selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





泥棒と初恋/直野儚羅 【麗人】

〔2014/8/7〕

★★★☆☆

カフェで働く橘裕は近所で偶然、高校時代の先輩・桃井
篤郎と遭遇した。現在、新進気鋭の画家である桃井は当時
から有名人。その他大勢だった自分のことなんて覚えてい
るはずはないと、黙ってその場を立ち去りかけるが名前を
呼ばれてパニックに!その後も近所に越してきた桃井を徹
底的に避け続ける橘。桃井に決して知られてはならない、
過去の「罪」と「秘密」を抱えて・・・・・・。
麗人誌上で人気を博した、過去を引きずる男達のリベンジ
・再会愛シリーズ!全3カップルに描き下ろし番外編を加
えた、200ページ超を一挙収録!!

表題作の前に、高校の同級生だった天野と高瀬という二人
が20年以上ぶりに再会するというオヤジ同志の話『ブラッ
ク★アウトサイダー』を収録。
過去にあったことを忘れているのかと思ったらタイムスリ
ップだったという展開に正直目がテンでしたがw、まぁ
直野さんにしては軽めのファンタジー。 

表題作は3話。天野の経営する喫茶店でバイトしている裕
が、口をきいたこともない憧れていた2コ上の先輩・桃井
に10年ぶりに再会し、声を掛けられて・・・という話。
互いに絵を盗んでいた泥棒だった=どちらの気持ちも同じ
だったという不器用さんカップルで面白かったです。
先ほどのいちゃいちゃオヤジカップルがいい味w

『泥棒と破壊者』は表題でも出てきた、桃井の先輩で画材
屋の春来に恋する、10歳年下の幼馴染・光の話。
光がついに豹変しちゃったのがウケました。おっさんにベ
タ惚れって感じが微笑ましいですよね。
  

↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







真夜中の彼方者/直野儚羅 【SBBC】


〔2013/11/9〕


★★☆☆☆

迫害を受けていた醜いヤギの妖・ロイは、輝くように美しい
火の神・シウ様に助けられ、人の姿を与えられた。シウ様を主
と慕いお世話に励む中、そばに居たいと想いを募らせるが、己
れの醜さをよくよく自覚しているロイは、自分はいてもいなく
てもよい存在だとわかっていた。しかし、シウ様の逆鱗に触れ
る出来事が起こり・・・!?孤独な異端者のBLおとぎ話。

表題作と『恋の空路』という2つの話を収録。
安定の直野ファンタジーですので、この世界観が好きという方
は楽しめるんじゃないかなと思います。私は前半の話は比較的
可愛らしかったので大丈夫で、後半も受が可愛いところはすご
く好みだったんですが、いかんせんファンタジーに脳みそがつ
いていかないため、何が起こっているのか状況が飲み込めずw、
最後らへんは眠くなってしまいました。すみません〜。

表題作は火の神様・シウと、シウに仕える妖・ロイという話。
妖と言っても、人に憑いている悪霊を狩って病を治すのが仕事
というわけで、何か良く意味がわからなかったんですが、シウ
様にイジられながらも結構愛されているという甘めの話だった
ので楽しかったです。脇役の少年・正人が可愛かったv

『恋の空路』の方は、素朴で存在感の薄い青年・宝と、アパー
トの隣に住み、宝に良くしてくれるオジサン・片喰という話。
日常部分は宝が可愛くて全部面白かったんですが、ファンタジ
ーになるとさっぱりついていけず。少年漫画のようでした。
カバー下は楽しかったw

そういうわけで、不得意ジャンルだったのでこのような満足度
ですが、私のような者でも楽しめる部分もあり、まぁ面白かっ
たです。いつものSBBCの直野作品が好きなファンの方は楽し
めるんじゃないかなと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







魔法使いの涙/直野儚羅 【麗人】


〔2013/8/7〕


★★★☆☆

高校卒業間近の矢野与一は小さい頃から白躯さんが大好き!
シラクさんは近所に住む有名なお百姓さんで、作った野菜のおい
しさと年齢不詳の若さから奥様方の人気者だ。与一は昔から、自
分が死にそうになるとシラクさんが助けてくれる不思議な夢を度
々見ていて、それは自分がシラクさんが好きすぎるせいだと思っ
ていたのだけれど!?緑の指を持つ謎の男と彼を慕う元気男子高
生の、ほのぼのLOVEを描いた表題シリーズ等、ちょっと不思議
なLOVEを集めたロマンティック作品集!!

