selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





戦国Busho Love/高岡七六 【gateau】


〔2013/7/13〕


★★★☆☆

有名サークルの限定50部、レア同人誌をなくし発狂する信長。
しづる×十六夜本、略してしづいざの18禁本はいずこへ・・・
手がかりを頼りに安土から熊本へしづいざ本奪還の旅に出るこ
とに。それに巻き込まれる忍・椿。めっちゃビッチな乱丸と乱
丸ラヴの明智光秀をお供になんかもうほんと不安しかないチン
道中の始まりでございます。

時代物なのかな〜と思ってましたが、ただのギャグ漫画でしたw
一応舞台は戦国時代で、登場人物も武将の名前でそういう格好
をしてはいるけど、スマホとかコミケとか出てきたりとすごく
自由な世界観。最初はどうなることやらと思いながら読んでい
ましたが、結構なネタ盛り込み具合で笑えました。

話は、腐男子の信長(家臣に自分を「ダークナイトメア」と呼
ばせる中二病でもありw)が、 SNSで知り合った熊本のシュガ
ーという奴に大事にしていた薄い本を盗まれてしまったため、
それを取り返すために(と、コミケに行くためw)、忍の椿、
信長ラブの女装ビッチ・乱丸、乱丸ラブの光秀と共に、熊本へ
・・・という珍道中。

BL的なラブは無いですねw ただもう、信長のあまりにもある
あるな腐男子っぷりのアホ可愛さ(帯のキャッチフレーズが
「どこに出しても恥ずかしいBL武将」って)、そういうこと
一切に疎い椿(ある意味一番マトモw)とのズレ、その他キャ
ラの変な人具合など、BLあるある的なものを楽しむ感じで。
椿が光秀の代わりに絵を描こうとしたら、超リアルな人相書き
になったのとか、ずっとフッフッフッとこみあげてしょうが
なかったです。2話目の、イケメンカゴ屋2人組にはぁはぁ
する信長も良かったなw ぶっちゃけたまに、オタクの話に
ついていけないところもあったんですがw

折角だから、もっとちゃんとラブを盛り込んでも良かったのに
なとも思いますが、ま、笑えたからOKですね。
くだらな楽しかったですv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







オオカミさんの発情理由/高岡七六 【Daria】


〔2012/6/22〕


★★★★☆
 
マイペースで他人に興味を持ったことのない酒徳。しかし、同
じ寮に住む同期の藤木が先輩に押し倒されている所を助けて以
来、その時のエロスな表情が頭から離れなくなってしまう。先
輩から守ってやる約束をしたものの、一緒に入った風呂で妄想
が溢れ出し、もっと藤木の可愛い顔が見たくなって・・・!?
他にも、和装フェチ眼鏡や、男性アイドルをおっかるイケメン
など、妄想男子満載!

これはコメディ好きの私には、非常に楽しい1冊でしたv
発売当初に読んで爆笑して、暫く寝かせてまた先程読んでみま
したが、やはり爆笑。ちゃんとした話を求めている方には合わ
ないと思いますがw、私にはこの可愛い絵柄とギャグのマッチ
具合が非常に肌に合うみたいで、最初から最後までず〜っと楽
しかったです。前作のせいで、受ちゃんがどのコも狸に見えて
しょうがないというw

表題作は前後編の2話。
同期の藤木に飲みに誘われても、やりたい事があるからと何の
躊躇も無く断るマイペース男・酒徳が、酔っぱらって藤木に送
られてきた寮の隣の部屋の先輩・南雲が、藤木を襲っているエ
ロスな光景を目撃したことから、何故だか藤木のことが気にな
るようになってしまい・・・という話。

いやもう、思ったことがそのまま口から出ちゃう、デリカシー
ゼロの酒徳が面白すぎるw そしてそんな酒徳に恥ずかしい思い
をさせられてばかりの藤木のリアクションも可愛いv
仕返しにバルサン入れるとか、「お風呂で走らない」のオチと
か、南雲は感覚がおかしい!と怒る酒徳を笑う藤木など、楽し
い場面がテンコ盛りでした。

『粋な艶男と地味メガネ!』(2話)は、親戚の呉服店でバイ
トをしているあずまが、あずまの和装姿に惚れたという和装フ
ェチのヘンテコな男・奈津の相手をしてやっていたら・・・という、
オバカな受が楽しすぎる話でした。
何この天然さんw カツアゲされているところなんか、あずまと
一緒に、いちいちブハッと吹き出してしまいました。またこの
あずまのツッコミがいちいち秀逸w
奈津はそれだけでなく、素直に喜ぶ姿は可愛いし、鼻血を連発
するという技まで持ち合わせていて、地味メガネでしょ〜。た
まらないですねv ある意味ストーカーなんですけどねw

『スイートワルツ』は、7年前、テレビの深夜ドラマに出てい
た男性アイドル・ミハルに一目惚れし、以来女の子のファン達
に混ざって、一人応援を続けてきた長身の田舎青年・ネンジ。
休みを取り、写真集のサイン会に遥々出かけたネンジは、ミハ
ルと握手できて沢山話せ、満足していた。しかし翌日、テレビ
の田舎の家に泊めてもらうという企画で、ネンジの家にミハル
がやってきて・・・という、純朴青年と素直で可愛いアイドルの
話でした。ミハルが可愛いv これもまた攻は、中々アブナイ人
なんですけどねw 何か応援したくなる二人でした。

『きみとおままごと』は、高校の同級生・小松原とルームシェ
アすることになったアミノ。高校時代、彼の行動力に惹かれて
いたアミノは、当時から実はもっと仲良くなりたいと思ってい
て、これを機にもっと親しくなるつもりが、起こしにきてくれ
た小松原に寝ぼけて抱きついてしまったことから、小松原に避
けられるようになってしまい・・・という、非常に初々しい二人
の話でした。これは今後いちゃいちゃしまくりなのが目に浮か
ぶような、バカップル誕生物語でしたね。


これまでも、アホなノリの時に結構好きな感じがあるなと思っ
ていた高岡さんですが、今回は特にツボにハマりました。
攻も勿論いいキャラで楽しいんですが(ツッコミ上手やら、変
人やらw)、受ちゃん達が頬を染めちゃう感じがたまらないで
すよね〜。
短い話の中で、ちゃんとキャラの魅力が感じられるエピソード
が入っているので説明不足に思う点が無く、ライトなようで何
気にまとめ上手なんだと思います。
読んでてハッピーな気持ちになれましたv


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







恋化け/高岡七六 【BLink】


〔2011/12/22〕

★★★☆☆

タヌキの里の王子様・花助の夢は、人間になって野球選
手になること。先輩タヌキの吾郎ちゃんに教わった“人
間になる方法”は前途多難で・・・!?
巻き込まれちゃった人間の無愛想大学生・伊神くんと、
花助のハートフルvケモノ系男子(!?)恋物語♪

特別ケモミミ萌えというわけでもないのでさほど期待せ
ずに読んだんですが、思ったよりしっかりとした内容で
テンポもいいし、何よりとにかく花助が可愛くて癒され
ましたv

狸の里の跡取り息子・花助は野球が大好きで、仲間と人
間の姿に化けては野球を楽しんでいて、プロ野球選手に
なるのが夢。そのためには変身ではなくちゃんと人間に
ならなくてはと、既に人間になり芸能人として活躍して
いる仲間の吾郎に方法を尋ねることに。すると山の神様
にお願いするためには3つのアイテムと1つの要素が必
要だと言う。まずは1つ目の「人間のことを知るための
本」を手に入れるため本屋に行った花助は、そこで昨日
野球をしている時に花助がボールをぶつけてしまった人
で、本屋のアルバイト店員である伊神と再会し・・・。

というわけで、人間になることに憧れる狸とそれを手伝
うハメになった大学生が、ドタバタしながらもお互いに
惹かれあっていくという話です。
まずは人間のことを知るための本「恋海 上下巻」を買い
に行った花助。しかし狸だけに、拾って集めた小銭801円
しか持っておらず、必死に交渉する花助を見かねて伊神
が・・・という、初っ端から非常にほのぼのなエピソードに
萌え萌えですw

そして文字が読めない花助のために伊神が家に連れ帰り
読んであげることに。しかし耳と尻尾は変身では上手く
隠すことができないためコスプレということで誤魔化す
花助w 不思議に思っていた伊神は、眠る花助を触って
いるうちに、モフモフにテンションが上がって・・・という
感じですね。狸姿の花助がたまらなく可愛いし、伊神く
んもとにかくイイ人でw 条件の一つ「人間の体液」が必
要と知ると、血は嫌だからとわざわざランニングして汗
をかいて舐めさせるというw

そんな感じでドタバタしながら花助のアイテム集めに協
力する伊神の、クールそうなのにとても親切でモフモフ
のとりこになって少々アホになっていく感じが面白く、
花助はほわわんとした純粋な感じがたまらなく可愛く、
何かずっとニコニコしながら読んでしまいました。
最後は狸姿の花助の健気さに思わずウルッときてしまっ
たし、思った以上に見所がたくさんあって、大変楽しか
ったですv ヘタしたら、もっと真面目な話にも転がって
いきそうなところ、あくまでラブコメなラインで可愛ら
しさを楽しめるようになっていたのが良かったです。
いやまさか、狸萌えを味わう日が来ようとはw


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







手をつないで恋を/高岡七六 【gateau】


〔2010/9/15〕


★★★☆☆

主人公・関谷はふとしたきっかけから同じ弓道部の
永嶋と険悪になってしまう。見かねた部長の竜見が
二人に出した命令は、「毎日手をつないで帰ること」! 
新しく知る永嶋の純朴な素顔に関谷はだんだんと惹
かれていくが、永嶋の視線の先にはいつも竜見がいて・・・。

ある日、同じ弓道部の1年・永嶋に何故か悪口を言
われているところに居合わせた、同じく1年の関谷。
その場で文句を言ったものの、二人の仲は険悪に。
そんな二人を見かねた3年の部長・竜見は、二人に
手をつないで下校して、仲直りをするように命じる。
渋々従う二人は益々険悪になるかと思われたが、ふと
したきっかけで関係は修復。しかしある日、そんな
永嶋の視線の行方に気付いた関谷は、何故自分が永嶋
に嫉妬されていたのかを確信する。それに気付いてか
ら、余計に永嶋の先輩を見る目が気になり始める関谷
だったが、それと同時に、別の感情も芽生えてきて・・・

というわけで、最初は険悪だった二人が、手をつなぐ
という罰ゲームのようなものを強制されることによっ
て少しずつ近付いていくという、なかなか青春くさい
話で楽しかったです。
前半は、何を言い出すんだこの部長wっていうコネタ
を散りばめた展開、後半は、良い感じに恋のドキドキ
が伝わってくる恥ずかしい感じになっていて、二人が
違う感情を覚えていくのがしっかりと描ききれていた
と思います。

最後の1話は、その竜見先輩と、弓道部顧問・灰谷先
生の話。本当は他の部活からも誘われていたのに、強
引に誘ってきた灰谷先生に半ば騙されるような形で弓
道部に入ることになった竜見。そんな竜見は、ちょっ
と灰谷に優位な立場ということもあり、頻繁に灰谷の
いる化学準備室に出入りしたり、帰りにラーメンを奢
ってもらうように。部活を頑張っていると褒めてくれ
るし、自分だけが特別・・・そう思っていたけれど・・・

とこちらはお子様竜見のツンデレっぷりが可愛い、王
道な先生生徒モノって感じでした。表題作ではもうち
ょっと天然な先輩なんだと思っていたので、こんなに
一生懸命な姿が見られるとはw 敢えてキス止まりで
いったところが、二人の誠実なお付き合いを感じられ
て萌えでした。ガマンするオトナは大好物ですw

そんなわけで、これまだ4冊目だったんですね。もう
ちょっと読んでると思ってた。今回は長編ということ
もあって、今までで一番印象に残る話になっていたん
じゃないかと思います。好きなノリでした。

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







仮免ラブクライシス/高岡七六 【AQUA】


〔2010/8/11〕

★★★☆☆

中田啓(ひらく)は地味で冴えない大学生。「これ
じゃモテない!」と気づき、生まれ変わることを決
意する。まずは免許をゲットしに、教習所に通い始
めるが、そこで女の子の理想を絵に描いたようなイ
ケメン教官の飛石と出会ってしまう。しかも、飛石
からはアメとムチな指導を受けることになり、何だ
かアブない雰囲気に・・・!

地味なメガネっ子だった、小動物系男子・啓は、女
の子にフラれたことをきっかけに、イイ男に生まれ
変わろうと決意。まずは髪型を変え、コンタクトに
し、いざ教習所へ。しかしそこには、自分には到底
超えることのできそうのない、イケメン教官・飛石
がいた。自信がつく以前にヘコタレそうな啓だった
が、そうだこの人を目指せばいいんだと、飛石を目
標に頑張ることに。しかし啓は、思った以上に鈍臭
いことが発覚、飛石を困らせるハメに。だが飛石は
親身になって練習に付き合ってくれ、ついには緊張
を解くためと、キスをしてきて・・・

表題作は全5話。オバカちゃんな啓が可愛い、テン
ポの良いコメディで、楽しかったです。こういうア
ホっぽいの、結構好き〜w 啓はヘタしたらイラッ
とくるタイプの受なんだけど、中々絶妙なアホ配分
だったので、最後まで可愛く思えました。メガネっ
子のままでも良かったのにな〜w

『ハードワークパラドックス』は、いつも一人で残
業させられている根津が、ある夜机の下で仮眠して
いたら、いつの間にか誰かが休憩室に運んでくれて、
やりかけのプログラミングも終わってて、朝食に牛
丼まで置いてあって。これって誰のお陰?という話。
まぁ誰かはバレバレなんですが、サラッと読めて面
白かったです。

『ライオンの檻(前後編)』は、2年前の中学生の
時、唯一の身内である祖父が病床に伏して以来、祖父
と暮らしたシンの家に、祖父の財産を狙う伯母とその
息子3人が一緒に住むように。シンをいじめる次男・
三男だったけど、長男・ヒロトだけは味方になって
くれていた。しかしヒロトも実は・・・
という、シリアスな話で、これはまぁ普通に読みやす
いですが、趣味ではなかったかな。

そういうわけで、表題作のコメディなノリが楽しかっ
たですね。シリアスは、読んでると色々と意地悪な目
線でほじくりたくなってしまうので、どうしても満足
度が上がり難いんですが。もう少し長い話で、ヒロト
の心境の変化など、色んなバックボーンが見れると
良かったかもですね。まぁでも、普通に満足。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







うそつきのおもちゃ/高岡七六 【AQUA】


〔2009/3/12〕

★★★☆☆

幼なじみの陽介は嘘つきだ。おバカすぎるアズサは、
子どもの頃から陽介の嘘に言葉巧みに言いくるめられ
てばかり。ある日大学の友達と自慰の話題になり、自
分の話をしたアズサはドン引きされる!
それは陽介に教わったお尻に××を入れる方法だったのだ。
怒ったアズサは××片手に陽介の部屋に乗り込み・・・!
「好き」の気持ちはウソ? ホント?

表題作3話は、アズサが騙されまくりのアホのコで、メガネ
の飄々とした感じとのバランスが良くて、すごい楽しかった。
新入社員×小柄でツンの先輩のリーマンモノ『あなたと悪
だくみ』は普通かな。

後半にごっそり入っている『片想い』シリーズは、好きな子
にどう接していいかわからないうちに、どんどん歪みまくって
しまうという、高校生の話。面白いんだけど、シリアスで
若干痛々しいのが、少し苦手かなぁ。モノローグじゃなくて、
完全に鳥須目線の話があると、頑張れ〜みたいな気分になれた
のかも。脇カプも不思議な二人で面白いですが、いまいち馴れ
初めなんかが不明な分、入り込めなかったかなと。惜しい。
まー結局私は、表題作のアホ加減が好きかな、ということで。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







カノジョのお兄さん/高岡七六 【AQUA】


〔2007/12/12〕

★★★☆☆

かわいい彼女の家に初お呼ばれした泉。出迎えたのは
超男前なお兄さんだった! 口が悪くてちょっぴりイジ
ワルなお兄さんにタジタジの泉。
「菜子より俺のほうが余程いいと思うよ」と意味深な
ことを言われて…。そんな中、泉は彼女の浮気現場を
目撃してしまう!
魔性の美形兄妹と純情少年の恋模様を描いた表題作ほか、
ホテルのポーター×不幸性の青年、生徒×先生、人事
面接官×就活学生など、描き下ろしを含む全7話を収録。


なんつーオープンな兄妹なんだー。美形で強引な2人に
流されてほだされていく泉が可愛かった。
話はどれも柱がしっかりしているので、わかりやすく
楽しかったです。ただ、萌えるかというと・・・
ノリがライトなので、深みがない分、印象も薄く。
是非長編を見てみたいです。





| 1/1PAGES |




イトラコナゾール