってくれたのは一見様お断り
の旅館「菖沢庵」の主人・沢渡だった。恋に傷つく秋を、沢
渡は包容力のある眼差しで熱く口説くのだが・・・。
謎のイケメン旅館主人×不憫なリーマンの恋v
社会人のアダルトラブ作品集! 描き下ろし付き★

表題作が前後編と、他に短編が3本収録されています。
表題作は、好きな社長の頼みで、芸能プロダクション社長を
旅館「菖沢庵」で接待することになった秋だったが、実は裏
で性接待の約束がされていて・・・と、好きな人に裏切られたリ
ーマンが、旅館の主人・庵主さんに癒されるという話。
安定してますね〜v この落として上げる感じが堪らないです。
短いながらもひとつひとつの場面が印象的で読み応えがある
んですよね。やっぱ深井さんいいな〜。

『光追う夜』は、12年前、幼馴染・篤に別れを告げられない
まま故郷を後にした凛太が、離婚して息子・海斗を連れて帰郷。
小さな頃から篤にちょっと意地悪をして泣かせるのが好きだ
った凛太は・・・という幼馴染が再会してという話。うんいいで
すね〜幼馴染。こういうダメダメな二人好きです。海斗もいい
味出してました。

『花咲く森の中』は、部長の奥さんの葬式に参列するため、想
いを寄せる浄川課長と遠出をした高峰。しかし帰り道吹雪の中
でガス欠してしまい・・・という話。これは、ある意味深井さんに
しか描けない世界観というか、深井さんだからハマる面白さと
いうか。静寂と衝動と、事の真相に気付いている真相・・・と、
ぞくぞくしますv

『地獄の沙汰も彼次第』は、大学の新理事長・和巳とシステム
会社の営業マン・佐倉。折角プライベートでいい感じになった
二人だったのに、佐倉の元彼でヤクザの正夫が和巳のことを狙
っていて・・・というちょっぴりイタタな話。何でこの短さで描
ききれるのか不思議なくらい、色んなことがあるのにちゃんと
まとまっているんですよね。何なんでしょう、この構成力。

そういうわけで、一度読みの時点では、深井さんにしては全体
的にサラッとした作品ばかりかな〜と思っていたんですが、読
み直してみるとやはり上手さに気付いてフムフムと。毒っぽさ
と甘さがいい感じに共存していて、確実に面白いですよね〜v
全部面白かったなぁ。さすがの安定感。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







南美隆輔の傲慢な正餐/深井結己 【バンブー】


〔2011/12/17〕


★★★☆☆

「あれほどカタギの世界で生きろと言ったのに、あいつ
はコッチの世界へ戻って来ちまいやがった」
竹強会の若頭補佐・南美隆輔は怒っていた。かつては弟
のように可愛がっていたものの、当人のためを思ってヤ
クザ世界から遠ざけたはずの国木理央が、弁護士となり
組織の若き顧問見習いとして帰って来たのだ。その裏切
りとも言える人生の選択に落胆し、なじり冷たく当たる
南美だったが、理央の中にはなんと言われようがそうせ
ざるを得なかった、一途で熱く密かな想いが燃え続けて
いたのだった・・・・・・・・・。野望と暴力の大きなうねりに
抗いながら純な愛をつらぬく宿命のふたりの姿をドラマ
チックに描く表題作をはじめ、痛みと絶望、そして悲し
みの中だからこそ信じられる魂の輝き満ちるピカレスク
傑作5編を収録!!著者渾身の最新作品集!!!

いや〜さすが深井さんv ヤクザ、ヤクザ、遊郭、英国、
ヤクザというラインナップですが、どれも痛みや暗さの
中に温かさがあったりと、おなじみの深井節全開で全部
面白かったです。もっと読みたい!

あらすじの話は『南美隆輔の傲慢な正餐』。
かつて父親がヤクザの顧問弁護士をしていたため、子供
の頃から組員の南美に懐いていた理央。理央を大事に思
い、ヤクザとは無縁の世界で生きてほしいと思っていた
南美の気持ちに反し、南美の傍にいることを強く望んだ
理央は、弁護士となり戻ってきてしまう。そんな理央に
冷たく接する南美だったが・・・。
とても短編とは思えない密度ですよね〜v 子供の頃のエ
ピソードにほのぼのさせられ、大人になった二人の色気
に萌えっとさせられ、何でこんなに上手くまとめられる
んだろうと相変わらず感心します。面白かった!
コートの懐に子供理央を隠しパチンコを・・・という姿が印
象的で大好きです。

『愛で縛ればいい』は、父親の腹違いの弟で8つ年上の
叔父・雪広を子供の頃から慕い、一時は身体の関係を持
った治が、雪広を消すことを命じられていて・・・という話。
と書いちゃうと単純そうですが、短い中にもしっかりと
経緯が描かれていて、何と面白い。ぶっちゃけSMチック
なラストは決して自分の好みとは言えませんが、深井さ
んらしいのでこれはこれでOKなんですよね。

『殺め川 戀の道行き』は、男娼として遊郭に売られた元
は裕福な出の宗輔が、昔自分のお世話をしてくれていた
茅太と再会。宗輔に厳しく芸を仕込まれるが・・・という話。
切なくていい話でしたね〜。天を恨み、己の不甲斐無さ
を恨んだがお前を恨んだことなど・・・と言う茅太がたまら
なかったです。あぁ逃げ切れて良かった。

『言うに言えない』は、海軍兵学校を卒業し、士官候補
生に任官するまでの間、屋敷に戻ったウィリアムと、ウ
ィリアムが赤ん坊の頃から近侍をしているデューイ・・・と
いう主従ラブ。あぁいいですね〜。抑えていた気持ちが、
これからはウィリアムに命の危険もあるかもしれないと
思った時、ブワッと溢れ出して思わず崩れ落ちてしまう
感じが切なくて良かったです。

『リトルウィング』は、議員である兄に汚職の罪を着せ
られ、死ぬように命じられた秘書の悠二が、ヤクザと出
会い・・・という話。ただそれだけでなく、悠二の兄への
想いもこの短い説明でちゃんと伝わってくるのがすごい
ですね。他の人が描くとそれでいいのか?と思ってしま
いそうな結末も、深井風味になると妙に納得できてしま
うんですよねw 面白かった。

全体的に暗めで、おふざけの無い話の集まりとなりまし
たが、ちゃんとラストには救いがあるので読後感はスッ
キリです。何より短い話なのに、こんなに起承転結がし
っかりあるという相変わらずの構成力には本当びっくり
ですね。全部面白かったですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







情熱のイングリッシュローズ/深井結己 【drap】


〔2011/9/24〕


★★★☆☆

英国貴族のアレックスと出逢った玲也は、同じ時間を過ご
すうちに次第に彼に惹かれていった。ところが、ちょっと
したすれ違いから、アレックスの所有する城に囚われの身
になってしまい・・・?

パリの有名レストランで修行をするためフランスにやって
きた玲也は、店に行く前にパリで暮らす従兄弟・雄作の元
を訪ねることに。しかし怪我をした雄作の代わりにやって
きたのは美しいフランス人貴族のアレックスで、自分の城
に招待してくれた。普段は人付き合いが苦手だというアレ
ックスが、玲也を観光に連れていってくれることになり、
二人は次第に親しく。しかしある朝、アレックスの入れた
紅茶を飲んだ瞬間から記憶が無くなった玲也は、目覚める
とベッドの上に縛り付けられていて・・・。

というわけで、玲也に一目惚れしたものの、これまで恋を
したことが無いため玲也へ抱く感情を自分でも持て余して
しまう不器用なアレックスと・・・というヘタレな攻を、可
愛らしい玲也が理解しラブラブにという話でした。
深井さんだとどこかで落とし穴があるんじゃないかとつい
ハラハラしながら読んでしまうんですが、これも最初いき
なりSMチックなところから始まるので、どうなっちゃう
んだろう〜と思っていたんですが、意外にもベーシックな
話でしたね。しかしそこに上手い具合に深井風味で肉付け
されていて、定番を魅せるものへと変化させるのが上手い
な〜と。正直、1回読んだ時点では、話を追うことに集中
していたこともあり、その良さに気付けなかったので、今
回は薄味かな〜と思っていたんですが、2回目読んで色ん
な細かなネタが拾えた時に初めて、あぁこの伏線回収具合、
まとまり具合は気持ちが良いな〜vと、改めて良さに気付
いた次第です。

素直な玲也がとっても可愛かったvおじいちゃんの横に立
つキリリとした子供玲也を見たこともあり、彼の幸せを願
う気持ちが沸々と。デザートを褒められてテレっとするシ
ーンも好きですね〜v
たまにはこういうやさしさ溢れる、ザ・ハッピーエンド!
な深井作品も良いものですねv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







世界は光に満ちている/深井結己 【バンブー】


〔2011/2/26〕

★★★★★

時は昭和二十年、太平洋戦争下の日本の小村の片隅。
医学の道を志し帝大に進みながらも、病によりその途
半ばであきらめ帰郷せざるを得なかった榎戸正之介は、
その不遇を託つこともなく世捨て人のごとく、ただ日
々を送っていたのだが、そんなある時、撃墜された米
軍機から瀕死の状態で脱出した若き米兵・ジョーイの
闖入という青天の霹靂に見舞われてしまう。そして、
普通であれば官憲に突き出すべきところを密かに匿い
介抱してやるのだが、その過程でそれぞれの境遇を知
り、心かよわせ合ううちに互いになくてはならない存
在となっていき・・・・・・・・・果たして、この決して許され
ぬ恋の道行きの向かう先は・・・!?
暗く不幸な時代に抗い輝いた至高の愛の邂逅をドラマ
チックに描き麗人誌上で大反響を呼んだ表題作他、等
身大の男たちのピュアな想いに満ちた人生の旅路を綴
りエイジングBLの金字塔との呼び声も高い「五月雨る
抱擁」等、ヒューマンな魅力にあふれた最新傑作5編
を収録!!・・・・・・・・・この感動、無限大!!!

ちょっと前の時代を描いたしっとり系の話が全5作品
収録されています。あらすじの文句に偽り無し!と言
える、感動する話ばかりで、かなり泣かされまくりw
何度読み返しても、変わらず泣けてしまいます。と書
きながらも涙がw


『世界は光に満ちている』
医者を志していたものの、体調を崩し、静かな山手の
家で一人療養生活を送っている兄・正之介が、墜落し
た戦闘機に乗っていたアメリカ人・ジョーイを助け匿
ううちに、二人はかけがえの無い存在に・・・という話。

実質家族との縁を切られてしまっている正之介と、も
う戻る場所もないジョーイという寂しい二人が、やっ
と築いたわずかな幸せが切なくて。何故にこんなに短
い尺で見事にドラマチックに表現できちゃうんでしょ
うね。それが正之介の目線だけでなく、度々様子を見
に来てくれる正之介を慕う、歳の離れた弟・幸作の目
線からも語られるのが、またたまらなくて。
普通なら死んだシーンで泣いちゃうことが多いんです
が、死そのものは何かそれほど重く描かれてないんで
すよね。むしろ兄が事切れる前に「ジョーイと俺だけ
の墓になるんだ」と言った幸福そうな姿と、そんな兄
に縋り泣く幸作の姿など、哀しいんだけど確かに幸せ
を感じるような場面にこそ泣かされたような気がしま
す。最後のシーンもいいな〜。あと何十回読んでも、
泣ける自信がありますw

『象牙色の銀河』
父親を騙し全てを奪った社長に敵討ちに行こうとする
楓が、その前に10年前の初恋の相手で、2つ上の兄の
友人・禮次郎に会いに行くという話。
彗星接近で人類が滅亡する時、一緒に居たいのは禮次
郎さん。自分で人生を終わらせる時に居たいのもやっ
ぱり禮次郎さん。そういう楓のピュアな想いと、10年
ぶりに明かされる真実と、禮次郎がこの10年どういう
想いで一人過ごしてきたのだろうか・・・と、色んな感情
が押し寄せてくる、地味に威力のある話でした。
いやいや、上手い。

『上弦の月が沈んだら』
12年前、父親が亡くなって以来、毎年命日の七月七日
に墓参りに来てくれる、父の部下・天ヶ瀬さんに会う
のを楽しみにしている航太郎。そんな慕う気持ちが、
高校生になった今、別の形に・・・という恋の話・・・
だけじゃないんですよね〜。
天ヶ瀬さんとの恋の成就、そして父と天ヶ瀬さんの関
係が判明・・・というところで普通は終わりそうなとこ
なんですが、ここでもう一展開持ってきたところがさ
すが! 「でんごんみっつ」「よく覚えてたでしょ」の
今の航太郎の笑顔と幼い航太郎の笑顔のコンボでめちゃ
めちゃ泣けてしまいました。もう〜、上手すぎですよ〜。

『契る花』
神様から村の生贄である和野に選ばれた継也と、7年
前から継也に仕えてきた笹一という、悲しい宿命を前
に恋を成就させる二人という話。
触手というファンタジーエロスな表現ながら、ままな
らなさが堪らなく悲しく、まさに泣ける触手w

『五月雨る抱擁』
田舎から出てきて不安がいっぱいの学生・神沢が、励
まし優しくしてくれる管理人・糸屋さんに恋をして・・・
というほのぼのとした話。これは、幸福感にウルッと
させられる話でしたね。しかも何十年後も連れ添って
いた姿が、何かたまらなくキュキュンときました。

悲しい部分も多いけれどどこかに救いがあって、その
温かさに思わずホロリとさせられる、見事な良作揃い
だったと思います。
普通なら、長いスパンで展開させそうな話なのに、短
編できっちり描き切り、しかも1話ずつが1冊分読ん
だくらいの満足感がある、まさにお見事としか言いよ
うがない構成力ですよね。もうほんと、すごいわ。
これはまたもや、手放せない1冊となりました。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







男の上手な泣かせ方/深井結己 【花音】


〔2011/1/29〕

★★★★☆

一流企業のエリート部長・北城朝人の玩具になるため
連れてこられた稜。その日から朝人の「犬」となった
稜は、 会社では秘書として側に置かれ、 昼夜場所問
わず強要される。でも「犬」の自分を愛してくれる朝
人に 稜の胸はきゅんと高鳴って・・・!?
ドS上司×ドM秘書のドラマティックラブ!

表題作は前後編と『この子の上手な隠し方』の計3話。
伯父である尾崎専務にSMクラブへの出入りを禁止さ
れ、代わりに玩具として稜を与えられた朝人が、犬扱
いしながらも愛してしまう・・・という、愛あるSMカッ
プルの話。

稜もまた実は、父親の仇を打つべく尾崎に雇われてい
る・・・という裏切りの立場でありながら、自分に優しく
してくれる朝人に惹かれてしょうがないという、そん
なに珍しい設定でも無いんですが、ちょいちょいピリ
リと刺激のある進行になっていて、何かやっぱり深井
さんにしか描けない雰囲気があって好きでしたね〜。

特に、前半最後の、朝人が稜を可愛く見えてきたと愛
しそうにする姿、そしてもし自分に何かあって姿形が
変わったとしても、朝人が乳首のピアスを頼りに見つ
け出してくれる・・・という稜の健気な想いに、キュンキ
ュンきてしまいました。最初はどんなドSっぷりを発
揮しちゃうんだろうこの人・・・と思っていたのに、思っ
た以上にメロメロにされてたのが、何か可愛くて良か
ったです。

『この子の上手な隠し方』は、そんな稜にメロメロの
朝人が、宝物である稜をSMクラブに披露しに行くと
いう話。宝物はこっそり隠しておくのか、それとも見
せびらかすのか・・・という。淫靡な雰囲気がありながら、
思わず微笑ましさにムフフとしてしまう話で面白かった
です。

『白い羊の黒い夜』は、秘書・紀野のことが実は好き
だった佐井田室長が、紀野の送別会で酔いつぶれ、お
持ち帰りされ、気付いたら乗っかられて・・・という話。
と書くと何か普通ですがw こんな状況なのに、二人の
想いがすごく的確に伝わってきて、キュンとしてしまい
ました。イイ、この二人w

『きみにだけダメ』は、クラスのダメっ子・山賀が何
故か好きでしょうがない委員長の清藤が、クラスメート
と、山賀が大学に受かるかどうかの賭けをし、自分だけ
が合格する方に賭けてしまったため、強引に特訓を始め
ることに。そこにいつの間にか、できなかった場合は
エロいおしおきをするというのが加わって・・・という話。
やってることは大胆なのに気持ちはピュアという、可愛
らしさのある話でした。バカだね〜と思いながらもウルッ
としてしまうような。何かまんまとハマっちゃうな〜w

何なんでしょう。あれもこれも、危うかったり不器用
だったりという面と、一途で深い想いという部分との
バランスなど、色んな部分が絶妙な分量で描かれてい
て、本当に上手いな〜と思います。
読んだ後に、何だか彼らを妙に愛しく感じてしまうの
は何故なんでしょう。痛甘さがたまらない!w


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







恋情/深井結己 【バンブー】


〔2010/10/27〕


★★★☆☆

担当する殺人事件の被疑者としてある麻薬密売人の行方を
追う刑事・瓜生だったが、その捜査線上には妻殺しの重要
参考人となった元部下・江見との思いもよらぬ再会が待ち
受けていた。かつてはお互いに愛しあいながら、理不尽と
もいえる別れを一方的に突きつけたのち警察を辞めていっ
た江見・・・果たしてその真相とは? 冷徹な組織の論理と
狂おしいまでの愛ゆえに否定せざるを得なかった本当の想
いが、今あきらかになってゆく・・・。

『恋情』と『demode』『frosty』の3本が、'03年に麗
人から出された『君が居る場所』に収録されていたものの
再録だったので、あちゃ〜かぶったと思いましたが、あと
はどこかに収録されていた作品なのかもしれないですが、
自分は読んだことないものばかりだったので、良かったです。

『Right Hand Heart』は、'96年に描かれた、何やら良
くわからない復讐の物語でした。面白いんですが、こうい
うの苦手なタイプなんで・・・
『うれしい!』『うれしくない!』は、バンドをやってる
青年達のコメディ。
『MIND CONVERTER'99』『MIND CONVERTER 2000』
は、事故で死にかけた彼氏の魂がペンギンの中に入ったり
ヘビに入ったりというコメディ。
『春がそこまで』は、教師と教え子の話。
『愛情』は『恋情』の15年後。あぁ幸せになってる〜(泣)
良かった良かった〜v

というわけで、一応前半が「しっとり」、後半が「ほっこり」
になっているようですが、圧倒的に既読の3本が面白かった
です。 コメディもダメってわけじゃないんですが、古いせい
もあって、何だそれは?っていう。だってペンギンとかw
ぶっちゃけ★2かとも思いましたが、『恋情』『demode』
『frosty』は今読んでも切なくクるものがあり、『愛情』に
泣かされたので★3で。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/3PAGES | >>




イトラコナゾール