selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ドルフィンスイム〜海と人魚と小説家〜/中村かなこ 【CITRON】


〔2011/8/1〕

★★★☆☆

子供のころ巻き込まれた出来事以来、心を閉ざして生き
てきた安城輝(かがや)。海で出会ったのは、自分を人
魚と見間違えた変わった奴、小説家の知立心太。いきな
り「トモダチになろう!」と宣言してつきまとってくる
知立にうんざりしながらも、次第に距離が近づいていく。
知立との日々に癒される輝だったが、ある日、錯乱した
知立を目の当たりにして、明るく振舞う彼の心の闇の深
さを知り・・・。辛い過去を乗り越えて、最高に幸せな感動
的ラストを迎える、海辺での恋の軌跡。

表題作は、全4話。
海辺の町に住む輝は、10年前、大好きなイルカを見せて
やるという言葉につられ変質者についていってしまい虐
待を受けたことから、以来誰にも心を開けずにいた。
そんな時、岬の別荘に先週から来ているという小説家・
知立と出会った輝は、知立から友達になってと迫られる
ように。真っ直ぐに自分に向かってくる知立に、輝の心
は少しずつ動き始める。しかし実は能天気に見えた知立
にも、心に深い傷があって・・・。

最初は、輝にやたら近付こうとする知立に、何故そんな
に一生懸命なんだろう・・・という感じはありましたが、
でも何か、知立の行動がちょっとヘンテコなのが面白く、
こういう出会いもありだよな〜というほのぼのとした感
じがあって、続きがとても気になるように。

そしてこのまま、お節介な大人とツンデレな少年の話な
のかと思っていたら、意外に重い部分も増えていき、逆
に大人の方が励まされるように。しかし輝のトラウマの
方はわかるんですが、知立の方がやや解りづらかったよ
うな。妻・彩への想いと、親友・怜への想いと、どちら
もうっすらとしか描かれていないので、どちらに対する
想いも中途半端に思えてしまい、同情するというところ
まではいけなかったので、そこはちょっと残念。輝と知
立の関係は、まぁ自然と惹かれ合っていったという感じ
なんですが、ここもちょっと、最初にやたら「友達」と
いう言葉が多用されていたこともあり、あれ?いつの間
に恋に?という曖昧さが気になってしまいました。

でも実はウルウルッとさせられる部分もあって、結構
好きな話でした。
シリアスな部分になるとやや詩的な表現になってくるの
でちょっとボヤけたと感じてしまうものの、それぞれが
みっともなく頑張っている姿には共感できるものもあり、
良い雰囲気だったと思います。番長・覚王山は、個人的
には、要るか?と思ってしまうんですが、作者さん的に
はかなり推しのようでw まぁまずまずの珍味ではありま
したが。


最初に収録の短編『三条桜洞院東入ル 0点商店街』は、
さびれた「0点商店街」を何とか盛り上げようと日々活
動している文具屋の息子・円の元に、中学時代の親友・
一が、商店街を潰す再計画の会社の社員としてやってき
て・・・という話。円が変なメイクをしてバンドでボーカル
やってたり、一は昔から上から目線だったりと、アホだ
な〜と思っていたら、意外にシリアスな過去などあった
りして、まさにメリーゴーランドみたいで面白かったです。
どちらかというと、あまり上手いという絵ではないんで
すが、何か不思議とグッとくるものがありました。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







世界が終わる7日前/中村かなこ 【BBC】

 
〔2009/9/10〕

★★★☆☆

人の余命が見える葉山は、幼い頃から周りの人間に
気味悪がられ、孤立していた。だが恋人の真島だけは
、感情を顔に出せずツレない態度の葉山を理解し、大
切にしてくれている。ラブラブな生活を送るある日、葉
山は真島の余命を見てしまい・・・!?
 
