selected entries

SEARCH THIS SITE.

  qrcode

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -





ボクの筆、卸してくださいっ!/案丸広 【麗人uno!】


〔2014/6/7〕


★★★☆☆

筆師の阿部夏生(23歳・童貞)は、納品先である書道教室の
先生、叶のフェロモンにノックアウト!「キミの筆、卸して
あげる」という言葉を「下ろしてあげる」と脳内変換して俄然
やる気になるけれど、筆プレイに肌を上気させて喘ぐ先生の姿
(妄想)にムスコがムズムズ。仕事よりも下半身へ手が伸びて
しまい・・・?Hにがっつく童貞筆師×やらしい習字の先生を描い
た表題作の他、百合もどきな男子高生の学園ラブや、侵略の王
に狙われるトライアングルファンタジー、強面オジサンに恋し
ちゃうヤンキーなど4編と描き下ろしを収録。

2冊目のコミックス。全4作品を収録で表題作は2話。
祖父の留守を任された筆師の夏生が、書道教室の先生・叶の色
気にムラムラ。そんな時、上手く筆が出来たご褒美を貰えるこ
とになって・・・という話。続編『私が筆、馴らします!』では、
先生の弟・望が登場し、先生の方がじらされる展開に。

かなりの急展開に、恋愛というより体が先という感じが好みで
は無かったですが、先生にクスクス笑われるような夏生の素直
さが可愛くて、エロ以外のやりとりは面白かったです。
タイトルは比喩なだけなのかと思ったら、本当に筆屋さんなの
が斬新ですよね。

『お花ちゃん’s』転入した学校がほぼ女子ばかりで天国!
と思っていたら、みんな「お花ちゃんの皮を被ったオッサン」
だったことに失望してしまった桜田。そんな中、唯一の男子の
クラスメイト・菊川は優しくて可憐で桜田の癒しだった。だけ
どある日、菊川が英語クラスへの編入を希望していると知って
しまって・・・。

桜田の変化が意外w でも個人的にはそれまでのナヨッとした
桜田が好きだったのでちょっと変な感じでした。
「お花の皮を被ったオッサンたちの中で・・・」と号泣する桜田
には思わずプッと。

『ワルい子、ワルい人!』は、家計のために新聞配達をしてい
る高校生・井崎が、毎朝配達で顔を合わせている48歳のおじ
さん・波多のことを好きになったけれど、配達店の都合でバイ
トを辞めることに。しかし波多さんの家で家事のバイトをさせ
てもらえることになって・・・という年の差ラブ。
ほのぼのかと思ったら、意外にエロが露骨という。

『傾城の従者』は、国が陥落し、新しい王の従者という名の慰
み者になることとなった元王・ニーチェと、ニーチェを慕う従
者・アムレートという話。バッドエンド的なので私は苦手でした。

全体的に、前作から感じていた通り、エロに入ると空気が変わ
りますよね。個人的にはそこまでの話が十分面白いので、そん
な無理やりエロに持って行かなくても・・・と感じてしまうんで
すが、レーベルの都合なんかもあるからしょうがないでしょうか。
とりあえずどの作品も、エロに入るまでの何気ないやりとりの
数々は楽しくて好きです。


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







言い間違いは聞き手の粗相/案丸広 【麗人uno!】


〔2013/7/5〕


★★☆☆☆

鳥坂勇介には、勉強・スポーツ・モテ度までを競うライバルが
いる。すかした笑顔が癇に障る、王子さつき。幼馴染だ。常に
トップを王子に獲られ、2位に追いやられている鳥坂だったが、
ある日突然、王子がライバル終了宣言をしてきて・・・!!顔を見
れば罵り合う、学校名物の二人の関係は友達にもなれないまま
終わってしまうのか?そして、負け続きの鳥坂にリベンジのチ
ャンスは!?

初コミックスの作家さん。表題作は『鳥が先か玉子が先か』『
言い間違いは聞き手の粗相』の2話で、幼馴染でライバル同士
な二人の話。実はさつきが勇介のことを好きで、前に一度嫌わ
れたことから、また好きになってもらいたくてライバルとして
頑張っていたというような、素直じゃない受の話でした。
絵の感じやキャラなど、いいなと思う部分はいっぱいあって、
見てる分には面白かったんですが、いまいち気持ちの動きが掴
み難くて、話が良く見えなかったような。H必須の短編だから
なのかその辺もすごく性急な感じがして、展開があまり好みで
はなかったです。

『飼われるひと』と描き下ろしの『最終的には飼われるひと』
の2話は、工場を営んでいる父の借金のかたに、金貸し・永江
に飼われることになってしまった、大学生の息子・律という話。
ただ飼われるというだけの話でなく、一応、実は飼われる方が
Sで飼う方がMだった・・・みたいな立場逆転話のようで、何度か
伏線的な表情がありはするんですが。う〜んすみませんが、
どうも何か表面的過ぎて、クるものは無かったです。設定はイ
イと思うので、あえてもっと解りやすく性格が見えた方が良か
ったような。後半になって、え?この子こんなに性悪な感じな
の?と、前半を再読するまでもやもやっとした気持ち悪さがあ
りました。 あと何だ?この父親(+周りの人間)のクズっぷりはw

『ヒミツのハーレム』は、双子の妹・アカリが突然、王室のイ
ディオム陛下の側室に選ばれたことから、たった一人の肉親で
あるアカリを護りたいと、兄・ヒミツはアカリのフリをして王
室に入り、陛下に諦めさせようとするが・・・という話。
これはまた中々にド定番な設定ですが、楽しかったです。
それだけに個人的には、こんな、受がやたら乱れた表情のエロ
は要らないな〜と思ったんですが。好みの問題かな。

『米田、思い煩う!』は、何故か、ろくにしゃべったこともな
いクラスメイト・広田とHする夢を、毎晩のように見てしまう
米田が、最初は文句でも言ってやろうと思っていたのに、友達
になってみたら居心地が良くて・・・という話。
勝手に夢を見ておいて文句を言うなど、お門違いもいいとこだ
と思うんですが。というか、そういう思考に至るなんてちょっ
とした恐怖さえ感じますよねw まぁ内容は面白かったですけど。

この方は、受が涙を流して悲痛な表情(気持ちが良くて)と
いうHシーンがお好きなのか、全部そんな感じでした。それが
ツボる人にはいいのかなと思うんですが、自分としては、折角
のほのぼのな話から、急にそういうノリのHになってしまう転
調っぷりに、どうも上手くノリきれず、テンションが下がって
しまったかなと。ラブラブ感の伝わってくる幸せそうなエロで
はいかんのかな〜と。
そういう感じで、今回はちょっとバラッとした作品ばかりで
少々好みから外れる部分はあったんですが、何となく醸し出す
雰囲気など好きだと思う部分も多かったので、今度は是非とも、
エロありきでなく起承転結がビシッとある方向のものも読んで
みたいな〜と思いました。あと、タイトルが彼らのどこらへん
に当てはまっているのかが謎だったのは自分だけかな?


↓ 商品情報や他の方のレビューはコチラから。
 関連商品の情報なども掲載されてますので参考にしてみて下さい。



↓ ランキング参加中です
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 BL漫画感想へ







| 1/1PAGES |




イトラコナゾール