selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





熱砂のオダリスク/葉月つや子 【SBBC】


〔2014/5/10〕

★★★☆☆

「お前みたいな柳腰の可愛い奴がウロウロしてたら男でも
危険だ」就活バトル惨敗、逃避旅行で熱砂の国にやってきた
保。テロリストに拉致られ大ピンチのところを助けてくれた
のは、褐色の肌の精悍な皇族・ハーデイ殿下だった。命をか
けて祖国を守るべく奮闘する殿下にどうしようもなく惹かれ
てしまう。危険だから帰れと言われても、殿下の役に立ちたい
保は留まる決意を覆さない。殿下は身体でドSな説教を試みる
が・・・!?

4つの話を収録で、表題作は前後編の2話。
就職活動の失敗から逃避するため砂漠の国に旅行にやってき
た保が、荷物を盗まれた上にテロ組織に拉致されたところを
皇族・ハーデイ殿下に助けられ、お礼に何か役に立ちたいと
申し出るものの・・・という話。
このマダム感(笑)が苦手なので、BLの好みとしてはアレ
ですが、漫画としてはテンポが良くて面白かったです。

『秘書と社長の時間外取引』は、前社長時代から秘書を務めて
きた相崎と、半年前に就任した傲慢な新社長・神坂という話。
何の話なのか説明するとなると良く判らないですねw
愛だ恋だという感じではなく、レディコミ的な。

『傲慢上司と秘湯の夜』は、吸収合併されて降格した元課長・
真北が、新課長・大鷲のイジメに疲れ退職したところ、とある
温泉宿の経営者に拾われ、従業員として働くことに。そこに偶
然、大鷲が客としてやってきて・・・という話。
やっぱ何か、私の思うBLとは大分違う感じかも。漫画として
は面白いけれど、恋の話としては微妙でした。

『うろたえる金狼』は、妻亡き後、自分の種ではない一人息子
・とま吉を一人で育ててきたけんたが、恐らく子供の父であろう
英国留学時代同じゼミに所属していたアルゴ大公国の公子・アル
ベール3世に子供と共に拉致されて・・・という話。
上に同じく、漫画としては〜という感じですね。

読んでいるうちに世界観に入り込むというより、外から傍観する
しかない感じでしょうか。話の展開とかはすごく面白いんですが、
起こっている出来事を、あらあらまぁ〜と追いかけるだけの状態
になっちゃいますね。
全体的に、BL的な葛藤とか可愛らしさとか一切なくて、割り切
り方がアダルトだなと。自分の萌えとは全く一致しないですが、
人のハプニングを外から見て楽しむという点では面白いのかなと
思います。
折角の袋舐め舐めエロスが、ぼかしにより半減しているのは残念。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







落ちる先には練乳地獄/葉月つや子 【AQUA肉体派】


〔2013/5/11〕


★★☆☆☆

突然一流企業をリストラされた水野。ハロワの前で人買い社
長に拉致られ強制再就職で窓ふきマンに。ある日行かされた
現場は元の職場。偶然窓越しに目があったのはリストラを言
い渡した憎い相手・崎坂人事部長。ささやかな報復をするも
『誘われた』と勘違いした部長に窓から引きずり込まれ、会
議室でヘンタイぷれいのエロ地獄・・・『練乳地獄』シリーズ3
話ほか全7話を収録。葉月つや子、待望の肉体派シリーズコ
ミックス初登場!

全体的にとんでもない系で、流されてあれあれぇ〜という展
開は決して嫌いじゃなかったです。窓掃除が引っ張り込まれ
たり、神社の神様のふりをするヒモとか、ノンケのお父さん
が・・とか。
多分何かいつも通り、妙に小気味良いリズムのモノローグや、
今時感を出そうとしているセリフが、逆に古臭く感じてしま
い苦手なんだと思います。個人の印象ですが、中の人がしゃ
べっているというより作者さんがナレーションしているよう
な感じがして。あとがきの印象のせいもありその声は、私の
中では勝手に、岩下志麻子さんに変換されていますw

エロの描写は、毛が結構すごいなとw
股間全体はぼかしというより完全に、古いAVのモザイクの
ような状態で、やたら玉をはみはみしたりいじくる描写が多
いですね。バックからのアングルも多く、何かそれらがリア
ル過ぎてげんなりしてしまう感じで。その辺の描写は割と何
でも大丈夫な私にしては珍しく苦手に感じてしまいました。
(ぶっちゃけ、生温かい匂いがしてきそうで食欲がぁ↓w)

まぁ好みの問題だと思いますし、BL云々に拘らず、ひたすら
バカバカしいエロを堪能したいという方には良いのかもしれ
ないですね。開き直っていて痛快だなとは思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







白衣にひそむ熱情/葉月つや子 【SBBC】


〔2012/3/10〕

★★★☆☆

美形リーマンの宇佐美の悩みは、下半身の恥ずかしいアレ。
来院してやっと「脱皮」できると思いきや、男前だけど変態
で鬼畜な担当医・武居に惚れられ、とんでもなく淫靡な診察
をされてしまう。恥辱に悶える宇佐美であったが、次第に武
居に惹かれ始め・・・。ほかに極道×研修医、医者×看護師の大
人の恋を含む、唯一無二のセンスで描かれる超絶エロティッ
ク医者シリーズ!

独特の味があって面白かったですが、あんまりBLを読んだ
という感じではなく、ワイルドなエロ漫画を読んだな・・・み
たいな感じでしょうか。多分気になるのは、いかにも古い人
(失礼!)が書いたという言い回しの面倒臭さ、モノローグ
のリズムなんだと思います。そこを軽く流せちゃえばいいん
でしょうが、何か隅々まで読みたくなる自分にはことごとく
古臭く感じてしまって、劇画タッチな絵柄よりもそこでつっ
かかりました。まぁでも、キャラの性格もみんなパ〜ッとし
てるので軽い気持ちで読む分にはいいかと思います。
さすがに描きなれていらっしゃるので漫画としては面白いで
す。実際、最初は戸惑っていた部分も、試しに数回読んでみ
るうちに惹き込まれるようになったし。何だか不思議な魅力
はありますよね。

あらすじの話は『夜来の雷』で2番目に収録。医療機器メー
カーの営業マン・宇佐美が、包茎治療のため身元がバレない
ように選んだ益岡クリニックをいざ訪れたら、そこに益岡先
生では無く、えらく男前の医師・武居が現れてしまい、しか
も惚れられてしまって・・・という、ノンケ災難の話。ねぶり
方など口元がエロいw これ、男前じゃなかったら完全なス
トーカーですよねw

最初に収録の『雷の帝』は、その話の数年前の、独立前の益
岡先生と、看護師・川城の話。「雷帝」というあだ名がつく
ほど威圧感のある益岡に実は好かれていた川城・・・という、
ザクザクッとエロに進展する話でした。「展開について行け
ない」というモノローグがありましたが、読んでる方もw

『炎雷神』は、益岡クリニック勤務医・井原先生の10年前の
話。夜の町にある病院で当直医のバイトをしていた研修医の
井原が、ヤクザ・瓜生の追っている男・ショウと間違えられ、
強引に犯されるけれど・・・というワイルドな話でしたw なん
だそれはという展開ですが、最後は一応ラブラブなのが何か
良かったです。

『掃き溜めの鶴は捕食される』は、学生の時に関係を持った
江木と、園児の保護者として再会してしまった保育士・純也。
昔とは別人のように痩せたため、気付かれていなかったが・・・
というセクシーなwヤモメの話でした。BLでこんなブサイク
な子供は初めてですw

『野蚕王国』は、アパレル商社社長・足木が、パーティーで
出会った上質なシルクのスーツを着ていた織間を、繊維会社
の社長だと勝手に思い込んで関係を持ったものの、実は蚕を
養殖しているただの貧乏農家の男だった・・・という、汚らしい
ワイルドな攻が中々魅力的な話でした。

全体的に医者だったり保育士だったりするのに、夜の男的な
においがしまくりですよねw 読んでいるうちに段々変な魅力
にとりつかれて、もっと読みたいと思ってしまうようにw

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







腐ォロー/葉山つや子 【AQUA】


〔2010/1/12〕

★★★☆☆

半年ぶりに実家に帰ってきたオレを待っていたのは、ヤロー同士
の裸の絡み合いだった。しかもそれがオヤジと中学の同級生で!?

初っ端、語り手がお母さんで、かんっぺきにレディコミのノリだ
ったんで、大丈夫か!?と思ったんですが、何かもう、色々と面
白かったですね。すごくヘンで濃くて、ミラクルな1冊でした。
まぁ万人に向くとは思えませんが、ドエロとガラの悪い人とか好
きだと、結構ハマるかも。お約束はできませんがw

『腐ォロー』は、デキの良い娘が婿・敏樹をとったことで、娘夫
婦と息子・ノブユキと4人暮らしをしていた母親だったんだけど、
娘が事故で亡くなってしまい、今度は息子のために一肌脱ぐわよ!
と、前から敏樹に気がありそうだったノブユキをけしかけて、
敏樹をノブユキの伴侶にしようと頑張るという、シリアス調なの
にありえないバカバカしさが楽しい話。絡み合ってるのは確かに
男同士なのに、おばちゃんの存在感がレディコミすぎて、ウケます。

『斜め上からキタ腐ォロー』は、何の悪さをしても、父親が金の力
でもみ消してくれちゃうという状態に腐ってる高校生・龍波が、編
入させられた公立高校で真面目メガネくんを強姦して、メガネくん
から慰謝料を請求させ、親父にまた嫌がらせをしてやろうとするん
だけど、後妻によってあらぬ方向に飛ばされてしまう・・・という。
もう、後妻が面白すぎですね。ウケる〜。
あと、メガネくんのがちっちゃいのがいやらしいw

『良いコの腐ォローの賜物』は、水商売女の借金を回収していた
借金取りの人が、そこに居た女のヒモの兄ちゃんのことを気に入
ったんで、水商売女のことを排除し、兄ちゃんに借金背負わし、
てめーをウリで働かせるから、具合を確かめさせろと致しちゃう話。
兄ちゃんが抜けてる子なので、次々されるがままなのが楽しく、
わざと置いていかせた女の息子まで上手く利用するヤクザのズル
賢さも愉快です。これまたミニサイズなのが、何ともエロイです
ね。「ツッ込むチ○コじゃねぇ しゃぶられてりゃいいチ○コだ」
に、ブーッ!と吹き出してしまいましたw 

『ティラノ腐ォロー』があらすじの話。新人研修を終え、半年
振りに家に帰ったら、親父と中学時代に自分がいじめてた男が、
濃密なHをしている場面に遭遇してしまうという、ノーマルな
息子目線の話。反対するつもりが、あらぬ横槍が入ってしまい、
二人の交際をフォローしてやることになってしまうという。ププッ。

『孤城腐ちて』は、子供の頃、裕福な同級生のうちに遊びに行っ
たら、家庭環境が釣り合わないからと門前払いしやがった同級生
の父親が、酔っている場面に遭遇し、何かちょっと偉そうだった
のでカチンときて、ホテルに連れ込んでイタズラしちゃうんだけ
ど、お互いにハマっていってしまうという、始まりがアレな割に
は愛があって、一番BLっぽい話。フニャなのがいやらしいw

というわけで、なぜかナニに注目しがちになってしまいましたがw
色々とセオリー無視な奔放さが、斬新で面白かったです。小っちゃ
かったりするのも、その1つかと。勃ってないのに出ちゃうとか、
あんまないですもんね。
かつて、三和出版から出てるクズ男シリーズの濃さにビックリして、
面白かったけど1作だけで断念しちゃったことがあるんですが、こ
ういう短編ならアリですね。面白かったです。また言いますけど、
誰にでもは薦められませんがw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








僕は君の永遠になる/葉月つや子 【SANWA】


〔2007/11〕

★★★☆☆

男女問わず喰いまくりのクズな人生を歩んできた河本孝志
だが、現在は愛妻(?)雅弘と愛欲の日々を過ごしている。
ところが、エリートサラリーマンの兄 和志が、愛人の存在
がバレたと、新婚家庭に上がりこんできた。
永遠に続くかに思われた幸せは、いつの間にか忍び寄って
いた闇によって引き裂かれ・・・


というわけで、クズ男シリーズの最終巻ということですが
前のものは未読です。少々人間関係の理解が難しいところ
がありましたが、なんとも独特なノリで、面白かったです。

驚いたのは、結構人が死んでます。そして愛人だの離婚だの
さすがクズらしく、あっちでこっちでヤリまくっていて、
誰彼の息子が、とかもうさっぱり相関が飲み込めぬまま。
そのいきおいのまま読み終えたという感じで、正直もう
お腹一杯です。すごく濃いです。

妙にシリアスな絵の男前たちがやらかすバカの数々が、
アホくさくて素敵でした。孝志のアホな遺書に従って、
愛人達を慰めにいくとことか、超笑ってしまいました。
前作とか知ってたら、もっとうけるんだろうなぁ。
でももうここまで濃いのは。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール