selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





狼は恋に啼く/りゆま加奈 【Daria】

〔2014/7/22〕

★★★☆☆

ある山脈の奥深く、狼と共に生きる民族がいる。彼らは、
稀に生まれる白い髪を持つ子供を「白鹿」と呼んだ。
王族に嫁ぐさだめを持つ「白鹿」として生まれたサラは、
幼い頃から想いを寄せる、王の末息子・アラクシと番にな
る。しかし明るく振る舞う一方で、アラクシが好きなのは
サラの双子の兄・ナラだということも知っていた。「好き
な人の隣にいられるなら、たとえ身代わりでもいい」そう
思っていたはずのサラだったが・・・・・・。
たったひとりの番を生涯愛しぬく、彼らの宿命と恋の物語。

初コミックスで、狼を使役しながら共に生きている、狼と
白鹿の血を引く民族の3カップルの話を収録。
表紙を見た感じとタイトルから、苦手なファンタジーかな
〜と心配しながら読み始めたんですが、解りやすい話と素
敵な世界観でサラッと読めました。結構泣けたという感想
も多いみたいですが、私はそこまではなかったかな。

『狼は恋に溺れる』は、狼の血を引く王子・ツァスと王家
に嫁ぐ運命にある白鹿の子・ウルというつがいになること
を約束した二人の話。自分は白鹿だから選ばれただけで、
ツァスに本当に必要とされているのかと悩むウルが健気で
可愛かったです。ままありがちな展開でしたが、雰囲気が
いいですよね。

『狼は幸せな夢をみる』は、貧しい村で子供二人で食べ物
も無く泣いて暮らしていたアリオンとイェケという幼馴染
の話。イェケにいい暮らしをさせてやりたいというアリオン
の気持ちが空回り、逆に寂しい想いをさせてしまっていて
・・・という話。あぁ何か今読み直すとジーンと来たw 二人
とも健気でいいですね。

『狼と身代わりの恋』(前後編)があらすじの話。
昔から大好きなアラクシに言われつがいになれたけれど、
アラクシが本当は自分の双子の兄でアラクシの兄・ハリム
のつがいになったばかりのナラのことを好きだと知ってい
るサラは・・・という、身代わりでも健気に尽くす受の話。
更にアラクシも、サラがハリムを好きだと思っているとい
うすれ違いっぷりにやきもきでした。

全体的に少女漫画チックなロマンチックさでしたね。最初
から男×男という部分は揺るぎないので、そういう意味で
はBLとしては少し物足りないのかなという感じはします。
受のパターンとか誤解が・・・という部分でもちょっと似通っ
ているような。
でもやはり、絵が綺麗で何か雰囲気が良かったので、また
違う作品も読んでみたいなと思いました。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール