selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





カナさん/トジツキハジメ 【麗人】


〔2013/6/27〕


★★★☆☆

初めてカナさんに会ったのは、真夜中過ぎの居酒屋の便所。
バンドマンで、自由が服を着て歩いているような、ちょっと目立
つ人だった。俺はと言えば、不満はないけど希望もない、やりた
い事も時間もない、カナさんとは違う世界を生きていた。そんな
俺がカナさんの小さな秘密を知ってから、だんだん世界が変わっ
ていって・・・ 鮮烈な印象を残して駆け抜けて行ったカリスマと
その周りの人間模様を描いた表題シリーズ他、レスラーBLや刺青
フェチのイチャラブ等、ファン必見、著者のBL集大成!

表題作は『カナさん』『ワイヤー』 『ワンマンストーリー』
『嘉那さん』の4話。
しがない居酒屋のバイト店員・ヒロセが、常連客のバンドマン・
カナさんと何度もトイレで鉢合わせし、彼の秘密を知ったことか
ら・・・という話。

最近めっきりB系青年達に目覚めていらしたので、苦手な自分と
しては、さて、大丈夫かな・・・と、少々身構えて読んでしまった
ところがありましたが、バンドマンBLも まぁあまり好きでは無
い方なんですが、いつもより身内ノリな感じがしなくて読みやす
かったです。恋愛の話は勿論、人と人との繋がり、友情とはまた
違う男同士のつながり、内面が詩的な感じで語られているのが、
初期の作品を思い出させる感じで結構好きでした。

というわけで、カナさんという短い人生を突っ走った人物とわず
かながら関係を持ち、ギターを託されたことでバンドのメンバー
との縁を与えられた青年が、ぼんやりとした人生から何かを掴み
始めていくという話。
でも居なくなったことに涙を流したりとか、特別感傷的になるの
ではなく、静かに彼の存在した重みを感じいつも思っているのが、
逆に切なく感じられて良かったです。軽いようで重みがあって。
あと、サポートで入った小生意気なメンバー・キヨがベースの
ゆーしのことが好きで、アホみたいに甘えてる話も可愛くて面白
かったですね。

『たべものではありません』は、デスマッチプロレスのレスラー
・雫に食事を食べさせる、大学からの友人でカフェ飯屋の二三四
という話。自分の作った食事が、雫の血となり肉となることに喜
びを感じるという、ちょっと不気味ささえ漂う愛情を持つ二三四
が面白かったです。その調子で、もちっと先まで見てみたかった
気も。

『月翳』は、出兵して戻ってきて新聞社で働いている国彦と、徴
兵を免れた隼雄という学生時代仄かに想いを抱いていた友人同士
が再会するという話。残らなければならなかった方も深く苦しん
でいた、でも元には戻らない、という何とも言えない虚しさに
心が痛くなる話でした。

『外道』は、和彫りの刺青が似合うアパレル勤務の宇陀児と、彫
り師(攻)のカップルがラブラブしている話。この彫り師の方の
受大好きっぷりが、くすぐったくて可愛かったです。 この本で一
番、サービス的な1本でもありますね。いいいやらしさw

というわけで、ここのところあまり好みと一致しない感じのトジ
ツキさんでしたが、久々にこれはいいなと思った1冊でした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







神隠し寮奇譚/トジツキハジメ 【Chara】


〔2011/10/25〕

★★☆☆☆

憑き物祓いのプロ “祓い屋” 達が集う、奇妙な社員寮
『神隠し寮』。住人のちゃきは、ある日入寮してきた新
人の蛇ノ目に、出会ったとたん「恋しちゃったv」と熱
烈に懐かれて大迷惑!幽霊事件はお手のモノ。だけど今
度の相手は一筋縄ではいかなくて・・・!?個性豊かな面々
と不気味な来訪者達の騒動を描く奇想天外百物語!

「祓い屋」という仕事をしているB系男子達が寮で共同
生活をしていて、日常を満喫しながらお仕事も・・・とい
う話。うんまぁ、この表紙なのでまたしてもソレ系だと
いうことは覚悟の上で読みましたが。やっぱりどうして
もこういう子らのノリが苦手なのは年のせいもあるでし
ょうがw、文化の違いですよね。しょうがない。

描きたいものがしっかりとある作家さんと、それを本に
したいと思う出版社さんがいるんだから、それはそれで
いいのだと思うんだけど、何かもう、BLとかそういうの
抜きにして、いっそのこと余所で思い切り描きたいこと
を描かれたらいいのになと思わんでもないです。デブの
国弘を可愛いvと言う姉ちゃんズの方がよっぽど潔く恋
愛モードで面白かったですもん。オカルト風味の漫画と
しては普通に面白いし、無理にBL読者を相手にしなくて
もいいんじゃないのかなとね。好きな人はどこへ行った
としても追いかけるでしょうし。

でこれはこれで終わりなんでしょうか?ちゃきと蛇ノ目
の血筋どうこうの話、蛇ノ目の思惑が何だか良くわかな
かったのでモヤッとしていますが、幽霊の話もあまり好
きじゃない自分としては、もうお腹いっぱいなのでいい
かな。とりあえず、BLっぽく無かったのでその点満足度
は低いですが、漫画としては普通に面白かったです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







蝶尾/トジツキハジメ 【GUSH】


〔2011/5/10〕

★★☆☆☆

文学作家の平瀬はある日、好いていた編集者から結
婚の報告を受けた。そんな平瀬を蝶尾は懸命に慰め
てくれる。「僕は先生が大好きです」 彼に似た顔立
ちで、平瀬の想いを叶えようとするいじらしい蝶尾。
平瀬は彼を想いながら、幾度も蝶尾を抱き・・・。

表題作は、編集者・吉家に想いを寄せる幻想文学の
作家・平瀬が、彼が持ってきた蝶のような尾を持つ
金魚を見て幻想を抱くという話。久々の和風な感じ
で雰囲気は好きでしたが、話は良くわかりませんで
したw 文学的なのが好きな人には良いのかもですね。

『ロザリオス』は、同じ日に洗礼を受けた幼馴染同
士。変わっていく生活と変わらない想いと・・・みたい
な感じで雰囲気は嫌いじゃないですが、だから何な
んだろうという感じ。これを余韻と思える人にはい
いんでしょうが。もっとBLらしくできそうなのに、
あえてここで終わらせてるのが何か嫌。

『アトリエ』は、20年前に愛する恩師が亡くなった
ことから描くことをやめた画家の征矢と、美専の生徒
・駒澤。う〜ん、こういう二人嫌いじゃないんですが
ね。BL未満だし、スッキリしないなぁ。

『The day was not fine』(全3話)は、工学系の
大学の優秀で坊主頭で美しいけれどちょっと変わった
先輩・獅子倉と、追いかける後輩・トエ。鬼ごっこと
いうのは面白いとは思うんですが、う〜ん。萌えない
ですね。少年漫画のようだ。

文学に宗教に美術に英語に科学・・・と作者さんが博識な
のは良くわかるんですが、アホな私にはそういうのが
すんなり頭に入ってこないので、すごく読み難いですね。
好きなものが多くて、どれも漫画にしちゃいたいんだ
ろうなというのはわかるけど、BLとしてはどんどんス
トライクゾーン狭まってきちゃってるようで。
ウサギのエッセイ漫画は、1話読んでどうでもよかった
ので、その後は飛ばしましたw

B系好きじゃない方がいるみたいだけど何でかわからな
いと書かれていましたが、むしろ好きな気持ちがわから
ないですw 重心低めのモッタリした感じが苦手という
こともあるんですが、それ以上に、YO!なノリが苦手
なんですよね。韻とか踏んで英語混じりなところがすご
くサブい。日本人なのに?・・・っていうw B系とゲイも
あんまり結びつかないんですよね。そりゃ居るんでしょ
うけど、何かどちらかというと、女大好きのイメージが
あるようなw ま、自分がいいと思うなら、そのままで
いいんじゃないでしょうか。読みたくなきゃ買わなきゃ
いいんだしね。
GUSHから過去4冊出ている作品や『徒然』までは結構
好きだったんですけどね。ここんとこ、あんまり好みじ
ゃ無くなってきてます。とりあえずまた次も読むんでし
ょうけどw

 
↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







さきっちょだけでも/トジツキハジメ 【バンブー】


〔2010/10/27〕

★★☆☆☆

芸大7年目・26歳の冬、徳治の想像力は完全に枯渇し
ていた。何物にも感動しなくなった心に響く「何か」
を探していた時、偶然目にした極彩色の男に一瞬にし
て魂を奪われて・・・!?

全6作品収録。
うぅん・・・ 前作の『物語は死で終わらない』でも
そうでしたが、B系って地雷だ・・・
何でしょう。やたらと韻を踏んだようなラップ調のモ
ノローグとか、ダゼなやりとりとか、仲間で群れてる
感じとか、とにかく何か、俺たちオサレ?みたいな
やたらと自意識過剰なノリがめちゃくちゃ苦手なので、
1本目の『お悔やみ申し上げます。』はもう、読むの
やめたくなるくらいでしたw

『ウォータープルーフ』もまたもやB系・・・
トジツキさんは、こういうノリに目覚めちゃってるみ
たいですね。自分的にはブチブチと単語で語る彼らが、
激しくアホにしか見えなくて、全くもって萌えません。
自分が年寄りだからだろうかw

『アンダーグラウンド』はカメラマン。これはB系よ
りはマシですが、でもやっぱこの、芸術家アピールな
ノリが苦手。
『彼女は死んだ』は設定はまぁ、大丈夫。だけどオサ
レきどってる雰囲気が何かイヤ。
表題作『さきっちょだけでも』は、刺青の彼に恋しち
ゃうというマニアックな芸術家がイッちゃってるな・・・
と思いながらも、まぁエロスとしては良かったです。

唯一萌えを感じたのは、1本だけ古い('07年)『les
sciences et las fantaisie.』。あぁやっぱ私は、こ
の頃までの作品が好きだったな・・・と思いました。
今後、自分の読めるトジツキ作品は登場するのだろう
かと、若干不安であります。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







物語は死で終わらない/トジツキハジメ 【Daria】


〔2010/9/22〕

★★★☆☆

「俺、お前の事好きなんだ」大学の同級生・新吾に
そう告げられた数日後、突如幸生の人生は二十年で
幕を閉じた。告白の返事をしないまま・・・・・・。幸生
のことを引きずる新吾に、自分が出来るのは「忘れ
てくれ」と、ただ願うことだけだった。あの世とこ
の世の狭間から覗く新吾の人生。それを通して見え
てきた、終わってしまったはずの幸生の「物語」は・・・。

全6作品収録。
表題作は、2年間一緒に過ごした友人に告白された
ものの、答えを伝えることなく死んでしまった青年
が、あの世から彼の人生を観察し続ける・・・という、
思わず涙してしまう、切ない話でした。70歳になっ
た彼が電話をかけるシーンと、大往生だっていうセ
リフに、かなり泣ける。しかし、最後に若者に戻っ
ていたのは何故なんでしょうね〜。

『願う言葉』は、貞操観念に欠けるライブハウスオ
ーナー・健二と、バイトの種。これは何か、全く萌え
なかったです。理屈っぽいからかな。

『ナナハチ』は、いつもつるんでる高校生の七久保と
蜂谷。ある日ハチがナナに告ったことから気まずくな
り、そのまま卒業。そんな二人が数年ぶりに・・・
これはまぁ、普通かな〜。

『雪山途上、山小屋にて』は、生徒を勝手に好きにな
って勝手に失恋した教師が、無謀にも冬山登山に挑戦。
山小屋で出会った男と後日再会という話。
教師がやたらと時代を感じるダジャレやらインを踏ん
だりするのが愉快だな〜という感じ。おしゃべりな男
が嫌いなので(しかも丸顔!)イラッとくるけどw

『シュガーフリー』は、酔っ払ってうっかりゲイだと
いうアパレルブランドのディレクターと関係を持って
しまった?ショップ店員。まぁ面白かったですが、B系
男子にも、オサレなオッサンにもそそられない・・・

『サイエンス オブ ゴーストのロマン』は哲学的?過
ぎて、全く全然意味がわかりませんでした。

そういうわけで、独特の間とか台詞回しの面白さとか
はそのままなんですが、全体的にキャラも作風もB系と
いうか、ついて来いよ(読み手に)的なノリに、激しく
ムカムカとするのは自分だけでしょうか。そういう、
こじゃれたノリも苦手だし、キャラも雑な男が多くて
全然惹かれないし、何か好きだったトジツキ作品とは
ちょっと違う方向にズレまくっているような気がして
しょうがないです。
自分の好きな『白猫』『不連続世界』『千一秒物語』
あたりにあった、シンプルな画面の中で、ふとした時に
見せる色っぽさとか可愛らしさっていうのが感じられな
くなってしまっているような。妙に骨太感があります
よね。まぁ色々に進化しているんだと思いますが、個
人的には昔の作品の方が好みです。

いやしかし、ホントB系が好きだから描いちゃおうって
ことなんでしょうが、いつもキャップをかぶってるとか、
クラブでどうこうとか腰パンとか、激しく萎えます。
BL向きでは無いような・・・


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







俺と彼女と先生の話/トジツキハジメ 【WINGS】


〔2009/11〕


★★☆☆☆

高橋謙清(けんしん)はある日、謎の美少女・小町から「早死
にする」と告げられる。その直後、祖母からの電話で「ある用
事」を託かり、指示された先を訪ねてみると、そこには民俗学
の研究をしている鈴木という男がいた。この三人が出会い、彼
岸と此岸の狭間で起こる現代怪奇譚が幕を開ける・・・・・・!

というわけで、非BLです。ホラーになるんですかね。
茶道の家に生まれ自身も茶事を行う、見た目も性格も今時の若
者・謙清が、早朝にやってるコンビニバイトで、不思議な雰囲
気の女子高生・小町に出会い、「余計なことに首を突っ込むと
死ぬわよ」と言われてしまい、その後の祖母からの電話で茶事
を頼まれ、民俗学の研究者・鈴木の家に出向いたら、とんでも
ないことに巻き込まれていく・・・という感じです。

まぁ、面白くないわけではないんですが、一つ一つの設定が未
消化なまま進んでいく感じで、ざっくりしてるなという印象。
このタイトルの割には、3人がそれぞれ別の方向を向いている
ような、正直なんで謙清が先生に選ばれたのかも良くわかなら
いという感じに、人間味が必要な話なのに人間味が無かったと
いうか。最後に舟に乗る姉が、ここまでと先生を促すシーンと、
見えないものが見えちゃう子供の小町に、先生が普通に話かけ
ている回想シーンは何かじ〜んとしましたが、言ってみればこ
こ以外、淡々としてたな〜と。もう少し、先生の姉に対する思
いや、小町の先生に対する思い、先生目線での思いなど、下地
の部分も描いてあると良かったのかなと思います。
絵は、こんなに繊細だったっけ?と思うくらい丁寧で、不思議
感は出てただけに、あぁ何か勿体無いなと。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。



↓ 応援クリックお願いします
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ








徒然/トジツキハジメ 【ディアプラス】


〔2008/12/27〕

★★★☆☆

エロ漫画家・恩田とBL漫画家をしつつ、彼のもとへアシ
スタントとして通う相良。付かず離れずの関係を続け五年
の月日が経ったある日、恩田への気持ちをついに抑えきれ
なくなった相良がとった行動とは一体・・・!?

同人誌で出された「徒然」シリーズと、短編3本。
出会った瞬間、何故かきちゃないエロ漫画家に一目ぼれし
ちゃった相良。それから5年、だらだらと漫画家とプロアシ
という関係で続いてきて、今更どうこうと期待しているわけ
でもないけど・・・という、だらだらとした話。

なんだけど、表情、言動、キャラ、テンポの良さなど、漫画
として上手いですよね。これで最初の微甘なとこから糖度が
増せば、かなり好きなんですけど、さして変化もなく・・・な
とこが狙いなんでしょうけど、一般的な感覚としては、展開
欲しいかな、と。
リスと摂津の話も基本設定が面白いし、続き読みたい。でき
れば、ほんと、全体的にラブ色強くなるといいのにな〜。

一番気に入ったシーンは、3時間で15枚の現実から逃げようと
する恩田を、何故なら俺はプロアシだから!となだめる相良。
ドタバタの動から、エイッと魔法のようなもので沈め静に持っ
ていく、その手玉に取ってる感がたまんないです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







前略/トジツキハジメ 【GUSH】


〔2007/05/10〕

★★★☆☆

男27歳、郵便局員の恋・・・。

地味な郵便局員・八角達也(はっかくたつや27歳)。
彼の元に10歳年下の男子高校生・北沢から、勤務中に
毎日ラブレターが寄せられる。文面は「好きです」の
たった一言。北沢とつき合うつもりはないのに、嫌わ
れたくないだなんて。「もっと意識してください、俺
のこと」以来八角は、彼のことが気になって仕方なく
なり・・・。

『前略』『草々』『追伸』が八角さんと北沢のラブ。
地味で自己主張の無い八角に突然訪れたモテ期。だけ
ど相手は10も年下で男で・・・と戸惑う姿が大人キュート。
「・・・ちゃんと つき合えるかな」の八角さんカワイイ。

『暗夜行』は生徒の後をひたすらだまって追ってくる
先生・・・とここに書いても、わからないと思いますが、
作者さん曰く、ストーカー受らしいです。絶望感がある
んだけど、がっつりエロくて、結構好き。

『夜の休止符』は兄弟モノ、兄受。狂気気味な弟が
子供時代の無邪気さとの対比で引き立ってて、暗い
んだけど微妙に純粋さも感じて、何か好き。

そんなわけで、1冊で明るめ、重めが味わえて、楽し
かったです。1回読みより何回か読んで馴染んだ感じ。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので、参考にしてみてください。







白猫/トジツキハジメ 【GUSH】


〔2005/5/10〕

★★★★☆

警戒心の強い、ネコみたいなあの子。ゴーインに触っては
いつも逃げられる。でも、気づくとそばにいる。
「あんたが好きだよ」なんて言われたら、気持ちいいコト
してあげたくなるじゃない。

短編5作です。
この人って、こんなにキュートで色っぽい作風だったか!?
と思わず興奮してしまいました。これはイイ。
特に好きだったのは、『秘密の話』。もう、読みながら、
ゾクゾクしましたよ。さりげにつないじゃってる手とか、
攻が机にうつぶせて寝てる受に、チュッってして、ぎゅっ
とか、1コマ1コマが色っぽくてたまんない。そんで最後
に受が寄り添うとことか、手を繋いでるとことか、構図が
いいんですよねぇ。

あと『エンドレスエンド』のキスシーン。「キスしていい?
かわいい水本」キャーっ。
この本、全体的に、攻が受を可愛くて仕方ないんだ、ってな
想いが、画面からビシバシ伝わってきて、イチャ好きとして
は萌えまくりんです。もうね、誰か一冊丸ごと、攻が受の
ことをたまらず「んーかわいいっ」っていいまくりの本を出
してほしいと思うくらい、「かわいい」ってセリフが大好き
なんですよねぇ。

と、今気づきましたが、私が好きだと言った話は、他の3作
と違って、どちらも最後までヤってないではないですか。
なるほど、寸止めの色気だな。何か恋愛初期、まさに生まれ
たて、みたいなこの雰囲気が絶品なんじゃない。もしかして。


表題作はまぁ可愛いな、という感じ。『Sweet days』は、
メチャメチャヘタレワンコ攻で、彼が行ちゃんの腰にしがみ
つくとこから、超色っぽい。
『and sheep』は、攻が研究者な変な人で、色んな部分が変
なのがすごい楽しい。
小難しい話がなくて、ラブな一冊で、とっても好きでした。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。





千一秒物語/トジツキハジメ 【GUSH】


〔2008/05/10〕

★★★★☆

俺の名は町屋千乃介、17歳。好きな奴は双子の兄の一こと
一乃介だ。好いたらいかん。伝えたらいかん。バレたら
きっと嫌われる。
分かっちゃいるが、どうか俺に一を好きと言える勇気をくれ。

千は子供の頃事故に遭って以来、不思議な力が付いてしま
った超能力少年。子供の頃は人の心が読めるため気味悪が
られ、友達にも避けられてしまう。そんな千を唯一受け入
れてくれたのは双子の兄・一だけ。高校生になった千は
明るく友達も多くモテる。だけど一に対する想いはどんどん
膨らむばかりで・・・

という感じで、双子の兄に恋する千が、千の目線で面白おか
しく甘酸っぱく、テンポ良く描かれています。ノリがよくて
千が可愛くて好きです。恋の話としてはどうなんだという
オチですけど、違う愛が見えたのでまぁいっかということで。

そんな千は勿論愛すべきキャラで萌えですけど、それより
さらに、一見常識人だけど、千の他に親しい人もおらず、
片割れに依存しているのは一の方だろうという、そのチラッ
チラッと垣間見れる一の黒さと、千の想いを受け止める覚悟
は元々備わっているだろう潔さの方に萌えるのであります。

『猫耳眼鏡譚』も面白かったです。ってか、先輩が眼鏡な
時点でオチに気付いちゃいましたけど。可愛いから良し。

いつもちょっと暗めな話が多いので、今回は禁忌ではある
けど全然手前だし、ノーテンキな感じで楽しかったです。
行間読め、なのも味があっていいけど、単純なのもいいね。





| 1/2PAGES | >>




イトラコナゾール