表題作は『魔法使いの涙』と『魔法使いの失敗』の2話。
子供の頃から無鉄砲で何度も死にかけた与一と、そのたびに助け
てくれる魔法使いの白躯という話。
直野さんらしく、ちょっと血が流れるような部分もありましたが、
与一がオバカさんでクスッと笑えるところもあり、読みやすいフ
ァンタジーでした。しかしこんなに目の離せないコだったら、あ
と何回生き返らせなきゃならんのでしょうw

『恋とお化けの育て方』『無知とお化けのしつけ方』は、霊獣を
使い御山と村を護っている依人と、兄・隼人の話。
とりあえずは理解できましたが、ファンタジー苦手の自分には少
々読み難かったです。までも、こちらもオバカさんな依人が可愛
かったですね。

『SECRET NEWS』は、総務に配属された新入社員の龍平が、
人相の悪いチーフ・真宮のことを最初は良く思っていなかったけ
れど、実は自分の誤解だったと判り、今度は可愛く思えてきてし
まう・・・という、お得意のオジサン受の話。これは攻がオバカさん
で面白かったです。

真ん中の話が個人的にはいまいちでしたが、いつもの直野ファン
タジーが好きという方には好まれそうですね。ファンタジーばか
りかと思いきや最後にリーマンモノが読めたので、若干満足度が
アップした感じでした。
 

↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







裏腹とジレンマ/直野儚羅 【バンブー】


〔2012/8/27〕


★★★☆☆

古本屋に勤める西田公彦は友人2人とともにボロアパート
で共同生活を送っている。同居人とのトラブルで宿無しと
なった店の常連の大学生・立花開(あける)も公彦の勧め
でそこに加わることになった。なまじ顔がよいせいで第一
印象と内面のギャップにいつも苦しんでいた開だったが、
公彦とその友人たちに受け入れられ、初めて居場所を見つ
けることができた。公彦に抱いている気持ちが「恋」だと
自覚した開は公彦に告白するが、玉砕!実は公彦には、開
を受け入れることができない深いワケがあり・・・。

全部で3つの話が収録されていて、表題作は2話と、スピ
ンオフが1話の計3話。
顔が良いために、同居する友人の彼女に手を出したと誤解
され、追い出されてしまった開が、偶然通りがかった、い
つも行くお気に入りの古本屋の店員・公彦に声を掛けても
らって、公彦が管理しながら友人2人と暮らしているとい
うボロアパートの一室に住まわせてもらうことに。ゲイで
ある開は、強くて優しい公彦を好きになるが・・・という話。

表紙を見たときには、直野さんなので、左のちっこいメガ
ネが「オヤジ」で「受」なのかと思っていたんですが、読
み始めて直ぐ、あ、これはチビッコ(体格が)攻だ!と気
付きましたw それ以外は何も考えずに読んでいたので、
公彦「様」だったことに、ププッと。普通っぽい話なのに
普通じゃないところが直野さんらしいですね。
公彦を大好きで健気に頑張る開が可愛くて楽しかったです。
相変わらず血しぶきな描写があって、そこは個人的にはア
レなんですが、Hの描写には、ボカシがあっても何かいや
らしいよな〜と惚れ惚れv

『パワーオブラブ!』『プリーズギブミー!』
喧嘩が元で、同級生のまきやと友達になった尚久は、優し
くて料理上手なまきやの父に一目惚れ。実は優しいだけじ
ゃなく、ちょっとワイルドな一面もあると知るが・・・とい
う、ちょい悪オジサンとピュアな高校生の話。
「おじさん」呼びの醸しだすイケナイ感、ドキドキ感が良
かったですvそこにまきやのアホさがアクセントになって
いてテンポも良かったです。うん、イイいやらしいさw

『饒舌な指』は、引っ越してきて夜道に迷ってしまった小
説家の塚原が声を掛けたことで知り合ったのは、顔に大き
な傷のある青年・トオル。実は事故で耳が聞こえなくなっ
てしまったトオルは、周りの目を気にして昼間 外に出るこ
とをしなくなっていた。だが塚原と出会ったことで少しず
つ前向きになっていったトオルは、塚原がもしかして自分
に好意を?と思うが・・・という話。
1年前に事故に遭ったのなら、言葉は発することができる
のでは?という疑問は置いておいてw、何かこの、ワンア
クションあってやっと伝わるというもどかしさに、非常に
ときめきました。Hしながら指で×を作るとか、可愛いv
エロいおじさんにたっぷり愛されてほしいですね〜。

というわけで、直野さんにしては、設定やカップリングな
ど、かなりベーシックな形の1冊でしたので、普段の人外
などハードめの話が好みの方にはやや薄味かなと思います
が、日常話が好きな私には非常に読みやすかったです。



しかし何と、帯!




「アタナ」になってるんですけど〜w



↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







恋愛年齢(2巻)/直野儚羅 【drap】


〔2012/5/2〕

★★★☆☆

晴れて恋人同士になり、ラブラブ(?)同棲生活を送る北斗と
倉本v 順風満帆な生活かと思いきや二人に数々のピンチが襲
いかかり・・・!?

本来は小さくて可愛い若い男の子が好みの北斗部長が、部下の
倉本に誘われてホテルに行ってみたらば、倉本のテクにメロメ
ロにされてしまい、あっけなくネコへ・・・という、ツンデレオ
ヤジと一途な青年カップルの話。2年ぶりの2巻で、今回は丸
ごと1冊同シリーズでした。

第5話は、痴話喧嘩の話。倉本のパンツだろうが構わず履いて
しまう幸四郎に文句を言ったら、自分のパンツ全てに「倉本」
と書かれてしまい、怒った倉本は・・・という、何ともバカップル
な喧嘩でした。最初、異常にテンションが高かったので、え?
直野さんってこんなんだったっけ・・・とビックリw
本当このオヤジは、とんだツンデレさんだな〜。

第6話は倉本の兄登場。お見合い話を受けようとしない修司
(倉本)を説得するためと、兄が暫く二人の家に滞在すること
になってしまい・・・という話。幸四郎が兄に向かってしっかり
パートナー宣言してくれたことに涙する修司が可愛かったです。

第7話は、幸四郎にストーカーが?という話。結局、バーの
ママを好きな若者に、ママの恋人だと誤解されて・・・という
とばっちりの話だったわけですが。直野さんは相変わらず暴力
シーンが容赦無いw 文句を言いながらもリビングでヤラれち
ゃうオッサンが可愛かったですv

第8、9話は、倉本が会社命令で財閥令嬢とお見合いをするこ
とにという話。とりあえず会っとけば、一週間幸四郎と一緒の
休みが取らせてもらえるということで受けることにした倉本に、
気にくわない幸四郎。でも結局Hで言いくるめられちゃってる
のがエロカワでした。最初は倉本の想いの方が強かったのに、
時間が経つ毎に幸四郎がどんどん独占欲丸出しになっていって
るのがいい感じですよね。

まぁ、何やかんやとトラブルがありつつも、結局ラブラブH・・・
という展開の繰り返しではありますが、いいツンデレが見られ
て満足です。しかしやはり私には、こんなぎゃーすかばっかり
な部長の魅力はわかりませんがw、倉本にとってはめちゃめち
ゃ可愛いんでしょうな。何はともあれ、オジサンに惜しみない
愛が注がれる様は、見ていて幸せな気分になりますね。
さすがの直野(オヤジ受)クオリティv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







指先の恋/直野儚羅 【SBBC】


〔2007/11/1(旧:2001/7)〕


★★★☆☆

探偵・舞鶴元彌は、人や物に触れると相手の過去や
思念が「読める」特殊能力の持ち主。そのせいで
“接触”に恐れを抱く元彌をいつも支え、包むのは、
年下だけど頼もしい探偵助手の那珂川で・・・v 
大人の魅力満点の超触感ラブv新装版、単行本未収
録作品つきで登場!

2001年に発売されたものの新装版です。
舞鶴探偵事務所の所長・元彌(32)は、ある事故が
きっかけで、人や物に触れるとその相手の過去や考
えが読めてしまう特殊能力を持ち、今ではそれを生
かして、中学からの友人で刑事の一への捜査協力も
している。しかしその能力により、当時の婚約者の
裏切りを知った元彌は、接触恐怖症と対人恐怖症に
なったまま。そんな元彌の元に助手としてやってき
たのが、優秀で男前の那珂川(25)。やがてお互い
に好意を抱くようになった二人だが、能力のことを
知らない那珂川は、自分に触れようとしない元彌の
態度に諦めようとするけれど・・・。

というわけで、特殊能力を持ったちょっと厄介な天
然オッサンを、一途な若者が愛しちゃうという話。
32歳ってあんまオッサンって感じじゃないしどうな
んだ?と思っていたら、ご本人的には38歳だったの
に、当時の編集部NGで32歳ということにさせられ
たということで納得。うん、38歳には見える。きっ
と現在の編集さんだったら、38?いやもっといっと
きましょう!となったりするんでしょうね。

事件の話とラブがちょうどよい分量で、とてもテン
ポ良く読めました。ただ、スプラッター的な描写が
あったり、那珂川が殴られてたり(身内がそこまで
ボコらなくてもw)、元彌の元婚約者がイっちゃっ
てたり(ここでも那珂川が血を流しまくりで)と、
結構痛々しい場面も多いので、苦手な人は注意ですね。
多少時代を感じる部分もありますが特に問題無し。
可愛いダメオッサン・元彌を、元彌大好きな那珂川
がメロンメロンに溶かしていくという、微笑ましい
カップルの話で面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







サークル/直野儚羅 【バンブー】


〔2011/6/27〕

★★★☆☆

古武術サークルの主将・立川はとまどっていた。誰とで
も仲良くできると思っていた自分が、なぜかサークルの
後輩・古田にだけは避けられている気がする。理由がわ
からず悩んでいると、親友だと思っていた安藤に、突然
「好きだ」と告白され!?  天然男子の恋への目覚めを
描いた表題作と親友の恋を描いたスピンオフ読み切り他、
召喚の書を手に入れた平凡な中年男が悪魔に魅入られる
ファンタジック・ラブ「BLOOD」シリーズを収録した
待望の最新作品集!!

『サークル』古武術サークルの後輩で、皆の輪に入ろう
としない後輩・古田に避けられていると思っていたら、
実は好かれていた主将・立川という話。他の部員達から
も常にラブな視線を送られているのに、全然気付いてい
ない鈍感な主将。強い、でも可愛いという感じがいかに
も直野作品らしくて楽しかったです。

『ボックス』は、『サークル』で立川に振られてしまっ
た友人の安藤が、後輩・比嘉に言い寄られているうちに
絆されちゃうという話。こんなに暴力を振るう受も珍し
いw チビっ子受も直野さんの定番という感じ。

『BLOOD HOPE』『BLOOD TRAP』『BLOOD CHIP』
は、召喚の書を拾ったことで悪魔・伯王を呼び出してし
まった陶芸家の中年・久江・・・という、コメディテイスト
あり、シリアスありのファンタジー。個人的には得意な
設定ではないので、少々わからない部分もあったりしま
したが、これぞ直野作品という人外×オヤジ(+死や血
や触手的ニュルニュル)なので、昔からのファンの方は
大好物なんじゃないかなと思います。

若干自分的萌えとは一致しなかったので、満足度はそれ
ほど高くないですが、どの作品も直野さんらしいな〜と
いう安定したクオリティでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







囚われの身/直野儚羅 【バンブー】


〔1997/11〕

★★★☆☆

7年前に汚して逃げた弟のような存在・直貴が暴力高
校生となって伊織の前に現れた。「今度はオレが捨て
てやる」・・・直貴は伊織をマンションに監禁し昼夜なく
犯し続けるが・・・。甘く切なく、ちょっぴり不思議なラ
ブストーリー7編を収録した待望の直野儚羅初作品集!!

直野さんのファーストコミックスということで、'94
〜'97年あたりの作品7本が収録されています。

『囚われの身』は年の差幼馴染で、年下が暴走してし
まう話。『雪の記憶』は子供の頃雪男に助けられた子
が、数年後再会して嫁になる約束を守るという話。
『動けない夜』は、子供の頃のトラウマで人の裸が駄
目な男を、彼氏が荒治療という話。『NAIVE GESPE
NST』は、死んだ男が恋人の元に戻ってくるという話。
『吐息の熱』は、事故で足が不自由になったため離婚
されてしまったオッサン(と言っても35)が、デート
クラブの青年に愛されるという話。『視線のカタチ』
は、色盲の幼馴染を独占したい少年という話。『BODY
BY BODY』は、彼氏に二週間も放置されて拗ねちゃっ
た受という話。(これが一番古い作品のよう。このヤ
マオチの無い具合が、いかにもw)

どの作品にも暴力や血など痛々しい場面が出てくるの
で、そこは正直あんまり好きじゃないんですが、とり
あえずハッピーエンドだし(死んでるのにハッピーエ
ンドもありましたねw)、人外も雪男と死人止まりだ
ったので、比較的読み助かったです。
いかにも直野さんらしい、原点を垣間見れる1冊にな
っていたと思います。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







日向/直野儚羅 【麗人DX】


〔2010/12/7〕

★★★☆☆

親の虐待に耐えかねて家出した赤嶺走(かける)。生きる
意味も見つからず、死のうかとぼんやり考えていた彼の前
にいきなり迷子の幼児が現れた。探しにきた父親の許斐奨
一はアザだらけの走を見て、自宅に連れ帰る。奨一と瑠璃
香との3人生活は走に今まで感じたことのない幸せを与え
てくれたが・・・!?
雑誌掲載時に大きな反響を呼んだ表題作等、切なさ満載の
初期長編読み切りの8作品を収録した豪華傑作集!!

【収録作品】
日向/真夜中の太陽/MOMENT/行く道・呼ぶ月/恋人の
飼い方/花も嵐も/夢に飛ぶ鳥/微笑みの日常


過去に麗人から出された『夢に飛ぶ鳥』『微笑みの日常』
をまとめた再録本ということです。私はどちらも未読で、
そろそろ読んでおきたいな〜と思っていた2冊だったので、
ちょうど良かったです。

『日向』『真夜中の太陽』は、父親に虐待されていた17歳
の走が、45歳のヤモメに拾われるという話。走の両親が
とんでもない人達だったので、少々痛々しい場面もあった
りしましたが、赤の他人が家族になっていくという優しい
話の中に、奨一さんのねっとりとしたエロさと、両親から
走を取り戻すという強さというかエゴの部分も見れて、ち
ょっとクサめなのが面白かったです。

『MOMENT』は、冴えないゲイの男が、一目惚れしたイケ
てる大学生に意外にも惚れられてしまうという話。大学生
の頭がすごいドレッドw 話はシンプルで良かったです。

『行く道・呼ぶ月』は、お得意のファンタジーで、池に住
んでる妖怪と、落ちてきた青年の話。ちょっと体を食べる
という血の描写がエグイですが、ほのぼのも切なさもあっ
て、面白かったです。

『恋人の飼い方』は、社内で評判のイケメンエリートに、
自分を飼ってくれと迫られるうちに絆されちゃうリーマン
の話。これは何か、ノリが古くて構成のバラつきが気にな
るなぁ・・・と思ったら、'97年の作品でした。

『花も嵐も』は、25歳なのにちっちゃくて可愛い花屋の浩
太が、10歳年下の幼馴染・武狼に愛されちゃうという話。
パッと見ショタのように見えちゃうというのがミソなので
しょう。

『夢に飛ぶ鳥』は、恋人と喧嘩した日に死んだはずが、何
故か意識を取り戻したら、死ぬ2日前に戻っていたことか
ら、もう一度死ぬまでに恋人を大事にして過ごそうとする話。
子供の頃、誤って殺してしまった鳥が・・・とかいう、何だか
良くわからない設定ですがw、キュンと切なくて良かった
です。また血がw

『微笑みの日常』は、怖いと言われている岩切が、新人・
麻生の笑顔に癒されていたのに、酔った勢いで誘ってきた
麻生と寝てしまったことで、ぎくしゃくしてしまうという話。
これもちと古いノリですね。また血がw

そういうわけで、話によっては、昔BLらしい展開のものもあ
りましたが、基本的なところはそんなに変わってないような
感じだし、色んなパターンが見れたので、読み応えがあり、
まぁ満足です。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ


1日5分でお肌プルップル♪美顔器980円?





廻る世界の君と僕/直野儚羅 【BBC】


〔2010/11/10〕

★★★☆☆

「大きくなったらケッコンしようね、けいちゃん」約束した
のに・・・友矢は急にいなくなった。高校で再会するも、初め
友矢は敬人に気づかない。昔は美少年だったけれど、今の敬
人はチビで冴えない地味顔だから・・・。もうあの時みたいに
絶望したくない・・・なのに、かっこよく成長した友矢は「け
いちゃんは俺のものだ」と情熱的に宣言してきて・・・!?

思わず田中某さんのアイツのなんちゃらを彷彿させる表紙で
すがw、王子様と地味顔・・・イイ組み合わせです。ただ、敬人
を好きなだけの小池を、鼻血が出るほど強く殴るこたぁない
でしょうもんとか、ずっと会ってなかったのに好きって無理
がある・・・とか、色々と突っ込みながら読んでしまいましたが。
まぁでも、こういうBLの初心に帰るような初々しい直野作品
も、逆に世界が広がって良いのかなとも思いますね。
友矢に溺愛されて迷惑顔、でも嬉しい・・・な敬人をもっと見た
かったです。

『まさかの二人』は、成績の悪い高校生の朗人(あきと)が、
家が管理しているアパートの住人で大学生でモデルの椚に家
庭教師をしてもらうことに。可愛らしい容姿のため、何かと
変な目に遭ってしまい、Hなことへのトラウマに悩む朗人が、
椚さんにキスの気持ち良さを教えて欲しいとお願いして・・・
という、天然小悪魔ちゃんな可愛らしい受の話でした。終わ
った後に、ヒザに乗っかってるのが、すごい萌えたw オチも
オバカで可愛かったです。

『ラッキーアイテム』は、中学の同級生・花井に、強引に息
子・草太を預けられてしまった、元SPでソバ屋の矢沢。邪
険にしても手を出しても出て行かない、健気に父親を待つ草
太が気になり始めるが・・・ という、過去に傷ありのクールな
オジサンと健気な少年の話でした。「返すつもりは無い」の
くだりにキュキュンとね〜。
ちなみにここで出てくる舞鶴というオジサンは『指先の恋』
という作品の人らしいです。今度読んでみよう。

『瞳の檻』『逆夢の庭』は、人間からの依頼を受ける人外の
何でも屋の親方・白緑と、25年前に拾われて育ててもらった
藍(らん)の主従ラブ。いかにも直野さんらしい、人外なら
ではの切なさが上手い話でした。藍が子供時代のエピソード
が非常に可愛らしくて好きでしたね〜。

そんなわけで、最初の2本が、直野さんにしては若めで普通
な話だったので、この方の人外やらオヤジやらが好きな人に
は物足りないかもしれないですが、ふっつ〜の話が好きな自
分には、前半が好きなんですよね。多分、大方の直野ファン
からは怒られそうですがw、オヤジじゃない話も良いもんだ
な〜と思いました。までも、1冊で色々楽しめて、これはこ
れでお得感ありましたよね。安定して面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール