selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





こっちみて、かまって/みつこ 【Baby】


〔2013/9/24〕


★★☆☆☆

人と関わる事が苦手な古林くんが放課後の図書室で出会ったの
は、クラスの人気者・氷見山くん。普段は関わる事のない2人
だが、本の貸し借りをきっかけに距離が近くなる。氷見山くんと
一緒にいると心地が良いけれど、ドキドキして恥ずかしくて、
どんな顔をしたらいいのか分からなくなってきた。
正反対の2人が心を寄せ合い始めたことで、古林くんの幼馴染み
である生徒会長の理央くんや、氷見山くんの友人で、普段から古
林くんの世話を焼いてくれる愛場くんの歯車も動き始めた・・・。

初コミックスで、webで発表した作品を加筆修正したものとい
うことです。表紙から、繊細な感じかな〜と期待して読み始めた
んですが、何だかかなりザクザクしてましたね。気持ちの動きか
ら状況から説明が足りなくて、解ってるでしょというテイで進ん
でいくので、置いてけぼり感が。しかも表情と行動が合っていな
いような部分が多くて、それで読み取れと言われても・・・という
感じがしてしまい、何かとことん素人さんの作品だったなという
印象でした。

『古林くんと氷見山くん』は、前中後編の3話。
地味な委員長・古林が、派手なクラスメイト・氷見山とたまたま
話す機会があり本を貸したことから親しくなるけれど、過去のト
ラウマから、素直になれなくて・・・という話。
いわゆる、タイプの違う二人が恋に落ちるという話なんですが、
古林が家族を亡くしたという設定だったり、クラスメイトの愛場
は古林をえらく気にかけているのでてっきり古林が好きなのかと
思ったら実は氷見山狙いだったり、古林本人はそのことに直ぐに
気付いたり、古林の幼馴染の生徒会長・理央が出てきたけど邪魔
をするのか応援してるのか不明だったり、氷見山の家が金持ちだ
ったり・・・と、いずれの設定も唐突にインしてきて、結局さほど
ストーリーには影響しないまま次に進んでいく感じで、どうも
やたらバラバラしていて読み難かったです。軸がもう少ししっか
りしていると良いのかなと。

『愛場くんと理央くん』は前後編の2話で、氷見山が古林と出来
たことで失恋してしまった愛場が、屋上で出会った生徒会長・理
央にいきなりキスされて戸惑うけれど、いつしか一緒に過ごすよ
うになり・・・というような話。
余計な設定が無い分、こちらの二人の話の方が読みやすかったで
す。しかし途中で理央に告白する女子が登場するんですが、彼女
の思惑が良く解らないし、理央が彼女にキレたのも良く解らなか
った。理央と愛場が怪しいと思っていて、まず愛場に近付いて身
を引かせようとした、ということなんでしょうか?う〜ん。

そんな感じで、何やらダメ出しばかりになってしまい申し訳ない
んですが、ちょっと色々と掴み難かったなという感じです。
でも決して苦手というタイプではなく、恐らく編集さんがついて、
一から商業用に描かれればまた違う感じになりそうな気もします
ので、次を期待したいと思います。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ


コメント:こっちみて、かまって/みつこ 【Baby】






| 1/1PAGES |




イトラコナゾール