全6作品中5作がファンタジーとなっていて、一見チー
プな設定かと思わせておいて、実は地味ながらも、相
手を想う気持ち、静かな情熱が上手く描かれていて、
結構ウルウルさせられてしまいました〜。

『雪息子』 は、孤独に生きてきた、雪女の末裔・雪息子
が、イケメン・奈川に出会い、一夜を共にし、正体をうっか
り明かしてしまう。100年生きてきて、初めて楽しいと思
えた奈川との生活だったが・・・という話。ちょいウル。

『花の恩返し』 は、道端に咲いていた花が、通りがかり
に水をかけてくれたリーマンに、お礼を言いたいと強く願
ったら、人間になれて、一緒の時間を過ごせるんだけど、
花の命は僅かで・・・という。これは泣きました〜。ヘタす
れば、バッドエンドで終わりそうな話なのに、「天のある
偉い方からダメ出しがありまして・・・」という、曖昧で強引
なハッピーエンドが素晴らしすぎた。

『ランプに3つの願い』 は、人の胸元に、願いを唱えると
消える3つの光が見える高校生と、そんな彼を茶化さず
に仲良くしてくれる、同じ野球部の同級生。互いに自然に
惹かれあい、最後に何を願うのか・・・という話。坊主頭と
いうこともあり、爽やかで正々堂々としていて、清清しい。
最後にちょっとこじゃれた感じに成長してるのが良かった。

『世界が終わる7日前』 はあらすじの話。愛する人の顔
にカウントダウンが現れてしまい、精一杯一緒の時間を
作ろうとする葉山と、葉山を不安にさせないために平気な
フリをする真島の、互いを思いやってる感じがたまんなか
ったですね。しかし健診で異常ナシなのに、何で死にそう
になってんだろう?ま、愛の力が勝ったというオチが良か
ったから、いっか。

『苺の家』  流浪のカメラマンの父親から、10年ぶり
に連絡が来たかと思ったら、昔、子供の頃に1年間だけ
一緒に暮らしたことのある、父の親友・藤さんのお墓参り
に行ってくれという内容で、藤家を訪れると、息子さんが
いて、父と藤さんがデキていたと聞かされる。そして息子
同士が、その後連絡を取るようになって・・・ という、何か
こう、DNAで惹かれあう、みたいなのがステキな話。

『カレーの家』 は、恋人に裏切られ、死を決意した江上の
前に、変な天使が現れるという話。

どの話も、相手の特殊な部分を知っても、それを自然に
受け入れ、穏やかに愛が育っていくような話になっていて、
すごく癒されました。あまり上手いとは言えない、味のある
絵なんですが、それが上手い具合に作品の微妙なテンシ
ョンを保っているので、健気さが伝わってきて胸打たれる
ような感じですね。

正直、前の『太陽は罪な奴』 がさっぱり面白いと思えな
かったので、期待してはなかったのですが、今回は結構
好きでした。こういうのなら、どんどん読みたい。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



  ↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








太陽は罪な奴/中村かなこ 【BBC】


〔2008/1/10〕

★☆☆☆☆

つい唇を奪った。そして奪われた。先輩は格好良過ぎる。
正気の沙汰じゃない・・・。
誰にでも好かれる渡辺は、無愛想で硬派な先輩 矢田に
キスを仕掛けた。ただ、止められなかったから。
制御不能な胸一杯の想い、それが恋…。


なんか、古っるい少女マンガみたいな絵だなぁ、と思っ
たら、本当に少女マンガ家さんだった。知らなかった。
えーっと、すみません。萌えどころがわかりません。
モノローグとかでドラマチックな効果を演出ですが、
それがどうも受け止めることができない、私の心が狭い
のか。


↓ぜんっぜん関係ないこと書きます。
「ゴッドタン」のマジ歌で、牛乳を口に含んでいるとき
及びそれをブーッ!ってする時の、東京03豊本サンの笑顔
がえらい萌える。メガネといい、腐女心をくすぐる。彼は
ヘタレ攻やな。やな。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール