selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





花は咲くか(4巻)/日高ショーコ 【ルチル】


〔2013/4/24〕


★★★☆☆

強く惹かれあいながらも、ためらい、今一つ踏み込めなか
った桜井と蓉一。ようやく互いの心が寄り添ったその矢先、
桜井の大阪転勤が決まる。なかなか桜井が伝えられないう
ち、蓉一の知るところなり、思わず言い争いになってしま
い・・・・・・!?

はぁ。やりましたね〜桜井さんv
私はこの作品にはさほど思い入れがある方ではないので、
特に気の効いた感想があるわけではないですが、それでも
やっぱり面白かったです。特にラストあたりがw
一回自分だけイッちゃって、もう一度シャワーあびてきま
す・・・な蓉一可愛いv 最初の頃はあんなに頑なだったのに、
自分の気持ちを認めちゃったら、ここまで可愛くなっちゃ
うんだな、この子というv 蓉一を抱きしめて、心の中で
何度もかわいいとつぶやき好きだと口にする桜井さんにも
キュンキュンでした。

そんなわけで、時間が経つ毎に感情表現が豊かになってき
た蓉一は愛しいし、いつでも蓉一のことばっかり考えてる
桜井さんの、なまじ何でも解ってる大人故にちょっとヘタ
レになっちゃってる感じもいいし、最初の頃の噛み合って
ない空気はどこへやら。とてもお似合いな二人になってき
ましたね。3年くらいどうってことないでしょう。逆に世
界が広がって父親の影を追わなくなったことで、絵の技術
も人間的にもググッと成長していく蓉一が楽しめるんじゃ
ないのかなという感じですね。何か明るい未来が見えてき
たような。

あと、最初はウザかった藤本も真っ向から挑んでる感じが
可愛くて、かなり好感度アップw 俺はバカだから桜井さん
を好きなお前を好きになった・・・という姿にちょっとキュン
ときたりしてしまいました。

次巻でラストの予定ということで、ずっと謎だった蓉一の
父・蓉介さんの話も解決すると思うので、楽しみにしたい
と思います。個人的にこの作品では、この蓉介さん周りの
話がいまいち理解しきれていないので、特にすっきりでき
ることを期待しています。
勿論、桜井さんのベッド下のセットが生かされる方面でもv
 

↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







憂鬱な朝(4巻)/日高ショーコ 【Chara】


〔2012/7/25〕


★★★☆☆

桂木は先々代の庶子だった・・・!!事実の発覚を機に、暁人を
外から支えようと、久世家を出て石崎家に入った桂木。ところ
がある日、暁人の不穏な噂を聞きつけ、急遽別宅を訪ねてしま
う。「もう会ってくれないと思っていた」はかなく笑う暁人は、
爵位を桂木に譲るため縁談を破棄、森山侯を脅迫した、と衝撃
の告白をして・・・!?

最初に言っておきますが、世間的に大人気のこちらの作品です
が、私はめちゃくちゃ大ファンという感じではありません。
知識が一切無く時代物自体が得意ではないので、家関係の説明
が良く解っていないですw しか〜し、そんな中でも、二人が
想い合い、そのために全力で足掻いている姿には、何とも言
えない思いが湧き上がってきて、結構何度もウルッとしてしま
うんですよね〜。何でしょうね、この威力。

前半は、暁人が愛する桂木のためにどんどんタフになっていく
感じで、中盤はようやく桂木の体と心がほどけていって、最後
にはハッキリと桂木の決意が見られ、と、静かなんだけどドラ
マチックに展開していくところに圧倒されました。

桂木の口にした「一生涯」・・・グッときましたね〜。
果たして彼らが何のしがらみもなく、ただ愛し合うことができ
るような時間は来るのか。彼らの背負っているものの重さを見
るとそう簡単には行かないと思いますが、向いている方向が
同じになったことで、希望が見えてきたかなという感じがします。
ままならない時代特有の物悲しさをしっかりと感じさせてくれ
るさすがの画力と構成力に、ワクワクします。
続きを楽しみにしたいと思いますv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







初恋のあとさき/日高ショーコ 【花音】


〔2012/2/28〕

★★★☆☆

仁科が打ち合わせに訪れたカフェは、学生時代の親友・美
山がオーナーを務める店だった。10年振りの再会を懐かし
む仁科とは対照的に、美山は自分を覚えていないかのよう
に素っ気ない。確かに存在した“友情以上”の関係。切ない
「初恋」だったあの頃にはもう戻れないのか・・・?

仕事でとあるカフェを訪れた仁科は、10年前の高校時代に
友人以上の関係にあった美山と再会した。しかし美山の方
はまるで覚えていないかのような態度。気になって再び店
を訪れた仁科だったが・・・。

『シグナル』『嵐のあと』のシリーズの3冊目。『嵐のあ
と』での美山がちょっと思い出せなかったのですが、問題
無く読めました。面白かったですv

高校時代、美山の方から好意を示してきて、その自分だけ
に懐いてくる優越感から流されて関係を持っていたものの、
美山の一途さが怖くて、また男同士で続けていくことや周
りの目に対する怖さから、つい酷い言葉で美山を切り捨て
てしまった仁科が、美山と再会したことで、いかに自分に
とっての美山の存在が大きいものだったのかを自覚して、
今の自分でやり直したいと思い・・・という再会ラブ。

まぁ、自分から捨てておいて勝手なヤツ!なんですけどね。
しかし高校生時分には、はっきり決断してしまうのはすご
く難しいテーマだろうなと思いますよね。恐くて当たり前。
そういう、大人になってからの思いと若い時代の思い、美
山の救われなかった想いへの切なさと、取り戻せない時間
へのやるせなさなど色んな部分が、今の冷めた感じの美山
に高校時代の一生懸命に仁科を愛する無垢な美山のイメー
ジを重ねることで表現されているのが、切なくて可愛くて
ギュッと胸を締め付けられる思いでした。

しかも今となっては美山の方も、当時仁科の真面目な性格
を解っていて自分の押しを拒絶できないのを利用していた
というのを自覚していることに、何かゾクッとしました。
あの必死さの中に無自覚にそんな想いもあったんだな、無
邪気って怖いよな〜という。

仁科のことが原因で誰とも深く付き合えなかった美山にも、
結婚したもののやはりちゃんと愛することができなかった
仁科にも、相手を思いやることのできる恋愛を再スタート
させられる、運命的な再会になりましたね。特に仁科は人
としてすごく変わっていきそうな気がします。
本当、どちらかというと静寂といった画面なのに、目が語
りますね〜。実は最初は自分的にはそんなにくるものが無
かったんですが、読み返していくうちに、徐々に好きな気
持ちが増していった感じでした。

『double line』は、『嵐のあと』の2年後に当たる話で、
一緒に暮らしている榊と岡田。相変わらず、いつ破局して
もおかしくないようなピリピリとした二人ですが、そこか
らちゃんとHに・・・というのが萌えますねv 他人にはわか
らない、これが彼らの距離感なんだろうなと。

そして表題作の描き下ろし。普段から、リバに関しては別
にどうでもよくってw、肯定も否定の気持ちも持たない自
分ですが、このリバは良かった〜! 本編の「どっちでもい
けるよ」になってしまったこの10年の美山ってば〜みたい
な萌えから、この描き下ろしへの溶け合うようなリバへの
流れが、大変素晴らしかったですvできればもう複数回分、
見てみたかったかもw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







花は咲くか(3巻)/日高ショーコ 【ルチル】


〔2011/12/24〕

★★★☆☆

蓉一の同級生・藤本の挑発をきっかけに、桜井もまた
水川家への下宿を決めた。互いに強く惹かれていく桜井
と蓉一だったが、逡巡し踏み込めない日々が続いている。
そんな時、菖太の父親が突然水川家を訪れた。その時、
桜井と蓉一は・・・?

相変わらず、それなりに人生経験豊富ないい歳した男・
桜井が、狭い世界に生きてきたが故に素直で純粋な蓉一
に翻弄されまくりなのが楽しかったですv

話は、まだお互いに気持ちを自覚したばかりの二人が、
ゆっくりじっくり進んでいくというだけで、そこに蓉一
の従兄弟達の家族との話があったりなので、特筆する展
開は無く、正直ここで説明するの難しいよな・・・と相当
悩んだんですが。 桜井の言葉に影響を受けて、ちょっ
とずつ変わっていこうとしている蓉一が、最初の頃の全
く以って感情が読めない青年だった頃に比べると、恐ろ
しく人間的になってきましたよね。そしてその素直さに
益々とりこになっていく桜井さんw 蓉一の成長物語で
あり、桜井さんの忍耐物語でもある・・・という感じでし
ょうか。

前回は結構強引なばっかりで、何だこいつは?と思って
いた、蓉一の同級生・藤本も、何か彼なりに結構頑張っ
てて悪い印象では無かったしw、竹と菖太の、恋愛とは
ちょっと違うけれど一番近い関係も面白いなど、大きな
進展はありませんでしたが、まったり楽しめる感じでした。
とにかく日高さんの描かれる、独特の間にキュンときま
すよね。正直、2巻の方がキュン度は高かったんですが、
この心も身体も寸止め〜な感じが、またいいじゃないで
すかv

さて次回、ただでさえジレジレな二人に、またしても面
倒ごとが?という感じですが、大丈夫なんですか?桜井
さ〜んw どんな話になっていくのかさっぱりわかりませ
んが、今後もゆっくりと楽しんでいきたいと思います。
蓉一がどんどん可愛くなっていきますね〜v


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







憂鬱な朝(3巻)/日高ショーコ 【Chara】


〔2011/5/25〕

★★★☆☆

家柄も爵位も関係ない、ただ一緒にいたい・・・。
桂木への激しい恋を抱えながら、佐条公爵家の令嬢との
婚約話を進める暁人。将来を見据えた暁人は、親友・石
崎の父に媒酌人を依頼する。ところが石崎は、「代わり
に、桂木智之が欲しい」と交換条件を出してきた!!
同じ頃、元書生の雨宮は、桂木の出生に関わる資料を発
見して!?

時代モノに詳しくないので、2巻までは比較的難しいと
感じていた自分も、今回はすごく切なさを感じられて好
きでした。特に桂木の子供時代のいきさつを読めたこと
もあり、彼の久世家への執着や、抱えてきたもの、そこ
に自分が必要とされなくなることへの痛みなど、しっか
りと感じ取ることができたのは大きかったです。

当主として自立していこうとする暁人が、今まで桂木が
していた家政の仕事も全部自分で動かすようになり、桂
木の望みでもある久世家の家格を上げるために佐条公爵
家令嬢との縁談も進め・・・と、成長していく姿と、逆に
脆さが露呈していく桂木・・・と、この二人の関係の変化
具合が萌えますね。

色んなものを手放して、飛び込んでいければ一番簡単な
んだけど、それが絶対に叶わない。お互いに腹の探りあ
いのようにもなってしまっていて。たくさんの重みを背
負った二人がどうやったら幸せになれるのか、続きが非
常に気になるところです。同じように想い合っているの
に、自分達にとって一番大事な家そのものが邪魔をする。
そのもどかしさが切なくてたまらないです。しかも益々
日高さんの漫画としての上手さが増してるような気がし
ます。雰囲気に飲まれていくというか、色々と美しいで
すよね。

こういうムードが好きな方は、ホント萌えまくってたま
らないでしょうね。詳細が良く理解できていない私です
ら、再度1〜2巻も読み直したい!と思いましたし。
次も1年後とか・・・お察ししますw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







花は咲くか(2巻)/日高ショーコ 【ルチル】


〔2010/9/24〕

★★★☆☆

広告代理店勤務の桜井は、無愛想な美大生・蓉一と
出会い、彼が下宿を営むその古くて広い家をたびたび
訪れるようになる。そっけなく無愛想に接してくる蓉
一を苦手に思いながらも、次第に惹かれていく自分に
戸惑う桜井。ある日、蓉一は桜井の自宅に行きたいと
言い出した。 彼の自分に対する変化に桜井は・・・・・・!?

何これ〜。ニヤニヤが止まらないんですけど〜w
前回は、まだ恋未満というところに蓉一のわかり難さ
もあって、それほど萌えるという感じは無かったんで
すが、今回は一気にキタキタ〜って感じでしょうか。

桜井に興味を持っているからそう行動しちゃうのに、
それに気付いてない無自覚で純粋な蓉一。そんな蓉一
の天然さに振り回され、惹きつけられちゃう桜井。
最初は大嫌いだった、蓉一の突っかかるような物言い
も、愛しく思えちゃう今日この頃な桜井氏w
そういう細かな気持ちのやりとりがゆっくりとされて
いく中でじわじわと萌えを感じていたんですが、最後
の最後に完璧撃ち抜かれた〜って感じですよね。何な
んでしょう、この色気w

とにかく、まんまと蓉一にドキドキさせられてばかり
のオッサンが非常に楽しい。蓉一の育ってきた環境な
どトラウマ的な部分も描かれていますが、意外と重く
なりすぎてないのは、そういうのもひっくるめて受け
入れてくれる桜井の、いいかげんそうに見えてダテに
倍 歳くってないぞっていう包容力に、読んでる方も
委ねてるからでしょうか。この二人、ホント完全に通
じ合えたら、恐ろしくラブラブになりそうですよね〜w

シンプルな絵柄ながら、脇の人たちも含めて、ちゃん
と気持ちが伝わってくる、目の動き、しぐさ、空気感
など、ホント上手い。自分的には嗅覚も刺激されるよ
うな感覚がするんですよねぇ。
ゲイだノンケだ・・・とそういう部分よりもっと手前の、
人間同士として、ヘタしたら庇護欲になってしまいそ
うなところに微妙に芽生えている恋心っていう、この
微かな感じが、妙に萌えますw
あぁ次が待ち遠しいv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







憂鬱な朝(2巻)/日高ショーコ 【Chara】


〔2010/6/25〕

★★★☆☆

「生涯仕えると誓う代わりに、伯爵以上の陞爵を」・・・
桂木からの条件に同意し、強引に抱いてしまった暁人。
けれど、どんなに情事に溺れても、桂木の態度は冷たい
まま。怜悧な美貌を崩さない家令に、若き子爵は激情と
苛立ちを募らせる。そんな緊張を孕む主従は、ある晩、
森山侯爵家の夜会に招待されて・・・!?

子爵家の跡取りとして分家・桂木家から久世家に引き取
られ教育を受けていたものの、久世家嫡子・暁人が誕生
したことにより家令となった桂木智之。一途な暁人に戸
惑いながらも、その凛とした姿勢を崩すことなく・・・

一気に色っぽい展開が多くなってますが、華族社会の話
が中心なのでまぁどちらかと言うと文学的な感じで、個
人的に萌えなどは無いかなと。しかし世間的には評判は
良いようですので、そういうのを好きな人には、しっか
り読ませる話になっているかと思います。

大きく表情が変わるような部分は無くても、しっかりと
感情が伝わってくる微妙な目の動きなど、漫画としての
上手さは感じますが、小難しいのが苦手なので、少々の
苦痛も。自分的にはやっぱ、現代物の日高さんが好きな
のかな。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







花は咲くか1/日高ショーコ 【ルチル】


〔2009/12/24〕

★★★☆☆

広告代理店勤務の桜井は、帰途、ある青年とぶつかって仕事
の資料をダメにされてしまうが、その相手が同じ資料を持っ
ているとのことで家に招かれた。彼は古くて広い一軒家で下
宿を営む家主だという。水川蓉一と名乗るその青年は大学生
で、桜井に対してひたすら無愛想。そっけない態度と不躾な
眼差しを苦手に思いながらも桜井は、「家が気に入った」と
たびたび蓉一のもとを訪れるようになり・・・・・・。

彼女と別れ、去年マンションを購入したものの、帰って寝る
だけの仕事中心の生活を送っている、広告代理店勤務の桜井
(37)は、ある夜駅で大学生の蓉一(19)とぶつかり、苦
労して手に入れた仕事の資料をダメにされてしまう。自分か
らぶつかってきたくせに横柄な態度の蓉一は、同じ本が家に
あるからと、強引に桜井を自分の家に連れて行く。話せば話
すほど、その生意気な態度が気に入らない桜井だったが、翌
日体調が悪く駅で倒れてしまった桜井を、蓉一の家に下宿す
る従兄弟の高校生・菖太と竹生が助け、連れ帰ったことから、
再び蓉一と会うことになってしまう。その後も蓉一のことを
苦手だと思いながらも、何故か気になってしまい・・・

というわけで、今のところまだ序盤なので、恋としては今後
の展開次第という感じでしょうか。でも既に、苦手だと言い
ながら、何でか関わってしまうオジサン(笑)の戸惑いとか、
懐かない猫的な扱い難そうな蓉一のたまに見せる表情とか、
仕事の話に関しても、従兄弟二人のことにしても、読み手の
関心を惹くのが上手いですよね。早く続きが読みたい!

1巻は色っぽい場面などはなく、唯一、桜井が蓉一への恋心
を自覚し、その桜井の心を読むかのような目で見上げている
蓉一という部分がヤマ場となっている感じですが、この二人
が色っぽいことになると思ったら、何かワクワクしますねw

地味でトキメキは少ないので、この時点で、大好き!ってほ
どではないんですが、印象的な場面は沢山あるので、読み応
えはありました。
絵を描いてる蓉一に「花 描いてるのか」と桜井が聞いて、ぴ
たっと止まった蓉一の顔なんかみると、この子が懐いてくる
ようになったら、たまらなく可愛がりたくなっちゃうだろうな
ぁ〜 と、オッサンの変貌ぶりを期待しちゃいますね。
早めの2巻、お待ちしてます!


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








憂鬱な朝(1巻)/日高ショーコ 【Chara】


〔2009/3/25〕

★★★☆☆

あなたが成人するまで全ての権限は私にある。

父の死後、十歳にして子爵家当主の座を継いだ久世暁人。
教育係を務めるのは、怜悧な美貌の家令・桂木智之だ。
けれど、社交界でも一目置かれる有能な桂木は、暁人に
なぜか冷たい。もしや僕は、憎まれているのか・・・!?
桂木に惹かれる暁人は、拒絶の理由が知りたくて・・・!?
若き子爵と家令の恋を紡ぐ、クラシカルロマン。

日高さん初の時代モノ。
病弱な母と共に鎌倉で暮らしていた子爵家嫡男の暁人は、
父の死去により東京の本家へ移り、10歳にして当主となる。
そんな何も知らない子供の、教育係として仕えるのは、
前当主より絶大な信頼を寄せられ、久世家の全権限を与え
られた、家令の桂木。しかし桂木は暁人に冷たく・・・

まぁ時代物ですので、色々と、人間関係や時代背景などの
理解がめんどくさいというのが正直ありますが、下地がし
っかり作りこまれているので、アホな自分でも理解できた
し、グングン入り込んで読んでしまった感じです。最後の
最後にやっと主従ラブ的な流れになってきたし、これから
がもっと盛り上がりそう。ひたすらツンな、わかりにくい
桂木の中身が露呈するのを楽しみに待ちたいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







知らない顔/日高ショーコ 【BBC】


〔2008/6/10〕

★★★★☆

いつも春山の後ろをついてきていた田辺は、今では卓球部
のエースとして学校中の期待を背負っている。春山の知ら
ないすました顔で・・・。

幼馴染み同士で、最初は春山のマネをして卓球を始めた田辺
は今やスター。春山はメキメキ上達していく田辺に置いてか
れるのがイヤで、中学からバレーボールに転向した。同じ高
校に入った2人だったが、今は目を合わせることさえない。
なぜなら春山が昔吐いた「まとわりついてくる奴は大嫌いだ!」
という言葉でぎこちない関係になってしまったから。そして
今では無視されることにムカつくようになっている春山の本心は・・・

う〜ん、相変わらず雰囲気良い〜。
意地っ張り同士なんだけど、あれこれヤっちゃってるうちに、
ポロリと田辺が漏らす「ハルちゃん」にすげー萌える。
あとナンバーワンにズキュンだったのは、シャワー室でうつ
むく田辺に、春山が下方向からした覗き込むようなキス。
もう激しく萌えたね。

またこれを高校時代で終わらせず、リーマン春山も見れちゃ
った(しかも自宅でのメガネ姿も)とこが二倍オイシイとい
う感じでしょうか。イヒヒ。

そして、上の『知らない顔』シリーズも良かったですけど、
次のちょっと笑わせ系の『初恋のひと』。これも良かった
です。だって、不細工専・・・っていうか、中学時代の不細工
(野球部・ボウズ・ニキビ)な唐橋をカッコイイと思っちゃ
って惚れちゃったことから、10年経った今ではそっち系の顔
の人ばかりを求めちゃう藤原くん、笑えます。

どー見ても、今の美容師になったロン毛唐橋の方が全然カッ
コイイのに、「あんなに変わってるなんてサギだっ・・・」と
まで思ってしまえる、恐るべし初恋マジック。そんでめちゃ
めちゃ誘い受なもんだから、藤原くんイケイケで、ウケるぅ。
いや、上手い。あ、4コマも笑えました。

『運命のひと』は、S歯医者×Mリーマンなんだけど、この
なんとも言えぬ迫り来る恐怖!な感じがたまんなかった。
恐いっすよ、センセのアップ。普通のSMモノ読むよりよっ
ぽど縮こまる。ホラーやん。面白かったよ。

んなわけで、3つの違う色の話がギュッと詰まってて楽しか
ったです。本音を言えば、どうもキュンとする場面ってのが
ないのが前から気になっているとこなので、切ない系に持って
行きやすい表題作に、もう少し工夫が欲しかったかなと。
でも全体的に面白いと思います。も一回読もう。





| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール